三菱 エレベーター キャンセル。 【話題】エレベーターで間違って押した階数ボタンをキャンセルする方法 [06/17]

エレベーターで間違って押した階数ボタンをキャンセルする方法

三菱 エレベーター キャンセル

押し間違った、エレベーターの行き先をキャンセルする方法があります。 各メーカーに聞いてみると、ある共通点が見えてきました。 主要メーカーのキャンセル方法一覧 エレベーターに乗って間違った階数ボタンを押してしまっても、それをキャンセルする方法があります。 いくつかのメーカーに聞いたところ、おもなキャンセルの方法は以下のとおりでした。 押し間違えたボタンはキャンセルできることも(写真はイメージ。 出典:写真AC)。 また、安全上あるいはいたずら防止などの観点から、方法を非公開にしているメーカーも存在します。 ここまでをまとめると、以下の順番で試してみれば、どこかの段階でキャンセルできるかもしれません。 ・2度押し ・長押し ・扉が開いたときに2度押し しかしなぜ、ボタンを「2度押し」が多いのでしょうか。 キャンセル「2度押し」にはワケがある 東芝エレベーターでは2000年代前半から、日立ビルシステムや三菱電機ではおよそ10年前から、エレベーターの行き先キャンセル機能を製品に標準装備しているといい、異なる方法のものは、それ以前に製造された機種に多いようです。 あるメーカーによると、ボタンの「2度押し」は業界で統一的に決めた方法だといいます。 その方法を定めたのが、昇降機メーカーの業界団体である日本エレベーター協会です。 2006(平成18)年に、ボタンの「2度押し」を行き先キャンセルの方法とした「利用者による登録呼び取消し方法の標準」を作成しました。 製造会社ごとにキャンセル方法が異なると、利用者に混乱を与えることから定めたのだとか。 しかしこれはあくまで協会の標準であり、新造機でも、キャンセル機能を持たないものもあるそうです。 キャンセル機能が備わってきた背景について、日本エレベーター協会は「エレベーターがマイコン制御に移行していき、様々な情報を利用できるようになりました。 このことから、運行効率向上のためのいち機能として、さらに利用者の利便性を考慮して、キャンセル機能が実用化されてきたものと思われます」と話します。 そして現在、エレベーターはさらに進化しています。 かご内の乗客数を自動検知して階数ボタンの数を比較し、不必要に階数ボタンが押されている場合はいたずらと判断して呼び出しをキャンセルする機能や、利用者がいない場合に、1階など利用者が多い階へ自動的に戻る機能を備えたものなどがあります。 【写真】世界最速のエレベーターがあるのは…? 高さ632mの超高層ビル「上海中心大厦」(中国)に設置されたエレベーターは、地下2階から地上119階まで約53秒で到達する。 日本の三菱電機製(写真出典:三菱電機)。 外部サイト.

次の

意外と知られてないエレベーター押し間違いキャンセル!

三菱 エレベーター キャンセル

エレベーターの押し間違いキャンセル方法をご紹介。 普段は何て事のなエレベーター、しかし急いでいる時に限って押し間違いをしてしまう。 急いでいる訳だから、もちろん押し間違えて変な階でエレベーターが止まろうもんならイライラが止まらなくなってしまいます。 そんな時に押し間違いをキャンセルする事が出来たのならイライラする事もなくなるはずです。 ) 三菱のエレベーター 押し間違いしてしまった階数ボタンをダブルクリックもしくは長押しでキャンセル。 フジテックのエレベーター 押し間違いしてしまった階数ボタンを5連打でキャンセル 松下のエレベーター 押し間違いしてしまった階数ボタンをダブルクリックでキャンセル 東芝のエレベーター 押し間違いしてしまった階数ボタンをダブルクリックもしくは長押しでキャンセル。 日立のエレベーター 押し間違いしてしまった階数ボタンを長押しでキャンセル。 OTISのエレベーター 押し間違いしてしまった階数ボタンをダブルクリックでキャンセル 扉が開いているボタンは開くボタンを押しながら押し間違えた階数ボタンをダブルクリック いかがでしたか?ご自宅や友人宅、彼氏、彼女の自宅、会社、営業先などで押し間違えてしまったら上記を参考にエレベーター押し間違いキャンセルを実行してみてください。 よく分からないメーカーの場合も、上記の通り、ダブルクリック、長押し、連打のいずれかでキャンセル出来る可能性があります。 試してみてください。

次の

エレベーターで間違えて押した階数ボタンをキャンセル(取り消す)方法

三菱 エレベーター キャンセル

エレベーターは2回押しがセオリー 1990年以降に作られたエレベーターには、省エネを目的として行先階のキャンセル機能が搭載されている場合が多くあります。 そこで、メーカー別にエレベーターのボタンの取り消し方を見ていきましょう。 とはいえ、基本的にエレベーターのボタンを取り消すコマンドは、押し間違えた階数ボタンを2回押しするのがセオリー。 2回押しが通用しないときに、各メーカーのコマンドを試すというのが基本的な流れです。 エレベーターの国内シェア上位の三菱電機のコマンドは、取り消したい階数ボタンを2回押しするか、取り消したい階数ボタンを長押しです。 同じく上位の日立製作所の場合は、キャンセルしたい階数ボタンを長押しします。 エレベーターの開いている時に押す 国内シェアの高い東芝エレベータは、取り消したい階数ボタンを2回押しするか、3回押しするか。 もしくは、取り消したい階数ボタンを押して、点滅中に再度押すという機種もあります。 3社に次いでシェアの高い日本オーチスは、エレベーターの扉が開いている時に「開」ボタンを押したまま、取り消したい階数ボタンを押すという方法。 2回押しでも取り消せる機種もあります。 フジテックは、取り消したい階数ボタンを2回押しするか5連打するかです。 パナソニック電工(旧松下電工)は、取り消したい階数ボタンを2回押しが基本ですが、エレベーターの扉が開いている時のみ有効の場合もあります。

次の