羽生結弦成功への軌跡。 人生が壊れてしまう!五輪がなくても成功できると語るエロス!

羽生結弦くんと同じネックレスの購入はココがお勧め…偽物注意!≪ファイテン≫

羽生結弦成功への軌跡

2015-2016シーズンGPシリーズNHK杯において、当時世界最高得点だったパトリック・チャンの295. 27を大幅に上回る322. 40を出した羽生結弦。 「もう二度とこんなスコアは簡単に出ないだろう」と周囲を驚かしたのも束の間。 直後に行われたGPファイナルで330. 43という驚愕のスコアを叩き出し、絶対王者としての貫禄を見せつけた。 写真はその表彰式において日の丸を掲げる姿。 シニアデビューからの栄光の軌跡 日本男子初のオリンピック金メダル獲得、史上初の300点超え。 さらにはその王子キャラや魂の演技など、シニアデビュー7年にしてすでに語り尽くせないほどの伝説を持つ羽生選手。 ファンたちから寄せられた偏愛メッセージとともに、その軌跡を振り返ってみよう。 2010~2011 season SP 悲愴 FS ロミオとジュリエット 羽生結弦ここにあり!を世界に知らしめたシーズン。 この年、東日本大震災で被災し練習場所を失った羽生選手は、滑る場を求めてアイスショーを回る全国行脚に。 9月 ネーベルホルン杯(優勝) 「冒頭の蹴り上げ~の髪のかき上げ~のツイヅル含め、もう全部! 16才ですよ16才。 いや恐ろしいほどの魅せっぷり」Twitter: pekorin117 11月 GPシリーズ中国杯(4位) 〃 GPシリーズロステレコム杯(優勝) 12月 GPファイナル(4位) 〃 全日本フィギュアスケート選手権(3位) 3月 世界フィギュアスケート選手権(3位) 「ステップで思わぬ転倒。 若き戦士ここまでか!と思いきや、そこからスイッチ。 すぐに3Aコンボで会場がどよめいた!! 」Twitter: marikoby26 2012-2013 season SP パリの散歩道 FS ノートルダム・ド・パリ この年からブライアン・オーサーコーチとタッグを組み、王者としての歩みを始動させる。 GPシリーズNHK杯、全日本選手権では初めて髙橋大輔選手を抑え優勝。 後半は故障もあり不本意な成績に終わったが、日本中に、翌年のオリンピックへの期待を膨らませてくれた。 一大会ごとに成長を見せ、オリンピック直前のGPファイナルで遂に王者パトリック・チャン選手を破り、その勢いのままソチを駆け抜ける。 その後の世界選手権でも優勝を遂げ、完全に王者として君臨した。 10月 フィンランディア杯(優勝) 〃 GPシリーズスケートカナダ(2位) 11月 GPシリーズエリックボンパール杯(2位) 12月 GPファイナル(優勝) 〃 全日本フィギュアスケート選手権(優勝) 「SP最後の音が鳴って右手を突き上げた瞬間。 迸る情熱、カリスマ性、煌めくような若い力。 それでも不屈の精神で演技を続行。 何度もフラつき転倒しながら滑り切った姿は世界中に感動を与えた。 そこから復活し、GPファイナルでは見事な2連覇を成し遂げる。 11月 GPシリーズ中国杯(2位) 〃 GPシリーズNHK杯(4位) 「6分間練習の衝突事故によって満身創痍だったF。 何度転倒しても諦めず、後半、大技3A-1Lo-3Sに挑み成功させた姿は言葉にならぬほどの感動を覚えた」Twitter: 3A1Lo3SCombo 12月 GPファイナル(優勝) 〃 全日本フィギュアスケート選手権(優勝) 3月 世界フィギュアスケート選手権(2位) 4月 世界フィギュアスケート国別対抗戦(団体3位) 2015-2016 season SP バラード第1番ト短調 FS SEIMEI 和の世界観を表現したFS「SEIMEI」を引っ提げ挑んだこのシーズンは、異次元の域に足を踏み入れた。 GPシリーズNHK杯で史上初の300点超えを果たしたその2週間後、GPファイナルで自身の記録を塗りかえる330. またGPファイナルではミスをしながらも、2位のネイサン・チェンに10点以上の差をつけ圧巻の4連覇。 来年のオリンピック2連覇に向けて死角は見当たらない!!

次の

人生が壊れてしまう!五輪がなくても成功できると語るエロス!

羽生結弦成功への軌跡

全日本フィギュアスケート選手権は、22日の男子フリーでついに決着。 激闘の舞台裏、そして一夜明け、選手たちがあらためて語った思いに迫る。 23日に行われたメダリスト・オン・アイスのリハーサルの様子。 羽生結弦選手 25 と高橋大輔選手 33 、2人のオリンピックメダリストが、笑顔で手を取り合いスケーティング。 優勝した宇野昌磨選手 22 と紀平梨花選手 17 もリラックスした笑顔。 あらためて激闘を振り返った。 紀平選手「眠る時に試合のことを考えたりで」、「疲れの中でも自分の体を持っていくことができたので、それが今までにない経験で、大きな収穫だったと思う」 宇野選手「自分にも『おかえり』と言いたい」、「 自分で つかみ取れたものでもあると思うし、支えてくれた皆さんのおかげでもあると思っています」 22日の男子フリー。 復活の演技を見せたのは、宇野昌磨選手。 今シーズン、苦しんでいた姿がうそのような滑りだった。 「何よりスケートを楽しむことができた」と、今シーズンの自己ベストの得点を出し、この時点でトップに立った。 その直後、最終滑走は、4年ぶりの王座奪還を目指す羽生選手。 ステージ裏では、演技を終えたばかりの宇野選手も、モニターでその演技を見つめる。 最初のジャンプは、4回転ループ。 5週間で3試合というハードなスケジュールの中、最後までジャンプに精彩を欠き2位。 その口元は、「終わったー」と言ったように見えた。 羽生選手「終わっちゃったなという感じです。 まあでも、まあもう、なんもないですよ、ホントに。 本当に弱かったなと思うだけです」 自らの弱さを認め、言葉を絞り出した羽生選手。 表彰式の前には…。 羽生選手「おめでとう」 宇野選手「お疲れさまです」 羽生選手「昌磨が復活してくれてうれしいよ」 宇野選手「ゆづ君が、すごく疲れてるから」 宇野選手は、羽生選手との直接対決を制し、表彰台の真ん中に立った。 羽生選手「駄目だよ、燃え尽きちゃ駄目だよ、ここで。 燃え尽き症候群になっちゃだめだよ」、「まだいるよ、いっぱい。 俺の上にはいっぱいいるよ、まだ」 そして、今大会が最後のシングルとなった高橋大輔選手は、力を振り絞り、渾身 こんしん のステップ。 キスアンドクライでは、観客から「大ちゃん」コールが。 20年近く苦楽をともにした長光歌子コーチに、感謝を込めて花束をプレゼント。 1つの時代が終わった。 高橋選手「応援してくれた方にも、『これで最後です』って気持ちで滑ることができましたし。 その全日本が一番、あまり良くなかったですけど、いろんな意味で」、「まあでも、それも僕らしい終わり方だなって」 一方、女子は紀平梨花選手が、ほぼ完璧な演技を見せ、初優勝。 そして、今回は回避した4回転サルコウについては…。 紀平選手「 4回転サルコウは 練習でもすごく成長できているので、世界選手権でピークを持っていって、完璧な演技を目指したいと思います」 次は、世界との戦い。 男女とも四大陸選手権世界選手権の代表が決定し、挑戦の日々は続く。 fnn. youtube.

次の

羽生結弦くんと同じネックレスの購入はココがお勧め…偽物注意!≪ファイテン≫

羽生結弦成功への軌跡

全日本フィギュアスケート選手権は、22日の男子フリーでついに決着。 激闘の舞台裏、そして一夜明け、選手たちがあらためて語った思いに迫る。 23日に行われたメダリスト・オン・アイスのリハーサルの様子。 羽生結弦選手 25 と高橋大輔選手 33 、2人のオリンピックメダリストが、笑顔で手を取り合いスケーティング。 優勝した宇野昌磨選手 22 と紀平梨花選手 17 もリラックスした笑顔。 あらためて激闘を振り返った。 紀平選手「眠る時に試合のことを考えたりで」、「疲れの中でも自分の体を持っていくことができたので、それが今までにない経験で、大きな収穫だったと思う」 宇野選手「自分にも『おかえり』と言いたい」、「 自分で つかみ取れたものでもあると思うし、支えてくれた皆さんのおかげでもあると思っています」 22日の男子フリー。 復活の演技を見せたのは、宇野昌磨選手。 今シーズン、苦しんでいた姿がうそのような滑りだった。 「何よりスケートを楽しむことができた」と、今シーズンの自己ベストの得点を出し、この時点でトップに立った。 その直後、最終滑走は、4年ぶりの王座奪還を目指す羽生選手。 ステージ裏では、演技を終えたばかりの宇野選手も、モニターでその演技を見つめる。 最初のジャンプは、4回転ループ。 5週間で3試合というハードなスケジュールの中、最後までジャンプに精彩を欠き2位。 その口元は、「終わったー」と言ったように見えた。 羽生選手「終わっちゃったなという感じです。 まあでも、まあもう、なんもないですよ、ホントに。 本当に弱かったなと思うだけです」 自らの弱さを認め、言葉を絞り出した羽生選手。 表彰式の前には…。 羽生選手「おめでとう」 宇野選手「お疲れさまです」 羽生選手「昌磨が復活してくれてうれしいよ」 宇野選手「ゆづ君が、すごく疲れてるから」 宇野選手は、羽生選手との直接対決を制し、表彰台の真ん中に立った。 羽生選手「駄目だよ、燃え尽きちゃ駄目だよ、ここで。 燃え尽き症候群になっちゃだめだよ」、「まだいるよ、いっぱい。 俺の上にはいっぱいいるよ、まだ」 そして、今大会が最後のシングルとなった高橋大輔選手は、力を振り絞り、渾身 こんしん のステップ。 キスアンドクライでは、観客から「大ちゃん」コールが。 20年近く苦楽をともにした長光歌子コーチに、感謝を込めて花束をプレゼント。 1つの時代が終わった。 高橋選手「応援してくれた方にも、『これで最後です』って気持ちで滑ることができましたし。 その全日本が一番、あまり良くなかったですけど、いろんな意味で」、「まあでも、それも僕らしい終わり方だなって」 一方、女子は紀平梨花選手が、ほぼ完璧な演技を見せ、初優勝。 そして、今回は回避した4回転サルコウについては…。 紀平選手「 4回転サルコウは 練習でもすごく成長できているので、世界選手権でピークを持っていって、完璧な演技を目指したいと思います」 次は、世界との戦い。 男女とも四大陸選手権世界選手権の代表が決定し、挑戦の日々は続く。 fnn. youtube.

次の