錠剤 飲み 方 コツ。 【危険?】錠剤薬は上向き、カプセル薬は下向きで飲むべき理由

錠剤がうまく飲めない怖い!飲み方のコツは?砕くと効き目がなくなる可能性は?

錠剤 飲み 方 コツ

言いたいことをまとめると• 薬やサプリメントの飲み方のコツ もし、あなたが普段、薬が引っかかるような感じがして飲みにくさを感じているようなら、次のやりかたで飲んでみてください。 水を少し飲んでのどをうるおします• もう一度、水を口いっぱいの半分くらいふくみます• すぼめた口に薬を入れ、ゴクンと飲み干します 事前にのどや食道を潤しておくことと、充分な量の水で飲むことで、たいていの飲みにくさは解消されます。 錠剤は上、カプセルは下向きで飲む このとき大事なのが、錠剤は上を向いて、カプセルは下を向いて飲む、という点。 重みがある錠剤は上を向いて、軽いカプセル類は前にかがむように下を向くと、より飲み込みやすくなります。 その理由としてよく言われるのが、錠剤は重いので水に沈みやすく、カプセルは軽いので水に浮きやすいから。 たしかに、錠剤は、口の中の水に沈んで舌の上に乗っているので、軽く上を向いた方がノドが開いて飲みやすくなりますし、カプセルは、下向きになると、水に浮いた状態でノドの奥に近づくため飲みやすくなります。 ただし、上下への向きかたはあくまで軽く、ノドの入り口をふさがない程度にしましょう。 「カプセルは上向き飲み」だと危険? カプセルを下向きで飲んだ方が良い、というもう一つの理由は、服用時の安全を確保するため。 もし、カプセルを飲む時に上を向いて飲んだ場合、軽くて浮き気味のカプセルを置いて、水だけが先に勢いよく胃に向かって流れて行ってしまいがちです。 そうすると、周囲がゼラチンで作られているカプセル類は、食道の中にくっついて残りやすくなります。 それがそのまま放置されると、刺激性のある成分が入っていた場合、食道が傷つくという事故が起こる危険性が出て来てしまいます。 そのような事故を防ぐためにも、軽く下を向いて飲むようにしてください。 のどの奥で浮いた状態のカプセルが、水と一緒に胃に送り込まれやすくなるため、食道に残ってしまうことなく、安全に薬やサプリメントが飲める、というワケです。 まとめ いかがでしたか。 薬やサプリメントを飲む時は、錠剤は上向き、カプセルは下向きで飲んだ方が良いですよ、ということで、その理由もあわせてご紹介しました。 繰り返しになりますが、上や下を向くときは、あくまで軽く、錠剤やカプセルと水を通すためのノドをふさいでしまわないようにしましょう。 また、どうしても飲みにくいという場合は、服薬用のゼリーを試してみてください。 ゼリー状のオブラートで包むことで、のどや食道を通りやすくできますので。 あなたの薬やサプリメントの飲みにくさが、少しでも解消されれば幸いです。

次の

錠剤が飲めない対処のコツは?無理なく簡単に飲める方法をご紹介

錠剤 飲み 方 コツ

大きな錠剤やカプセル薬を飲み込むのが苦手だという人はたくさんいます。 しかし、次の2つのやり方なら、ずっと楽に飲み込めるかもしれません。 ハイデルベルク大学のWalter Haefeli博士が中心になって実施し、実験では、150名をこえる成人が錠剤やカプセル薬を飲み込むさまざまな方法を試しました。 その結果、 「ペットボトル方式」と 「前かがみ方式」の2つがとても効果的だということがわかりました。 被験者の約60%が、「ペットボトル」を使った方法で、大きな薬を以前よりはるかに上手に飲み込めたと答えています。 また、約90%が「前かがみ」の方法で、薬をずっと楽に飲み込めたと答えました。 それでは、この2つの方法をご説明しましょう。 ペットボトルを使った飲み方:ペットボトルに水を入れます。 それから、舌の上に薬を乗せ、ペットボトルの口をくわえて唇をしっかり閉じます。 そのまま、頭を一気に後ろにそらせてペットボトルの水を口に含み、空気が入らないようにして水と薬を飲み込みます。 このやり方は、錠剤を飲む際に向いています。 前かがみのやり方:薬を舌の上に載せ、コップの水を少しだけ口に含みます。 あとは、首を自分の胸に向かって前に傾けながら薬を飲み込みます。 このやり方は、カプセル薬を飲む際に向いています。 大きめの薬がノドにつかえて飲み下すのに苦労しているのなら、上記のやり方を試してみてください。 このやり方が向く人と向かない人がいるとは思いますが、薬にむせて吐き出してしまうよりはよさそうですよね。 The Journal Annals of Family Medicine via Patrick Allan(/訳:遠藤康子/ガリレオ) Photo by.

次の

《薬嫌い必見》薬剤師が教える!錠剤や粉薬をうまく飲むコツ Doctors Me(ドクターズミー)

錠剤 飲み 方 コツ

錠剤の薬やカプセルが喉に詰まる? 飲み薬やカプセルは、何も意識せず簡単に飲み込める方もいますが、毎回のように喉に引っかかったような異物感を覚えたり、喉に詰まらせてしまうという方もいますよね。 薬を飲むのが嫌だと、ただでさえ体調が悪いのに憂鬱になってしまいますので、出来るだけ楽に飲みたいですよね。 薬やカプセルが喉に詰まりやすい原因としては、「もともと喉や食道が細い」、または「年齢とともに喉や食道が細くなってきた」などが考えられます。 他には、これも加齢によることが多いのですが、口の中の唾液が少なくなる「唾液欠乏症」になっていることがあります。 食べ物や薬を飲み込むために必要となる、唾液(だえき)が少ないため、のみ込みにくくなり喉や食道に詰まりやすいということですね。 乾いた口の中に、カプセルを入れてしまうと口の中にぺたっと張りつきます。 この状態が喉で起こると、喉に詰まりやすいということになります。 ただし、「摂食」や「嚥下」などの他の障害が潜んでいる場合も考えられるので、気になる場合は医師に相談するようにしましょう。 医師にしっかりと症状を伝えることで、飲みやすい薬に替えてくれることもあります。 [ad ad-1] カプセルを上手く飲む3ステップ ここでは、カプセルの上手な飲み方についてご説明します。 カプセルが喉のあたりに来たのを感じたら、水や白湯と一緒に、一気にゴクンと飲み込みましょう。 カプセルと水とを一緒に飲み込むためには、下を向くのがおすすめです。 飲みやすくする便利グッズ 他には、薬を飲みやすくするためのゼリーで、カプセルや錠剤を包み込むようにして飲み込むという方法もあります。 子供の頃、オブラートというシート状の物に包んで薬を飲んだ経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ様な考えで乾いていて引っかかりやすい錠剤やカプセルを「ツルッと」させてのみ込みやすくするということですね。 ゼリーは水や白湯よりもとろみがありますので、薬をしっかりと包んだ状態で胃の方へ流れていきますので違和感を感じにくくなり、お子さんやお年寄りにも人気です。 上を向かず正面を向いて飲む 上を向いた状態で水を流し込もうとすると、気道がせまくなってしまいます。 そうなると水は流れにくくなり薬が引っかかりますので、あまり上を向きすぎない様にしましょう。 左右に対しても同じなので、 水を飲むときは自然に正面を向くようにしましょう。 なお、薬は体内で溶けるように作られていますので、水を飲んでも違和感が残る場合でも、自然に治ることがほとんどですし、実際には引っかかっていないことも多い様です。 喉に薬が当たった時の違和感が残っている場合だけということもある様なので、水を飲んで少し様子をみてください。 まとめ 今回は、薬やカプセルを飲み込むのが苦手な方に、その原因として考えられることと、飲み方のコツをご紹介しました。 ただし、扁桃腺(へんとうせん)がひどく腫れるような風邪をひいているときは、錠剤やカプセルが飲み込みにくくなります。 腫れあがっているときには、固形物を飲み込むと痛みもともないます。 痛みや腫れがひどいときには、あらかじめ医師にその旨を伝え、飲みやすい薬を出してもらうようにするのも一つの方法ですね。

次の