ハイ ランド リール。 ハイギアリールのメリットとデメリット。そして僕がハイギアが嫌いな理由

ライトショアジギングにハイギアリールは必要?サイズ(番手)やギア比の選び方を解説

ハイ ランド リール

ざっくりとした目安をお伝えします。 竿の長さ:4. 2~5. 3m ベテランは6m前後も使う)。 竿の号数:3~4号(竿の硬さや投げられる重さが変わる)• スピニングリール 4000番 この2つを基準に選べば、遠投でカゴ釣りや投げサビキをすることができます。 カゴ釣りの竿の長さ 私のオススメは 5. 堤防でサビキを釣る場合、2mくらいの竿でも出来ますが、カゴ釣りの場合は無理。 カゴ釣りの場合には、ウキと仕掛けの長さが2~4m程度もあるので、短い竿だと投げられないか、投げにくい。 さらに竿が短いと遠投できないので、竿が短いと不利。 そこでおおよそ5. 3~6mくらいが、多く用いられています。 ベテランの中には、さらに長い竿を使う方もいますが、長くなると竿が重く釣りづらいので、初心者の方にはオススメしません。 迷ったら5. 長いと疲れますが、ダイエットだと思うと楽しくなります。 ちなみにカゴやウキは、重さだけではなく水中の浮力も計算されているので、必ず商品の表記を基準にしてください。 くり返しになりますが、メーカーによって、同じ号数でも投げられるオモリの重さが、キッチリとした規格で決まっているわけではないので、おおよその目安です。 私がオススメする低価格帯の竿 竿の長さや号数から、私が選んだ竿がこちら。 型番 号数 長さ オモリ負荷 重量 リバティクラブ 磯風 3-45遠投・K 3号 4. 45m 5-10号 230g ランドメイト 磯 3-450PTS 3号 4. 5m 5-8号 205g リバティクラブ 磯風 4-45遠投・K 4号 4. 46m 10-15号 275g ランドメイト 磯 4-450PTS 4号 4. 5m 8-12号 270g リバティクラブ 磯風 4-53遠投・K 4号 5. 3m 10-15号 370g ランドメイト 磯 4-530PTS 4号 5. 3m 8-12号 350g• ダイワ:リバティクラブ 磯風• シマノ:ランドメイト 磯• 3号の竿は8000~9000円の価格帯。 4号は10500~12000円くらい。 低価格帯の竿はナイロンラインを使用。 PEはNG。 (後述) オススメを、ランキングで表してみました。 おすすめランキング 男性の方なら、4号5. 3mをオススメします。 仕掛けが長くても、竿も長いので投げやすい。 イチオシ 私が実際に購入したのは、 ダイワ リバティクラブ 磯風 4-53 遠投。 ダイワブランドの安心感と、かっこいいデザインで気に入りました。 長くで写真に収めきれないので、分割して撮影しました。 ガイドや色などの参考に。 「かっこ良くないですか?」 私のお気に入りの1本。 ダイワ リバティクラブ 磯風 4-53遠投・K 4号• 価格:12000円前後(価格は変動します)。 全長:5. オモリ負荷 号 : 10-15号• 対応ハリス:3-10号(ナイロン)• 竿の重さ:370g アマゾン・通販・最新価格 こちらを選んだ理由は、10~15号まで対応しているので購入しました。 下記も同率1位。 シマノ ランドメイト 磯 4-530 PTS 4号• 価格:11000円前後(価格は変動します)。 全長:5. オモリ負荷 号 : 8-12号• 対応ハリス:4-10号• 竿の重さ:350g PTSとは、遠投性が向上した竿と考えてください。 こちらも初心者の方におすすめ。 お値段は3号なので、少しお買い得。 ランドメイト 磯とリバティクラブ 磯風の感想 シマノ ランドメイト 磯 PTSモデルは、ダイワ リバティクラブ 磯風 遠投と同じ号数なら、少し柔らかい感じ。 迷ったら大は小を兼ねるで、重さに余力のあるリバティクラブを選んでください。 シマノが好きな方はランドメイトで。 わずかな差なので、その違いは使いこなして腕でカバーするという考え方もあり。 「いや、3号じゃないと、魚のひきが楽しめないぜ!」という方もいます。 たしかにそうなのですが、初心者の方が堤防で釣る場合を考えると、土日で人が多い場所。 お隣さんとの間も狭いことを考えると、ある程度、強引にやり取りしないと周りに迷惑をかけることになります。 そのため余裕をもって、釣り上げられる4号の方が安心。 一方、人があまりいない場所なら、取込に時間がかってもゆっくりできるなら、3号で魚とのやり取りを楽しんでください。 この辺がベテランの方と、初心者の必要としている竿の違い。 考え方に差がでます。 もっとも大型の魚が釣れたら、焦ってしまいますが(笑) 親切なベテランの方なら、仕掛けを回収してタモを持ってくれる人も。 長い方が深いタナも攻めやすいですし、磯などでも有利。 飛距離も伸びます。 その代わり、竿が重くなるので、慣れないと疲れます。 まあ、この手の論争は決着が付かないので、お好きな方をどうぞ。 女性の方や、体力に自信がない方は3号4. 堤防で足元でサビキ釣りをするにも適した竿です。 リバティクラブ 磯風 3-45遠投・K 3号 4. もう少し価格を抑えたいときは、プロマリン PRO MARINE ロッド レジェンダー磯遠投4-430もあります。 価格は7500~8500円前後。 型番は430なのに、長さは4. 2mと、ちょっと不思議。 多少、誤差があるのかもしれませんね。 性能面では影響しません。 型番 号数 長さ オモリ負荷 重量 レジェンダー磯遠投4-430 4号 4. 2m 10-20号 275g カゴ釣り用のリールは3000番~ おそらく手持ちのリールを使いたいとは思いますが、糸が太くなるので糸巻き量が多い、大きめのリール(スプール径が大きい)がおすすめ。 最低でも3000番。 4000番以上が中心になります。 道糸は、ナイロンラインの6~8号。 「え~PEラインでしょう。 普通は?」と、ベテランの方がいらっしゃいますが、それだと竿がワンランク高くなります。 詳細は、後述するラインのところで解説しています。 ナイロンライン 8号なら、150~200mが巻けるスピニングリール。 ダイワの4000番で低価格なモデル• ダイワ スピニングリール 17 ワールドスピン 4000 付属糸 号-m :6号-150m 3200~4000円前後。 自重:390g • ダイワ スピニングリール 16 ジョイナス 4000 糸付 6号-150m 付属糸:6号-150m 2500~3500円前後。 375g 低価格帯の中では、少し高めですが性能面では、この3機種の中ではトップ。 ダイワ スピニングリール 16 クレスト 4000H 5号 200m前後。 5500円前後 390g こちらはハイギアタイプ。 1回転で、多く糸を巻けるタイプという意味。 型番にHがついていないのは、ノーマルギア。 こちらの写真は、私が使っている、ダイワ 16 クレスト 2508Hのものです。 ダイワ 16 クレスト 2508H ちなみに糸付は糸クセがあり、新しいものを交換した方が良いかもしれませんが、面倒な方は取りあえず実釣してみてください。 マキシムスピン遠投DX MXD8000 マキシムスピン遠投DX MXD8000は、プロマリンさんのリール。 私が使っているリール 8号の太いナイロンラインを200mも巻ける、大型のリール。 この8号を使えるで、このリールを選びました。 通常は6号で十分だと思いますが、家族で釣りをするので、余裕を持たせました。 カゴ釣りは、それほどするわけではないので耐久性は、あまり重要視しませんでした。 重いカゴに、コマセを一杯入れて4号の竿で投げたかったので、糸切れの心配がほとんとない8号の糸を試したかったので、このリールを購入しました。 プロマリン PRO MARINE マキシムスピン遠投DX MXD8000 8号 200mが巻ける(10号 150m)。 3050~4000円前後。 値上がりしました7000円くらい)。 460g• 最大ドラグ力:6. 5kg アマゾン・通販・最新価格 安いものなら、今ならこちらを買います。 okuma オクマ リール SONIC SPIN 5000 5号で250m巻けるので、6~8号でも、取りあえず必要な量は巻けるでしょう。 送料込みで2200円前後で、評判も悪くないので価格の割に使えるスピニングリールです。 安い竿は、PEラインが使えない理由 先ほど紹介した竿の糸が通るガイドは、ハードガイドが一般的でナイロンやフロロカーボンラインに適したものです。 もしPEラインを使おうと思えば、15000円以上のSicと呼ばれるガイドでないと、ガイドがすり減って糸が切れやすくなったりします。 このガイドが高いので竿も高くなる。 もし聞いたこもない竿メーカーで激安のSicガイドと書いてある竿は、危険なので避けた方が無難。 予算が有り余っている方は、Sicのガイドを使った竿とPEラインを選ぶと、遠投がさらに有利になります。 (ライントラブルは増えます)。 カゴ釣りをして、もっと極めたいと思ったら、その時に新しい竿を新調してください。 高いですが・・・ まとめ 今回、カゴ釣りを今から初心者の方(例えば友人)が始めるとしたら、どれをオススメするのか? ということで、調べてまとめました。 上を見ればキリがなく、初めから釣りに5万も10万円も必要だと言ったら、大抵の人は尻込みされると思うので・・・ 竿(1万円前後)とリール(5千円以下)で1万5千円以下くらいに収まるように選定しました。 予算に余裕があれば、竿はSicガイド2万円位以上、リールは2万円クラスを選ぶと良いですが・・・ 【関連記事】• 初心者の方に役立つ、釣りのコツや道具選びなどを下記にまとめています。 TOP>>.

次の

Tibor Reel

ハイ ランド リール

何度も言いますが、ミドルクラスのリールも、初期性能についてはハイエンドに近い心地よさがあるのは間違いないです。 しかし、その 初期性能の持続時間においてはハイエンドモデルと大きく差がつくと感じました。 ハイエンドモデルが結果的にお得、といっている玄人アングラーの皆さんのご意見を実感しました。 ハイエンドモデルは長期間気持ちいい使い心地で、長年使っても高く売れて、なおかつ所有欲もがっつり満たしてくれる。 つまり初期投資が出来るのであれば、出来るだけハイエンドモデルを使ってしまうのが良い、と言う結論になります。 とはいえ、私自身は「ハイエンド至上主義」と言うわけではなく、ミドルクラスリールがそこにどこまで近づいていけるのか、と言う部分を中心に楽しんでいきたいと思います。 つまり、ハイエンドもミドルクラスもエントリークラスも全部楽しむ派です。 (謎) まとめ 以上、ミドルクラスリールの弱点についてでした。 ミドルクラスリールはどんどん良くなっている• ハイエンドモデルに肉薄する使用感はある• ただし初期性能に限定される• 性能が劣化しにくいのはハイエンドモデル ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

イシ―のフィッシング日記: リールは絶対ハイギア

ハイ ランド リール

渓流ルアーに使うリールのギア比はハイギア・ローギアのどちらが良い? まずはリールのギア比選びについて、基礎となる知識から順番に解説していこう。 リールのギア比というのはだ、ハンドルを一回転させたときの糸を巻き取る長さのことだ。 ギア比が高いリールをハイギアと呼び、ギア比が低いリールをローギア・パワーギアと呼ぶ。 ハイギア・ローギアの分類と見分け方 リールのギア比はリールの番手表記の中の記載で見分けることになる。 例えば、「C2000S」という大きさのリールがあった場合、ギア比に下記のように番手表記が変化するのが一般的だ Cはボディがワンサイズ小さめ、Sは溝が浅いシャロースプールの意味。 C2000S:一般的なノーマルギア ローギアに分類されることもある• C2000HG:ハイギアリール。 ギア比が高いリールにはHやHG・XGなどの表記がある• C2000PG:ローギア・パワーギアリール。 PやPGの表記がある このような感じでリールの番手表記でギア比を見分けるが、ギア比の記載がないものはノーマルギアになる。 渓流ルアーではハイギアリールがおすすめ 一般的な渓流でヤマメやアマゴ・イワナなどを狙って釣りをするのであれば、 最も無難でおすすめなのはハイギアリールになる。 基本的にはハイギアリールとノーマルギアのリールが候補に挙がり、ローギア・パワーギアのリールを選ぶ必要はないかと。 渓流魚を狙う釣りの特性上、巻取りが速いハイギアリールはメリットが多く、私自身ハイギアモデルしか使っていないのが現状だ。 特に川幅が狭い源流~上流域を下流から釣り上がっていくスタイルで釣りをするのであれば、ギア比が高いリールは使い勝手が良くて利点が目立つ。 渓流ルアーにハイギアを使うメリット 私が渓流ルアーゲームにハイギアリールをおすすめする理由について、順番に解説していこう。 糸ふけ回収・ルアーの立ち上がりのはやさ 河川の上流域を釣りあがっていく渓流ルアーゲームでは、主にアップストリームの釣りが主流になる。 アップストリームというのは、川の下流側から上流側に向かってルアーを投げる釣り方のこと。 この時、釣果を上げるうえで最も重要な要素の1つが 着水したルアーの泳ぎだしになる。 ラインの巻取りが速い「ハイギアリール」を使うことで、着水からより素早く・楽にルアーのアクションを開始させることができる。 これは実釣で使い比べてみると大きなメリットになり、ギア比が低いリールを使うとリールのハンドルをより素早く巻き取る必要があり、結構めんどくさい。 上流域ほどピンスポットを打つ釣りになる これはルアーの立ち上がりのはやさと被る部分もあるが、上流域のルアーゲームほど「ピンスポットでいかにルアー操作できるか?」という勝負になってくる。 河川の上流域は連続した落ち込みを狙ったり、覆いかぶさった木の下の狭い場所ギリギリを打つような釣りになることが多い。 こういう場所ではハイギアリールを使って少しでもルアーの確実な泳ぎ出しを確保しないと、魚のバイトチャンスが一気に減るポイントが目立つ。 規模が小さい渓流~源流域になると、ルアーを動かせる距離が1mもないようなスポットもあり、 狭い場所で確実にルアーを動かしやすいギア比が高いリールが効果を発揮する。 わずかな変化が分かりやすい 狭いスポットでできるだけ早くルアーのアクションを立ち上げるために役立つ、ギア比が高いハイギアリール。 それ以外にもメリットはあり、 ハイギアリールはリールのパワーが小さい為に巻き感度が良い。 どういうことかというと、ルアーが流れの強い場所に入ったり・逆に反転流に入ったりした時の感触がリールの巻き重り感の差で分かりやすい。 また、ルアーのフックに小さなコケやゴミが付いたりした時も巻き感が変わりやすかったりと、ハイギアリールを使うことのメリットがある。 デメリット:巻取りの重さ 一方でハイギアリールを使用するデメリットについてだが、 目立つものとしてはリールを巻いた時のハンドルの重さだ。 特にグレードが低いリールになると、ギア比の違いによるリーリングの巻き重り感の差が目立ちやすい傾向がある。 リールのギア比は自転車のギアと同じで、良く進むギアほどペダルが重たくなる原理だ。 今までギア比が低いリールを使っていた方の場合、ギア比が高いリールに変えると初めのうちは巻取りの「モッサリ感」が少し気になるかもしれない。 しかし、渓流ゲームではそこまで引き抵抗が大きいルアーは使わず、数グラム程度のミノーやスプーン・スピナーなどが主流なので悪影響はないはずだ。 ギア比による巻き重り感は高級リールになるほど小さくなり、軽量化を重視した高級リールは「もはやハイギアリールの巻きの重さをほとんど感じないレベル」になってきている。 ノーマルギア・ローギアリールが適した場面 渓流ルアーゲームではメリットが多いハイギアリールだが、一方でギア比が低いリールを使うメリットはあるのか? ダウン系の釣りがメインの方に 渓流ルアー釣りの基本は上流に向かってルアーをキャストする「アップストリーム」の釣りだが、状況によっては上流からルアーを流し込む「ダウンストリーム」の釣りを展開することもある。 少し具体的に紹介すると、• 流れが強くてアップの釣りではルアー操作が出来ないとき• 魚の活性が低かったり、プレッシャーが高くてルアーをじっくり・スローに見せたい時 こういう場面ではルアーを流れに乗せるドリフトなどを使い、ダウンの釣りを展開することがある。 ダウンの釣りの場合、人によっては巻取りが速いハイギアリールを使うと「釣りが雑になってしまったり、巻きが速くてルアーが浮き上がりやすくなる」ということを嫌う場合がある。 特にスプーンを使ったスローな展開の釣りがメインな方は、ギア比が低いリールをあえて使う方も一定数存在する。 ただしこれから渓流ルアーに挑戦したい初心者の方はまだ釣りの癖などが出来ていない場合がほとんどなので、 まずはオールラウンドに使いやすいハイギアリールを選んでおけば問題ない。 河川の中~本流域がメインの方 今回は渓流域のルアー釣りを紹介しているが、流れが強い中流~本流ゲームの場合。 これらの場合は流れが非常に強い為、スプーンやシンキングミノー・シンキングペンシルなどを ダウンで流し込むような釣り方がメインになることも多い。 こういう時はギア比が低いリールを使い、プレッシャーが高い大型トラウトに対して「丁寧になルアー操作」を重視する方も増えてくる。 渓流用リールのギア比選びまとめ! 渓流のトラウトゲームに使うリールのギア比選びについてはこんな感じで、源流~上流域で20cm~25cm前後のヤマメやイワナなどを狙うのであれば.

次の