嘘つきノーランド。 モンブラン・ノーランド処刑の謎と、気になる3つのポイント【ワンピース伏線考察】

うそつきノーランドとは (ウソツキノーランドとは) [単語記事]

嘘つきノーランド

【スポンサーリンク】 モンブラン・ノーランド考察、大衆の渦に殺された真実の嘘つき! ビブルカードにおけるモンブラン・ノーランドの外見表現は以下。 彼は空島にカボチャをもたらした人物でもあるのだそうだ。 この時の影響を遠く受けて、パガヤやコニスがカボチャ好きだったりするんだね! ちなみにモンブラン・ノーランドはカボチャのケーキやモンブランが好きなんだってさ! 秘境空島の住人たちより引用 モンブラン・ノーランドはカボチャをもたらした! ノーランドの出身は北の海・ルブニール王国であることも判明している。 ここにきてもノースブルーだね。 ノース出身のキャラクターはワンピースの根幹に関与しているキャラが本当に多い! 現在進行系で起こっているルフィたちの冒険とは別に、色々なところで様々な歴史の糸が絡み合っていると思うとロマンを感じてしまうね! 【スポンサーリンク】 処刑されてしまったモンブラン・ノーランド! モンブラン・ノーランドはうそつきの罪によって処刑されてしまった。 それが以下のカットなんだけど、カラーで見るとさらに恐ろしいよね。 彼らは、信じたいものを信じる! 秘境空島の住人たちより引用 処刑されてしまったモンブラン・ノーランド! モンブランノーランドの処刑を望む、熱狂に包まれた大衆たち。 ノーランドはそもそも嘘をついていなかったわけだけど、仮にそれが嘘だったとして。 ここまで寄ってたかって詰め寄らなければならないほどの嘘だったのだろうか? 上記カットで 「うそつき!」と叫ぶ人たちは、隣の人がそう叫ぶからそう叫び、周りの流れに押されるように動かされている感じだよね。 ドフラミンゴ一家を吊し上げたドレスローザの人々と雰囲気的には近いものを感じるけど、罪の重さを考えると上記カットのほうがより一段と狂気を感じる場面だったように思う。 眼下に埋め尽くされる人々に嘘つき呼ばわりされた光景が人生の最後というのは…とても屈辱的で恐ろしいこと。 「人生とは終わり方で価値が決まる」というが、モンブラン・ノーランドに関してだけは、この言葉を適用するのは酷なような気がするかな…!.

次の

【ワンピース】うそつきノーランドと悪魔の実大図鑑の伏線がついに回収された件について!

嘘つきノーランド

概要 [ ] 空に浮かぶ島。 空高く積み上げられた雲「」の表面にある。 積帝雲の内部は大きく2つの層に分かれており、それぞれ 白海(はくかい。 7000m上空)と 白々海(はくはくかい。 10000m上空)という。 青海(せいかい。 空島から見た通常の海の呼び名)から空島に行くには、「ハイウエストの頂」という地点を経由する方法と、「」に乗る方法の2つがある。 ハイウエストの頂を通る場合は途中で船員の多くを失い、「突き上げる海流」に乗る場合も全員が無事に辿り着けるか全滅するかのどちらかと、かなりのリスクを伴う。 いずれにしても、空島に行くことはたいへん困難であり、青海との交流はほとんどない。 その結果、青海の人々の多くは、空島は単なる伝説と考えるに至っている。 空島の生活と文化は、 雲と に支えられている。 雲はその性質によってに分けられるが、空島の人々は島雲を加工して道具を作る。 また、貝は白々海に生息するもので、その内部に音や風などを蓄えることができる。 貝を使った道具の典型的なものが という小型の船で、貝に蓄えた風を利用して海上を自由に移動することができる。 空島は島雲で出来ており、青海では当たり前の「」が存在しない。 空島の人々は土(地面)を「 大地(ヴァース)」と呼び、永遠の憧れの対象になっている。 鉄やカボチャといった土がなければ存在し得ないものは、元々空島にはなく、またゴムのように青海では一般的な物も空島では存在しない。 ジャヤ周辺において積帝雲と共に現れる巨大な怪物の正体は、この空島にいる者が太陽の光によって照らされ、深い霧に映し出されたものである(の原理 )。 地理 [ ] スカイピア [ ] スカイピアの地図 白々海に浮かぶ「 神の国」。 その住民である 空の者は、背中に羽のようなものをつけている。 背中の羽はスカイピアの住民と神の軍団とでは形が異なるほか、神であるガン・フォールとエネルには羽がついていない。 コニスをはじめ住民の多くは、髪の一部をのようにした「天然アドバルーンヘア」(通称:天アド)という髪形をしている。 挨拶は「へそ」。 通貨単位は「エクストル」で、1万エクストルが1ベリーに値する。 約400年前、青海に存在した の一部が突き上げる海流によりスカイピアに運ばれた際、空の者はこれを武力で制圧した。 それ以来、空の者は本来空島にない大地(ヴァース)を確保するため、ジャヤの先住民シャンディアはその故郷を奪還するため、長い戦いを繰り広げていた。 スカイピアは代々「神」と呼ばれる首長を据え、ルフィたちが訪れたときは 神(ゴッド)・エネルがその座にあった。 神の下に、 神官、 神兵、警察である ホワイトベレー部隊がある。 天国の門 白海にある、スカイピアの門。 上層であるスカイピアに入るには、入国料一人10億エクストル(10万ベリー相当)を払わなければならない。 エンジェル島 空の者が住む島。 繁華街「ラブリー通り」がある。 神の島(アッパーヤード) 神が住む「聖域」で、禁断の地。 かつてのジャヤ島の一部。 雲隠れの村 シャンディアが住む村。 神の島を挟んでエンジェル島の反対側にある。 雲の果て(クラウド・エンド) 白海の東の最果てにある、青海に降りる出口。 ワゴームランド 2年後のスカイピアにできた遊園地。 入口には、スカイピアに輪ゴムを伝えたウソップの像が建てられている。 ビルカ [ ] スカイピアのはるか南東に位置した空島で、エネルの生まれ故郷。 8年前、エネルの手により影も形もなく消え去ったという。 のことを「限りない大地(フェアリーヴァース)」と呼び、神の住む聖地とする伝説があった。 月にある古代都市の名と同じだが、関係は定かでない。 ウェザリア [ ] 天候を科学する小さな空島。 ハレダスらによって造られた人工空島で 、風の赴くまま世界中の空を漂い、時に青海に下りては物資と情報を入手して旅を続けている。 天候によって移動速度が左右される。 がバーソロミュー・くまによって飛ばされ、落ちた島。 廃墟バロンターミナル [ ] 新世界のアジトの上空にある空島。 子供がうっかり飛ばしてしまった「風船の終着駅」であり、島の底にはおびただしい数の風船がくっついている。 ドレスローザ編で、ウルージが傷を癒やすため滞在しており、またカイドウがこの島から飛び降り自殺を図った。 人物 [ ] スカイピア(人物) [ ] ガン・フォール 声 - 、() 「空の騎士」を名乗るフリーの傭兵。 スカイピア出身。 誕生日は。 身長180cm。 血液型X型。 好物はのジュース。 を身に付けた老人。 戦闘ではとを駆使して戦う。 カボチャを愛する好好爺だが、民のために身を投じて戦う芯の通った性格を持っている。 普段はエネルの「心綱」が届かない場所にある小屋に住み、カボチャの栽培をしている。 麦わらの一味からは「変な騎士」と呼ばれる。 20年以上前に空島を訪れたと親交を深め、友人となった。 ルフィにロジャーの面影を重ねている。 かつてはスカイピアの「神」の座に就いていたが、8年前、スカイピアに現れたエネルにその座を追われた。 以後、かつての部下である神隊が囚われたことを気にかけ、脱走者を逃がすために傭兵となった。 神の座にあった頃から空の者とシャンディアの共存を図り、両者間の戦いを終結させようと苦悩していた。 その姿勢は現在でも変わらず、空の者とシャンディアの双方から一定の信頼を集めている。 島の歌声を耳にしたとき戦いが終わると信じている。 麦わらの一味を襲撃したワイパーを退け、「突き上げる海流」に乗るという「生か死」しかない方法で空島にやってきたルフィ達の実力を認め、彼らに助力を約束しホイッスルを手渡す。 チョッパーからのSOSに応じ、神官シュラと対峙するも紐雲に動きを封じられ、重傷を負う。 サバイバルでは怪我を押して神の島に乗り込み奮闘するも、エネルに敗れ脱落した。 エネルが空島から消えた後は、酋長の説得とスカイピアの住人の要望により再び神の座についた。 ピエール 声 - ガン・フォールの相棒である。 誕生日は。 好物は。 動物系「 ウマウマの実」の能力者。 鳥獣形態だとになるが、水玉模様のため優美ではない。 主人であるガン・フォールを慕っており、彼を悪く言うものは許さず、馬の形態で噛みついて制裁を加える。 コニス 声 - スカイピアの住人の少女。 スカイピア「エンジェルビーチ」出身。 誕生日は。 身長176cm。 血液型F型。 好物はパンプキン。 穏やかで大人しい性格だが、芯が強い面もある。 武器は炎砲。 雲ギツネのスーを連れている。 空島に着いたルフィ達に、空島の文化や生活を教えた。 いったんは国民の義務に従って不法入国者のルフィ達を裁きの地に誘導しようとしたが、罪の意識に耐えかねて事情を話してしまったため、自らも裁きの対象となった。 その後、ルフィ達を逃がそうと決意し、彼らの冒険が終わるまでメリー号を預かることになる。 この途中、神隊の1人から「スカイピアが消される」と伝えられたため、スカイピアの全住民を救うべく、裁きで殺されるかもしれないという危険を冒して住民を説得した。 ルフィ達が青海に帰還する際は、パガヤと共に見送った。 新世界編では、ラキと共にパンプキンカフェを経営している。 スー 声 - コニスのペットの雲ギツネ。 「スー」という鳴き声が特徴。 誕生日は。 好物は。 パガヤ 声 - コニスの父。 「貝船」のエンジニア。 スカイピア「エンジェルビーチ」出身。 誕生日は。 身長179cm。 血液型F型。 好物はスカイ。 腰が低く礼儀正しい男性。 娘のコニスにも敬語を使っている。 口癖は「すいません」。 麦わらの一味を庇ったことで、コニスと共に裁きの対象となった。 コニスと共にルフィ達の空島逃亡に協力。 モイルからスカイピアが消されることを伝えられた際、コニスをかばい裁きを受けたが、下層の白海へ落ちただけで無事だった。 アマゾン 声 - 「天国の門」監視官である老婆。 スカイピア出身。 誕生日は。 身長120cm。 血液型X型。 好物は茶。 スカイピアの入り口にある「天国の門」におり、出入国者に対して意思の確認と出入国料の徴収を行う。 これを支払わなかった場合には、彼女からホワイトベレーなどに報告され不法入国者として裁きの対象となる。 新世界編では、スカイピアにできた遊園地「ワゴームランド」の入場券売りをしている。 マリリン エネル撃破後の宴で、サンジと踊っていた女性。 42年前の「ミス・スカイピア」で、スカイピア一の美女だった。 神の軍団 [ ] 神 [ ] エネル 声 - スカイピア。 通称「 神(ゴッド)・エネル」。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長266cm。 血液型S型。 好物は、。 その強さゆえに、自らを全能なる神と呼んで憚らない傲岸不遜な男。 「恐怖こそ神」と考え、自分に歯向かう者には一切容赦しない冷酷な性格。 その実力は本物で、能力だけでなく筋力も並外れており戦術の柔軟性も高い。 ロビンとの会話から得たわずかの情報で黄金の大鐘楼の在り処を突き止めるなど論理的な一面もある。 太い眉毛と長い福耳を持ち、背には羽ではなく、にあるような太鼓が付いている。 頭に布製キャップをかぶっており、その下はパンチパーマである。 一人称は基本的に「私」だが、時折「おれ」になる。 笑い方は「ヤハハハ」。 自然系「 ゴロゴロの実」の能力者。 体を雷に変化させることができる「人間」。 最大電力は2億と桁外れのエネルギーを操り、自らを雷とすることで黄金の中を伝ったり、雷の速度で移動することも可能。 さらに相手の動きを読む「」 を、自身の能力と併用することでスカイピア中の会話を聞き取れる。 武器は黄金の棍棒「のの様棒」。 唯一の天敵は、雷の効かない「ゴムゴムの実」の能力者である。 作者曰く、青海に降りてきた場合懸賞金5億ベリー以上は確実だが、青海には桁違いに強い人物がいるため天下はとれないとのこと。 8年前に、自らの生まれた空島ビルカから神官や兵を率いてスカイピアへ侵攻。 神隊とシャンディアに大打撃を与えて神の島に君臨した。 それ以来、入国者を犯罪者に仕立てて裁きの地に誘導するよう義務付け、国民の罪の意識を煽っていた。 また、神隊を酷使して、自らの能力で空を飛ぶ方舟「」を作らせた。 その目的は「」であり、故郷ビルカに伝わる聖地「限りない大地(フェアリーヴァース)」に到達し、文字通りの神の国を建設することにあった。 また、雲や鳥でもないのに空に浮かぶスカイピアの存在そのものを不自然と考え、空島にいる全ての人間を地上に引きずり降ろそうとした。 麦わらの一味・シャンディアとのサバイバルに神官と神兵を投入し、自らも参戦する。 サバイバル終盤、自分に抗うガン・フォールとロビンを倒す。 ワイパーとの対決では海楼石で動きを封じられ、「排撃貝」を受けるが、雷の力による心臓マッサージで復活し、ワイパーとゾロを圧倒する。 ルフィとの対決では雷の力が効かない事に混乱するが 、電磁熱や雷の力を武器化した攻撃、「心綱」で一進一退を繰り返す。 その後ルフィを一旦退け、完成した方舟マクシムで空島を消し去る為空に上がり、雷迎でエンジェル島を消し去るが、2度目の雷迎をルフィに阻止され、最後はルフィの「ゴムゴムの黄金回転弾」を受け、黄金の鐘に叩きつけられ敗北。 マクシムとともに海雲に落ちるが、再度マクシムを起動させ「限りない大地」である月に向かって旅立って行った。 その後が表紙連載『エネルのスペース大作戦』で描かれ、自身の本望であった「限りない大地」である月に到達。 遺跡採掘していた宇宙海賊を殲滅し、古代都市に眠っていた機械人形を復活させ、エネル軍団を立ち上げる。 放電(ヴァーリー) 手から電撃を放つ。 作中では100万V(ボルト)、2000万V、1億V、MAX2億Vを披露した。 技名の由来は雷がヴァリヴァリ言うことから。 神の裁き(エル・トール) 腕を雷に変え、真横に極大化させて放つ。 また、遠く離れた場所でも雲さえあればそこを介して真下に本物の雷のように放てる。 技名の由来はの雷神・。 稲妻(サンゴ) 腕を雷に変えて攻撃する。 技名の由来は稲妻の形が珊瑚(サンゴ)に見えることから。 電光(カリ) 全身から電熱を発する。 技名の由来は小人族の雷神・カリ。 3000万V「雷鳥(ヒノ)」 右肩近くの太鼓を叩き、鳥を模った電撃に変えて攻撃する。 技名の由来は北アメリカ・の巨大雷鳥・ヒノ。 雷獣(キテン) 左肩近くの太鼓を叩き、狼を模った電撃に変えて攻撃する。 技名の由来は日本の雷獣・木貂。 6000万V「雷龍(ジャムブウル)」 頭の上にある二つの太鼓を叩き、龍を模った電撃に変えて攻撃する。 技名の由来はの雷神・ジャムブウル。 雷冶金(グロームパドリング) 金に電熱を流し込み、熔解させて自在に形を変える。 また、武器である「のの様棒」を電熱を帯びる矛に変える。 万雷(ママラガン) マクシムの作り出した雷雲から無数の雷を落とす。 技名の由来は中央部の雷神・ママラガン。 雷迎(らいごう) マクシムの作り出した雷雲を巨大な球にして落とし、内部に蓄えた幕放電を一気に解放して爆発させる。 1度目にこの技を使用した際にエンジェル島を海雲ごと消滅させ、2度目でスカイピア全土を消し去ろうとしたが、ルフィの「ゴムゴムの花火 黄金牡丹」で破壊された。 2億V「雷神(アマル)」 全身から電撃を放出し、巨大なのような姿となる。 技名の由来は日本語で落雷を意味する「天降る(あもる)」。 四神官 [ ] エネルに仕える4人の神官。 それぞれが「試練」によって罪人を裁く役割をしており、4人とも「神の島(アッパーヤード)」全域まで「心綱」 が使える。 倒された後は、ゲダツを除き全員「雲流し」 にされた。 副神兵長のホトリとコトリの三つ子の兄。 異名は「 森のサトリ」。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長179cm。 血液型S型。 好物は入り空島。 玉のような丸っこい体格。 口癖は「ほっほーう! 」で、よく笑いながら踊っている。 神の島「迷いの森」のヴァースを掌っている。 びっくり雲と衝撃貝の使い手。 相手の攻撃を「心綱」で読み取り、手袋に仕込んだ衝撃貝で受け止め反撃する。 戦闘中の奇妙な踊りは、敵の集中力を阻害するためで、相手の平常心を奪うことで「心綱」の精度を上げている。 神の島に導かれたルフィ・ウソップ・サンジに立ちはだかり、「心綱」と「玉の試練」でルフィらを翻弄するが、ルフィのあまりにも予測不能な行動に「心綱」が対応できずに形勢が逆転。 ルフィに動きを封じられ、サンジの「粗砕」を受けて敗北した。 名前の由来は。 びっくり雲 玉の形をした島雲で、その中には蛇や爆弾などがランダムに入っている。 この他中身が空のハズレもある。 びっくり玉突き その名の通りびっくり雲を突いて飛ばす。 びっくり玉蔓(たまかずら) 玉ドラゴン 刃物入りのびっくり雲・火薬入りのびっくり雲がドラゴンの形を作っている。 体のどこかの火炎玉に触れると、大爆発を起こす。 玉ドラゴンはひもで操られている。 衝撃貝(インパクトダイアル) 衝撃を自在に放出する。 サトリはこれを手袋に仕込み、相手を攻撃する。 異名は「 スカイライダー・シュラ」。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長191cm。 血液型S型。 好物は空の甘辛炒め。 ゴーグル付きのパイロットキャップを被っている。 四神官の中ではかなり気性が激しい性格。 笑い声は「カハハハハ」。 紐雲と「火の槍」の使い手。 愛鳥フザに乗って移動し、空中戦を得意とする。 生贄の祭壇に一人残ったチョッパーの元に現れ、メリー号のメインマストを燃やす。 その際、助太刀に現れたガン・フォールと戦い、紐雲で動きを封じ勝利する。 サバイバルではシャンディアの前に立ちはだかるが、ワイパーの命を賭して使用した排撃貝によって倒され、サバイバル最初の脱落者となった。 名前の由来は「」。 紐雲(ひもぐも) それ自体は細く軽いが、束になると大の人間をも縛り付ける強靭さをもつ。 火の槍(ヒートジャベリン) 熱貝(ヒートダイアル)を仕込んだ槍。 高熱を発し、刃先に触れたものを燃やしてしまう。 フザ 声 - 高塚正也 シュラの愛鳥である三丈鳥。 口に炎貝(フレイムダイアル)を含んでいる。 誕生日は。 好物は空。 異名は「 空番長」。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長220cm。 血液型S型。 好物はゴローの手作り。 蜘蛛の足のような髪形をしている。 下唇を噛んだまま話す、腕組みを失敗する、白目をむいたまま見るなど極度のうっかり屋。 沼雲と噴風貝の使い手。 両手の掌と靴底に雲貝、両肘に噴風貝を装備している。 サバイバルでは、偶然自分のテリトリーにて遭遇したチョッパーと交戦。 最初は追い詰めるものの、片方の靴を脱がされバランスを失ったところにチョッパーの渾身の一撃をくらう。 攻撃には耐えたものの、自身の「うっかり」により沼雲に突っ込み、自滅した。 後日談が表紙連載『ゲダツのうっかり青海暮らし』で描かれた。 脱出する際、勢い余って青海に落ち、高度1万メートル以上の上空から落下したのにもかかわらず、うっかり生きていた。 青海のある島でゴローと知り合い、成り行きで彼を手伝い温泉を掘り当てる。 その後、温泉のためのトンネルが何故かアラバスタに開通し、巨大海底トンネルでアラバスタと直通する、温泉島うっかり湯の番頭となった。 名前の由来は「」。 沼雲(ぬまぐも) 雲の質量・沼の性質を持つ。 はまると自力では脱出できず、抜け出そうとすればするほど中に引きずり込まれてしまう。 沼雲バーガー 掌に仕込んだ「雲貝(ミルキーダイアル)」から沼雲を放ち、相手の頭を包み込んで窒息させる。 ジェットパンチ 肘に仕込んだ絶滅種噴風貝(ジェットダイアル)を使って、高速でパンチを繰り出す。 チョッパーのガードポイントを物ともしない威力をもつ。 本人曰く、服が破けてしまうのが難点。 異名は「 スカイブリーダー・オーム」。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長189cm。 血液型XF型。 好物は空と空の。 タンクトップを着用し、鋭い突起のあるサングラスをかけている。 この事からゾロには「ツノサングラス」と呼ばれていた。 欲望の為に戦い儚く散る人間の脆さを涙を流すほど嘆いているが、人を救うには「皆が死ねばいい」という過激な思想の持ち主。 「空の畜産家」を名乗り、愛犬ホーリーを従える。 鉄雲の使い手。 柄頭が大きな球状をした刀を武器としている。 この部分は鉄雲をチャージした雲貝であり、そこから鉄雲の刀身を繰り出す。 サバイバルでは上層遺跡に陣取り、麦わらの一味では最初に到着したチョッパーを仕留め、後から辿り着いたゾロやワイパーに対してもホーリーとの連携、鉄雲と「心綱」を使って追いつめるが、ゾロの「百八煩悩鳳」によって倒された。 名前の由来は神聖文字「」。 鉄雲(てつぐも) 重量は雲だが鉄の硬度を持ち、刀のように対象を斬ることができる。 また、形も自由に変えられる。 鉄の鞭(アイゼンウィップ) 刀身に鉄雲を追加して伸ばし、鞭のように振るう。 「刀」であるため当たると斬撃を喰らう事になる。 劇中において最も多用した技。 鉄の堤防(アイゼンバック) 防御技。 刀身を四角形に展開して広げる。 鉄の扇(アイゼンファン) 刀身を扇状に広げながら放つ。 鉄のフォーク(アイゼンフォーク) 刀身をフォーク型にして突き出す。 鉄のフルーレ(アイゼンフルーレ) 刀身を大きく振るって放つ。 白荊デスマッチ(しろいばらデスマッチ) ホーリーの「ダッシュ」との合わせ技。 領域である「鉄の試練」の真骨頂と呼ばれ、随所に仕掛けられている「鉄雲」の有刺鉄線トラップを特定の順番で起動し、絡み合わせてドームを形成する。 ホーリー 声 - オームの愛犬。 大きさは人間の数倍。 誕生日は。 好物は空のササミ。 オームの教育により完全な二足歩行と拳闘を身に付けているが、誰の命令にも忠実に従ってしまう。 オームを倒したゾロを襲おうとしたが、ゾロが思わず口走った「待て」に反応して立ち止まり、ゾロの「頭打って気絶しろ」という命令に従い気絶した。 神兵 [ ] ヤマ 声 - スカイピア神兵長。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長366cm。 血液型F型。 好物は空の。 神兵を束ねており、四神官と同等の地位を持つ。 かなりの巨体で体重も重いが動きは身軽。 「斬撃貝」の使い手。 笑い声は「ンフフフフ」。 サバイバルではゲンボウを倒し、神の島の遺跡でロビンとも対峙する。 遺跡に対して遠慮のない破壊を続けたことが彼女の逆鱗に触れ、遺跡のない場所に誘導されたのち、容赦なく倒された。 名前の由来は「」。 斬撃貝(アックスダイアル) 斬撃満点(アックスマウンテン) 10個の斬撃貝を飾り帯に仕込み、相手に襲い掛かる。 腹部満点(ストマックマウンテン) 相手に体当たりする。 拳満点 (パンチマウンテン) 相手を殴りつける。 落下満点(ドロップマウンテン) 大きく飛び上がり、相手を踏みつける。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長179cm。 血液型S型。 好物は白玉入り空島ぜんざい。 神官サトリとは三つ子の兄弟。 口癖は同じく「ほっほーう」。 ホトリは炎貝と斬撃貝、コトリは衝撃貝と屁をためた匂貝の使い手。 サバイバルでメリー号に残ったナミとガン・フォールを襲撃するが、返り討ちにされた。 びっくり貝イリュージョン( - ダイアル - ) 2人が腕を組んでぐるぐる回ることで、どの手にどのダイアルがあるか惑わせる。 神兵 声 - 、、 神兵長ヤマの部下。 ヤギのような容姿をしている。 総勢50メ〜(名)で、全員が斬撃貝の使い手。 口癖は「メ〜」。 神隊・その他 [ ] マッキンリー 声 - ホワイトベレー部隊隊長。 エネルの下で不法入国者の取締りにあたる。 武器は雲貝が仕込まれた「雲の矢(ミルキーアロー)」。 彼をはじめとするホワイトベレー部隊は、エネルの襲撃の際に、国民の無事を最優先に考え、あえて神隊を裏切ったいきさつがある。 「住民が神の怒りに触れないように」と、住民を厳しく抑えることで守ろうとしてきた。 空島崩壊の危機に際しては住民の避難に全力を尽くした。 モイル 神隊の男。 エンジェル島に妻と息子の モチ がいる。 パガヤとコニスに、エネルがスカイピアの消滅を目論んでいることを伝えるが、その直後エネルの裁きを受ける。 賢者ゴーデ エネルに仕える聖職者。 400年前の神 声 - (エピソードオブ空島) ジャヤが空島にやって来た際の空島の神。 ジャヤを聖地とし、当時の神隊を率いカルガラたちと交戦した。 葉巻を吸っている。 シャンディア [ ] ジャヤの先住民。 に似た装いや生活習慣を持つ。 現在 [ ] ワイパー 声 - 、(少年期) シャンディアの戦士達のリーダー格。 大戦士カルガラの子孫。 異名は「 戦鬼(せんき)」。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長183cm。 血液型X型。 好物は。 非常に好戦的、かつ邪魔する者を容赦なく排除しようとする過激な性格。 右肩と顔に刺青があり、常にタバコをくわえている。 先祖であるカルガラを絶対的な「保持神」と崇めており、「シャンドラの灯をともせ」を合い言葉に、戦士達の先頭に立って戦う存在。 故郷の奪還という悲願と、祖先への強い思いを胸に秘めており、悲願達成のためならわが身をも省みない不屈の信念を宿す。 「燃焼砲(バーンバズーカ)」と「排撃貝」の使い手。 また、ウェイバーの一種であるシューターに海楼石を仕込んでいる。 非常に高い戦闘能力と驚異的なタフさを誇り、常人では通常1発で自殺行為である排撃貝を2発撃っても立ち上がることができ、3発撃っても命を取り留めた。 幼少期に酋長からカルガラの無念を教えられ、いつの日か黄金の鐘を鳴らしシャンドラの灯をともすことを目指すようになる。 かつて神の座にいたガン・フォールが和平交渉に来た際、ガン・フォールの「カボチャのジュースが好物」という発言の意味を理解できず、激怒して暴れ回った。 初登場時は鬼のような仮面をつけており、空島に上がってきたばかりの麦わらの一味を排除しようとルフィ達を一蹴するが、突如乱入したガン・フォールに邪魔され、撤退した。 サトリが倒されたことを知り神の島に乗り込むも、カマキリの負傷により一時撤退を余儀なくされる。 サバイバルでは開始早々排撃貝でシュラを倒し、その後に遭遇したルフィとは互角に渡り合った。 上層遺跡でもゾロやオームと渡り合い最後まで生き残る。 エネルとの戦いでは海楼石で能力を封じ、排撃貝でダメージを与えるも、心臓マッサージにより復活したエネルの雷の力に圧倒され敗北する。 その後、ルフィが黄金の鐘を鳴らそうとしていることを知ると、自身の思いを託しルフィを援護した。 サバイバル終結後、カルガラにシャンドラの灯を二度と絶やさないと誓った。 新世界編では、カマキリ・ブラハム・ゲンボウと共に「神の護衛隊」に就いている。 燃焼砲(バーンバズーカ) 風貝(ブレスダイアル)からガスを放出し、そこにバズーカで引火する。 大木をも貫通する威力を誇る。 排撃貝(リジェクトダイアル) 衝撃貝の10倍の衝撃を放つが、その衝撃は使用者の命さえ危うくさせるほど強烈である。 常人なら1発使うだけでも危険だが、ワイパーは合計で3発使った。 チョッパーいわく骨までボロボロになっていたらしい。 カマキリ 声 - シャンディアの戦士。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長214cm。 血液型F型。 好物は、、雲。 モヒカンヘッドにサングラスをかけている。 ガスを溜めた風貝を仕込んだ剣「 燃焼剣(バーンブレード)」を操る。 サバイバルの前日、神の島へ乗り込んだ際、ラキを庇い負傷する。 サバイバルでは巨大豆蔓付近まで辿り着きエネルと対峙するも、雷の圧倒的な力の前に手も足も出ず敗北した。 ブラハム 声 - シャンディアの戦士。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長179cm。 血液型X型。 好物は空の。 帽子を目元付近まで深くかぶっている。 閃光貝を仕込んだ二丁拳銃「 閃光銃(フラッシュガン)」を操る。 サバイバルではゾロと対峙し、ウェイバーと閃光銃を駆使した戦法でゾロを翻弄するが、飛ぶ斬撃「三十六煩悩鳳」を受け敗れる。 サバイバル後の宴では、ゾロと杯を酌み交わしていた。 ゲンボウ 声 - 龍谷修武 シャンディアの戦士。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長193cm。 血液型S型。 好物は雲の肉。 シャンディア随一の怪力の持ち主。 空島では珍しい鉄の砲弾を放つバズーカを操る。 サバイバルではヤマに倒された。 ラキ 声 - シャンディアの女戦士。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長179cm。 血液型S型。 好物は。 アイサと仲が良く、ヴァースを持って帰ると約束した。 武器は銃。 サバイバルではエネルに倒されたカマキリからエネルの能力を聞き、ワイパーに伝えようと上層遺跡まで辿り着くも、現われたエネルに倒された。 新世界編では、コニスと共にパンプキンカフェを経営している。 ワラシ シャンディアの戦士。 武器は斧。 サバイバルでは上層遺跡まで辿り着くもオームに倒された。 マユシカ シャンディアの戦士。 四叉の武器を所持。 サバイバルでは上層遺跡まで辿り着くもホーリーに倒された。 ヨツバネ シャンディアの戦士。 武器は弓。 サバイバルでは上層遺跡まで辿り着くも鉄雲の罠にかかり脱落した。 アイサ 声 - シャンディアの少女。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長140cm。 血液型F型。 好物は雲。 生まれつき「心綱」 を使える。 たびたび神の島に潜り込み、ヴァースを集めていた。 エネルの仕掛けた「サバイバル」で戦士達の声が消えていくことを知り、神の島に踏み込もうとしてナミと共にサバイバルに巻き込まれてしまう。 その際に遭遇したルフィとも行動を共にした。 新世界編では、スカイピアにできた遊園地「ワゴームランド」で玉雲配りをしている。 名前の由来は鳥の。 酋長 声 - 、(エピソードオブ空島) シャンディアの長。 本名不明。 「シャンドラの灯」と呼ばれる黄金の鐘にまつわる400年前の物語を、現在に語り伝えている。 スカイピア「雲隠れの村」出身。 誕生日は。 身長179cm。 血液型X型。 好物はカボチャのジュース。 イーサ 声 - アイサの母親。 ノラ 声 - 「空の主」と呼ばれる超巨大な。 誕生日は。 推定全長200m以上。 推定体重4万t以上。 元は青海のジャヤ島にいたカシ神の孫で、島と一緒に空島に打ち上げられた。 400年前はまだ小さな蛇で、カルガラたちには可愛がられていた。 名前はセトがノーランドの名前から付けたもの(「野良」とは関係ない)。 牙からは大木を瞬時に腐らせる毒液が分泌し、「燃焼砲」が効かない頑丈な鱗を持つ。 シャンドラの鐘を探し、サバイバルでは多くの者を巻き込んだ。 ルフィが再び鐘を鳴らした際には、カルガラたちのことを思い出しながら涙を流した。 体内には島にあった様々な物が残っており、その中にあった黄金をルフィたちが持ち帰った。 新世界編では、遊園地「ワゴームランド」の名物「ノラバンジー」として子供たちから人気を得ている。 『ONE PIECE magazine Vol. 7』の「怪物図鑑」によれば、腹側の鱗は移動をスムーズにするため滑らかで柔らかになっており、保護するため麺状の毛が生えている。 また、主に木の上で生活し頭を上にすることが多い性質上、血液の循環を良くするため通常のヘビに比べ心臓の位置が高くなっている。 400年前 [ ] カルガラ 声 - シャンディアの大戦士。 ワイパーの先祖。 「偉大なる航路」出身。 39歳没。 誕生日は。 身長222cm。 血液型X型。 好物は大魚の丸焼き。 赤い長髪、上半身に多くの刺青がある大男。 ワイパー同様過激な性格。 「侵入者を許さない」という島の戒律に従い、戦士達の先頭に立って侵入者を退けてきた。 武器は槍で、巨大な鉄球を投げつける怪力を誇る。 見聞色の覇気使い。 村に疫病「樹熱」が蔓延し多くの村人が犠牲になった際、樹熱を知らないためこれを「呪い」とし、神に生贄を捧げることで解決しようとしていた。 島に侵入し儀式の邪魔をした一行を、初めは他の侵入者と同様に殺そうとしたが、ノーランドが命懸けで島を救ったことで彼とは無二の親友となる。 その後ノーランド達が住民にとっての命とも言える林を切り倒したことで一旦は仲違いするが、それすらも村人達を想っての行動だったことを知り、出航直前にノーランドと和解。 先祖のために鳴らしていた鐘を、再び来るノーランドのために絶やさず鳴らし続けると誓った。 ノーランド達がジャヤを後にした4年後、空島へと打ち上げられたジャヤを空の人間に奪われてしまう。 それでも、再びジャヤを訪れ自分たちがいないことに狼狽えるであろうノーランドのことを思い、自身らが空にいることを伝えるために何としても鐘を鳴らそうと戦い続けた。 だが、ノーランドが故郷でシャンドラの実在を訴え続けたことで処刑されたことを知る前に戦死。 ノーランドに自身の存在を伝えようとしたカルガラの願いと、カルガラ達の健在を案じ続けたノーランドの願いが果たされるのは、400年後のこととなる。 ムース 声 - カルガラの娘。 誕生日は。 カシ神への生け贄に選ばれるも、ノーランドに救われた。 カルガラと並ぶノーランド一行の理解者で、一行と村人の間に軋轢が生じた時には誤解を解くために奔走した。 後にセトと夫婦になる。 セト 声 - (少年期)、(青年期)、(青年期・エピソードオブ空島) シャンディアの少年。 誕生日は。 村を襲った疫病「樹熱」にかかってしまうが、ノーランド達に早期に発見されたため治療を受け一命を取り留めた。 初めは島の戒律通りノーランド一行にも敵意をむき出しにしていたが、後には誰よりもノーランドを尊敬するようになる。 後にムースと夫婦になる。 長 声 - 400年前のシャンディアの長。 ハーブ 声 - カルガラの妻。 ムースの母親。 カシ神 シャンディアが神と崇めていた大蛇。 誕生日は。 島に危機が起こるとカシ神に生け贄を捧げる儀式が生け贄の祭壇で行われる。 生け贄に選ばれたムースを飲み込もうとしたが、ノーランドに一刀両断された。 その後、カシ神の子供が島の地割れに挟まったノーランドを襲おうとしたが、カルガラに殺された。 ウェザリア(人物) [ ] ハレダス 声 - ウェザリアに住む気象学者の老人。 ビルカ出身。 誕生日は。 身長253cm。 血液型X型。 好物は青海から仕入れたお茶。 くまによってウェザリアに飛ばされたナミと遭遇し、他の気象科学者たち共々ナミに手玉に取られる。 マリンフォード頂上戦争後は、ナミに頼まれ新世界の気象を教える。 2年後、ナミをシャボンティ諸島まで送り届け、上空から雨を降らせて海軍の銃火器を使えない様に妨害した。 その後は、今度ナミに会ったらオシャレって言われたいと、他の気象学者たちと服のセンスに磨きをかけている。 空島の出身者 [ ] ウルージ• 400年前に青海で暮らしていたシャンディアの民(カルガラたち)の背中にも羽があるが、関係性は不明。 作者曰く、のようなもの。 電撃が効かないルフィに電熱と打撃を重視した戦法で追い詰めるなど。 四神官が「青海の人物が黄金を知っているのはおかしい」と疑問に思っていたなかで、「そもそも青海の物だから知っていて当然」と冷静に分析していた。 ルフィの特異体質は理解していたが、空島には「ゴム」が存在しないので、肝心の雷が通じない原理が理解できなかった。 何もつけず地上と同じように活動しているが、詳細は不明。 行き場のない島雲に乗せられ、死ぬまでさまよい続ける刑で、死刑に当たる。 ルフィ達が空島に行くきっかけとなった空から落ちてきた船も、この刑を受けたのではないかとロビンは推察している。 この体重はエネルが空島を征服していた頃の推定で、実際の体重はノラが呑み込んでいるものによって大きく変動する。 「シャンドラの灯をともせ」というカルガラの言葉は、この親友ノーランドに伝えたいがためのものだった。 出典 [ ]• 第33巻SBS• スリラーバークの怪人達!! 第80巻SBS• ONE PIECE. com 2018年8月6日. 2018年8月6日閲覧。 第31巻SBS• 第38巻SBS• 『ONE PIECE YELLOW』より。 第43巻SBS• 『ONE PIECE GREEN』より。 7、、2019年8月9日、 136-139頁。

次の

【ワンピース】ルフィの倒した敵!勝利戦績をまとめてみた!

嘘つきノーランド

49話 ルフィとリナに嘘つきな男の伝説 どうやら、情報はロビンが持ってきたらしい。 ナーガなんかと一緒に行動をしていた割には、役に立つ女性である。 これで、心の底から信用ができれば言うことはないのだが……。 港の反対側にいるという男、モンブラン・クリケット。 彼の住んでいる家というのは、奇妙な家であった。 島の側面に半分だけ立てているのである。 しょうがないのか。 はたまた見栄っ張りなのか、壁のところにものすごい豪邸を作っている。 まあ、世の中にはいろんな人間がいるからな。 そこで、見つけたのは嘘つきノーランドという本である。 ルフィがウソップを見たのは、余談である。 その話ならば海軍本部で読んだことがある。 たしか、嘘のような大冒険の話をする男。 その男の話を信じた王様が黄金の島へと向かう。 だが、黄金の島はなかった。 ノーランドは処刑されることになるのだが、処刑の寸前に島は海に沈んでしまった。 と、いった。 と、いう話である。 「おお。 嘘つきノーランドか。 懐かしいな」 「懐かしい? これ、あたしも読んだことがあるけれど、たしか北の海の童話だったと思うんだけれど?」 「ああ。 俺は北の海出身なんだよ」 ……どういうことだ? あたしは、海軍の軍艦でだったが普通の船では北の海から東の海へと行くことはできないはずだ。 まあ、海賊というのはいろいろと訳ありの過去を持つ。 あまり、詮索しないのがマナーだろう。 そんな中、現れた頭に栗をのっけた……もとい、栗をのっけたような髪形をしたおっさん。 そのおっさんによってルフィが溺れ死にかけたことはさておき、いろいろあってルフィとそのおっさん、モンブランのおっちゃんは仲良くなった。 なんでも、このおっちゃんがこのノーランドの子孫だそうだ。 実話が童話になるというのは、珍しくない。 いずれ、あたしの活躍も童話なんかになるかもしれない。 ……どんな童話になるかは想像したくないけれどさ。 光の剣士とか、タフォーラシアも童話になっていたが実話だったしな。 ただし、ノーランドという男は限りなく誠実であり正直者。 処刑の間際も涙ながらに必死でその海水による地盤沈下の説を叫び続けたという。 彼の一族は、その説を本当だと証明するためにグランドラインに旅に出るものが現れた。 とはいえ、彼は違った。 彼としてみれば、どこで何してもあの嘘つきの一族。 と、けなされる先祖。 そんな先祖の無念を信じ続ける一族。 どいつも、嫌いだったのだろう。 海賊となり、旅に出て皮肉も彼はその先祖が唱えた地へと訪れてしまった。 そして、先祖との因縁を断ち切るために勝負を挑むために、本当なら慢性的な病気になるはずのない潜水病を持病にするほど潜り続けていた。 まあ、予想通りだがルフィと意気投合したおっちゃんは空島へと行く方法を教えてくれた。 途中、ごりらと猿のような二人も手を貸してくれた。 当初、敵対していたがノーランドのおっちゃんの自称子分だったらしく病気を治療した。 と、聞いて意気投合した。 ルフィが……。 その後、微妙にむかつく西にしか顔を向けない奇妙な鳥を見つけに向かった。 船の補強は猿山連合に任せることになったのだ。 むかつくその鳥を見つけて戻っていたら……。 そこには、ボロボロになった猿山連合とノーランドのおっちゃんだった。 ベラミーがやってきて、ノーランドのおっちゃんが海底から引き揚げた黄金を奪ったのだ。 ルフィが怒ったのは言うまでもない。 「ったくしょうがないわね」 時間がない。 と、いうルフィの言葉にあたしはため息をつくと、ルフィをつかむ。 「ぶっ飛ぶわよ。 舌をかまないようにしなさいよ」 「おう!」 「それと、露払いしかしないからね」 「おう。 一人で十分なぐらいだ」 「でしょうね」 あたしはそううなずくと、レイウィングで飛ぶ。 高速飛行の呪文であり、コントロールが難しいので使えるのはあたしを除けば、ナーガぐらいだろう。 それに、飛んで行って街へと向かう。 ベラミーがいる酒場にルフィは殴り込みをかけた。 「よお。 お嬢ちゃん」 「何よ?」 「ああ。 今のうちだぜ。 たった一人であのベラミーに勝てると思っているのかよ?」 「あら、それはこっちのセリフよ」 と、雑魚の言葉にあたしは言うと……。 「あいつ一人でうちの船長の相手になると本気で思っているの? 本当を言えば、この場にいる全員が束になってかかってきてもあたしにすら勝てないわよ」 その言葉に全員がばっとあたしを囲む。 「うちの船長は超大型ルーキー。 たがが、二千七百万程度の副船長風情が大きく出たな」 「じゃあ。 かかってきなさいよ。 一瞬で済むから」 そういった瞬間だった。 ルフィがベラミーを殴り飛ばした。 一撃でだ。 絶句する中、 「ほら、一撃で終わった」 そして、あたしの呪文で全員を吹っ飛ばしたのはほぼ同時だった。 ……ただのやじ馬まで巻き込んだのはご愛敬である。 その後、黄金を見つけて回収してとっとと戻ったのだった。

次の