やっぱり ステーキ 三重 県。 やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?パクリ疑惑?

やっぱりステーキ 松阪店(地図/松阪/ステーキ)

やっぱり ステーキ 三重 県

松阪市市場庄町にオープンした「やっぱりステーキ松阪店」 三重県初出店です。 週末は、待ち時間が出るほどの人気。 お店に入ってすぐのタッチパネルで、注文します。 おススメのやっぱりステーキ180グラムをオーダー。 食券を渡すと、席に案内されます。 テーブル席とカウンター席に分かれています。 一人でも、気軽に利用できます。 ライス、サラダ、スープは、セルフでおかわり自由。 やっぱりステーキは、ミスジ肉を使用しています。 いろいろ部位のお肉の味が楽しめます。 やっぱりステーキ180グラム 1000円 アツアツの溶岩焼きの鉄板に乗って運ばれてきます。 厚みがあり、食べ応えあります。 レアが苦手な方はウェルダンに変更可能。 組み合わせ次第でいろんな味が楽しめそうです。 もっとお肉を食べたい!という方は、替え肉!? お肉のお代わりもできます。

次の

松坂牛を食べるならここ!三重のおすすめの人気店を厳選して10選ご紹介!

やっぱり ステーキ 三重 県

ステーキ文化の根付く沖縄県で誕生した激安ステーキ店です。 食べ放題のライスとサラダ、スープまでついて1000円という 衝撃的な安さで老若男女から大人気! 着々と店舗展開を進め、ここ三重県・愛知県にもやってきた 「やっぱりステーキ」。 ステーキ店には珍しい「食券システム」で 来店してすぐにオーダーができちゃうので待ち時間も少なく済むのが特徴。 スタッフがメニューやシステムについてご案内するので お肉の種類や大きさなどを選んでいきます。 「今日のご飯何にしよう?」 毎日考える方もいらっしゃると思います。 やっぱりステーキでは、肉本来の旨味を残すため 丁寧に手作業で下処理をしているミスジ肉を使用。 あっさりとした食感と濃厚な味わいが 「また食べたい!」「やっぱり美味しい!」 と、好評です。 分厚いお肉が溶岩プレートに乗って提供されると 初めて見たお客様は大体驚かれます。 だから時間とともに焼き加減も変わっていきます。 お客様が来店されたら、メニューを見て好きな食券を購入頂きます。 有名丼ものチェーン店をイメージしてもらえればわかりやすいです なので、こちらから注文を聞くことはありません! 食券を購入されたお客様をお席へご案内し、 店内のシステムをご案内。 といっても、 「お肉以外はセルフサービスとなっております」 「テーブルの調味料はご自由にどうぞ」 くらいの簡単なご案内なので安心してくださいね。

次の

ハズさないお店さがし!三重県のステーキがおすすめのグルメ人気店

やっぱり ステーキ 三重 県

「いきなり」に「カミナリ」に、と、最近は格安ステーキ店が花盛りですが、そんな中、「やっぱりステーキ」などという挑戦的な名前の店を岐阜県各務原市で見かけたので、ついうっかり入ってしまいました。 結論から言うとこれがなかなかの当たり。 なんだかんだで「いきなりステーキ」に割高感を感じている人なら、お肉のコスパだけには納得できるお店なんじゃ?と思ったのでオススメしておきます。 まぁ、ステーキ界における「牛丼の松屋」みたいな存在なので、あまりクオリティを求められてもお店も困っちゃう感じだとは思いますが、とりあえず、金は無いけど肉が喰いたい、という人は一度は行っておいた方がいい店と思います。 入り口には心得10ヵ条が。 ただし右下に「ネットで調べたので責任持てません」って書かれてる…。 「やっぱりステーキ」は沖縄生まれ。 入り口にはシーサーが鎮座。 かわいい。 「安くて!旨くて!何が悪い!!1,000円ステーキ!!スープ、サラダ、ご飯、食べ放題」との力強いポスターでお出迎え。 注文は食券制。 メインメニューはこんな感じ。 やっぱりステーキが180gで1,000円と超破格。 しかも税込み。 これでスープ、サラダ、ご飯が食べ放題とか、大丈夫かなー、と思える価格設定です。 記事は3月に書きましたが、それから8月にかけて結構な回数行ってます。 ) 何が凄いって、ここ、ミックスカットステーキも、イチボステーキも、赤身ステーキも1,000円なんですよ。 一番高いサーロインでも1,680円と超お値打ち。 実はハンバーグステーキもある。 なんと300gで1,000円。 怖くてまだ食べたことない。 トッピングカレーは350円。 クリアアサヒは切らしてもオリオンビールは切らさない、という辺りがさすがの沖縄魂。 店内はこんな感じ。 だいだい色。 お客さんが居ないエリアを撮りましたが、食べてるうちに席の7割は埋まった感じ。 サラダ、ご飯、スープは食べ放題。 すべてセルフ。 サラダはキャベツの千切りとマカロニサラダ。 沖縄っぽくシークヮーサードレッシングが置いてあります。 サラダに掛けるのがオススメ。 個人的にはこれが一番好きだったので、結構ショックですが、お客さんからの意見によりなくなったのだそう。 ) お米は黒米と白米が選べます。 「やっぱりステーキ 180g」。 油が跳ねないように工夫してサーブされてきました。 ご開帳~。 下のプレートは「富士溶岩石」。 何も言わないとけっこうなレアで提供。 溶岩プレートで自分好みの焼き加減にして食べます。 ちなみにオーダー時に別の焼き加減も指定できるそう。 セット全体はこんな感じ。 特筆すべきはソースの多さ。 あと、刻みニンニクと刻みわさびもあります。 個人的にはオリジナルオニオンソースとにんにくを合わるのがオススメ。 沖縄と言えばA1ソースですが、個人的にはあんまり好きじゃないので却下。 ちなみにステーキソースは別皿へ。 直接かけると溶岩石が割れてしまうそう。 お味の方ですが、僕の勝手な主観では、いきなりステーキでワイルドステーキを食べるくらいならこっちの方が圧倒的にコスパがいい。 米とサラダはまったく美味しくありませんが、原価のすべてを肉にパラメータ全振りした味、という感じ。 「やっぱりステーキ」も「イチボステーキ」も脂身少なめの柔らかな赤身で、旨みが強い。 正直、ナイフを入れた瞬間に、「えっ、これ税込み1,000円なの?」と思いました。 違いは味付け。 いきなりステーキだと何も考えずにホットソースだかステーキソースだかを掛けておけば間違いない感じがありますが、こちらは自分で色々と試行錯誤する必要があります。 個人的には「やっぱりステーキ」にはニンニク+オニオンソースがオススメ、「イチボステーキ」には刻みワサビと塩がオススメ。 この2つなら大きくは外しません。 「やっぱりステーキ」は微妙な部位の違いによって筋が少しだけある場合もありますが、それでも、いきなりステーキのワイルドステーキに比べたら肉はかなり柔らかい。 心配な方は僕一押しの「イチボ」を食べてみるといいかも。 「やっぱりステーキ」より旨みの強い、非常にわかりやすい美味しさです。 基本的には、一緒に行った相方も同じ味のクオリアだったようですし、検索してみてもやっぱり似た感じだったので、ある程度は安定していると思います。 ということで最後はやっぱりガーリックライスー。 これでもかと肉を刻んで、 こうじゃ! 溶岩石プレートの再温めをやってくれるかどうか不明だったので、プレートが生暖かい状態で作っちゃいましたが、それでもそこそこ温かかったです。 こちらはお肉の油が少なめですし、いきなりステーキだと鉄板の温め直しがある分、〆のガーリックライスはいきなりステーキの方が美味しかったかな。 正直な話、ある程度の街の個人経営のお店ならもっと肉のクオリティを上げてくるところもありますが、税別1,000円、税別1,080円、とかの値付けもある中で、あえての税込1,000円で勝負。 しかもこの量でこの肉ってのは、チェーン店としてはなかなか凄いと思うんですよね。 どうやら大量出店の計画があるらしく、今年に入って新規出店を進めてる模様。 ってことで、そのうちお近くにも出来るかもよ? もし見つけたら、松屋みたいな感覚のステーキ屋だと思って入ってみるといいかも。 お店としてそういう方向を狙ってるかどうかは不明ですが。 少なくとも僕は小安く肉食べるなら今のところ、チェーン店だとここ凄い、と思ったので記事にしちゃいました。 公式サイト:•

次の