豊川悦司。 豊川悦司は韓国人!嫁や子供・若い頃から現在まで総まとめ

【豊川悦司】プロフィール(年齢・身長・映画・ドラマ)

豊川悦司

俳優の、が主演を務めたドラマ『愛していると言ってくれ』(TBS系/1995年)の2020年特別版第4弾がTBSにて21日に放送。 2人が魅せた美しい最終回に、視聴者からは「この最終回、何度見ても泣いてしまうわ…」「やっぱり何度見てもキュンキュンする」「素敵なラストシーンでした」といった投稿や、「トヨエツロス」「トヨエツが素敵すぎて現実に戻れない」といった声が相次いでいる。 聴覚障害を持った新進青年画家の晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続ける女優の卵・紘子(常盤)の言葉を超えた愛を描く。 21日に放送された特別版の第4弾は、10話「悲劇」、11話「別離」、12話「僕の声」を放送。 中でも紆余曲折を経た晃次が紘子の名前を声に出して叫ぶシーンが放送された第12話(最終回)は視聴率28. 1%を記録した「伝説の回」といっても過言ではない。 幼いころ友人にからかわれたことがトラウマで声を出すことが出来なくなっていた晃次は、この時はじめて「だから紘子が愛してると言ってくれと言われた時、言えなかった」と明かす。 そんな「名シーン」の連続の今回の放送に対し、SNSには「このドラマ今見ても全てがどストライク」「何度見ても切なくて泣ける」「永遠に好きなドラマ」と感動の声が殺到。 また、晃次を演じた豊川に対して、「ほんとトヨエツのかっこよさ爆発してるわ」「男も惚れる男前…」「豊悦さんの透き通った濁りのない瞳に心が洗われました」「トヨエツの指先から溢れ出る色気が半端なかった」といった声が数多く寄せられた。 また、1ヵ月に渡った再放送に、思わず「トヨエツロス」になってしまったファンも続出している。 さらに、豊川と常盤が作品について語り合う「リモート同窓会」のコーナーでは撮影当時、プライベートではあまり会話がなかったこと、常盤はこの作品で豊川から言われた一言がきっかけで女優として大きく成長できたこと、豊川は耳栓をして撮影に臨んでいた裏話などが明かされた。 こちらにも「シーンの説明、役作りについて聞いているのが楽しかった」との声が寄せられていた。

次の

豊川悦司!結婚相手は?前妻は?元彼女は小島聖!新居は?

豊川悦司

来歴 [ ] 大阪の西成の靴職人の父親の家に生まれる。 その後やなどに移り住んだこともある。 芝居に興味を持たれたのは、3つ上の姉と、近くに住んでいた母の妹の影響が大きく、小学校2~3年の頃から雑誌「スクリーン」などを読む機会に恵まれていた。 父親も映画好きで小学校1年か幼稚園の時、一緒に映画「アラビアのロレンス」を見に行ったと語っている。 中高生のころはに熱中し、府立高校1年の時ににも出場。 バスケットボールをやめてから急に背が伸びだした。 このころ学校の芸術鑑賞会で荻野目慶子の演劇「奇跡の人」などを見たと語っている。 立原正秋の作品が好きで、大学進学では「やるんだったら一番役に立たない学部に入ろう」と思い文学部に入学。 住んでいた男子寮の近くで行われていた大学の劇研究部の新入生勧誘の公演をたまたま見て、入部。 その後大学2年のとき、親には言わずに大学に退学届を提出。 「自分がやる芝居の場をいろいろ選べるだろうと」20歳で東京へ上京。 大学の劇研の卒業生の下宿に転がり込んで、小劇団の芝居を手当たり次第に観たと語っている。 1983年、吉祥寺バウスシアターで行われた「瞼の女」(渡辺えり子作・演出)での『城みちるの「イルカに乗った少年」』役で初舞台。 その後、「ゲゲゲのゲ」など多くの舞台に出演したのち、1989年退団。 映像に興味がうつり、劇団退団前に、映画「稲村ジェーン」のを受けたが落第。 その後、渡辺えり子の紹介で現在のプロダクション・に移り、映画『」』のオーディションに受かり映画デビュー。 以後、多数の映画・テレビドラマに出演。 最初に、、映画『』で注目され、、映画『』、 『』にと共に主演して注目を浴びる。 20代女性を中心にブレイク。 [ ] 『』、『』などで一般にも認知されるようになり 、 、『』にて耳が不自由な青年画家役として、障害を乗り越えながら愛を深めていく姿を演じ、最高視聴率28. にドラマ『』のヘアメイクを担当していた女性と結婚し、一男一女を儲けたが、に離婚、子供は妻が引き取った。 、自宅で鍋を食していたところ、突然体調を崩して救急車で病院に搬送されるという事態が発生した。 原因は鍋の中の具材(どの具材が症状を引き起こしたかは不明)によるだったが、症状は軽く済んだ。 、第36回にて『必死剣鳥刺し』『犯人に告ぐ』『傷だらけの天使』『今度は愛妻家』の4作品が特集上映される。 上映後は監督とのトークショーが開催された。 5月、元エステティシャンの女性との再婚と女児の誕生を公表。 人物 [ ] 俳優以外に、脚本や監督などの活動も行なっているが、バラエティ番組には滅多に登場しない。 公私混同を非常に嫌がり、マスコミからの取材も断り、ミステリアスなイメージを堅守している。 、『』内「プレミアムトーク」に出演してトーク番組に初出演を果たした。 の番組をこよなく愛し、19:00 - 22:00過ぎまでほとんどの番組を視聴している。 1番のお気に入り番組は映画『』の共演者でもあるの『』である。 また、『』のメインキャスターを務めた同局ののファンであることも公言しており、の役が来たら武田を参考にしたいとも述べている。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 「嫁・姑・大姑・3」(1989年、)• 最終回(1990年、) - 犯人の一人 役• 「」(1990年、テレビ朝日)• 「受験生」(1991年、フジテレビ) - 高田浩平 役• (1991年、NHK)• (1991年、)• (1991年、フジテレビ) - ヒットマン 役• (1991年) - 伊賀者・吉次 役• (1993年) - 役• (2011年) - 役• 第2シリーズ 第7話(1991年、)• 第5話「防犯カメラに写った女! 美人教師の災難」(1991年、テレビ朝日)• 「幽霊刑事」(1992年、テレビ朝日)• (1992年、フジテレビ)• 第3話「女教師連続レイプ魔を消せ!」(1992年、) - 犯人・中西 役• (1992年、日本テレビ) - 三矢夏彦 役• 青春牡丹灯篭(1993年、NHK) - 新三郎 役• (1993年、よみうりテレビ) - 長崎 役• (1992年、フジテレビ) - 霧原直人 役• (1993年、TBS) - 石原裕一 役• (1993年、フジテレビ) - 京一 役• 喪失(1993年、フジテレビ) - 九島守一 役• (1994年、フジテレビ) - 澤木祐介(声のみ出演) 役• 冬の特別編 「ルナティック・ラヴ」(1994年、フジテレビ) - 僕 役• (1994年、フジテレビ) - 神矢征司 役• (1994年、フジテレビ) - 植草聖一 役• (1995年、) - 榊晃次 役• (1997年、TBS) - 柴田理森 役• 同窓会へようこそ〜遅すぎた夏の帰郷(1999年、TBS) - 坂木旬一 役• (1999年、フジテレビ) - 魚住新児 役• (1999年、テレビ朝日)• (2001年、TBS) - 唐木新次 役• (2001年、) - 戸谷信一 役• (2001年、TBS) - 永瀬康 役• 至上の恋 愛は海を越えて(2001年、NHK)• 少年-ビートたけし原作珠玉ドラマ3編(2002年、TBS)• (2003年、)• (2003年、TBS) - 来栖貴文 役• -筑豊篇-(2005年、TBS) - 伊吹重蔵 役• 太宰治物語(2005年、TBS)• (2006年4月 - 6月、TBS) - 九頭元人 役• (2012年7月 - 9月、フジテレビ) - 木下圭介 役• (2016年1月 - 2月、WOWOW) - 役• (2016年12月10日、) - 役• (2018年4月2日 - 9月28日、NHK) - 秋風羽織 役 映画 [ ]• (1989年)• (1990年)• (1990年) - 沖縄連合組長 役• (1991年)• 女教師・濡れたピアノの下で(1991年) - 凶悪殺人鬼 役• (1991年) - 陪審員11号 役• (1992年) - 樫村健三 役• (1992年) - 岸田睦月 役• (1993年) - 立花記者 役• (1994年) - 由紀夫 役• エンジェル・ダスト(1994年) - トモオ 役• (1994年) - 杉本延也 役• (1994年) - 霧原直人 役• (1995年) - 秋葉茂 役• (1995年) - ユウジ・コバヤシ 役• (1995年) - 坂本雄 役二• (1996年) - 鶴丸杉夫、鶴丸松夫 役• (1996年) - 役• (1997年) - 木田満 役• (1997年) - 多襄丸 役• (1997年) - 相川真 役• (1999年) - ツルギ 役• (2001年)• (2000年) - 中上洋行 役• (2000年) - 門谷甲子男 役• DOG STAR ドッグ・スター(2002年) - シロー 役• (2002年) - 役• (2002年) - 玉水龍男 役• (2003年) - ヴァンパイア「ルカ」 役• (2004年) - 丹下左膳 役• (2005年) - アシリカ(会津藩士・高津政之) 役• (2005年) - 津久見勝 役• (2005年) - 安永 役• (2005年) - エージの父親 役• (2005年) - 役• (2005年) - 磐井優一郎 役• (2005年) - 木戸晋一 役• (2005年) - 神父 役• (2006年) - 橘祥一 役• (2006年) - 田所雄介博士 役• (2006年) - 吉岡誠 役• (2006年) - 谷川洋二朗 役• (2006年)• (2007年) - 村尾菊治 役• (2007年) - 野田 役• (2007年) - 上原一郎 役• (2007年) - 巻島史彦 役• (2007年) - 室戸半兵衛 役• (2008年) - 坂口秋生 役• (2008年) - 斉藤祐市 役• (2008年) - 山崎良人 役• 3部作 - オッチョ(落合長治) 役• 20世紀少年 終わりの始まり(2008年)• 20世紀少年 最後の希望(2009年)• 20世紀少年 ぼくらの旗(2009年)• (2010年) - 北見俊介 役• (2010年) - 兼見三左エ門 役• (2011年) - 松山啓太 役• (2013年) - 浅間玲司 役• (2013年) - ハリー遠藤 役• (2014年) - 大滝一郎 役• (2014年) - 多田悟郎 役• (2015年) - 海江田醇 役• (2016年) - 柏木亨 役• (2017年) - 幸田柾近 役• (2018年) - 甘粕才生 役• (2018年) - 清兵衛 役• (2018年) - 内藤帯刀 役• (2018年) - ナレーション• (2019年) - 五百鬼祐虎 役• (2019年) - 島 役• (2019年) - 役• 2020年 - 阿藤 役• (2020年) - 周雄 役• (2020年) - 藁谷友充 役 ゲーム [ ]• (2007年) - カイム・アラゴナー 役 ドキュメンタリー [ ]• NHKスペシャル「昔 父は日本人を殺した〜ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦〜」(2011年6月19日、NHK総合) - デール・マハリッジのモノローグを朗読• バルテュスと彼女たちの関係(2014年5月17日、) - ナビゲーター• (2016年12月25日 - 、NHK BSプレミアム) - 語り• (2018年5月6日 - 、NHK) - 語り CM [ ]• (第40条の施行により、最後のTV・CMとなる)• 「」(共演:)• 「円熟」発泡酒、「澄みきり」新ジャンル(2013年5月 - )• - ナレーション担当• キンチョール• (2007年 - )• 公共広告機構(現:) (出演)「hope」(2008年)• 「クールドラフト」発泡酒• 二代目後期型• 『あたらしいね(フィッシュ配り)篇』(2010年10月 - )• 『あたらしいね(オフィスラブ)篇』(2010年10月 - )• 三代目前期型• 『ティザー篇』(2013年9月)• 『スタイル篇』(2013年10月 - )• 『インテリア篇』(2013年10月 - )• 「」(2011年5月 - )• (2015年 - )• 「」(2015年)• 「鍋キューブ」『うまさ溶け出す篇』・『ひとりにひとつ篇』(2015年 - )• 『最高が似合う人篇』(三井住友プラチナカード)(2016年1月 - )• 「Neo抗菌EX Wパワー」 (2017年5月-)• タレントパレット 科学的人事戦略 「モチベーション」篇「未来」篇 2019年11月 - 原案・脚本・演出作品 [ ]• つげ義春ワールド「」(1998年、)• つげ義春ワールド「懐かしいひと」(1998年、テレビ東京)• 「父、帰る…」(1998年、)• 「冷やす女」(2000年、フジテレビ)• (2001年、)• LOVERS「聖セバスチャンヌの掌」(2003年、TBS)• スペシャルドラマ (2006年、TBS) テレビ演出家・豊川悦司の特徴 [ ] 初期は、監督やテレビ演出家をあえて重要な役に配していた。 例えば「父、帰る…」では扮するヒロインの父親役には『』『』の、「冷やす女」では扮するヒロインが冷凍する亡き恋人役に『千年旅人』の、そして「退屈な部屋」「懐かしいひと」では主人公・津部役に『』『』のを起用している。 『』では、ヒロイン・の晩年役に、の女優・を起用する遊びをやっていた。 書籍 [ ]• 秋風羽織の教え 人生は半分、青い。 (秋風羽織名義、と共著) 受賞歴 [ ] 映画 [ ]• 『』『』(1992年度)• 第14回最優秀新人賞(『』と合わせて)• 第18回助演男優賞• 新人俳優賞• 『』(1995年度)• 第20回 最優秀助演男優賞• 第17回ヨコハマ映画祭 主演男優賞• 第10回 最優秀助演男優賞• 優秀助演男優賞、話題賞• 『』(1996年度)• 優秀主演男優賞• 『』(1997年度)• 第12回高崎映画祭 最優秀主演男優賞• 『』(2000年度)• 第15回高崎映画祭 最優秀主演男優賞• 『』(2002年度)• 優秀主演男優賞• 『』(2005年度)• 優秀助演男優賞• 『』『』(2007年度)• 第3回 助演男優賞• 『』(2008年度)• 第23回高崎映画祭 最優秀助演男優賞• 『』(2010年度)• 第35回報知映画賞 最優秀主演男優賞(『』と合わせて)• 第32回ヨコハマ映画祭 主演男優賞(『』と合わせて)• 第84回 主演男優賞(『』と合わせて)• 主演男優賞(『』と合わせて)• 優秀主演男優賞 テレビドラマ [ ]• 1995年• 第6回(『』)• 主演男優賞• ベストドレッサー賞• 1999年• 第23回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』) その他 [ ]• 1993年 新人賞• 1995年 グランプリ 脚注 [ ] []• www. tvdrama-db. com. 2020年6月12日閲覧。 2015年5月12日. 2015年5月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年5月12日閲覧。 INLIFE. 2019年1月22日閲覧。 2016年9月2日. 2019年1月22日閲覧。 クランクイン!. ハリウッドチャンネル 2016年9月2日. 2019年1月22日閲覧。 goo テレビ番組. 2019年1月22日閲覧。 2015年10月24日. 2015年10月25日閲覧。 NHKオンライン. NHK 2018年1月10日. 2018年1月11日閲覧。 NHK連続テレビ小説『半分、青い。 』公式サイト. NHK 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 2018年7月3日. シネマカフェ 2015年8月4日. 2015年10月4日閲覧。 ナターシャ 2017年11月1日. 2017年11月7日閲覧。 、と共演• ORICON STYLE 2015年10月1日. 2015年10月1日閲覧。 プラスアルファ・コンサルティング. 2019年12月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

豊川悦司、「愛していると言ってくれ」再放送で掘り返された“年下キラーぶり”!(2020年6月23日)|BIGLOBEニュース

豊川悦司

豊川悦司さんについての詳しいプロフィールはこちら。 生年月日: 1962年3月18日 出生地: 大阪府八尾市 身長: 186 cm 体重: 80kg 職業: 俳優 活動期間: 1989年 — 配偶者: 一般女性(1997年 — 2005年)、一般女性(2015年 — ) 事務所: アルファエージェンシー 引用:Wikipedia — 豊川悦司 自ら在日韓国人3世だとカミングアウトしている豊川悦司 嫌韓の風潮が強い現代において在日韓国人や韓国にゆかりのある生い立ちであると明かすことは芸能人にとって非常にリスキーですが、豊川悦司さんは自ら在日韓国人3世だと明かしています。 ネットで検索をしても豊川悦司さんが在日韓国人3世であることをカミングアウトしたインタビュー記事などは上がっていないようですが、過去に自ら韓国籍だったことを明かしたと言われています。 豊川悦司さんが始めて自分が韓国籍であることが分かったのは20歳の頃で、両親から渡されたパスポートが韓国籍だったことから在日韓国人3世だと知ったと言われています。 また、ネットユーザーの話で、豊川悦司さんの親戚の葬儀に参列したところ韓国式だったという話もあるようです。 豊川悦司はガチだと思います。 親族の葬式に知人が参加し韓国式だったと言ってました。 豊川悦司 は自ら雑誌のインタビューで在日人だとカミングアウトしていました。 芸能活動(社会人になるまで知らなかったそうです。 成人を過ぎ親から知らされえた時に自殺を・・・) 引用: 「自殺を…」と上記の掲示板では書かれていますが、豊川悦司さんは自身のルーツが韓国人だと分かって自殺を考えるほど悩んだ時期があったのでしょうか。 豊川悦司の父親と母親は韓国人.

次の