ゲルゲ 配信者。 ウナちゃんマンが落ちぶれた原因

ウナちゃんマンが落ちぶれた原因

ゲルゲ 配信者

昔は映画にも出たり、中国の番組でも紹介されるくらい人気があった佐野智則(ウナちゃんマン)だが、鶴乃進にバールを食らった辺りから劣化が止まらない。 廃り流行りの早い配信業界にあって、「俺はこのままでいいんだ」とか「小さくやれればいい」とか現状維持のメンタリティでいつづけて周りに飽きられた。 極端に恐怖心が強くなり些細なことで身内を切り捨てまくるようになった。 アンチからの電話を受ける余裕がなくなった。 ケロちゃんとの思い出語りからも見とれるように、過去を極端に美化する妄想癖があり自分の失敗を認められない、学べない。 昔はもう少し論理的だったが、最近は話が支離滅裂になった。 例えば最近はよくゲルゲと喧嘩しており、ゲルゲのことを「泥棒猫だ」とよく言うが、ゲルゲにホイホイついていった佐野が言うのはおかしい。 また、「自分が大阪にいるのはゲルゲに呼ばれたからだ」ともよく言っているが、ならばゲルゲに佐野はもう「もう付き合ってないんだから出ていったら」とか「今すぐ死んで」とか邪魔者扱いされているわけだから、大阪から出ていかないのもおかしい。 こうしたもろもろの劣化の根本的な原因は酒の飲み過ぎによる前頭葉の萎縮だろう。 妄想や感情の暴走、うつ病傾向、論理の破綻全て当てはまる。 ただ、仮に指摘しても改めることはないだろう。 これだけ落ちぶれて困窮しているに単純に見栄のためだけに大衆酒場うなの空家賃を払い続けたり、パチモノのブランド物を買い漁る様から、のスイッチが入っていると思われるからだ。 彼は近い将来、同じくらいレベルの低い人間を引き寄せて殺されることで社会に対する最後の貢献をすると思われる。

次の

ウナちゃんマンが落ちぶれた原因

ゲルゲ 配信者

ウナちゃんマンは、「大衆酒場うな」というお店を経営しています。 しかしながら、現在はどうやらお店の経営状態は不定期なようです。 ニコ生で沢山のファンを獲得していたウナちゃんマンといえども、お店を経営していくには、ニコ生の配信者としての人気だけでなく、料理人としての腕と経営者としての能力が必要なようです。 開店の経緯としては、どうやら自費ではなく、スポンサーとなるファンによる出資によるものであるようです。 そして、プロの料理人としての経験の無いウナちゃんマンが、頑張って料理を研究、練習している様子はニコ生でも配信されていたようです。 肝心のお店の料理は、やはりプロの料理店と比べると、格は落ちるというのがネットユーザーによる評価であるようです。 確かに、ウナちゃんマンのアンチがあえてお店の悪口を言っているという事も考えられますが、あまりの批判の多さからも、実際に不手際等があったことは否めない部分はあったと考えられるのではないでしょうか。 ウナちゃんマンは、同じニコ生配信者であるケロという女性と交際していました。 ウナちゃんマンが言うには、ケロの母親は、ケロが子供の頃に目の前で刺されて亡くなり、父親はそれを機に精神を病んで病院へいくことになったニコ生で語っていました。 しかし、ウナちゃんマンは度々嘘をつく癖があるので、どこまでが本当なのかは分かりません。 また、ウナちゃんマンとケロの関係は健全なものではなかったようです。 ニコ生の配信内で、ケロは「殴られ、捕まえられ、お金も持たせてもらえず逃げられない。 就職も蹴らされて、あんたのせいで人生ボロボロだ」と涙ながらにウナちゃんマンに訴えかけていました。 ケロとウナちゃんマンの関係は、ウナちゃんマンがケロ対してかなり支配的であったことが伺えます。 ウナちゃんマンの交際相手であったゲルゲもまた、ニコ生の配信者でした。 ケロと比べてみると、年上の女性であるようです。 また、ウナちゃんマンとの交際中には、ウナちゃんマンの経営していたお店「大衆酒場うな」を手伝ったりしていたようです。 また、他の女性の常連客がウナちゃんマンに絡もうとした際に、嫉妬心を見せるようなところもありました。 また、ウナちゃんマンはゲルゲと同棲していたようです。 しかし、別れ際になると、あることで揉めるようになりました。 というのも、どうやらウナちゃんマンは家賃をゲルゲに支払わせていたようで、ゲルゲのリスナーからも「何故家賃を全部支払うの?」といった声も上がっていたようです。 最終的に、ウナちゃんマンはゲルゲ宅を立ち退く事になるのですが、その際も、あくまでもニコ生の配信上でやり取りをするなど、険悪な別れ方だったようです。 また、ゲルゲはその後もウナちゃんマンに対して嫌悪を露骨に露わにした態度をとっており、ウナちゃんマンは恨まれるような別れ方をしたようです。

次の

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】「冥王ネルゲル(魔王級)」の攻略方法|ゲームエイト

ゲルゲ 配信者

昔は映画にも出たり、中国の番組でも紹介されるくらい人気があった佐野智則(ウナちゃんマン)だが、鶴乃進にバールを食らった辺りから劣化が止まらない。 廃り流行りの早い配信業界にあって、「俺はこのままでいいんだ」とか「小さくやれればいい」とか現状維持のメンタリティでいつづけて周りに飽きられた。 極端に恐怖心が強くなり些細なことで身内を切り捨てまくるようになった。 アンチからの電話を受ける余裕がなくなった。 ケロちゃんとの思い出語りからも見とれるように、過去を極端に美化する妄想癖があり自分の失敗を認められない、学べない。 昔はもう少し論理的だったが、最近は話が支離滅裂になった。 例えば最近はよくゲルゲと喧嘩しており、ゲルゲのことを「泥棒猫だ」とよく言うが、ゲルゲにホイホイついていった佐野が言うのはおかしい。 また、「自分が大阪にいるのはゲルゲに呼ばれたからだ」ともよく言っているが、ならばゲルゲに佐野はもう「もう付き合ってないんだから出ていったら」とか「今すぐ死んで」とか邪魔者扱いされているわけだから、大阪から出ていかないのもおかしい。 こうしたもろもろの劣化の根本的な原因は酒の飲み過ぎによる前頭葉の萎縮だろう。 妄想や感情の暴走、うつ病傾向、論理の破綻全て当てはまる。 ただ、仮に指摘しても改めることはないだろう。 これだけ落ちぶれて困窮しているに単純に見栄のためだけに大衆酒場うなの空家賃を払い続けたり、パチモノのブランド物を買い漁る様から、のスイッチが入っていると思われるからだ。 彼は近い将来、同じくらいレベルの低い人間を引き寄せて殺されることで社会に対する最後の貢献をすると思われる。

次の