ヘッジ 意味。 ヘッジファンドとは

hedgeの意味

ヘッジ 意味

ヘッジファンドという単語は聞いたことがあるけど、いまいちよくわからない… 興味はあるけどまわりに詳しい人がいなくて誰に相談していいか悩んでいる… 現在このようなことでお困りではないでしょうか? 私は17年の投資歴の中で今でこそヘッジファンドへの投資もポートフォリオに組み込んでいますが、たどり着くまで苦労しました。 ヘッジファンドはなかなか正確な情報もないですし、なんとなく縁遠く感じてしまうとは思います。 ですが、 実は銀行預金や年金の運用先としても組み込まれているヘッジファンドは私たちの生活から切っても切り離せない存在なんです。 今回はそんなヘッジファンドについてなるべくわかりやすくまとめていきますので、是非5分ほどお付き合いください! 目次• ヘッジファンドとは何か? ヘッジファンドとはずばり「投資家の大切な資産を預かって運用するプロ中のプロ」です。 それはそもそもファンド全般に言えることではあるのですが、その中でもヘッジファンドは比較的自由な運用が可能です。 そのことから、リスクヘッジ(リスク回避)しながら収益を上げるファンドなのでヘッジファンドと呼ばれています。 基本的にヘッジファンドは絶対収益追求型の姿勢で、景気の上昇局面だけでなく 下降局面でも利益を出すような姿勢をとっています。 有名なところだと、1992年のポンド危機のときにジョージ・ソロス率いるヘッジファンドが仕掛けたポンドの空売りで10億ドルを超える利益を得たと言われています。 また、Forbesから毎年発表されている長者番付の上位にはヘッジファンドマネージャーもよく顔を連ねています。 つまり結局何が言いたいかというと、そこに投資している 投資家のお金を増やすことに関しては圧倒的なプロフェッショナルであり絶大な信頼を得ています。 そんなヘッジファンドですが基本的には私募ファンドと呼ばれ、一部の富裕層や大口投資家のみが投資をしているのが現状です。 なのであまり馴染みがありませんよね。 対照的に誰にでも門戸が開かれているのが公募ファンドで、いわゆる投資信託と呼ばれるものです。 これは投資対象としてよく比較されるものなので、次はヘッジファンドと投資信託の違いをお伝えします。 ヘッジファンド(私募)と投資信託(公募)の違いを項目ごとにテーブルにしてまとめてみました。 名前は似ていても、かなり違いますよね。 難しい単語が多いのですが、大事な部分をお伝えします。 このあとで書いているメリットにもつながってくるのですが、 ヘッジファンド投資のほうが高い利回りが期待できるのでおすすめです。 なぜかというとヘッジファンドのほうが取れる戦略の幅が広いことと、利益を出すことに対するモチベーションの違いが特に大きいです。 投資信託は基本的にはベンチマークとする指標(日経平均や東証株価指数など)より少し上の結果を出すような目標での運用なので利回りがそれほど高くないです。 そもそもインフレが進んでモノの価値が上がってお金の価値が下がる中では、年利が2%を下回るようであれば持っている現金資産の価値はどんどん下がってしまいます。 そのようなインフレリスクに対抗できるような資産運用をする必要がありますし、富裕層は実際にそうしています。 ヘッジファンドと投資信託の違いのそれぞれの項目についてもっと詳しく知りたい場合は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。 ヘッジファンド投資の3つのメリット• 絶対利益追求型の運用姿勢• 利回りが高い• 手間がかからない 絶対利益追求型の運用姿勢 まずヘッジファンドのメリットは、運用姿勢が絶対利益追求型であるところです。 この運用姿勢であることから、投資家とヘッジファンドがWin-Winの関係になります。 これはヘッジファンドの収入源をイメージしてもらうとわかりやすいです。 ヘッジファンドの収入源は、大部分が成功報酬型の手数料です。 しかもその割合は、増やした分の10%~50%ほどに設定していることが多いので、増やせば増やすだけヘッジファンドは儲かります。 逆に増やせないとヘッジファンドが儲からないですし、儲からないヘッジファンドには投資家は預けたくないですよね?つまり投資家の資金が引き上げられてしまうのです。 さらにヘッジファンドの多くは、 ヘッジファンドマネージャーはじめ運用している本人達もお金を入れているケースが多いです。 自己資金の運用も兼ねているので、当然必死になります。 なので 「運用しているお金を増やす」というゴールが、投資家とヘッジファンドで一致しているのでWin-Winの関係になるのです。 利回りが高い ヘッジファンドのメリットの2つ目は、利回りが高い点です。 私がいま主にお願いしている日本のヘッジファンドで、 だいたい月平均3%の利回りを出してくれています。 海外だと例えばジェームズ・シモンズ率いるルネッサンスで、最大年利160%(手数料控除前)を叩き出したこともあります。 1000万預けていると1年後に2600万になっているわけです。 驚異的ですよね。 もちろんすべてのヘッジファンドがうまくいくわけではないですが、年利10%以上のヘッジファンドは多く存在します。 ヘッジファンドに投資しているのはどんな人達でしょう?個人の富裕層ももちろんいますが、それよりも銀行や保険会社や年金機構などのいわゆる機関投資家が多いです。 一般の人たちから低金利で調達したお金を、ヘッジファンドで高い利回りで運用してもらってるわけですね。 手間がかからない ヘッジファンドの3つ目のメリットは、運用中の手間がかからないことです。 基本的には任せっきりになります。 上昇相場のときはいいのですが、下降相場のときに違いが出てきます。 良いヘッジファンドの場合、下降相場を予想したらそれに対応できるような施策をとります。 ヘッジファンドマネージャーがその判断を行うので、投資家は基本的にはノータッチです。 よく比較される投資信託の場合、売りの判断は投資家自ら行わないといけません。 なので経済動向は自ら確認して予測する必要があります。 それが好きで自分でやりたいのならいいのですが、なかなか難しいですよね。 ヘッジファンド投資の3つのデメリット• 情報が少ない• 詐欺会社の見極めが難しい• 最低出資額が高い 情報が少ない ヘッジファンドは私募ファンドとも呼ばれるとおり、大々的な広告宣伝はしない(できない)かわりに運用方針や運用対象を公開する義務がありません。 情報の公開義務がないことから、 ヘッジファンドについての情報は探してもなかなか見つからないので投資判断が難しいというデメリットがあります。 何かしらをきっかけにヘッジファンドの名前がわかったら、自分から情報を取りに行くアクションを起こす必要があります。 詐欺会社の見極めが難しい ヘッジファンドと名乗る会社の中には、残念ながら詐欺会社も存在します。 最終的には会って話して判断するしかないですが、少なくとも事前にチェックすべき項目はお伝えしておきますね。 事前チェック項目は3つあって「運用会社の住所」「運用会社担当者の在籍確認」「資金の出し入れに関する明確な説明」です。 運用会社の住所 運用会社の登記している住所を確認してください。 バーチャルオフィスだと要注意です。 Googleマップで周辺を確認するのも良いです。 近くの場合は実際に見てみるのがベストです。 運容疑者担当者の在籍確認 担当者と連絡をとっている場合は、その担当者が所属組織にいるかを代表電話に問い合わせましょう。 ヘッジファンドそのものはちゃんとしていても、その名を騙った第三者が詐欺をするケースも実際にあります。 資金の出し入れに関する明確な説明 資金の出し入れは柔軟であるほうがいいですし、契約前にしっかり説明してもらいましょう。 のちのち揉めないためにも、できるなら録音しておくことも大切です。 最低出資額が高い 投資信託であれば1万円といった金額から投資できるのですが、ヘッジファンドは桁が大きく変わってきます。 海外の有名なヘッジファンドだと、1億円~といった規模感になってきますのでなかなか個人投資家が手を出すのは難しいのが実情です。 ただ海外の有名なヘッジファンドだと預かっている運用資産が数兆円といった規模にもなってきますので、当然ハードルは上がってきます。 そこまでの規模でなくとも、 数十億円~数百億円規模の運用でリターンが大きいヘッジファンドはもちろんあります。 中小規模のヘッジファンドであれば1000万円や100万円といった規模から受け付けてくれる可能性もあるので、まずはそういったところからアプローチしていきましょう。 以上のようなデメリットもあるのがヘッジファンド投資です。 すでに1000万円以上の運用にまわせるお金をお持ちであれば、真剣に検討することをおすすめします! もし100万円くらいからスタートしたいということであれば、チャンスはありますので是非読み進めてみてください。 ここから、ヘッジファンドの利回りや契約するための具体的な方法を紹介していきますね。 5万円 1610万円 2488万円 10年後 1001万円 2593万円 6191万円 銀行預金は年利0. 01%で計算しています。 増えるのは雀の涙ですね… 実際にはここから成功報酬として手数料が引かれますので、仮に増えた分の50%だとしてもかなりのリターンになります。 自分の余剰資金と、何年後までにいくらほど運用で増やしたいかを逆算して目標を作ることが大切です。 最近の銀行金利に慣れてしまっていると増えないのが当たり前という感覚になってしまいますよね。 実際のところはしっかり増やす人は増やせています。 もちろん銀行預金は、すぐに引き出せたり便利なお金であるので0にするべきではないです。 ですが当面使う予定のない余剰資金は運用に回すことが大切です。 今の資産状況ごとのおすすめのポートフォリオもブログ内でお伝えしてますので、興味を持っていただけたら参考にしてみてくださいね。 ヘッジファンドと契約するにはどうすればいいの?3つのパターンを紹介! 次は肝心のヘッジファンドとの契約方法です。 難易度別に3パターン紹介します。 高難易度のほうがリターンは大きいですし、条件を満たしている必要はありますが 私でもできたことなので是非チャレンジしてみてくださいね。 ヘッジファンドとの契約は、投資家とヘッジファンドとの直接契約が原則です。 高難易度としている理由は「 最低出資額の条件を満たす必要があるから」「海外ファンドの場合は言語含めていくつかハードルをクリアする必要があるから」という2つがあるからです。 デメリットでも書きましたが、最低出資額が億単位のヘッジファンドも少なくはないです。 ただし最近は準富裕層を主要顧客としたヘッジファンドもあり、1000万円ほどから受け付けてくれるようになりましたので、少し手が届きやすくはなりました。 中には100万円から出資可能なところもあります。 また別のハードルとして、もし海外のヘッジファンドと契約する場合はまず言語的な問題をクリアする必要もあります。 言語面が問題なくても、海外での口座開設が必要だったり納税の際にしっかりルール確認する必要があったりと、わりと大変になってきます。 良いヘッジファンドを見つけることができ、上記の2つをクリアしてさえいればリターンは最も高くなります。 良いヘッジファンドは、まわりでもし利用している信頼できる人がいれば紹介してもらいましょう。 もしいなければ、以下より国内でおすすめのヘッジファンドをまとめた記事へのリンクを貼っておくので参考にしてみてくださいね。 会社にもよりますが、年10%ほどの利回りが見込めます。 300万円投資したら30万円プラスですね。 次の方法は、投資助言会社を経由することです。 投資助言会社はその名前のとおり、あくまで助言をしてくれるだけなので契約するのはヘッジファンドとの直接契約になります。 契約代行をしてくれるわけではないのですが、次の2つのメリットがあります。 それは 「なかなか入手できないヘッジファンドについての情報を提供・紹介してくれること」「契約の際に言語的・技術的に必要なサポートをしてくれること」です。 気になる手数料は投資助言会社にもよりますが、成功報酬的に助言手数料がかかります。 ちなみに購入手数料をとる助言会社だと、ヘッジファンドの購入促進が目的となってしまうことがあるのでおすすめしません。 上記を踏まえると、投資助言会社としてはがおすすめです。 電話相談や面談も気軽にできますので、興味があれば御覧ください。 3つ目の方法はヘッジファンド型投資信託を購入することです。 紹介しておいてなんですが、これは厳密に言えばヘッジファンド投資ではありません。 ただ一般的な金融機関で購入できて 1万円といった少額から購入可能なのは魅力的です。 ヘッジファンド型投資信託とはどういったものかというと、ヘッジファンドがとる戦略を用いて運用する投資信託や、ヘッジファンドに投資する投資信託があります。 具体的には三菱UFJ国際投信のマクロ・トータル・リターン・ファンドや、ブラックロックの世界株式絶対収益追求ファンドなどがあります。 ただしあくまでも投資信託なので、やはりヘッジファンドへの直接契約と比べると期待リターンは低くなってしまいます。 ヘッジファンドを検討するのであればなるべく直接契約するようにしましょう。 ヘッジファンドとは何かのまとめ 漠然と思っていたヘッジファンドとは何かについて、理解いただけましたか? 冒頭にもお伝えしたとおり、ヘッジファンドは資産運用のプロ中のプロです。 情報がなかなか手に入らないヘッジファンドですが、 正しく理解すると投資先として非常に魅力的ですよね。 言語的なハードルが低い日本国内にもいくつか優秀なヘッジファンドがあり、私も実際に資産運用をお願いしています。 より詳しく知りたくなったら、ヘッジファンドを選ぶときに見るべきポイントやおすすめのヘッジファンドについてまとめた記事を書いていますので参考にしてみてください。

次の

hedgeの意味

ヘッジ 意味

リスクヘッジの意味とは?使い方や例文、類語など リスクヘッジの意味 「リスクヘッジ」とは、英語の「risk hedge」という言葉から来た外来語です。 「risk hedge」の「risk」は、日本語としても使われるように「危険」を指します。 一方の「hedge」は、「生垣」や「障壁」といった意味を持つ単語で、「防止策」の意味合いもあります。 つまり「risk hedge」という表現は、「危険の障壁・防止策」といった意味を持つことになります。 日本語として使われる際の「リスクヘッジ」も、広義には「危険を回避すること」を意味しています。 「リスクヘッジ」のより詳しい使い方などについては、この後具体的に見ていきましょう。 リスクヘッジの使い方・例文 日本語における「リスクヘッジ」の一般的な意味は、上記のように「危険を避けること」といったものです。 しかし、もともとこの言葉は金融業界で使われていたもので、それが一般に広まったという経緯があります。 金融業界で言うところの「リスクヘッジ」とは、主に「株や為替の相場変動による資産の損失を回避すること」を意味しています。 具体的には、投資先を1つに絞るのではなく、複数に分散させることでリスクを回避しようとする考えが、狭義の「リスクヘッジ」と呼ばれるものです。 例えば株を1社だけに投資していた場合、その会社の株価が下落すれば、損害を直に被ってしまうことになります。 しかし、いくつかの投資先に分けて投資しておくことで、1社の株が下がっても、他の株の利益によってその損失をカバーすることができます。 このように、投資先を分けることでリスクを最小限に抑えようという方策が、「リスクヘッジ」になります。 「リスクヘッジする」「リスクヘッジを考える」などのように使われますが、「ヘッジ」という言葉だけでも、「リスク回避」の意味合いを持つようになっています。 近年は金融業界に限らず、幅広い分野で「リスクヘッジ」という言葉を使うようになっています。 ビジネス用語として使われる機会も多く、その場合もやはり、「危険回避のための方策を取る」といった意味合いで用いられます。 例えば、プロジェクトの案を1つに絞るのではなく、代替案を用意しておくといった具合です。 この他にも、個人が危険に備えて保険に加入するなどの行為も、「リスクヘッジ」に含まれます。 それでは、「リスクヘッジ」の具体的な使い方について、例文を交えて紹介していきましょう。 金融業界でのリスクヘッジの使い方• 例文:火災保険だけでなく、地震保険にも加入してリスクヘッジしておくべきだ• 例文:リスクヘッジのために、何か資格を取っておいた方がいい リスクマネジメントとの違い ここまでは「リスクヘッジ」の意味や使い方について見てきましたが、「リスクヘッジ」と似た言葉に「リスクマネジメント」があります。 この2つは、果たしてどう違うのでしょうか。 「リスクマネジメント」とは、「危機管理」を意味する言葉です。 具体的には、将来に対する危険を洗い出し、その損害を最小限に止めるための対応を考えたり、実施することを指します。 危機管理には2つの側面がありますが、1つはリスクが顕在化する前に抑える対応、そしてもう1つは、リスクが顕在化した後の補償等の対応です。 元々は、アメリカで保険に関する理論として提唱されたもので、現在は日本でも、企業活動などにおいてその必要性が重視されるようになっています。 これに対し「リスクヘッジ」は、問題が起こった時に備え、あらかじめリスクを低減できるような施策を講じておこうという考えのことです。 つまり、「リスクヘッジ」は「リスクマネジメント」に含まれる概念ということができます。 「リスクマネジメント」は全体的な危機に関する管理を指す言葉ですが、「リスクヘッジ」は、全体の中の一局面に対する危機対応を指す言葉となっています。 リスクヘッジの類語・言い換え 「リスクヘッジ」の意味や使い方だけでなく、類語や言い換え表現についても知っておきたいところです。 「リスクヘッジ」の類語等には、以下のようなものがあります。 ・危険を回避する ・危機に備える ・リスクマネジメントをする 最後に 以上、「リスクヘッジ」の意味や使い方などについて紹介してきました。 「リスクヘッジ」は英語の「risk hedge」を元とするカタカナ言葉で、「危険を回避すること」などの意味があります。 もともとは「分散投資」を表す金融業界での用語でしたが、現在はビジネスシーンなどでも、「将来の危険に備える」という意味で使われることが多くなっています。 単に「ヘッジ」というだけでも、同様の意味を表すことがあります。

次の

両建ての意味とは? 初心者の方にわかりやすく解説します

ヘッジ 意味

両建ての意味• リスクヘッジとしての考え方• 両建てを応用して、リスクヘッジをしながら利益を狙う方法 両建てとは何か 前述の通り、両建てとは同一銘柄において売り玉と買い玉の両方の玉を保有している状態のことを指します。 もし両建てをして、売り玉と買い玉を同数保有していた場合は、株価が上昇しても下落しても利益・損失ともにゼロな状態です。 (正確に言えば手数料等のマイナスはありますが、今回は割愛します) つまり、利益にも損失にもならない状態です。 安全かもしれませんが、これでは投資の意味がありませんよね。 それでは、両建てはなんのメリットもない行為なのでしょうか? 身近な例を見てみましょう。 気になる女性(男性)が2人いるケース 例としては相応しくないかもしれません。 不謹慎だと思われた方、申し訳ございませんがしばしお付き合いください。 あなたが「同じくらい気になる」と感じている人が2人いたら、両方の相手にアプローチをすることもあるかと思います。 「保険」という考えは相手にとって失礼かもしれませんが、どちらか片方にだけアプローチして玉砕したら、ちょっと後悔してしまいますよね。 そう考えて両方に少しずつアプローチをしていたら、片方の意中の相手が少し好意的な反応を示してきました。 そこで、一気に片方の相手の方に舵取りをする、 というようなケースで、両建ての考え方は役立ちます。 同様に株式投資のケースを見てみましょう。 株式投資のケース 自分が買いで保有している銘柄が、上昇トレンドと思っていたら2日連続で株価が下落してしまいました。 ここで、「あれ、上昇トレンドは終わってしまったのか」と考えて、買い玉を手放すのはちょっともったいないなと思う時もありますよね。 そうした際に、買い玉を維持したまま、リスクヘッジの「空売り」をして売り玉を建てれば、株価が下落した際でも対応できるようになります。 そうすれば、もし下落が続くようであれば買い玉を手仕舞いして売り玉にシフトできますし、反転して上昇トレンドに戻るようであれば、売り玉を決済して買い玉を追加していくこともできます。 これが両建てを有効活用するやり方です。 ただし、簡単に解説すると上記のような感じですが、実際にはさまざまな指標や目印、チャートパターン分析を織り交ぜて戦略的に行う必要があります。 両建てのメリット 改めて、両建てのメリットを見てみましょう。 大きく分けると、次の2点が挙げられます。 株価が変動した際のリスクを軽減できる 「マーケットのトレンドが上昇か下落かの見極めが難しいタイミング」において、両建てしておけば株価がどちらに動いても柔軟に対応しやすくなります。 もちろん、両建てを活用する場合でも判断が難しいケースは多々ありますが、選択肢を多く持つことでトレードの幅を広げることができるでしょう。 メンタル的な負担を軽減できる 両建てをしておくことにより、株価がどちらか一方に上振れたとしても、メンタル面での不安を軽減することができます。 どちらか一方にだけ玉を建てていると、想定と反対の動きをした際に「どうしよう、損失が拡大してしまう」という気持ちが働いてしまい、正常な判断がしにくい状況となります。 投資をする上で「正しい判断」を下すには、メンタルはとても重要なものとなるので、このメリットは大きいと言えるでしょう。 両建てのデメリット では、デメリットの部分はどうでしょうか。 大きく分けると次の2点です。 決済タイミングの見極めが難しい 両建ては、売りと買いをどちらも保有している状態なので、利益と損失の両方が出ている状況です。 そのため、利益を手仕舞いするのと合わせて、損失を出している玉をどうするかも考えておかなければいけません。 放置しておくと、損失が出ている玉のマイナスがどんどん拡大してしまう可能性もあります。 マイナスを最小限にするには、マーケットの動きを見極めながら徐々に売り玉と買い玉のバランスを調整する技術が必要になるため、初心者がいきなり手を出すのは難しいかもしれません。 玉の売り買いバランスを調整する技術については、後述します。 資金量が必要になる 両建てをするには、売りと買いの両方に建玉をする必要があります。 つまり、単純に考えれば2倍の資金量が必要になる、ということです。 さらに、売りで玉を持つ(=空売り)ためには、「信用取引口座」の開設が必要になりますが、開設には最低でも30万円以上の資金が必要で、かつ証券会社での審査にも通過する必要があります。 (審査基準は証券会社ごとに若干異なるようです) 以上の事から、最低でも30万円の資金が必要になるため「少額から投資を始めたい」と考えている人には、いきなり両建ての手法を活用したトレードを実現するのは難しいかもしれません。 両建てを活用して、リスクヘッジをしながらさらに上の利益を狙うトレード方法とは 両建てを活用した、リスクヘッジをしたトレード方法とは、「建玉の操作」と呼ばれる手法を駆使したトレードになります。 建玉の操作とは、簡単に言うと「空売り」と「買い」のバランスを調整して、リスクヘッジをしながら利益を最大化させていくための手法です。 これは、当サイトを監修していただいている「相場師朗(あいばしろう)先生」が得意としている手法でもあります。 建玉の操作を行うことで、両建てと同様に資金とメンタルのリスクを最小限にしながら、マーケットにあわせて売り買いの玉のバランスを調整しさらに多くの利益を狙うことも可能です。 建玉の操作をしっかりと、何度も何度も練習しておくことで、上昇トレンド・下降トレンド・トレンドの転換点など、どこでもリスクヘッジをしながら利益を狙っていくことができるようになります。 身に付けるのは苦労する部分ではありますが、「一生使える株の技術を身に付ける」という意気込みがあれば習得することも可能でしょう。 まとめ.

次の