カタツムリ に 寄生 する 虫。 広東住血線虫|愛知県衛生研究所

寄生虫を研究している僕がカタツムリとナメクジについて語りたいときに語ること|科学バー

カタツムリ に 寄生 する 虫

カタツムリの寄生虫とは? カタツムリの寄生虫でよく知られているのは「ロイコクロリディウム」というものです。 このロイコクロリディウムはヨーロッパやアメリカによく生息しています。 この寄生虫は、日本には渡り鳥によって移動してきたと言われています。 さて、このロイコクロリディウムは、カタツムリとカタツムリを餌とする鳥の間を行き来しています。 まず、ロイコクロリディウムの卵が鳥のフンに含まれていて、カタツムリがそのフンを食べます。 するとロイコクロリディウムはカタツムリの体内で孵化し脱皮をして成長します。 成長したロイコクロリディウムは、カタツムリの触覚に移動します。 カタツムリはロイコクロリディウムが動くことで触覚を動かします。 その動きが芋虫に見えるため、そのカタツムリを今度は鳥が食べてしまいます。 鳥に中に入ったロイコクロリディウムは、鳥の腸管内で卵を産み付け、そのフンをカタツムリが食べて…を繰り返します。 他にも「広東住血線虫」という寄生虫もあります。 この寄生虫はドブネズミに寄生しており、カタツムリとの間を行き来しています。 カタツムリの寄生虫は人間にも寄生するのか? カタツムリの寄生虫は、鳥やドブネズミを介してなかなか賢く寄生しています。 しかし、気になるのは、この寄生虫が人間にも寄生するのかということですよね。 結論を申し上げると、カタツムリの寄生虫は人間にも寄生します。 ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリを食べてしまったらとても危険と言えるでしょう。 ただし、エスカルゴなどは食用を目的に作られたカタツムリなのでまずは大丈夫です。 スポンサーリンク しかし、野生のカタツムリを食べることはないとは思いますが、とても危険ですので絶対に食べないようにしましょう。 万が一、人間が寄生虫に寄生されたら、症状として好酸球性髄膜炎を起こす可能性があります。 広東住血線虫でしたら、人間の脳までたどり着きます。 そこで寄生虫は死んでしまいますが、寄生虫を異物とみなして人の免疫細胞が普段よりも過剰に働きます。 そして、髄膜炎や、激しい頭痛、嘔吐やめまい、手足のしびれなどの症状が表れます。 カタツムリの寄生虫で死亡例はあるの? このようにカタツムリの寄生虫に人間が寄生されると、様々な症状が出てきます。 寄生されると、必ず亡くなるわけではありませんが、残念ながら2000年には沖縄で女の子が亡くなっています。 また、ハワイではスムージーを飲んだ女性に寄生虫が体内に入ったことが報告されています。 しかしながら、なぜスムージーで寄生虫が…と思いますよね。 この女性への寄生は、新鮮な野菜の上に、カタツムリが這い、その後に粘液がついていて、そこに寄生虫が付いたものが、女性の体の中に入ったと考えられています。 この女性は幸いなことに、無事に回復されました。 このことからも、カタツムリを食べることにも気をつけないといけませんが、生野菜を食べる時には良く洗うようにしないといけませんね。 また公園などで、カタツムリを手に乗せたりするお子様もおられることでしょう。 できるだけ触らない方が良いとお子様にも注意されたほうが良いかもしれません。 しかしながら、カタツムリに触れた場合などは、しっかりと手を洗うようにしてくださいね。 まとめ カタツムリの寄生虫には「ロイコクロリディウム」と「広東住血線虫」がいます。 中でもロイコクロリディウムが一般的ですが、カタツムリとカタツムリを餌とする鳥の間を行き来しています。 カタツムリの寄生虫の「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生します。 カタツムリの寄生虫が人間に寄生して2000年に沖縄で死亡例が報告されています。 見た目はとてもかわいいカタツムリですが、寄生虫には充分に気を付けたいものです。

次の

旭川市に生息するカタツムリから新種の吸虫を発見!

カタツムリ に 寄生 する 虫

カタツムリに寄生し、意のままに操る・・・そんな寄生虫がこの世の中には存在します。 その奇妙な生き物の名前は、ロイコクロリディウム。 アメリカやヨーロッパに生息する、小さな小さな寄生虫です。 スポンサーリンク photo by Thomas Hahmann このロイコクロリディウム、寄生虫なので基本他人の体内に宿るのですが、その一生がすごいんです。 まず、生まれる前の卵の時間を鳥の糞の中ですごします。 そしてその糞がカタツムリに食べられるのをじっと待つのです。 無事にカタツムリに食べられると、カタツムリの体内でふ化をし、カタツムリが食べるえさを頂戴しながらすくすくと成長します。 そして、カタツムリの触覚に移動するのです。 緑の膨れたからだが、触覚から透けて異様な光景になっています。 photo by Ondrej Zicha ここで、ロイコクロリディウムは脈動をします。 触覚がなんだかムズムズするカタツムリは、その違和感を解消するためにうねうねと触覚を動かすのです。 その動きはまるでイモムシ。 しかも寄生虫はこの カタツムリの脳までもをコントロールし、暗い夜ではなく、昼間にだけ活動をさせるように仕向けるのです。 ちなみにこれは北海道で撮影されたもの。

次の

※カタツムリとナメクジに要注意!脳まで達する恐ろしい寄生虫とは?

カタツムリ に 寄生 する 虫

寄生虫は私たちの身近なところに生息しており、そのほとんどは人以外の生物に寄生して暮らしています。 しかし、日本では野外に暮らす寄生虫の調査研究実績が少なく、どこにどのような寄生虫がいるのか良く分かっていません。 今回、脇講師の研究グループは、北海道から九州までの28か所でカタツムリの仲間を捕まえて、その中の寄生虫を調べました。 その結果、およそ半数の15か所のカタツムリが吸虫(注1)の幼虫 (図1) に寄生されていることが明らかになりました。 この幼虫を実験的に育てたところ成虫まで成長し、その形から新種であることが分かりました。 この吸虫に寄生されていたカタツムリの多くは、木に登って生活する、いわゆる樹上性の種類でした(図2)。 これにちなんで、吸虫はキノボリマイマイサンゴムシ(学名: Brachylaima lignieuhadrae)と名付けられました。 この仲間の吸虫は、カタツムリに寄生した幼虫が鳥類・哺乳類に食べられて、その消化管内で成虫になると考えられています。 今回カタツムリから得られた幼虫は、どの採集地でも同じような遺伝子の型を持っており、地理的な違いがありませんでした。 このことから、この幼虫は鳥に食べられて成虫となり、その鳥がいろいろな場所に移動して糞とともに吸虫の卵をまき散らし、それがカタツムリへの新たな感染源になっているものと考えられます。 しかし、キノボリマイマイサンゴムシが実際に鳥類に寄生するのか、あるいは実は哺乳類に寄生するのかは、まだ分かりません。 この新種の吸虫は、人里離れた山や密林のカタツムリに寄生していたわけではなく、むしろ人家の近くや公園のような、私たちの生活に身近な場所で見つかっています。 未知の生物の存在をこうして明らかにしていくことは、絶妙なバランスで成立している身近な生態系を理解するために必要なことの一つと言えるでしょう。 発表雑誌 雑誌名 「Parasitology International」74巻、101992 (オンラインでは2019年9月12日に閲覧可) 論文タイトル Brachylaima lignieuhadrae n. Trematoda: Brachylaimidae from land snails of the genus Euhadra in Japan. parint. 2019. 101992 アブストラクトURL 用語解説.

次の