エリオット ビズ ノー。 破綻国家にたかる訴訟型「ハイエナ」ファンドのエグすぎる手口(黒木 亮)

『サードドア 精神的資産のふやし方』の気になる内容は?

エリオット ビズ ノー

エリオット波動の基礎講座 <エリオット波動の基礎講座>• (エリオット波動の基本形) エリオット波動は、上昇相場においては、上昇5波、下降3波の計8波が基本の形 である。 上図参照 上昇5波は、3つの推進波と2つの調整波からなり、下降3波は、2つの推進波と 1つの調整波からなっている。 推進波とは、大きな波と同じ方向に動く波動で、 調整波とは、大きな波と逆の方向に動く波動で、上図で(1)(3)(5)が推進波 、(2)(4)が調整波である。 それぞれの波動は、さらに同様の波動に細分化される。 (1)(3)(5) (A)(C)は、5波動に、(2)(4)(B)は、3波動にわかれる。 いちばんもとの形は、上昇の5波動、下降の3波動で全部で8波動。 この3、5、 8という数字全てがフィボナッチ数である。 次の細分化では、上昇21波動、 下降13波動で全部で34波動。 この13、21、34もフィボナッチ数である。 さらなる細分化では、上昇89波動、下降55波動で全部で144波動。 この 55、89、144もフィボナッチ数である。 フィボナッチ数については、あとでくわしく説明する予定である。 (推進波) [エクステンション] 同じ、推進波でも、第1波、第3波、第5波では、たいてい大きさは異なる。 第1波、第3波、第5波のうちのいずれかがさらに5つの小さな波に分かれて大きく なる場合、いわゆるエクステンション(拡張)を示す時がある。 普通、第1波は、大底からの回復過程で、それほど、大きな上昇にはならないことが 多い。 大きくなるのは、第3波、または、第5波のことが多い。 下図を参照して いただきたい。 [ダイアゴナル・トライアングル] ダイアゴナル・トライアングルは、斜め三角形で、通常最終波動の第5波に現れる。 このダイアゴナル・トライアングルを構成する波動は、第1波、第3波、第5波 の順の大きさで、次第に小さく煮詰まって、大きな波動が終了する。 [未達成] 通常は、第5波は、第3波の頂上を超えるが、たまに、超えずに、未達成で終わる ケースがある。 これを、未達成(フェイラー)という。 (調整波) 上昇波での(2)(4)、下降波での(B)がいわゆる調整波であるが、この 調整波には、いくつかのパターンがある。 [ジグザグ] 通常、もっとも多く見られるパターン。 B波は、A波の天井 には及ばない。 [フラット] 強い地合いの時に良く見られる。 AとBが3波動で、Cが5波動の3ー3ー5の パターン。 B波は、A波の天井を超え、C波は、A波の底を下回ることが多い。 B波は、急激な戻しになることが多い。 フラットの変形にランニング調整がある。 BがA波の天井を超え、なおかつC波がA波の底を上回る形。 [トライアングル] 第4波で良く見られるパターン。 三角持ち合いともいわれる。 大きな波動から 次第に小さな波動になり、煮詰まった後に、メイン・トレンドへ放れていく。 トライアングルは、普通、5波動で構成され、それぞれの波動は、3波動に 分かれる。 トライアングルは、形で、アセンディング・トライアングル(上方への 三角形)、シンメトリカル・トライアングル(上下対称)、ディセンディング・ トライアングル(下方への三角形)に分けられる。 この調整波については、オータネーション(交替)の法則が適用され、第2波と 第4波の調整パターンが同じものになることはない。 たとえば、第2波で、単純な ジグザグ調整であれば、第4波は、ジグザグ以外のフラット調整やトライアングル になるであろう。 逆に、第2波が、フラットであれば、第4波は、ジグザグになる 可能性が高いといえよう。 (フィボナッチ数) フィボナッチ数、この神秘の数列を発見したのは、13世紀の数学者、レオナルド・ フィボナッチである。 1+1=2 1+2=3 2+3=5 3+5=8 5+8=13 このように、連続する2つの数を足したものが、次の数になる。 1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233 [この数列の極めて興味深い点] ある数を1つ前の数で割ると、1.618。 1つ後ろの数で割ると 0.618。 2つ後ろの数で割ると 0.382。 1.618を二乗すると2.618 になる。 この0.382や0.682、1.618や2.618はエリオット波動での 目標値を定めるのに欠かせない数字である。 高値または安値からの押しや戻りを予想する場合,上昇または下落した幅の 0.382倍から0.618倍がメドとなる。 (重要な法則) エリオット波動については、いくつかの法則があるが、ここではその中で最重要 の法則のみ抜粋する。 第3波が 一番短くなるような波動の取り方は、間違っているのである。 もし 第3波が第1波よりも短かった場合、第5波は当然のことながら第3波 よりも短くなる。 ということは、第5波の天井の最高値、または底の最安値は、予想 がある程度つくことになる。 これだけを気をつければ、エリオット波動の習得には、問題ないはずである。

次の

ビズ・マーキー「Best Hip Hop Classics 40」

エリオット ビズ ノー

との経営統合で物言う株主が一段と圧力を強めそうだ。 アルパインは12月に開催予定の臨時株主総会でアルプスとの経営統合を正式に決議する考えだが、株式交換比率などに株主からの反対意見が強くなる可能性がある。 アルプス電気は19年1月に株式交換でアルパインを完全子会社にする計画を発表している。 アルパイン株1株にアルプス株0. 68株を割り当てる方針で、この統合比率を巡って香港の投資会社オアシス・マネジメント・カンパニーが「不公正だ」と異議を唱えている。 オアシスはアルパイン株を約1割保有する株主で、6月のアルパインの定時株主総会では大幅増配や社外取締役選任の株主提案をした。 エリオットが13日に関東財務局に提出した大量保有報告書によると共同保有分も含めアルパイン株を5. 保有目的は「投資。 状況に応じ、発行会社や関係会社と議論し、重要提案を行う」とする。 エリオットは米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)による日立国際電気株のTOB(株式公開買い付け)で日立国際株の買い増しに動いた。 KKRは2度にわたって価格を引き上げ、TOBを成立させた経緯がある。 アルパインとアルプスの経営統合ではエリオットの立場は不明だが、オアシスと共同歩調をとる可能性もある。 統合実現にはアルパインの臨時総会で3分の2以上の株主の賛成が必要だ。 新たな物言う株主の登場で株式交換比率の見直しなどの思惑から17日のアルパイン株は上昇。 昨年10月にオアシスの株取得が判明した時もアルパイン株は急伸しており、アルプス株との値動きの差が鮮明になっている。 アルパインは「現時点でエリオットから具体的な要求は来ていない。 12月の臨時株主総会に向け、従来の手続きを進めていく」(広報担当)としている。

次の

最強はアメリカ?世界を席巻するヘッジファンド3傑紹介

エリオット ビズ ノー

エリオット波動をグラフにしたもの 実際には小刻みに値段が変動するものの、上昇局面では5波動・下降局面では3波動で値動きが推移している。 上昇局面では、以下のような「5つの波動」を描く。 これらの波動については、「 上昇5波動のうち第3波動が最短になることは無い」という理論がある。 従って、第3波動が最も短くなる波動の捉え方は、そもそも波動の捉え方自体に誤りがあると解釈されることとなる。 また、上昇第5波の最高値は通常上昇第3波よりも高くなるが、時折第5波の最高値が第3波の最高値を超えられずに下回る場合がある。 これをフェイラーと呼び、相場の転換点となる可能性が高い波形であるとされている。 この他に、トレンドの勢いが強い場合は上昇5波または下降3波を超えて波動が描かれることがあり、これをエクステンションと呼ぶ。 波動の規模 [ ]• グランドスーパーサイクル … 100年以上• スーパーサイクル … 50年• サイクル … 10年• プライマリー … 3~5年• インターミディエット … 30週~50週• マイナー … 10週• ミニュット … 3~5週 関連項目 [ ]•

次の