購入 対義語。 「慧眼」の意味や例文は? 類語・対義語・「炯眼」との違いもご紹介

改めて考える「賃貸」の意味!対義語は?分譲賃貸とは?などまとめて説明

購入 対義語

「訴求」とは|意味・読み方・使い方 「訴求」とは、「宣伝や広告などで消費者の購買意欲に働きかけること」の意味で、「そきゅう」と読みます。 「訴求」の「訴」の訓読みは「うったえる」で、「裁きを求めるために上に申し出る」や「不満や苦痛など告げ知らせる」の他に、「感覚または心に強く働きかける」という意味があります。 「求」の音読みは、「もとめる」で、「探し求める」「他人に望む」の意味です。 つまり「訴求」は、人の感覚や心に働きかけて、商品やサービスなどを購入することを希望することです。 「訴求」が使われるのは、主にマーケティングに関する事柄です。 さまざまな商品やサービスが氾濫する中で、いかに消費者の購買意欲を駆り立てるかは、企業にとって大きな課題です。 「シニア層に訴求できる商品の開発」など、「訴求」はマーケティングには不可欠な言葉になっています。 また、「訴求」はマーケティング分野以外でも、「うったえて要求する」というニュアンスで使われることもあります。 ・人気タレントを起用したわりには、訴求効果はあまり感じられません。 ・数秒内で視聴者に訴求効果を与えるのが、CM企画の重要なポイントです。 また、マーケティングのテーマとして「 価格訴求」と「 価値訴求」の2つが大きな選択肢として使われます。 「価格訴求」は、商品広告で消費者に対して価格を基本テーマにすることです。 低価格時代には不可欠な訴求の仕方ですが、反面、機能や品質、サービスなどを重視する消費者もいることも事実です。 この基本をテーマにしたのが「価値訴求」です。 企業にとって、どちらの訴求パターンを選択するかは、勝敗の分かれ目になります。 「訴求」の類義語と例文 「訴求」の類語としては、「働きかける」「説得」「アピール」「需要を喚起する」などがあげられます。

次の

「ポチる」とは?意味や例文・類義語を説明

購入 対義語

「納入」という言葉は身近な言葉ではありませんが、ビジネスなどではよく耳にする単語であり、意味や使い方についてしっかり確認していきましょう。 漢字からも想像できるように、意味もそれほど難しくないので心配ありません。 これを機に覚えましょう。 使い方も複雑なポイントはありません。 普段使うことは少ないのですが、知っておいて損はありません。 それでは、まず意味から確認していきましょう。 「納入」の意味 「納入」の意味は「品物や金銭を納めること」です。 漢字からもわかるとおり、「納める」と「入れる」から成る熟語で、「物を納め入れる」というニュアンスを持つ言葉です。 「納」という漢字は「渡すべき金や物を受け取る側に渡す」という意味を持つ漢字です。 「納入」の使い方 「納入」という言葉は、「お金を納める」ときに使われることが多いです。 詳しくは後ほど紹介する「納品」の例文にありますが、「授業料を納入する」「会費を納入する」など金銭を渡す、納める際によく使われます。 他にも「野菜を納入する」「機械を納入する」など物に対しても使われます。 物を受け取る側に渡す意を含んだ言葉なので、お金だけでなくさまざまなものに用いられます。 例文、「私の会社で開発した機械を、隣の企業に納入している」こちらの例文は、開発した機械を隣の企業に渡している、供給している、提供しているというニュアンスの文章になります。 (無償の場合は提供となり有償ならば供給となりますが、「納入」であればどちらにも使うことができます)。 機械という品物を相手企業に受け渡すということです。 隣の企業が機械を使ってくれていることを表しますが、納入という言葉を使うとこのようになります。 納入してください 相手に納入を頼む際は、「納入してください」とお願いしましょう。 ただしこのままの言い方では少し強要している感が強く、相手が目上の方の場合には失礼にあたりかねません。 「納入いただきたく存じます」「納入いただければ幸いです」のような言い方がベターです。 「いただく」という謙譲語を用いて自分をへりくだって相手を立てる表現を用いることで、納入してくれたら嬉しいと伝えることができます。 改めて確認しますと、「納入」とは「品物や金銭を納めること」という意味の言葉です。 「納入」は場面によってニュアンスが変わってくるのでさまざまな類語があります。 今回は、「納入」と似た意味の言葉や言い換え表現としてよく用いられる言葉をご紹介します。 金銭を支払う行為 「金銭を支払う行為」を表す場合の「納入」の類語は、入金・払出 ・支払い ・ 払い渡し ・ 払い出し ・ 支払 ・ 払い込み ・ 支弁 ・ 納金 ・ 納付のようなものが挙げられます。 非常にたくさんあり、どれも金銭を渡すという行為を表す言葉です。 特に「納金」は「お金を納入する」という意味ですが、「納入」だけでも文脈によっては「納金」という意味を表します。 このように「納入」は、使う場面によってさまざまな意味を持つ言葉です。 商品を届ける行為 購入者に食品などの「商品を届ける行為」を表す場合は、現物を渡す ・ お渡し ・ 供給・ 商品到着 ・ 客先渡し ・ 納品という言葉が「納入」の類語にあたります。 こちらもいくつかバリエーションがあります。 「納入」という言葉の似た言葉として、「納付、納品、搬入」がよく取り上げられます。 さきほどいくつかの類語を紹介しましたが、ここでは「納付、納品、搬入」の3つの言葉にしぼって「納入」との違いを解説していきます。 まずはそれぞれの言葉の持つ意味を確認します。 同じような意味合いですが、少しずつ違うニュアンスを含むのでこれを機にその違いを学んでいきましょう。 「納付」の意味 「納付」は「官(や公社)に義務として納入すること」という意味の言葉です。 「税金を納付する」のような使われ方がよくされます。 納付書のような言葉もよく耳にすることでしょう。 「納税」という言葉と同様に、「納付」というのは官庁などにお金を納入するという意味の言葉です。 「納品」の意味 「納品」の意味は「品物を納入すること、また納めた品物」です。 こちらも品物を納めるという漢字の組み合わせからも意味がすぐにわかります。 納品作業や、期日までに納品するなどビジネスではよく用いられる言葉です。 品物を納める行為だけでなく、納めた品物そのものも「納品」と言うところが興味深いです。 「搬入」の意味 「搬入」は「(展示物・家財道具・製品などを)運び入れること」という意味を持つ言葉です。 こちらは単にある場所にものを運び込むという動作を指す言葉です。 お金には使われず、大型の商品や機械などに使われることが多いです。 ステージで吹奏楽団の発表がある際には「楽器の搬入」のような使われ方をします。 作品を搬入するなど、大きなものに使われます。 それぞれの違いは? 「納入」の対義語として辞書では「徴収」があげられています。 「徴収」とは「金銭などを取り立てること」「国または公共団体が国民から租税・手数料・現品などを強制的に取り立てること」という意味を持つ言葉です。 国に税金を納める行為が納入で、国が税金を取り立てる行為が徴収です。 国民が税金を納入して、国が国民から税金を徴収するという対義語の関係にあります。 徴収という言葉もビジネスではよく耳にする言葉です。 「納入」を使いこなそう 「納入」は使う文脈によっては、さまざまなニュアンスを含むので、シーンに応じた解釈が必要です。 特にビジネスシーンでは頻繁に耳にする言葉ですので、これを機に使い方をマスターしましょう。 似たような表現もたくさんあるので、そちらも覚えておくと便利です。 ボキャブラリーを増やしていけば、きっと将来役に立つことでしょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「慧眼」の意味や例文は? 類語・対義語・「炯眼」との違いもご紹介

購入 対義語

「訴求」とは|意味・読み方・使い方 「訴求」とは、「宣伝や広告などで消費者の購買意欲に働きかけること」の意味で、「そきゅう」と読みます。 「訴求」の「訴」の訓読みは「うったえる」で、「裁きを求めるために上に申し出る」や「不満や苦痛など告げ知らせる」の他に、「感覚または心に強く働きかける」という意味があります。 「求」の音読みは、「もとめる」で、「探し求める」「他人に望む」の意味です。 つまり「訴求」は、人の感覚や心に働きかけて、商品やサービスなどを購入することを希望することです。 「訴求」が使われるのは、主にマーケティングに関する事柄です。 さまざまな商品やサービスが氾濫する中で、いかに消費者の購買意欲を駆り立てるかは、企業にとって大きな課題です。 「シニア層に訴求できる商品の開発」など、「訴求」はマーケティングには不可欠な言葉になっています。 また、「訴求」はマーケティング分野以外でも、「うったえて要求する」というニュアンスで使われることもあります。 ・人気タレントを起用したわりには、訴求効果はあまり感じられません。 ・数秒内で視聴者に訴求効果を与えるのが、CM企画の重要なポイントです。 また、マーケティングのテーマとして「 価格訴求」と「 価値訴求」の2つが大きな選択肢として使われます。 「価格訴求」は、商品広告で消費者に対して価格を基本テーマにすることです。 低価格時代には不可欠な訴求の仕方ですが、反面、機能や品質、サービスなどを重視する消費者もいることも事実です。 この基本をテーマにしたのが「価値訴求」です。 企業にとって、どちらの訴求パターンを選択するかは、勝敗の分かれ目になります。 「訴求」の類義語と例文 「訴求」の類語としては、「働きかける」「説得」「アピール」「需要を喚起する」などがあげられます。

次の