デアリング タクト。 【怪物】デアリングタクトが強すぎる!史上6頭目 三冠牝馬の誕生か!?

デアリングタクトとは (デアリングタクトとは) [単語記事]

デアリング タクト

クラシック2勝目をめざす松山騎手 昨年の最優秀2歳牝馬、 レシステンシア(牝3歳、栗東・松下武士厩舎)に新たなライバル登場だ。 2月8日、桜花賞(G1)を目指す12頭で行われた土曜京都10R エルフィンS(L・OP)は、松山弘平騎手の3番人気 デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が後方からレースを進めると、直線は大外を伸びて武豊騎手の2番人気ライティアに4馬身差をつける圧勝を決めた。 まさにワンサイドというべき勝ちっぷりだった。 逃げたグリンデルヴァルトが刻んだ前半3Fは34. 7、デアリングタクトは後ろから外目の4番手を追走。 直線でも後方3番手のままだったが、松山騎手が大外に進路を取って促すと、必死に食い下がるライティアを尻目に、軽く気合をつけただけで瞬く間に突き抜けてしまった。 先頭に立ってから松山騎手はほぼ流したままで、手応えにはまだまだ余裕が残っていた。 3F34. 0の上がりはもちろん出走馬1位で、2位のライティアが34. 9なのだから、0. 9秒も開けば千切られてしまうのも仕方がない。 松山騎手が「非常に強かったです。 新馬戦で切れる脚が使えるのは分かっていました。 すごく良い脚を使ってくれて、余裕もありました」と振り返れば、2着に敗れたライティアの武豊騎手も「良い感じで運んでいましたが、勝ち馬が強すぎました」と完敗を認めるコメントをするしかなかった。 現在の時計の掛かっている京都の芝を考えると1:33. 6の勝ち時計は抜けて速いといえる。 同じ京都・芝1600mの重賞である京都金杯(G3)のサウンドキアラが1:34. 0(上がり3F34. 6)、シンザン記念(G3)のサンクテュエールは1:35. 9(上がり3F35. 5)に過ぎない。 前述2つがAコースでエルフィンSがBコースという違いはあれど、3歳牝馬が2月上旬のこの時期に古馬重賞より優秀な内容で勝利したことは特筆すべきことである。 当然ながら今年行われた京都芝1600mのレース全体でも勝ち時計は最速。 京都8Rの4歳1勝クラスの時計が1:33. 8と0. 2秒差だったこともあり、手放しでは褒められないものの、余裕のある走りからまだまだ大きな伸びしろを期待できそうだ。 ひとまずはエルフィンSの過去10年を遡っても、最速が11年マルセリーナの1:34. 4なのだから、デアリングタクトの1:33. 6は素直に評価したいところ。 血統的に母母が2005年の桜花賞を3着、NHKマイルCで2着した(いずれも1着ラインクラフト)デアリングハートということもあり、距離はマイルがベストかもしれないが、父がエピファネイアなら2000mくらいまでは融通が利きそうだ。 2歳女王レシステンシアにとってはスカイグルーヴ(京成杯2着)に続き、同じエピファネイア産駒から非常に強力なライバルが出現したといえるだろう。

次の

【オークス2020】結果・動画/デアリングタクトが鮮やかに二冠達成

デアリング タクト

このままだと桜花賞の出走危うい? 桜花賞の有力馬 デアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)陣営には頭の痛い状況かもしれない。 リステッドレースのエルフィンSを勝利しているデアリングタクトの収得賞金は1600万であり、例年であれば出走当確となっていた可能性が高い。 だが、今年の桜花賞戦線の場合、有力馬がバラけたこともあり、賞金のボーダーラインが上がっている。 15日現在でチューリップ賞(G2)が3頭、フィリーズレビュー(G2)が3頭、アネモネS(L)が2頭と桜花賞トライアルが終了した。 それぞれの優先出走権は計8頭に付与されている。 これらの馬以外にデアリングタクトの収得賞金1600万を上回る馬が7頭存在しているため、トライアル組の8頭とあわせると15頭。 さらに14日、土曜中京のファルコンS(G3)を勝利し、賞金加算に成功したシャインガーネットを加えると16頭となる。 桜花賞のフルゲート18頭に対し、デアリングタクトと同じく収得賞金1600万であるケープコッド、ヒルノマリブの3頭が抽選対象となる可能性も出て来た。 また、桜花賞トライアルではないがフラワーC(G3)も控えており、同レースに出走して賞金を加算する馬が桜花賞を目指した場合、さらに危機的な状況となりそうだ。 デアリングタクトはエルフィンSを後方から一気の脚で鮮やかに抜け出し、一躍桜花賞候補の仲間入り。 勝ち時計の1分33秒6は、芝1600mで行われた今年の京都開催で最速だった。 このタイムは重賞レースである京都金杯(G3)の1分34秒やシンザン記念(G3)の1分35秒9をも凌ぐ好時計でもある。 桜花賞に出て来れば上位人気に支持される可能性は高く、注目されている馬だ。 エピファネイア産駒初の重賞勝ちの期待も大きい。 現時点では各馬の動向は不鮮明ではあるが、もしも出走できないということになると、桜花賞の盛り上がりにも大きく影響がありそうだ。

次の

デアリングタクトの究極の瞬発力。オークス制覇の陰にサンデーの血?

デアリング タクト

今年のクラシック戦線は「無敗馬」が賑わかせている。 今年の桜花賞(G1)は デアリングタクトが無敗で戴冠し、皐月賞(G1)は コントレイルが無傷の4連勝で制した。 また皐月賞でコントレイルと激闘を繰り広げた相手サリオスも当時無敗馬だった。 桜花賞、皐月賞をともに無敗馬が制したのは1991年のシスタートウショウ、トウカイテイオー以来29年ぶりの出来事。 まさに今年の3歳世代のレースは、無敗馬がひとつの重要な要素となっていたのではないだろうか。 だが、先週末はその無敗馬が「大量脱落」する波乱の結果となった。 最初に黒星がついたのは、これまで2戦2勝で土曜京都メインの京都新聞杯(G2)に出走したアドマイヤビルゴ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。 今回は騎手の移動制限の影響で武豊騎手から藤岡康太騎手に乗り替わりとなったが、人気は陰ることなく単勝1. 4倍の圧倒的1番人気。 多くの人がここは通過点という見方をしていたはずだ。 だが、レースは直線で一度は先頭に立つも、競りかける他馬に伸び負けして4着に敗れてしまった。 まさかの敗戦に藤岡康騎手は「もう1段ギアが上がらなかったですね」とコメントを残した。 日本ダービーではコントレイルの逆転候補とまで目された注目馬が、まさかの敗戦という波乱の結果で幕を閉じた。 その翌日、友道調教師が「賞金的に難しいと思うので、ダービーは回避します」とダービー断念を明らかにしている。 このアドマイヤビルゴ敗戦という悪い流れは日曜にも影響を及ぼす。 NHKマイルC(G1)はルフトシュトローム、サトノインプレッサの2頭が無敗でのG1勝利をかけて出走した。 それぞれ4番人気、3番人気と上位人気の支持を集めたことからも、期待の大きさがわかるだろう。 だが、どちらも外枠、後方からの競馬が仇となり、5着と13着に敗れてしまった。 特にサトノインプレッサはここを勝利すれば、一躍ダービーの有力候補に躍り出るはずだっただけに痛い敗戦である。 結果的に先週末だけで、3頭の有力な無敗馬が初黒星を喫してしまったのだ。 「先週末の結果が一番痛いのは武豊騎手ではないでしょうか。 今回敗れた3頭のうち、アドマイヤビルゴとサトノインプレッサは武豊騎手のお手馬。 ダービーのパートナー候補が揃っての敗戦は、ダービー制覇が一気に遠のいたようなものですね。 結局、残った無敗の有力馬はクラシック初戦を勝利したコントレイル、デアリングタクトとスイートピーS(L)でオークス(G1)優先出走権を獲得したデゼルの3頭ぐらいでしょうか。 オークスは無敗馬の激突となりますが、ダービーはコントレイルの優位が揺るぐことはなさそうですね。 土曜の東西メインの勝ち馬も皐月賞組でしたし」(競馬記者) たしかに京都新聞杯の勝ち馬ディープボンドは皐月賞で10着、プリンシパルS(L)の勝ち馬ビターエンダーも皐月賞で14着だった。 前哨戦のこの結果はコントレイルをより後押しするものだろう。 期待の無敗馬3頭が脱落してしまったが、最後まで勝ち残る無敗馬はいったい……。 デアリングタクトとデゼルが激突するオークスでは、必ずどちらかの無敗が途切れることになる。 そして、ダービーでコントレイルに待ったをかける馬は出現するのだろうか。

次の