エッソ スピードパス。 スピードパスからエネキーへの切り替え方法!その後は使えなくなる?利点はあるの?

スピードパスプラスはどこのエッソモービルゼネラルで使えるのか

エッソ スピードパス

最近大きく割引ルールが変わったので、改めてまとめてみました。 この変更に怒っているユーザーがちらりほらりと見えます。 チョトかなりのヘビーユーザーでないとメリットが享受できない気がします。 すでに持っているユーザーで、年会費がモッタイナイナという方は解約を検討してみてください。 シナジーカードのメリットとスピードパス いろいろ改悪はあるものの、それでもシナジーカードのメリットのある方を探してみました。 まず家の近くにエッソ、ゼネラル、モービルがある方、特に広いスタンドのある方が大前提かと思います。 ウチの近くにも入りやすいエッソExpressがあるのでできれば使いたいのですが… 加えて。 ガソリンのカード利用だけで年間252,000円ある方。 車以外のカード利用でも割引対象となりますが、 そのぶんメインカードでのポイントが溜まらなくなる&シナジーカードでは特段ポイントが貯まらない& 車にそもそも乗らなければガソリン割引の享受少ですので…ガソリン利用分だけで試算しとくのが無難です。 利用額の少ない方は、出光まいどカードプラス、コスモザカードオーパスがおすすめかと。 年会費無料で持てます。 給油では付与ナシ。 1000円で5ポイント。 200円で1ポイント。 イオンのときめきポイントと合算可能。 スピードパスを使えば割引の効くエッソExpressスタンドは多々あります。 利用額が少ない場合、シナジーカード分の年会費を無料にすることはできませんが、 スピードパスを利用することにより割引分を多少積み増すことは可です。 ただ考えてみれば、スピードパスの引き落としカードはシナジーカードでなくても良いので… 引き落としはメインカードにしてスピードパスのガソリン割引分だけを享受すれば良いのかもしれません。 そうすれば無駄な年会費等を取られることナシに近くの便利なExpressスタンドが使えるかと思います。 ガソリンカードとメインカード さてここで少し目先を変えて。 クレジットカード全体を見てみます。 オトクなクレジットカードを持ちたいが、何枚もカードは持ちたくない… ではどんな機能が集約されてるカードが良いかというと…下記PickUpしてみました。 Suica• 年会費無料• 海外旅行保険• ポイント還元率• ポイントの使い道、移行のしやすさ• 1枚で済む便利さ• ETC• ブランド力• ガソリン割引• Edy 全部の機能、特徴を満たしてるカードはないですが、 個人的に優先するものをピックアップしてけば…余計なカードは作らず済むかもです。 ただこの中でガソリン割引のカードというのはチョト特殊かナと思います。 では具体的にどのカードが機能満載カードかというと…下記表にまとめてみました。 2100円 ただし1000マイルボーナスあり。 Suicaは無くなる。 マイルが稼げるカードとして人気がありますし、実際還元率も高いです。 年会費は2100円ですが、毎年1000マイルをもらうことができるので、実質は1000円ほど?です。 他には年会費有料な点、あとは…飛行機に乗らない人はマイルを貯めてもしょうがない点でしょか。 またANAカードVISAなら海外の利用も問題ないですし、Suicaを付けることもできます。 最近はコンビニでもSuicaが使えて便利ですので、使いやすさはANAカードJCBを上回りそうです。 ただANAカードSuicaの欠点は、ポイントをマイルに移行する際、手数料が6300円掛かります。 JCBだと2100円で済みますので、この点はデカいネックです。 年間カード利用額が多い方は多少薄まると思いますが、 年間100万円くらい利用額がないとメリットが感じられないかもしれません。 とはいうものの。 ブランド力はありますし、海外旅行時の保険も無条件で付きます。 楽天カード ANAカードの年会費有料がどうしても許せない場合。 年会費無料で選ぶとしたら、楽天カードの評価が個人的には最近上がっています。 以前はそれほど注目してないカードでしたが、 楽天を利用する機会が多くなり、『楽天カードがあればオトクだナ』と思うことが多々ありました。 楽天では楽天カード保有者に有利なポイント還元を実施しています。 楽天カードで決済するとポイント倍付けをしたり、 ポンカンサービスと呼ばれるポイントオトク制度も楽天カードに限った特典です。 楽天をよく利用しない人にはあまりメリットがありませんが、 楽天でよく買い物する人はメリットがあると思います。 ただ楽天カードの欠点としてはETCカードを無料発行できません。 他のカードはたいてい無料なのですが…楽天カードだとなぜか525円年会費が取られます。 ETCは他のカードで…という選択肢のある方は、楽天カードを持ちやすいかと思います。 三井住友VISAカード そして。 なんだかんだで底力のある三井住友カードです。 私が一番最初に持ったカードで、且つ今もメインで使っているカードです。 ブランド力は問題ないかと思います。 また年会費は通常1312円ですが、やり方次第で年会費無料にすることも可能です。 もともと有料のカードなので、年会費無料で使える特典としてはオトク感があります。 5%と低いです。 ただカード利用額が少ない場合は、 年会費無料&海外旅行保険付帯など特典の厚いカードを選んだほうがオトクなので… 海外旅行に全く行かないという方は別ですが、海外旅行に行くと保険代が1万、2万と飛んできます。 微々たるポイント還元差よりもこちらを優先したほうがオトクです。 というわけで。 年会費無料で持てるなら底力のあるカードであります。 このへんが総じてブランド力につながっているという感じでしょか。 イオンカードSuica そして最後にイオンカードを挙げておきます。 更にイオンカードの場合は、イオンカードSuicaがおすすめです。 特典はイオンカードと同じで、且つSuica付き&海外旅行保険付きとなっています。 明らかに普通のイオンカードと差がありすぎるので『いつか改定が入るのでは?』と思いますが、 今のところ改定される気配はないようです。 年会費も無料。 隠れたオトクカードかと思います。 というわけで。 メインカードとしてオトクなカードを挙げてみました。 これらのカードの補助的な形でガソリンカードを持つということになると思います。 そうすると利用するのは車のときだけ、年会費も無料なほうが良いというのが求められる事項かと。 近くにこれらの広メのスタンドのある方は合わせて検討してみてください。

次の

2019年7月までにエッソ、モービル、ゼネラルがエネオスに統一、ユーザーにはどういう影響があるんだい?

エッソ スピードパス

essoで speedpassというアイテムをもらってきました! わたしのよく使うガソリンスタンドのessoではこれを使って決済するだけでリッター2円引きになる日があるのと、会員割引で毎日リッター3円引きや5円引きなどあきらかにお得です。 この小さな端末を精算機のリーダーに「ピっと」あてるだけで数秒で認識されて給油ができます。 電子マネーのような感じですね。 カードを精算機に入れることがないのでカードに擦り傷がつかないのも嬉しいとこです。 バイクに乗っている時は財布を出す必要がないので特におススメしたいアイテムです。 ハッキリ言ってメリットしかありません!! では、こまかく見ていきましょう!! スポンサーリンク スピードパスは2種類ある 両方もっていますが実際にわたしが使っているのは小さなキーホルダータイプの「スピードパス」の方です。 スピードパス ガソリン給油のみに使える小さなキーホルダータイプ クレジットカードと紐づけして、クレカ払いですがかなり多くのクレカに対応しているので普段使っているクレカが使える可能性が高いです。 クレカのポイントは普通にガソリンスタンドでクレジットカードで支払ったのと変わりなく付きます! ちなみにわたしは「イオンカード」と紐づけして使っていますのでしっかり「ときめきポイント」も使用した分付きます。 スピードパスプラス nanacoとQUICKpay機能が付いた少し大きめのキーホルダータイプ これはガソリンスタンドで配っていた時にもらったので所持していす。 こちらは、nanacoをチャージして使う方法とクイックペイを登録して使う方法がありますが一つで両方を使えるのかは試してないのでわかりません。 nanacoのポイントが1リッターで1ポイント付くのですが、決済クレカのポイントがそれを上回る場合はQUICKpayか普通のスピードパスの方がいいですね。 現金派の方はnanaco一択ですがessoの会員割引も期待できるので作るメリットしかありません! nanacoにチャージしてポイントが付くクレジットカードもありますのでポイントの2重取りも可能です。 わたしが使っているのが100円で1ポイントつく 」です。 スピードパスを使ってみたら便利すぎた。 スピードパスを店頭で登録作業をしてもらってクレジットカードと紐づけしてもらいます。 注意 実際に使えるようになるのには登録完了のハガキが届いてからです。 だいたい1週間ほどで届きました。 このハガキが届いてから使用可能になります。 に詳しくのっていますが電子リーダーの所にスピードパスをかざすだけで数秒で給油可能になります。 あとは、いつもどおりに種類と給油量などをきめて給油するだけです。 簡単すぎで今まで何年とセルフスタンドにいってますが決算方法は「スピードパス」が一番楽ですね。 スポンサーリンク わたしが一番のお気に入りの点は クレジットカードも有効期限が5年とかですので使うたびに 擦れていくのがなんか嫌でしたのでその点だけでも使う価値ありです。 5年近くガソリンスタンドだけで使ったクレカでもスレ傷だらけになりましたからね。 特にゴールドカードとかデザイン性の高いカードの場合はスレ傷とか嫌ですからね。 その点スピードパスを使っているとカード自体は出さないので擦れてキズが付くこともありません。 店舗によって違うが割引がすごい essoの店舗ごとに違いますが、スピードパスを使って決済するだけで「会員価格」となり1リッターあたり2円とか引いてくれます。 給油するまえに精算機にバーコードを読み取らせるだけで「5円引き」とかになるのです。 これはスピードパスを持っているだけで貰えるので決済方法がスピードパスでなくても割引になります。 楽天ポイントが貯まっているときなどは楽天ポイントをEdyに変えて、essoで会員割引価格でEdyで決済しています。 カード引き落とし時にリッター2円引きで給油カードとしてはかなり優秀な「出光まいどカード」も持っていますが最近ではessoでスピードパスでの支払いの方が多くなってきました。 まとめ.

次の

お問い合わせ

エッソ スピードパス

2019年7月より、いよいよエッソは「ENEOS」に変更されます。 とは言え、エッソで利用できた従来の支払いやサービスを、一部の店舗を除き使えますので今までと同じ感覚で利用できます。 しかし!支払い方法は今までと同じ「現金払い」ではもったいない!お得に支払うにはクレジットカードが必須なのです。 更に5年間使えば25,200円、10年で50,400円もお得です! もちろんその他にも、 セブンカード・プラスのポイントアップ特典から、 dカード&楽天カードによるボーナスポイントサービスまであります。 お得になるクレカ満載のクレジットカード天国エッソ(ENEOS)で、あなたには少しでもお得になってもらうよう、これよりお得なクレジットカードやエッソ(ENEOS)の新サービスまで幅広く解説します。 エッソ・モービル・ゼネラルがENEOSに!?2019年7月より順次変更 2019年7月よりENEOS順次変更|シナジーJCBカードは?スピードパスは使える? エッソ・モービル・ゼネラルは2019年7月までに、順次「ENEOS」へ変更されます。 もしかしたら、あなたの近くのエッソやモービル、ゼネラルもエネオスに変更されているかもしれません。 しかし、エネオスに変更されるからと言って今までの支払い方法が使えないことは、一部店舗を除きありません。 シナジーJCBカード、スピードパスプラスと言ったエッソの従来のサービスも利用できますし、後ほど紹介するスピード決済ツール「EneKey」も利用できます。 このように、エッソ・モービル・ゼネラルがENEOSに変更されますが、従来のサービスは使えますので心配する必要はありませんよ! ENEOSカードも見逃せない?優れた3枚のクレカとは? エッソ・モービル・ゼネラルは順次、ENEOSへ変更されるためENEOSが発行するクレジットカードも見逃せません。 エネオスでは、ユーザーのニーズに応えるために3つのクレジットカードを用意します。 ENEOSカード C 利用金額によって割引率が変更。 例えば、支払はいつもクレジットカードで支払っており、ガソリン割引を重視するなら「ENEEOSカード C」 クレジット利用金額は少ないものの、常に安定したガソリン割引とポイント還元を求めるなら「ENEOSカード S」と言ったように、様々な要望に応えるカードを用意します。 EneKeyとは、キーホルダータイプの媒体にクレジットカード情報を登録することで、お財布やクレジットカードを出さなくてもENEOSで手軽に決済できるサービスです。 作り方は、身分証明書(運転免許証等)登録するクレジットカード、そして紐付するTポイントカード(一部店舗でTポイントが貯まらないこともあります)を用意し、最寄りのENEOSに行くだけです。 入会金や年会費は一切かかりませんし万一、紛失や盗難にあい不正利用されても問い合わせ日より60日前~3日後まで「最大60万円」補償します。 もし、あなたがENEOSに行くたびに「お財布を出すのは面倒だな…」と思いましたら、最寄りのENEOSでEneKeyを作成しましょう。 25%。 その上、セブンカード・プラスは年会費無料ですので維持費も全くかかりません。 他にもセブンカード・プラスは、セブン&アイHDのグループ会社、例えばイトーヨーカドーやセブンイレブン、更に西武そごう等でもポイント優待が使えます。 エネオスに限らずセブン&アイHDのグループ会社も利用しているなら、ENEOSカードよりもセブンカード・プラスがおすすめです。 このカードの特徴は、年会費無料ながら JCBカードより2倍のポイント還元を受けられることです。 もしあなたが毎月1万円、ガソリン代を使っているなら1ヶ月で「40ポイント」1年間で「480ポイント」です。 もちろん、JCBカードと一緒ですのでスターバックスやセブンイレブン等の店舗でも同様に、ポイントアップを受けられます。 39歳以下の方限定のみネックですが、対象年齢を満たしているならJCBカード Wがお得ですよ。 25%!貯まったポイントで割引 エッソ(ENEOS)以外にもクレジットカード利用料金「全体の割引」を求めるなら、年会費がかからない「」は欠かせません。 と言うのもREXカード、驚異のポイント還元率「1. 25%」を実現し、貯まったポイントは クレジットカード利用料金から割引 キャッシュバック 、もしくは ANAマイルへの交換ができるからです。 例えば、あなたの毎月のガソリン代が1万円の場合、REXカードを使えば1ヶ月で「125ポイント」1年間で「1,500ポイント」貯まります。 キャッシュバックは「1ポイント=1円」で「1,500ポイント」から利用できます。 割引、ANAマイル以外に交換先がないのはデメリットですが、ガソリン代以外にも割引を検討している。 またはANAマイルを貯めているならREXカードが良いでしょう。 仮にあなたが、毎月1万円分のガソリン代をdカードで支払うと、1年間で「1,800dポイント」5年間も支払えば「9,000dポイント」も貯まります。 更に日用品や食料品に毎月5万円分、利用しているならdカードを使うことで1年間なら「6,000dポイント」5年間も使えば「30,000dポイント」です。 したがって、カードの維持費を気にせずENEOS以外でもお得になるクレジットカードを探しているなら、dカードを発行しましょう。 また楽天市場を利用している方なら「SPU」や「楽天スーパーセール等」で2倍以上のポイント還元率を実現します。 その上、年会費無料のためENEOS以外でもポイント還元率が高く、なおかつ楽天市場も利用しているなら楽天カードをおすすめします。

次の