浅尾 美和 ドラゴンズ。 浅尾美和ポロは本物か!セクシー、ギリギリ画像まとめ

浅尾美和

浅尾 美和 ドラゴンズ

一人目に熱愛の噂になった男性は サッカー・ガンバ大阪の水本裕貴 でした。 浅尾美和と水本裕貴は どこで知り合ったかはわかりませんが、 同じ三重県出身ということで意気投合し、 双方の多忙なスケジュールの合間をぬって デートを重ねていったと言われています。 お忍びで水本裕貴のサッカーの試合も観戦していたそうです。 とあるスポーツ担当記者は以下のように語っています。 「え?」 と思いますよね。 な、なんと・・・ 水本裕貴は5年間付き合っていた彼女がいたのです。 二股ではありませんよ 笑 その彼女と交際5年記念日に婚姻届を提出し、 その後、浅尾美和との熱愛について質問された際、以下のようにコメントしました。 「あれはデマっす。 まあ、でもそういうこともあったしケジメをつけたかったんで」 浅尾美和とはただたんに仲の良い友人に過ぎなかったみたいです。 水本裕貴にとっては、 結婚する後押しになったかもしれませんが、 迷惑な飛ばし記事ですよね・・・ 二人目に熱愛の噂になった男性は 野球・中日ドラゴンズの浅尾拓也でした。 浅尾美和と浅尾拓也は 中日新聞の対談企画を通して 知り合いました。 同姓かつ同じ東海地区出身の人気プロスポーツ選手として、 お互いに意識していたタイミングでのビッグ対談でした。 この対談では、 プライベートからお互いの結婚観まで語り、 その様子はまるで恋人のようだったそうです。 浅尾美和と浅尾拓也は、 この対談を通して親しくなり、 熱愛に発展したと言われています。 が、 浅尾美和と浅尾拓也が付き合っている証拠は一切ないので、 ガセネタで間違いないでしょう。 どうやらネットを中心に、 「恋人のように対談しているんだから、付き合っているに違いない」 というガセネタが拡散されていったみたいです。 こういった対談が熱愛の噂元になるのは、 有名人の宿命なのかもしれませんね。 三人目に熱愛の噂になった男性は 野球・オリックスの金子千尋でした。 熱愛の噂になっていたので調べてみたんですが、 熱愛とは全く関係ありませんでした。 浅尾美和は上がり症みたいで、 ビーチバレーの試合中で落ち着きたい時に 「カネコ」 と呪文のようにつぶやくとテレビで明かしていただけなんです。 なぜ、 「カネコ」 とつぶやくかというと、 たまたま見ていた野球の試合で、 金子千尋がピンチにも関わらず、ビックリするほど落ち着いたプレーをしていたそうで、 そこから 「カネコ」 とつぶやくことで、自分も落ち着いてプレーしようと暗示をかけていたそうです。 ここまで熱愛の噂があった3人を振り返ってみましたが、 どれ一つとっても、 付き合っていると断言できるものはありませんでした。 というよりも飛ばし記事ばかりですよね 笑 飛ばし記事があるうちが華なのかもしれませんね。

次の

浅尾美和の旦那は可児市で美容院経営者の堀江俊彦?店の名前と場所や2人の馴れ初めも!

浅尾 美和 ドラゴンズ

経歴 プロ入り前 ・ 出身で 、中学時代はとして部に所属。 愛知県立常滑北高等学校(現:)入学後も捕手を務めたが、投手不足の事情から2年生秋に投手に転向。 卒業後のにへ進学し 、愛知大学リーグの2部と3部のリーグで通算53試合に登板し、21勝9敗の成績を残した。 秋季の2部リーグではとの対戦でを達成した。 1部2部入れ替え戦で、同期入団の()に投げ勝ち、チームを1部昇格に導いた。 (2006年11月21日)前はに加え、・も獲得を目指していたが、浅尾は「中日以外の球団は入団拒否する(仮に中日以外から指名されればのに進む)」と宣言。 西武は強行指名も辞さない構えだったが最終的には指名を回避し 、結局は意中の中日から3位指名を受け入団。 日本福祉大学第1号のプロ野球選手となった。 プロ入り後 、4月10日の対戦で、リリーフとしてプロ入り初登板を果たす。 4月24日の対戦では1回3奪三振でプロ初勝利を挙げる。 5月9日の対広島戦で初先発。 本塁打を2本打たれたが失点はこの2点だけで、6回3安打2失点でプロ2勝目を挙げた。 更にに出場し、セーブを挙げる。 後半戦は肩を痛め、ほとんど登板機会はなかった。 、故障の影響から開幕を二軍で迎えた。 その後復帰し、一軍に昇格して中継ぎで登板。 後から開催中は、日本代表に招集されたに代わって抑えを務め、8月7日の対戦でプロ初セーブを挙げた。 その後は戦列復帰した岩瀬へ繋ぐ「勝利の方程式」として、勝ちパターンでのセットアッパーとして起用された。 この年に、を3回受けており、一軍公式戦の危険球退場処分回数のシーズン最多記録となっている。 、初の開幕一軍入りを果たし、前年の好成績から自身初のを務めて、勝利投手となった(当時コーチだった曰く、失敗させてリリーフに回すつもりで投げさせたのが勝ってしまった為 、先発を続ける事になったという)。 しかし、それ以後は先発で結果を残すことが出来ず、再度セットアッパーとして起用される。 7月にはセ・リーグ新記録となる月間11ホールドを記録し、を受賞した。 終盤では体調不良の岩瀬に代わり、再び守護神を務めた。 この年はチーム最多の67試合に登板したが、ヤクルト戦の対戦成績が1勝5敗、対戦防御率8. 14と打ち込まれたことが響いてチームワーストの9敗を喫した。 同年オフはのへ・・と共に派遣されたが、2試合に登板し1回を投げて4失点を喫したことから以降は起用されなくなり、予定より早めの帰国となった。 、シーズンでは年間通してセットアッパーを務め、9月5日の対戦でにが記録した日本記録を更新する21試合連続ホールドポイントを達成。 9月12日の対戦では日本新記録となるシーズン59ホールドポイントを挙げると、9月25日の対横浜戦で、日本新記録となるシーズン47ホールドを記録した。 この年は、の球団記録を更新する72試合に登板し、リリーフだけで12勝3敗1S、防御率1. 68、0. 87の大活躍でに輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。 またホールドとホールドポイントのシーズン日本新記録達成、連続試合ホールドポイントの日本記録達成に対して連盟特別表彰(連盟特別賞)を贈られた。 とのでは4試合に登板するが、第6戦以降から大ブレーキ。 第6戦で2イニングを投げるもに同点タイムリーを打たれて、チームは引き分け。 第7戦ではシーズン中にもなかった4イニング登板を果たすが、慣れない4イニング目に延長12回に四球を与え、に決勝の適時三塁打を打たれて自滅。 敗戦投手になった。 、昨年に続いてセットアッパーを務める。 昨年共に活躍したを故障で欠いた影響でロングリリーフを任されることも多く、さらに所々で岩瀬に代わって抑えとして登板することもあった。 41、共にリーグ1位の45ホールド・52ホールドポイント、WHIP0. 82で被本塁打0という驚異の成績を残した。 9月13日の対阪神戦での持つ通算日本プロ野球記録(154HP)に並び、9月17日の対巨人戦でプロ野球新記録となる通算155ホールドポイントを記録し、2年連続に輝き球団史上初のリーグ連覇に大きく貢献した。 これらの活躍が認められに選出された他、シーズンを通じて先発登板が一度もない投手としては両リーグ通じて初となるを獲得した。 では第7戦で7回から登板。 二死二塁でと両リーグの同士の対戦となったが、甘く入った2球目の直球をセンター前にはじき返され、の日本一を決定付ける3点目を失い、チームは2年連続で日本一を逃した。 、前年最多勝のと共に「」侍ジャパンのメンバーに選出された。 しかし、シーズン前から原因不明のストレートの減速に悩まされ 、シーズンに入っても調子が上がらず、開幕から38試合で21試合に登板して失点6。 前年(開幕から37試合で21試合に登板して失点2)を上回るペースで失点を喫し、5月14日に登録抹消となった。 契約更改では、4000万円減の2億2000万円で更改した。 オフの12月4日に、日本代表候補選手34人が発表され 候補入りした。 、前年からの右肩(肩関節腱板)の不安もあり 第3回WBC最終メンバーの28人には選出されなかった。 シーズンでは、7月12日の戦で復帰し、9回表を三者凡退に抑えた。 しかし、9月24日、9月25日の戦で連日にわたって敗戦投手となり、チームの12年振りのBクラスが確定した。 はわずか22試合の登板にとどまり、防御率は自己ワーストの6. は36試合の登板で1勝1敗3セーブ16ホールドと復活を遂げるも、9月26日の谷繁監督兼選手の引退試合 対横浜DeNA、横浜スタジアム ではサヨナラホームランを打たれてしまった。 は右肩の故障などに苦しみ、プロ入り初の一軍登板無しに終わった。 、4月2日の巨人戦で、2015年9月26日以来となる一軍登板を果たした。 10月1日の対ヤクルト戦でホールドを挙げ、プロ野球史上3人目、セ・リーグでは史上2人目となる通算200ホールドを達成した。 ただし、先に投げたが2アウトに抑えたあとのイニング途中の投手交代で、打者1人を抑えただけでの記録だったため 、「周りの『達成させてあげなきゃ』という空気を感じて、選手として悲しかった」と限界を感じ始めたという。 、今シーズンを持って引退することが9月25日に報道され 、26日にナゴヤドームで正式に引退会見が行われた。 9月29日、での阪神戦でとともに引退試合とセレモニーを開催、9回表に3番手として登場、と対戦し三振締めで現役生活を終えた。 12月2日、自由契約公示された。 但し本人は「スライダーに自信はない」、「パームは抜けることが多いのでリリーフになってからはあまり投げていない」と発言している。 入団時の会見では、セールスポイントとして速球よりも「牽制とフィールディング」を最初にアピールしている。 バント処理でそのフィールディングの良さが見られ、2010年4月3日の阪神戦での送りバントをダブルプレーにした際には、監督のから「あのバント処理は浅尾にしかできない」と評され 、2011年にはゴールデングラブ賞を受賞している。 フィールディングを磨くため、試合前の守備練習ではと共にまたはの守備位置に入り練習を行うことが日課となっている。 投球フォームはテークバックが小さく腕の振りが速いで、これは高校時代に投手へ転向する前にやっていた捕手の投げ方が影響しており、浅尾曰く「何度も直そうとしたがどうしてもこの投げ方に戻ってしまう」という。 で走者のを防ぐことが多く、も上記の牽制・フィールディング・クイックを高く評価しており、赤星の現役時代は「浅尾選手がマウンドにいるときだけは盗塁をしようと思わなかった」と語っている。 2011年まで中日監督を務めた落合からは、「浅尾と岩瀬でやられたら仕方ないんだから。 それだけ2人を信頼している」とと共に大きな信頼を寄せられ 、2009年から2011年にかけては218試合に登板。 この間は登板過多も指摘されたが、本人は「イニング跨ぎは難しいが、1イニングだけなら何試合でも投げられる」と答えている。 打撃では、投手ながらプロ初安打でを放ち、ルーキーシーズンの2007年には11打数3安打(打率. 273)を記録している。 人物 この選手の人物像に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 ( 2011年11月) チームメイトからは主に「 タク」と呼ばれ、ファンからの愛称は「 浅尾きゅん 」。 チームの先輩であると同じく、幼い頃からずっと愛知県内の学校・チームで過ごした、地元中の地元の選手である。 プロ入り時には好きな選手として(中日)・(阪神)を挙げていた。 漫画「」のファンで、休日には自宅でコミックスを読んでいる。 愛知県理容組合が発表した2011年ニューヘアのモデルとなり、「浅尾ヘア」としてヘアサロンのメニューとなる。 オフには病院や児童養護施設へ慰問を行っている。 に積極的で、特に春季キャンプでは「6勤1休」と呼ばれる、過酷なキャンプとされる中日の1軍キャンプの練習後に、求められた人全員にサインをしている。 サインを求める人が非常に多く、の取材 [ ]で「毎日大変じゃないですか?」と質問された際に、「ファンの皆さんがルールやマナーを守って下さる限り、僕は書きますよ。 僕にとっては毎日のことでも、来てくれた人はその日しか来られないから、と考えてしまうんですよね」と答えている。 チーム内では高橋やと仲が良い。 で2011年のMVPに選ばれるかどうかと聞かれた際にも「吉見じゃないんですか」と発言している。 一方、吉見の方も同じ質問で「タクでしょう」と答えている。 また、野手ではと仲が良い。 2009年12月28日に10年間の交際期間を経て高校時代の同級生と結婚。 その後、夫人は、において不定期で浅尾の家庭内での表情などを描いている。 2012年11月10日に第1子となる長男が誕生した。 非常に謙虚かつ礼儀正しい性格で、2011年MVPに選ばれた際の記者会見では「自分には縁のない賞だと思っていたので、喜びより驚きの方が大きい」や「吉見の勝ちを2つ消しているので、本当なら吉見は20勝。 だから、吉見が選ばれると思った」と発言している。 2011年のリーグ連覇後、に手記を寄せている。 本人曰く、この年は開幕戦でサヨナラでの負け投手になり、その時はブルペンでストライクが1球も入らない程最悪のスタートだったという。 その時この年から中日に加入したから5月13日の阪神戦(甲子園)で3連打されて1点を失った試合後に「俺が対戦していた時のタクはガムシャラに腕を振っていた。 どんどん攻めてきた。 そこが嫌だったんだよ」と言われたこと、9月23日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で押し出し四球での勝ちを消した試合で(本人曰く、押し出し四球はプロに入ってこの時が初めてだった)、通路奥で帽子を投げつけたシーンをテレビで見ていた父親からプロに入って初めて試合後に電話がかかってきたこと、この二つが2011年の転機だったと語っている。 また、その佐伯からはクライマックスシリーズにて「いつも通りが今のMAX」という言葉を帽子に記してもらったが、これは浅尾本人が何か力になる言葉をくれという要望に応えてもらったとの事である。 詳細情報 年度別投手成績 19 5 0 0 0 4 1 0 1. 800 224 51. 0 51 5 20 1 0 40 2 0 21 20 3. 53 1. 39 44 0 0 0 0 3 1 1 12. 750 199 50. 1 43 0 9 2 3 35 0 0 11 10 1. 79 1. 03 67 7 0 0 0 7 9 6 33. 438 464 113. 1 108 6 24 2 6 96 4 0 47 44 3. 49 1. 16 72 0 0 0 0 12 3 1 47. 800 307 80. 1 60 4 10 0 1 75 3 0 16 15 1. 68 0. 87 79 0 0 0 0 7 2 10 45. 778 328 87. 1 57 0 15 0 2 100 1 0 5 4 0. 41 0. 82 29 0 0 0 0 1 0 1 15 1. 000 120 30. 0 21 0 9 0 0 29 2 0 6 5 1. 50 1. 00 34 0 0 0 0 2 3 1 22. 400 131 30. 2 26 2 14 1 1 19 2 0 6 5 1. 47 1. 30 22 0 0 0 0 1 1 0 8. 500 87 19. 0 17 4 12 0 2 20 1 0 13 13 6. 16 1. 53 36 0 0 0 0 1 1 3 16. 500 142 31. 0 31 3 17 2 1 34 4 0 11 11 3. 19 1. 55 4 0 0 0 0 0 0 0 1. --- 16 3. 0 6 0 2 0 0 5 1 0 4 4 12. 00 2. 67 10 0 0 0 0 0 0 0 0. --- 40 9. 1 7 1 8 0 0 7 1 0 5 5 4. 82 1. 61 :11年 416 12 0 0 0 38 21 23 200. 644 2058 505. 1 427 25 140 8 16 460 21 0 145 136 2. 42 1. 各年度の 太字はリーグ最高、 赤太字はNPB最高 年度別守備成績 年 度 球 団 試 合 2007 中日 19 3 5 2 1. 800 2008 44 3 14 1 3. 944 2009 67 5 26 0 2 1. 000 2010 72 8 20 3 3. 903 2011 79 5 15 1 1. 952 2012 29 1 4 1 0. 833 2013 34 1 7 1 0. 889 2014 22 0 2 0 1 1. 000 2015 36 3 10 0 1 1. 000 2017 4 0 0 0 0. --- 2018 10 0 2 0 1 1. 000 通算 416 29 105 9 13. 937• 太字年は受賞 タイトル• :2回 (2010年、2011年) 表彰• :1回 (2011年)• :1回 (2009年7月)• セントラル・リーグ連盟特別賞:1回 (2010年:シーズン47ホールド・59ホールドポイント、25試合連続ホールドポイントのプロ野球新記録に対して)• ・がんばれドラゴンズMIP賞:1回 (2010年) 記録• 初記録(投手記録)• 初登板:2007年4月10日、対1回戦()、7回裏に3番手で救援登板、1回無失点• 初奪三振:同上、7回裏にから空振り三振• 初ホールド:2007年4月21日、対4回戦()、5回裏無死に4番手で救援登板、2回1失点• 初勝利:2007年4月24日、対3回戦()、12回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点• 初先発・初先発勝利:2007年5月9日、対広島東洋カープ7回戦()、6回2失点• 初セーブ:2008年8月7日、対東京ヤクルトスワローズ14回戦()、9回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点• 初記録(打撃記録)• 初安打:2007年5月9日、対広島東洋カープ7回戦(広島市民球場)、2回表にから左越三塁打• 初打点:2007年6月11日、対4回戦(ナゴヤドーム)、3回裏にから右前適時打• 節目の記録• 100ホールド:2011年5月14日、対阪神タイガース5回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に5番手で救援登板、1回無失点• その他の記録• 月間11ホールド (2009年7月、セ・リーグ記録)• 25試合連続ホールドポイント (2010年7月11日・対読売ジャイアンツ12回戦 - 2010年9月15日・対広島東洋カープ23回戦、プロ野球記録)• 年間47ホールド (2010年、世界記録)• 年間59ホールドポイント (2010年、世界記録)• 出場:2回 (2010年、2011年) 登場曲• 「」(2009年 - 2018年。 打席時の登場曲であるが、2009年中盤よりリリーフに専念している為めったに流れない)• 「1-9(Theme from No. 41)」(2010年 - 2015年、登板時)• 「」ロイヤルサルーン DJ MITSU feat. ちびまるお+ノリダファンキーシビレサス (2016年 - 2018年) 背番号• 41 (2007年 - 2018年)• 81 (2019年 - ) 関連情報 コラム• 「浅尾拓也の全力投球」(2010年4月12日 - :不定期更新。 らと共に携帯サイトのドラゴンズ情報内で、「現況報告」とファンからの質問に答える「教えて浅尾投手!! 」で構成されている) CM出演• (2011年-。 、(2012年~)と共演。 限定)• (2011年-。 、らとともに出演) 脚注 [] 注釈• 日刊スポーツ. 2018年6月14日閲覧。 「」『』、2012年12月9日。 2020年4月24日閲覧。 の2020年4月24日時点におけるアーカイブ。 「」『』、2006年11月22日。 2020年4月24日閲覧。 の2020年4月24日時点におけるアーカイブ。 「」『』、2010年11月3日。 2010年11月3日閲覧。 の2010年11月3日時点におけるアーカイブ。 中日ドラゴンズ オフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ 2020年. 2020年4月24日時点のよりアーカイブ。 2020年4月24日閲覧。 2020年4月24日閲覧。 の2007年1月9日時点におけるアーカイブ。 2006年12月24日閲覧。 の2006年12月24日時点におけるアーカイブ。 「」『』、2006年11月17日。 2006年11月25日閲覧。 の2006年11月25日時点におけるアーカイブ。 中日スポーツ. 2009年11月22日. の2009年11月23日時点におけるアーカイブ。 2018年1月26日閲覧。 東京スポーツ 2012年3月24日• デイリースポーツ 2012年5月14日 [ ]• 日本野球機構 2012年12月4日公開 2015年4月3日閲覧• 日本野球機構 2012年12月4日公開 2015年4月3日閲覧• SANSPO. COM. 2013年2月19日. 2013年2月20日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年4月2日. 2017年4月10日閲覧。 スポーツ報知. 2017年10月1日. 2018年9月26日閲覧。 スポーツ報知. 2018年9月26日5時0分. 2018年9月26日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年9月26日. 2018年9月26日閲覧。 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2011年、184頁。。 日刊スポーツ 2016年01月02日付• 中日ドラゴンズ公式サイト• 中日スポーツ 2010年4月4日 [ ]• 東京中日スポーツ 2011年9月22日付3面• 読売新聞 2013年2月4日• 「投・球・術」にて 2012年2月17日• 2012年11月3日読売ジャイアンツ対北海道日本ハムファイターズ第6戦副音声解説• スポニチ 2010年8月13日 [ ]• 中日スポーツ 2011年12月20日• ファミ通. comブックマーク. エンターブレイン 2009年5月7日. 2018年1月10日閲覧。 スポーツニッポン. 2018年1月8日. 2018年1月10日閲覧。 中日新聞web オピ・リーナ編集部ブログ 2010年5月10日• DAILY SPORTS ONLINE デイリースポーツ. 2012年11月11日. 2012年11月11日閲覧。 [ ]• MSN産経ニュース 2011年12月1日 [ ]• 知多市 2014年1月10日. 2017年12月4日閲覧。 e燃費 2010年12月27日. 2018年2月28日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

プロ野球魂の浅尾美和ωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωω|中日ドラゴンズアンテナ

浅尾 美和 ドラゴンズ

ビーチの女神・浅尾美和の昔~現在のかわいい高画質画像を集めてみました ビーチバレー人気の火付け役となった浅尾美和さん。 ビーチの妖精を一目見ようと多くの男性が集まりました。 真剣に体を鍛える浅尾美和さん。 アスリートの表情はやはりかっこいいです。 試合中の真剣な表情の浅尾美和さん。 汗が輝いて見えます。 コートの外ではリラックスムードの浅尾美和さん。 黒のビキニがセクシーです。 集中して構える浅尾美和さん。 見た目の美しさと実力を兼ね備えた妖精です。 後ろを気にする素振りの浅尾美和さん。 勝負師の目になっています。 笑顔を見せる浅尾美和さん。 その笑顔がとても眩しいです。 ビーチで笑顔を見せる浅尾美和さん。 試合中とは雰囲気が違います。 インタビューに応える浅尾美和さん。 試合での反省点を振り返っているのでしょうか。 明るい笑顔でインタビューに応える浅尾美和さん。 素敵な笑顔で雨も吹き飛ばします。 リラックスした表情を見せる浅尾美和さん。 力が抜けてとても良い感じです。 引き締まった表情を見せる浅尾美和さん。 気持ちは試合モードに切り替わっているのでしょうか。 パートナーと言葉を交わす浅尾美和さん。 試合の行方が気になります。 試合の準備をする浅尾美和さん。 ビーチの妖精の羽休めです。 サングラス姿の浅尾美和さん。 引き締まった身体は流石アスリートです。 私服の浅尾美和さん。 コートの外でも輝いています。 サーブを打つ浅尾美和さん。 相手に簡単に拾われないように狙いを定めます。 レシーブを受ける浅尾美和さん。 きっちりボールを上げてチャンスを作ります。 ボールを拾いに向かう浅尾美和さん。 アスリートの肉体美です。 身体に向かってくるボールに意表を突かれた浅尾美和さん。 表情が少し曇ります。 白い衣装の浅尾美和さん。 まるでモデルのような一枚です。 黒いビキニ姿の浅尾美和さん。 大人の魅力が漂います。 視線を送る浅尾美和さん。 視線の先には何があるのでしょうか。 スカート姿の浅尾美和さん。 コートの外では可愛らしい女性に変身です。 真剣にレシーブの体勢に入る浅尾美和さん。 しっかりと受け止めて、チャンスを作りたいです。 ボールを抱えて何かを言いたそうな浅尾美和さん。 何を伝えようとしているのでしょうか。 少し疲れた表情を見せる浅尾美和さん。 少し上手くいかないことがあったのでしょうか。 後ろにサインを出す浅尾美和さん。 どんな作戦を立てているのか気になります。 グラビア撮影の浅尾美和さん。 アイドル顔負けの可愛さです。 試合中に笑顔を見せる浅尾美和さん。 ビーチの妖精の笑顔は周囲を幸せにします。 サーブに集中する浅尾美和さん。 緊張感が伝わってきます。 レシーブのポーズをとる浅尾美和さん。 試合中とは違う雰囲気が可愛らしいです。 着替える浅尾美和さん。 試合の準備は万端です。 イベントに参加した浅尾美和さん、照れくさそうな笑顔がチャーミングです。 ボールを小脇に抱える浅尾美和さん。 まるでビーチの女神のようなオーラを感じます。 試合中には見せないポーズの浅尾美和さん。 グラビアアイドル顔負けです。 ガッツポーズで喜びを表現する浅尾美和さん。 周りの観衆も釣られてガッツポーズしてしまいそうです。 ショートカットの浅尾美和さん。 さっぱりしてイメージも少し変わった気がします。 可愛らしい女性的な浅尾美和さん。 コートの外では可憐な女性です。 ボールを追いかける浅尾美和さん。 まるで獲物を追いかけるような鋭い目つきです。 並んでピースサインで応える浅尾美和さん。 試合に勝って喜びのインタビューです。 ボールに追いつけず悔しそうな浅尾美和さん。 気持ちを切り替えて次のプレーに向かいます。 ビールのイベントで笑顔を見せる浅尾美和さん。 爽やかなイメージにピッタリです。 浮いたボールを追いかける浅尾美和さん。 まだ余裕が感じられます。 ボールを頭に乗せる浅尾美和さん。 試合では見ることができないお茶目な一面です。 髪を整えて気合を入れる浅尾美和さん。 鋭いまなざしが真剣勝負を物語っています。 ボールを目で追いかける浅尾美和さん。 その表情に見入ってしまいます。 強烈なスパイクポーズの浅尾美和さん。 躍動する身体が芸術的です。 ビールを片手に笑顔の浅尾美和さん。 一緒に飲みに行きたくなります。 試合の流れを掴もうとする浅尾美和さん。 確実に試合の流れを掴みたいところです。 横アングルの浅尾美和さん。 真剣な横顔がとても魅力的です。 水で砂を落とす浅尾美和さん。 水も滴る良い女という言葉がハマります。 試合を離れてオフの浅尾美和さん。 可愛らしい水着が似合っています。 夕暮れの浜辺の浅尾美和さん。 表情に色っぽさを感じます。 部屋でくつろぐ浅尾美和さん。 完全にリラックスモードです。 ビキニ姿の浅尾美和さん。 大人の魅力が溢れています。 こちらを見つめる浅尾美和さん。 何か言いたそうな表情です。 赤い水着姿の浅尾美和さん。 スタイル抜群です。 ラフな格好の浅尾美和さん。 綺麗なお姉さんです。 スパイクを打つ瞬間の華麗な浅尾美和さん。 綺麗なフォームです。

次の