楽天カード リボ払い 限度額。 楽天カードの限度額は?裏技で最高300万円まで増枠できる!

楽天カードは引き落とし後の利用可能額反映が遅い?二重払いになってしまったら?

楽天カード リボ払い 限度額

楽天カードのリボ払いは、毎月の支払いを軽減できるサービスです。 「洗濯機が壊れてしまったけど、今月はあまり手元にお金がない…」 「通学にスクーターが必要だけど、そんな大きなお金は…」 このように、リボ払いは緊急に支払いをする必要があるけれど、手元に現金が少ないときには便利なサービスです。 しかし、便利な反面デメリットも存在します。 また、知らないうちに支払いが「リボ払い」になっていて、あとから気づいたという方もいらっしゃるでしょう。 このページでは、楽天カードのリボ払いについて、リボ払いの仕組みから手数料、自動リボの解除方法、繰り上げて返済する方法まで徹底的に解説しています。 楽天カードのリボ払いについて知識を深めて、上手に利用していきましょう。 楽天カードのリボ払いのしくみ 楽天カードのリボ払いは、利用金額や件数に関わらず、毎月ほぼ一定の支払額で返済をしていく仕組みになっています。 楽天カードで使用した金額を複数回に分けて支払うので、一括で支払う方法と比べると、月々の返済額を抑えることができ、無理なく返済していくことができます。 元本支払い金額は、月額3,000円から設定することが可能で、クレジットカードをつい使いすぎてしまったときなども、返済に猶予ができるメリットもあります。 この手数料には金利や保証料なども含まれており、毎月の支払いはリボ払い設定額に手数料をあわせた金額となります。 例えば、先月末時点での楽天カードのリボ払い利用残高が30,000円の場合、リボ払い手数料を計算すると以下のようになります。 つまり、元本を3,000円支払うコースだとすると、3,000円に上記の375円を加えた3,375円が当月支払う金額になります。 ちなみに、楽天カードのリボ払いの手数料の正式名称は、包括信用購入あつせん手数料といいます。 新井 智美 クレジットカードの支払いにおいて、一括払いもしくは2回払いまでは手数料がかからないケースがほとんどです。 しかし、それ以上の分割払いやリボ払いでは手数料が発生します。 また、分割払いとリボ払いで手数料の計算方法は異なります。 分割払いでは利用金額と支払回数に応じた手数料がかかりますが、 リボ払いでは各月の利用残高に対して手数料がかかることから、手数料の額が毎月変わるということを覚えておきましょう。 楽天カードと他社カードのリボ払い手数料比較 楽天カードのリボ払いの手数料は高いのではないか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。 そこで、楽天カードのリボ払い手数料と他社カードの手数料を比較してみました。 カード名 リボ払い手数料 楽天カード 年15. 6~14. 04~18. 他社と比較して楽天カードの手数料が特別高いとは言えないでしょう。 リボ払い手数料のシミュレーション では、実際に楽天カードのリボ払いを利用すると、月々の支払いはどれくらいになり、手数料は合計でいくらになるのでしょうか。 楽天カードで10万円をリボ払いで利用し、月々元本を1万円ずつ返済する場合のシミュレーションをおこなってみました。 返済回数 支払額 元金分 手数料分 支払い後残高 1 11,250円 10,000円 1,250円 90,000円 2 11,125円 10,000円 1,125円 80,000円 3 11,000円 10,000円 1,000円 70,000円 4 10,875円 10,000円 875円 60,000円 5 10,750円 10,000円 750円 50,000円 6 10,625円 10,000円 625円 40,000円 7 10,500円 10,000円 500円 30,000円 8 10,375円 10,000円 375円 20,000円 9 10,250円 10,000円 250円 10,000円 10 10,125円 10,000円 125円 0円 合計 106,875円 100,000円 6,875円 初回の支払いを見てみると、元本返済分10,000円にリボ払い手数料の1,250円が加算され、合計支払額が11,250円になっていますよね。 毎月10,000円はリボ払い残高の返済に充てられるので、残高は10,000円ずつ減っていきます。 それに伴い、残高に応じて支払うリボ払い手数料も減少していくのが分かると思います。 最終的には、総手数料は6,875円かかるというわけです。 楽天カードの公式サイトでもリボ払いのシミュレーションができるので、利用する前に一度計算してみると、返済計画を立てやすくなります。 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 勝手にリボ払いに!? 楽天カードの自動リボを解除する方法 楽天カードには、 自動リボサービスがあります。 あらかじめ自動リボを設定しておくと、翌月1回払いのショッピング利用額が自動的にリボ払いになります。 支払いごとにリボ払いを設定する手間がかからないというメリットがある反面、 購入時に1回払いを指定しても、自動でリボ払いになってしまうという点に注意しなければなりません。 仕組みを理解していないと、「一括払いで買ったのに勝手にリボ払いになった!」などトラブルになりかねないので、自動リボ設定の確認方法や、自動リボを解除する方法も知識として知っておきましょう。 楽天カードが自動リボになっているかを確認する方法 まずはお使いの楽天カードが自動リボになっているかどうかを確認する方法からご説明します。 自動リボの確認は、楽天カードの各種設定ができるWebサイト「楽天e-NAVI」を使用します。 お支払い方法確認画面の「自動でリボ払い」をタップして、「現在、自動リボサービスにご登録いただいておりません」と表示されれば自動リボにはなっていません。 「現在、自動リボサービスにご登録いただいております」という表示が出れば自動リボに登録されています。 楽天カードの自動リボを解除する方法 自動リボサービスを解除したい場合は、自動リボの確認画面をそのまま下にスクロールします。 すると、「ご希望の自動リボの設定」の欄に「解除」の表示がありますので、それを確認の上、「確認画面へ」のボタンをクリックします。 次の画面に切り替わると、「解除する」というボタンが表示されますので、そのボタンをクリックすれば自動リボサービスの解除は完了です。 最後にもう一度自動リボの確認画面から、自動リボに登録されていないことを確認しておきましょう。 楽天カードが知らない間に自動リボになる理由 楽天カードでも他社のクレジットカード同様に、基本は自動リボではなく、一括払いの設定になっています。 しかし、自分では気づかないうちに自動リボが設定されていた、という体験をした方もいらっしゃるようです。 考えられる可能性としては、以下のようなケースがあります。 自動リボになる理由例• ポイントキャンペーンに登録した• 申込時に自動リボを選択した あまり意識せずに自動リボの登録をしてしまうこともあるので、次項で少し詳しく解説していきます。 楽天カードのポイントキャンペーンに登録した 楽天カードのリボ払いキャンペーンのなかには、自動リボへの登録で数千ポイントもの高額なポイントがもらえるキャンペーンがあります。 楽天カードを利用していると、こういったキャンペーンの案内がたくさん来ます。 そこでポイントに気を取られてしまい、 詳細を確認せずに自動リボへ登録してしまったというケースが発生しているようです。 一度自動リボへと登録してしまうと、キャンペーンが終了した後でも自動リボを解除しない限りその設定は継続してしまうので、申し込むときは注意しましょう。 楽天カードの申込時に自動リボを選択した 楽天カードに新規で申し込む際に、自動リボサービスの申込みをするかどうか選択する欄があります。 新規申し込み時には自動リボの利用でポイントがもらえるキャンペーンがあるので、お得な感じがして思わず申し込んでしまいがちです。 また、カード発行や手続きに気を取られてしまい、自動リボを申し込んだことを忘れてしまうこともあるでしょう。 自動リボサービスは後からでも選択できます。 必要のない方はむやみに登録をしないよう気をつけましょう。 楽天カードの支払いをリボ払いに変更する方法 楽天カードの 「あとからリボ」は、翌月1回払い・分割2回払い・ボーナス1回払い・キャッシング1回払いの利用分を、後でリボ払いへと変更できるサービスです。 あとからリボは楽天e-NAVIから簡単に手続きができ、利用1件ごとにリボ払いに変更することができます。 例えば4,000円、6,000円、20,000円の3件のお買い物をした場合、合計の支払額は30,000円です。 この支払いがちょっと厳しいな、という時には、20,000円の分だけを後からリボ払いにして、支払いに余裕を持たせるという使い方ができます。 あとからリボの支払いサイクル 楽天カードのあとからリボは、 支払い月の5日までに手続きをすると、当月27日の引き落とし分からリボ払いが始まります。 6日以降は、引き落とし口座の登録が済んでいるかどうかで変更期限が変わります。 引き落とし口座登録がまだ済んでいない場合は、10日までにリボ払いへ変更すれば、 翌月27日からリボ払いの支払いが開始されます。 引き落とし口座登録が済んでいる場合は、金融機関により変更の締切りが異なります。 みずほ銀行などのメガバンクやゆうちょ銀行、大手地銀では20日の22時が締切ですが、金融機関によっては15日の22時が締切となっています。 あらかじめご利用の金融機関の締切日を確認しておきましょう。 電話でもリボ払いに変更できる インターネットの操作が不安な方のために、電話でもリボ払いへの変更ができます。 楽天カードコンタクトセンター 0570-66-6910 に電話すれば、オペレーターが対応してくれます。 営業時間は9:30~17:30、土日祝日の対応も可能です。 電話で手続きをする際にはカード番号の入力が必要になるので、手元に楽天カードを用意の上、電話するようにしましょう。 楽天カードの支払いをリボ払いに変更できない理由 楽天カードの返済額を調整でき、便利な「あとからリボ」ですが、変更にはいくつかの制限があります。 リボ払いへ変更できない理由となるのは以下のような場合です。 変更できない理由• 締切期日を過ぎている• もともとリボ払いできない支払いがある• リボ払い利用可能額を超過している それぞれの詳しい理由については、次の項目でご紹介します。 当月支払い分をリボ払いに変更するには期限がある 「あとからリボ」の支払いサイクルの項目でもご紹介した通り、 リボ払いへの変更には締切りがあります。 リボ払いへの変更は、最長でも20日の22時まで、金融機関によっては15日の22時が期限です。 これ以降はリボ払いに変更することができず、当初指定した方法で支払うことになります。 もともとリボ払いできない支払いがある 楽天カードの利用項目のなかには、そもそもリボ払いができないものもあります。 リボ払い不可の支払い例• 年会費• 楽天ペイ加盟店での一部決済• 楽天PINKカードカスタマイズサービス月額料金• カード切替手数料• 楽天バーチャルプリペイドカードの購入代金• 楽天バーチャルプリペイドカードの利用分• デルカチャージ利用分 その他、エステティックサロン、パソコン教室、語学学校などでの支払いも、一部1回払いのみとなるのでご注意ください。 リボ払い利用可能額を超過している 楽天カードでは、それぞれの利用者に応じて リボ払い利用可能額が設定されています。 その枠を超えてリボ払いへ変更することはできません。 リボ払い利用可能額とクレジットカードの利用可能額は異なる場合があります。 楽天e-NAVIで確認しておきましょう。 楽天カードのリボ払いを繰り上げ返済する方法 楽天カードには、ショッピングリボ払い又はキャッシングリボ払いの利用残高をまとめて支払える 「おまとめ払い」があります。 おまとめ払いをして早くリボ払いの支払いを終わらせれば、 リボ払い手数料を節約することができます。 楽天e-NAVIを使って簡単に手続きできるので、お金に余裕ができた時にはぜひおまとめ払いをしてみましょう。 なお、おまとめ払いは、支払い月の10日22時までに手続きをすると当月の支払いに加算され、11日以降なら翌月の支払いに加算されます。 手続日 支払日 支払い月10日の22時まで 当月27日 以降 翌月27日 リボ利用残高の全額だけでなく、一部の金額でもおまとめ払いをすることができるので、その方法をご紹介します。 楽天カードのリボ払い残高を一部返済する方法 まず楽天e-NAVIにログインし、お支払方法のなかにある「リボ残高のおまとめ払い」を選択します。 次の画面で、ショッピング枠、キャッシング枠それぞれの加算希望金額入力の欄がありますので、希望する方の金額指定にチェックを入れ、 加算したい金額を入力します。 この時、入力する金額は支払総額ではなく、通常の支払いにプラスして支払う金額になりますので注意してください。 楽天カードのリボ払い残高を全額一括返済する方法 全額一括返済の場合も、一部返済と同じく楽天e-NAVIから手続きが可能です。 金額指定ではなく、全額払いを選択すれば、リボ払いの残高を全額一括返済することができます。 以前は電話での手続きのみでしたが、現在ではネットから手続きを完了することが可能となり、簡単に返済をおこなえるようになりました。 リボ残高を早く返済したい方はぜひ活用してください。 リボ払いを取り消して一括払いに変更することはできない 楽天カードのショッピング利用分は、一度リボ払いにしてしまうと1回払いへ変更することはできません。 ですからリボ払いをやめたい時は、上述の「おまとめ払い」で全額一括返済するか、電話で 銀行振込を対応を依頼する方法をとります。 銀行振込なら、通常の支払日より先に残高を返済することができます。 電話で銀行振込対応を申し込む方法 電話でリボ払い残高を一括返済したいときは、自動音声ダイヤル 0120-30-6910 へ電話しましょう。 こちらはフリーダイヤルなので、通話料金がかかりません。 つながらない場合、固定電話をお持ちでない場合は、092-474-9255へと電話します。 こちらは有料となるのでご注意ください。 電話がつながったら、「4100」を押すと利用残高の全額支払いの手続きが可能となります。 その後、楽天カードに指定された口座へと振り込むことになります。 一括払いができる期限 フリーダイヤルの自動音声案内で手続きをする場合、カードの引き落とし結果が楽天カード側で確認された日から、翌月9日の14時45分までという変更期限があります。 上記の期間以外で電話での手続きを利用したい時は、コンタクトセンター 0570-66-6910 へ電話しましょう。 コンタクトセンターの営業時間は9時半から17時半までの間となっています。 楽天カードのリボ払いと分割払いはどう違う? よくリボ払いと比較される分割払い。 1回払いと違って回数を分けて支払っていくことでは共通していますが、似ているようでやはり違いがあります。 リボ払いが 毎月の支払い額を指定するのに対し、分割払いは購入した 買い物ごとに支払回数を指定します。 したがって、リボ払いはリボ残高が多くなっても毎月の支払額があまり増えないのに対し、分割払いは利用するごとに毎月の支払額が増えていきます。 一見リボ払いの方がいいように思えますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。 リボ払いは予想外に出費がかさんでしまった時に便利 リボ払いは毎月の支払い額を指定することができるので、 毎月の支払い額を一定にして管理したい方には便利な支払い方法です。 いくら使っても毎月の支払額はさほど変わらないという点が特長です。 カードを使いすぎてしまった月には請求の一部をあとからリボにすれば、支払い金額を抑えることができます。 しかし、もちろん支払いがなくなったわけではありませんから、翌月以降は節約してリボ残高を減らしていかなければなりません。 また、支払額があまり増えないので、使いすぎに気づきにくいというデメリットがあります。 自己管理ができていないとリボ残高がどんどん膨らみ、無駄に手数料を支払うことになってしまいます。 分割払いは高額のお買い物を計画的に返済していくのに便利 楽天カードの分割払いは、支払い回数を2~36回のなかから選び、商品の金額を分割して毎月支払っていく方法です。 分割払いはリボ払いと違って買い物ごとに支払い額が決まるので、分割払いを利用すれば利用するほど月々の支払い額は増えます。 家電が壊れてしまった時など、急に高額の支払いが必要になる時には分割払いが便利ですが、 多用すると支払いきれなくなる可能性があるので、注意が必要です。 手数料は支払回数が多くなるにつれ、12. なお、 2回払いであれば分割手数料はかかりません。 支払える余裕があるのなら、分割回数はなるべく2回までにしましょう。 楽天カードのリボ払い残高は?明細を確認する方法 楽天カードのリボ払いは毎月の返済が軽減できる反面、きちんと管理しないと残高が知らないうちに膨れ上がる危険もあります。 楽天カードのリボ払い残高は、楽天e-NAVIから確認することができますので必ずこまめにチェックしましょう。 残高証明書もPDFでダウンロードしたり、印刷することもできます。 注意したいのは、楽天e-NAVIで表示される利用残高には、 確定前の利用情報も含まれているということです。 楽天カードは、毎月12日に請求金額が仮確定し、毎月15日 金融機関によっては20日 に請求金額が確定します。 その後楽天e-NAVIへと反映されますので、正確な情報が知りたい場合は、確定後に確認しましょう。 楽天カードのリボ払いについて注意すべきこと 楽天カードのリボ払いを上手に使うために注意すべきことは、以下のとおりです。 注意点• 毎月利用残高を確認しよう• リボ払いは限定的に使おう• キャンペーン申込みの際には内容をよく読もう 毎月利用残高を確認しよう リボ払いは、利用残高が増えても支払う金額がほぼ一定のため、毎月の利用額やリボ払い残高を把握しづらいという側面があります。 知らない間に使い過ぎ、残高が高額になっていたというケースも多く発生していますので気をつけましょう。 上述の通り、利用残高は楽天e-NAVIから確認することができます。 毎月必ず利用残高を確認することを習慣付けましょう。 リボ払いは限定的に使おう リボ払いであっても「お金を借りている」ことには変わりがないので、 リボ払いを利用する時には限定的に使用するようにしましょう。 リボ払いを多用するようになると、残高が膨らんだり手数料がかさんだりしがちです。 手元にお金がなく、どうしても必要な物があるなどやむを得ない事情がある場合や、ポイントキャンペーンに参加する期間だけなど、計画的に利用する必要があります。 キャンペーン申込みの際には内容をよく読もう 楽天カードでは、多くのキャンペーンが存在します。 しかし、 なか には知らない内に自動リボになっていたという声も多く、申し込みの際は内容をよく確認すべきでしょう。 登録すればどれだけのポイントが付与され、どれだけの金額をリボ使用すればポイントが付与されるのかを把握しておけば、解除のタイミングも計ることができます。 対して、同じ楽天グループの楽天銀行カードローン 楽天スーパーローン であれば、金利は実質年率で 1. 9〜14. 楽天銀行の申込条件は、「満20歳以上62歳以下の人 パート・バイト・専業主婦は60歳以下 」となっており、 毎月安定した収入があるか、専業主婦であれば、配偶者に安定した収入があれば申込むことが可能です。 そのため、リボ払いで支払いがかさむ前に、楽天銀行カードローンを検討するとよいでしょう。

次の

リボ払いカードの賢い使い方

楽天カード リボ払い 限度額

こんにちは。 今日はクレジットカードの話です。 私自身かなりぐうたらな性格ですので、絶対に支払いが滞ると思い若い頃は敢えて持たないようにしていました。 ある程度歳がいくとそうも言ってられない場面も多く、ネットショップではクレカじゃないと決済できない所もあるので限度額が安いカードを持つことにしました。 便利ですよね、クレジットカード。 まるで無限にお金が使える感覚がして、ついつい買い過ぎちゃいますね・・・。 自分が持ってるのは違うのですが、割と持ってるのを見るのが 楽天カード。 審査が緩いのが特徴で、無職でも余裕で審査が通るとか。 先ほど書いた通り、クレカを持ってないと異常に不便な時代ですので、 そういった意味では、非常に便利なカード会社ですね。 しかし、どうやらその楽天カード、 自動リボ払いという かなり悪どい商売をしてるようで。 以下がその被害にあった方のブログ記事です。 楽天カードによって身に覚えのない借金を背負わされた人がいる でも、なんとなーく気になるので楽天カードのアプリをまたいじってみた。 ら、なんか、99万9千ちょいの金額がある。 しかし、それが何の金額かはわからない。 いじり倒してみたけど、わからん。 わからんので、カスタマーセンターに電話してみた。 「お客様は自動リボをされているので」 は? 私、一括払いしかしたことないですよ (中略) 簡単に書くとこうだ。 私の楽天かードは2011年から自動リボになっていた。 自動リボになっていると、カードを使う時に「一括でお願いします」と言っても、 楽天内に入ったら、自動的にリボになってしまう。 自動リボは初期は月5千円。 しかし、額がたまってきたので、月1万に引き上げられていた。 そこに利息がついて、毎月2万ちょいの請求メールが来てた。 私は、楽天カードで高い買い物はしないので、そんなものかなぁと思っていた。 なぜなら、請求額の内訳なんて送って来ないからだ。 買い物をしたものはいちいちメールを送ってくるのに、 月支払いの請求額はどこまでが元金でどこまでが利息だなんて送って来ない [引用元] 引用先でも書かれている通り、 「たとえ店先で一括払いと言っても、楽天カードで設定したリボ払いがそのまま適用される」 というのが、楽天カードの悪どい商売の正体です。 他にも有名人の方でも、この詐欺まがいに引っかかってる人がいます。 あの勝間和代さんも楽天カードの策略に引っかかった!? そして今日、いつものように楽天で買い物をしたら、iPodだったのですが、 「限度額を超えているので決済できなかったので、カードを切り替えてください」 という連絡がショップからメールで来ました。 私はこのカードは楽天しか使わないので、そんなに1ヶ月で越えるような使い方はしていないし。 しかも、支払いも、毎回、一括払いにしているはずです。 よほどこのカードの限度額が小さいのかと思い、 とりあえず、オンラインでアクセスしてみたところ、とんでもない事実が。 これまでの利用明細を見ると、すべての支払いが「リボ」扱いになっているのです。 それは、このカードを作ったときに、特にこちらから支払い方法を「一括」と指定しないと、 いくら私がサイトその他で「一括」支払いにしても、 「自動リボ払い」とやらになって、月々、決まった額しか支払われないのです。 楽天の決済画面も確認しましたが、ちゃんと一括になっていました。 それをわざわざ、自動リボの設定をデフォルトで作っていて、 リボに回すプロシジャーになっているのです。 そしてその残額がちりちりとこの半年弱、積もっていって、限度額を超えていたのでした。 [引用元] いやいや、 「自分経済アナリストなんだからしっかりしてよ」と突っ込みたくなるような記事ですが、こういう方々も引っかかってしまうくらい楽天カードの自動リボ払いは巧妙で悪質な物なのです。 実際、消費者センターにも楽天カードと思しき被害が寄せられていて、 また楽天カードのみならず、この手口は様々なカード会社でも利用されているようです。 [参考] クレジットカード会社の自動リボ払いを防ぐ方法 でも、じゃあカードを使いません! って言っても、ただただ生活が不便になるだけなので、どうにかして詐欺まがいの手口から自衛しながらクレカを使い続けるしかありません。 そのための自衛の方法を少しだけ紹介しておこうと思います。 書面で請求書を取り寄せる まず、請求書はきちんと取り寄せること。 最近では「請求書の郵送を断ると、ちょっとだけ割引される」みたいなサービスを導入してる会社が多いですね。 あれはとんでもない罠です。 何故なら、会社にとって郵送代が浮くことは勿論、 このような事態が発生しても気付かれない為、長期にわたって顧客を勘違いさせたまま金を絞り続ける事ができるからです たとえ請求内訳はwebサイトで見られるとしても自発的にサイトに行かないと見られないwebサイトよりも、送ってきたら受動的に見てしまう郵送での請求書送付を選択したほうがベターです。 契約事項はきちんと確認する もう1つ、当たり前なのですが、契約事項はきちんと確認すること。 例えば、AppStoreやGoogleStoreで買い物をした時についてる契約事項なんかは、額が大した事ないので読むのも面倒かもしれません。 しかし、クレカのみならず、家だったり高価な物を買い物する時は絶対に契約事項を何度も読みましょう。 そして、読んでいる上で分からない事があれば必ず聞きましょう。 本当に当たり前の事なんですが、意外とこれを守れていない人が多い。 たとえ知識では、契約事項に変な事書かれて騙された老人などが居ると知っていても、いざ自分の番になってみれば、全く気をつけない人などたくさん居るのです。 それは上記のような楽天カードで騙された報告がたくさんある事からも、明らかな話なのです。 まとめ 今回は楽天カードを例にあげましたが、その他のクレジットカードでも同じ手法を取っているところは多くあります。 この機会に今一度確かめてみてはいかがでしょうか。 本当に本当に便利なクレジットカード。 だけど便利だからといって侮っていい訳ではありません。 ちょっと確認しすぎぐらいの具合で安全にクレカを利用していきましょう。

次の

楽天カードのリボ払い(限度額30万円)を利用して、現在30万円近くま

楽天カード リボ払い 限度額

大きなお買い物や旅行などを控えていて、クレジットカードを作ろうと思っているけれども どこのカードが自分に合っているのか全然わからない!というのはクレジットカード発行初心者なら必ず突き当たる壁ではないでしょうか。 そんな時にカード選びの参考にしてほしいのが、 発行するクレジットカードの限度額。 基本性能や優待サービスから自分にあった一枚を見つけたとしても、収入に見合った限度額が設定されていないと、すぐ 利用限度いっぱいになってしまったり、収入に対して 使いすぎてしまったりとクレジットカードを使いにくくなってしまいます。 そこで今回は、 年収ごとに選ぶべきおすすめのクレジットカードを限度額の観点からご紹介いたします! 合わせて年収別の限度額の平均値を目安でご紹介します。 この記事の目次はこちら• クレジットカードの限度額と年収の関係について クレジットカード(Credit Card)はその由来の通り、信用(Credit)を担保としてショッピングや支払いを代わりに行ってくれます。 クレジットカードの限度額とは 限度額との関係の深い、支払い能力のチェックポイントとは概ね以下の二つです。 安定した年収を得ていること• 契約時に懸念されてしまいそうな障害がないこと(多額の借金や未納経歴など) この二つの条件を満たしていれば、クレジットカードの発行自体は全く問題ないでしょう。 ただし、余程の人物でも無い限り、そうは言っても無制限に信頼をしてくれる訳ではありません。 年収が100万円の人に500万円の限度額が与えられることはありえません。 せいぜい30万円くらいが現実的にも限度と言うものではないでしょうか。 つまり、クレジットカードの限度額とは支払い能力を確認した上で 『この範囲までならあなたを信用していますよ』という数値とも言えます。 年収別の限度額の平均目安 ページ上部に年収別の限度額目安を記載しました。 これはあくまで、法律に基づいた包括支払可能見込額から算出した結果から現実的に可能と思われる金額をまとめた目安です。 もちろん実際にはコレよりも少ないということも多いということもあります。 そこで、少し具体的に包括支払可能見込額についてや限度額を決める要因となる要素を見ておきましょう。 包括支払可能見込額の算出方法 包括支払可能見込額とは、次の計算式から算出しています。 包括支払可能見込額=(年収・預貯金額)-(生活維持費)-(年間請求予定額) 年収・預貯金額については説明するまでも無いと思います。 生活維持費は、「生活維持費の算出方法」という法令によって決められているいわば、その人が生きていく上で最低限必要の費用のことですね。 具体的には以下の一覧表を参照してください。 世帯人数1人:90万円• 世帯人数2人:136万円• 世帯人数3人:169万円• 世帯人数1人:116万円• 世帯人数2人:177万円• 世帯人数3人:209万円• 世帯人数が一人の場合は一人暮らしです。 これを元に包括支払可能見込額は算出しています。 具体的な計算をしてみると、例えば、年収400万円で賃貸に二人で暮らしている人、なおかつ30万円の借入れが他社からある人だとこうなります。 包括支払可能見込額の計算例 400万円(年収)-177万円(生活維持費)-年間請求予定額(30万円)=193万円 この場合、限度額は最大でも190万円となります。 ちなみにリボ払いや分割払いの場合は、コレに90%を掛けた金額が枠として設定されます。 その他の限度額を決める要素 この他にも、以下の要素を考慮した上で最終的な限度額は決められます。 預貯金額• 住まいが持ち家か賃貸か(または家族による賃貸)• 今の住居で暮らしている年数• 勤め先の勤続年数、役職等• その他の金融機関からの借入れ状況• 配偶者や家族など生計をともにする人数• 他社を含むクレジットカードの利用状況• 過去に自己破産や未払いなどを行っていないか これらの要素と包括支払可能見込額から総合的に審査・判断して限度額は決められます。 それでは、自分の限度額の予想ができたところで、それぞれの年収別の限度額の中でおすすめのカードを紹介いたします。 年収はクレジットカード審査にも関係あり 年収が関係するのは限度額だけではありません。 そもそもクレジットカードを持てるかどうか、審査に通るかどうかも関わってきます。 審査で直接ハードルとなるのは年収より、収入がどのくらい安定しているかどうかです。 しかしゴールドカードなどステータス高めのカードは稀に年収の制限を設けています。 収入がない、もしくは安定しておらずクレジットカードの審査に通るか不安な人はこちらも参考にしてください。 おすすめしたいのは年収の半分を下回る程度の金額で、年収の半分以上となると限度額いっぱいまで利用した時に支払いが難しくなってしまいます。 また、大きなお買い物での高額利用というよりも、ちょっとした ネットショッピングやコンビニ、スーパーでの利用頻度が大きくなるため、限度額が高い必要性が無いというのも理由の一つです。 全体的に低めの限度額設定がされているクレジットカードと言えば、年会費が無料のカードです。 カード発行時に設定されている限度額(いわゆる初期与信)も 10万円から 30万円の物が多く、使い過ぎる心配も少ないカードが多いため、学生さんや兼業主婦のように年収が低い、あるいは不安定な方や初めてカードを発行するという方におすすめです。 年収100万円代の方におすすめのクレジットカードはこちら! 限度額低いカードでも作れない方はTカードプラスがおすすめ ポイント還元率の高いクレジットカードと言えばオリコカード・ザ・ポイント! 最大17. 最大10,000円までの高額ケータイ補償で故障や紛失を、購入から一年間補償してくれます! 顧客満足度7年連続No. 1の実績があり、高いポイント還元率からネットでも大人気の 楽天カードも年収100万円代の方におすすめのクレジットカードです。 ポイント還元系サービスに強く、審査難易度も低いため間口が広いクレジットカードのため、同じ楽天が経営を行っている楽天市場での ネットショッピングで最大7倍という高還元率を実現してくれるカードです! ネットショッピング以外でも加盟店での利用でポイント還元や、利用料金割引きなどのサービスも備えており、特にガソリンスタンドの エネオスで給油を行う際にはリッターあたり2円の割引きとかなりお得に利用可能なのです。 発行しやすく生活を全般的にサポートしてくれる楽天カードは少額利用の多い方におすすめの一枚です! 審査が不安ならACマスターカードをおすすめします 年収300万円迎えたら限度額グレードアップの目安 恐らく社会人二年目、三年目の方ですと 300万円ぐらいの年収になっていると思いますし、徐々に金銭的な余裕も出てくる頃ではないかと思います。 以前に比べると大きなお買い物や旅行に出かける機会も増え、生活水準も上がっているでしょうから限度額が足りず、これまでのクレジットカードでは使いにくいと感じている方も多いのでは無いでしょうか。 このくらいの年間収入をお持ちの方ですと、2桁万円代後半から100万円の大台に乗っても問題なく利用できると思いますので、 審査基準の高い銀行系カードや機能が充実しておりメインカードにおすすめしたい年会費の必要なカードも射程圏内に入ってきます。 年会費無料のものに比べると若干審査難易度もあがり、ハードルが少し上がってしまう銀行系や年会費のかかるクレジットカードですが、その分 優待サービスが充実しているため日々のあらゆるシーンで役立つ機能が満載です。 年収300万円代の方におすすめのクレジットカードはこちら! ポイント還元率が高いJCB CARD W 国際ブランドJCBの一般カードであるJCBオリジナルシリーズの通常カードも 限度額が高めに設定されており、日々のお買い物から海外通販まで使いやすいクレジットカードです。 年会費無料のクレジットカードに比べると若干審査難易度はあがりますが、 どんなライフスタイルの方でも使いやすいのがJCB一般カードの特徴です。 VISAやマスターカードに比べると世界的にはシェアが少ないJCBですが、日本唯一の国際ブランドだけあって 国内での使いやすさは抜群! 限度額も20万円から100万円までとかなり幅広く、利用実績によっては100万円を越えた限度額が設定されることもあるため、普段よくネットで通販を利用するという方や高額商品を購入することが多いという方にも安心です。 一時増枠にも対応していますので、例えば長期の海外旅行でクレジットカード利用が多くなるような時や高いお買い物を控えているという時には、JCBに連絡することで 限度額を増額してもらうことが可能です。 ただし、一時増枠は原則として一回払いのみになりますので分割やリボを考えている方は注意して下さい。 ハイステータスカードは年収500万円から! 年収500万円と言えば家庭を持てるぐらいの収入ですから、 支出金額も大きくなってきていることでしょう。 特に家族の中で家計を預かる人が出てくると、その人に家族カードを発行して日用品のお買い物をすべて賄うという状況も増えてきます。 そうすると 限度額も200万円から300万円程度のクレジットカードを持つべきですし、候補となるカードは殆どがゴールドカード以上のハイステータスカードです。 支払いだけではない、とても充実したゴールドカードの性能で日々の生活を彩りましょう! 年収500万円代の方におすすめのクレジットカードはこちら! 最高のステータスを誇るアメックスゴールドは限度額が非常に大きい 最初に与えられる限度額(初期与信)こそ少ないものの、 デポジットというシステムを利用することでアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの限度額は 1,000万円以上にあげることができます。 初期与信として与えられる限度額は大体どなたも 100万円前後になっているようです。 ゴールドカードで100万円前後というと人によってはかなり使いづらいと思われるかもしれませんが、アメックスゴールドカードは前月の利用金額を参考にして、 少しずつ限度額を上げていってくれる仕組みになっています。 アメックスゴールドの限度額は他のカードに比べて自分の収支状況によくマッチした金額に設定されるものの、かなり 短いスパンで流動的に変化していきます。 電話等で確認をすれば現在の限度額を教えてくれて、限度額が低い場合には 事前に不足分を入金しておく「デポジット」という方法でクレジットカード決済が可能です。 手持ちに不足分のお金が無いと難しいですが、いざという時に役立つサービスではないでしょうか。 さて、気になるアメックスゴールドの最高限度額ですが、このデポジットシステムと流動的な限度額上限のおかげで 基本的には上限無しと設定されています。 遅延等無く支払いを行っていれば1,000万円以上の支払いも可能になってしまうというクレジットカードなのです! 上手く使えば青天井の限度額が手元に欲しいというヘビーなクレジットカードユーザーは 要チェック! 三井住友VISAゴールドカードも使い勝手が良くて限度額最高200万円 審査や発行される方の収入状況によって変わるのですが、JCBゴールドカードの限度額は最高で300万円と言われています。 収入が500万円前後で300万円の限度額ですと若干使いすぎが恐い気もしますが、それでも突然大きな出費が必要になった時に、十分対応出来る金額が最高額として設定されているのは非常に心強いですね。 日本で唯一国際ブランドとして認められているJCBが発行しているゴールドカードだけあって 機能面での充実は文句なし、特に国内利用においては旅行付帯の金額や利用可能店舗の多さを考えても、大変使いやすいクレジットカードだと言えるでしょう。 家族カード年会費も一枚目は無料になっていますので、高いステータスでありながらなるべくお得に使いたいという方にもおすすめの一枚です。 法人主・個人事業主は年収関係なくビジネスカードがおすすめ 限度額を気にしている 事業主の方は、その年収に関係なく、ビジネスカードを作ってください。 ビジネスとなると通常のクレジットカードではまかないきれないくらいの金額を使いますよね。 ビジネスカードは 十分な限度額だけではなく、ビジネスに役立つ様々なメリットがあることで、多くの会社で利用されています。 その一つが追加カード。 カードを本人以外にも複数枚発行できるので、役員や社員に配ることが出来ます。 カードを配ると、便利になるのが、経費精算です。 いちいちいくら使ったかを会社の口座に振替える手間がなくなります。 従業員や経理がより生産性のある業務に取り組むことが出来ます。 さらにカードによっては、弁護士サービスや、空港のビジネスラウンジ無料使用、コンサルサービス、コンシェルジュサービスが付帯しているものもあります。 これらの特典はレベルの高い法人カードに多いですが、 時間をかけて限度額を上げ、クレヒスを育てていくことで上位カードへのインビテーション(招待状)がもらえます。 ぜひ早くカードを発行して、クレヒスを育てましょう。 ここからは 限度額や質を意識した、高いレベルの法人カード、ビジネスカードに絞って紹介していきます。 コスパ最強のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード 起業したて、規模が小さな会社でも大丈夫! 1年目でも作りやすい法人カードです。 日本の会社なら、日本を代表するブランドのJCBでカードを作るべきではないですか? 商談の支払いの際、 取引先に見られるときもJCBのならとりあえず信用出来るとみられます。 JCB一般法人カードの魅力は、 圧倒的なコストパフォーマンスです。 年会費は1,250円ながら、JCBのブランドを誇示できて、追加カード(有料)やETCカードが無制限に発行でき、海外旅行保険も最大3,000万円付帯しています。 初年度は年会費が無料なので、 法人カードをお試しで使ってみる法人主にもおすすめです。 日々の利用でポイントが貯まるので、少しでもお得に、また コストを抑えようとしている法人主さんにはおすすめの1枚です。 年会費も安いので初心者向けの法人カードともいえるでしょう。 限度額は10万円~100万円ですが、限度額を意識している法人主の方は、その上位カードであるJCBビジネスゴールドカードを発行するのがおすすめです。 その限度額は50~250万円で、法人主の信用によって定められます。 ここからは 限度額や質を意識した、高いレベルの法人カード、ビジネスカードに絞って紹介していきます。 海外出張が多い法人主ならアメックスビジネスゴールド 法人カード界で、有名なカードといえばこのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードでしょう。 アメックスブランドのカードなので、 世界中で使いやすく、サービス、スペックも最高峰です。 単純に 持っているだけでかっこいいです。 空港ラウンジ無料サービスや、最高1億円が自動付帯する高額旅行保険ももちろんついています。 さらに東京駅から23区内の宿泊先の宿まで、スーツケースを当日無料配送してくれるサービスもあります。 重い荷物がなければ、 今の出張がもっと楽になりますよ。 限度額はありません。 ないといっても無限に使えるというわけではなく、カードの所有者の信用に合わせて適宜変わります。 その人、その会社にあった 適切な限度額を設定してくれるので、限度額一杯になってしまうということは滅多にありません。 もし、高額な取引をする場合は、事前にカード会社に連絡を入れておくと、だいたい限度額を上げてくれます。 それは一時的の限度額アップではありますが、しっかり利用と返済を繰り返していくと、だんだん限度額は上がります。 一流のサービスを受けるだけでなく、限度額アップのためにも アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードを早めに申し込むことが会社のためにもなります。 初年度は年会費無料なので、ぜひその最高峰を味わってみてください。 ちなみに 年会費は経費で落とせますよ。 一般VIP向けのラグジュアリーカードのブラックカードですが、 法人としても申し込む事ができます。 ラグジュアリーカードの1番の魅力は、 世界中どこでもVIP待遇されることです。 世界100以上の空港ラウンジサービスはもちろん、無料のハイヤー・リムジンサービス、世界3000以上のホテル・リゾートで 部屋を無条件でアップグレードできます。 さらに、ハイステータスカードの代名詞でもある 「コンシェルジュサービス」も24時間365日専門コンシェルジュが対応してくれます。 ブラックカードの限度額は300~500万円といわれていますが、実際には、法人主の信用で大きく左右されるので、明言はできませんが、法人カードとしては優れたカードです。 サービスもさることながら、カード自体が金属製で重量感があり、 見た目や触ったときのインパクトは他のカードとは段違いです。 支払いのときにちらっと見せれば、 「触らせて欲しい!」と話も弾むはずです。 金属製カードには、 会社名を彫ってもらうことができるので、かっこいいことこの上なしです。 年会費は10万円とVIPな価格設定ですが、 法人カードの年会費は経費で落とすことができます。 せっかくなら高くて上質なカードを発行して、税金対策した方がお得です! 2019年夏から直接申込ができるようになった、アメックス・プラチナカード。 なんと 年齢制限がないので、たとえ20歳だとしても安定した収入があれば発行することができるようです。 実際に20代前半でカードを発行できた例もあるそう。 しかし年会費は 13万円+消費税と、かなりの高額です。 しかしその分ステータスと豪華な優待をゲットすることができます。 アメックスはそもそも「限度額」という概念がないです。 このプラチナカードはその中でも上位カードなので、事前に連絡さえすれば車を1台購入するくらいの金額をカードで支払うことができる可能性もあります!高額な買い物が多い方、海外によく行く方には非常におすすめです。 コスパ最強のJCBプラチナカード 見るからにギラギラのプラチナカードは嫌だけど、限度額は高く設定したい…そんな方におすすめなのが国産JCBのプラチナカード。 見た目はプラチナというよりブラックカードですが、そのぶん支払いの際に出してもスマートな印象を与えられます。 24時間使えるコンシェルジュデスクや、国内外1,200以上の空港ラウンジが使える プライオリティパスなど優待が充実。 こうしたハイステータスな優待だけでなく、下記のような日頃から使えるポイント優待が多いのもJCBならではの魅力です。 ・スタバカードへの入金でポイント10倍 ・Amazonとセブンイレブンでポイント2倍 ただしJCBカードは年収の審査が他カードよりも厳し目だといわれています。 年収1,000万円超えてからの申込が無難かもしれません。 年収が高くなる見込みならインビテーションを待とう 年収500万円を越えていて、ついに1000万円の大台に乗るという方は、 生活における利用金額も随分高額になっているでしょうから、それに見合ったカードを利用しましょう。 対象となるカードはゴールドカードよりもさらに上、 プラチナカードやブラックカードと呼ばれる超ハイステータスカードです! 一部新規申し込み可能なカードもあるのですが、基本的には下位ランクのカードを利用し続けることで、カード会社から インビテーションを受け取り発行します。 その限度額は低くて300万円ほどから始まり、高い限度額になると「 特に設定していないので、高額のお買い物をする時には連絡をください」というカードも存在しているのです。 見る人が見ればひと目で特別だとわかる、まさに 年収1000万以上に相応しい超ハイグレードカードなのです。 インビテーションでしか手に入らない、超ハイステータスカードはこちら! 楽天ブラックカードは年収よりも利用金額が重要 楽天グループが発行している楽天カードと言えば、審査ハードルが低くて作りやすいカードというイメージがありますが、高いステータスのクレジットカードも用意されており、最高ランクの物が 楽天ブラックカードです。 実は、ブラックカードと言いつつもランク的にはプラチナカードであり、さらに年収よりもどれだけカードを利用して取引をしたかの方が重要視されています。 しかし、取引量については 年間500万円以上が目安となっているため、やはり年収1000万円以上はないと達成が難しいでしょう。 限度額は最大で1,000万円、ちょっとした車なら買えてしまうというのは驚きですね。 こちらは インビテーション専用カードになっているので、まずは下位ランクの楽天プレミアムカードか楽天ゴールドカードを利用してインビテーションを待ちましょう。 JCB THE CLASSは入手難易度非常に高いカードです JCBが発行を行っているブラックカードもステータス性が高く、あこがれの一枚ですが、 入手が非常に難しいことで有名です。 他のブラックカードと同様にインビテーション専用カードなのですが、下位ランクの JCBゴールド・ザ・プレミアカードもインビテーション専用のため、最短でも2つ下のランクであるJCBゴールドからランクアップしていかなければいけません。 そのため、どうしても発行まである程度以上の時間がかかってしまい、入手難易度が高いと言われているブラックカードです。 限度額は 初期与信でも400~500万円、最大金額となると見当もつきません。 国内で発行されているカードの中でも最高峰のクレジットカードだと言えるでしょう。 最後にご紹介するのはハイステータスの代名詞、アメリカン・エキスプレス・カードの中でも最上位に位置する アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードです! 当然ながら新規申し込みは不可能で、最短でも2つ下のランクであるアメックスゴールドからランクアップする必要があります。 さらに、限度額の設定は存在せず、高額な買い物の際には連絡を入れてくれと言われるだけなので、 嘘か本当か数十億の絵画も購入できるという情報もあります。 年会費は驚愕の35万円ですから、これだけの金額を年会費として払える人というのは、やはり 年収1000万円レベルじゃないと難しいでしょうね。 持てるものならいつか保有してみたい、憧れのブラックカードではないでしょうか。 クレジットカードの限度額を超えるとどうなる? もしクレジットカードの利用が限度額を超えてしまうとどうなるのかについて、基本的な知識を知っておきましょう。 当たり前ではありますが、限度額を越えてクレジットカードを利用することは出来ません。 30万円と設定されている場合であればそのカードは1円たりとも超えて利用することは出来ないのです。 例えば、30万円の限度額で20万円の利用がすでにある場合の残りの利用可能額は次の通りです。 30万円(限度額)-20万円(債務)=10万円(残りの利用可能額) 次の引き落とし日を経るまでこの利用可能額は減ることはありません。 利用限度額を確認する方法 まずは自分のクレジットカードが後どれくらい利用できるのか、確認する方法をまとめておきます。 引き落とし日や支払予定金額の確認もこちらから出来ます。 毎月の明細から確認する(書類郵送の場合)• 会員サイトのWeb明細から確認する• アプリで確認する• 電話で問い合わせる 最近のクレジットカードの多くは利用者専用の会員サイトがあります。 インターネットにつながる環境さえあればパソコンでもスマホでも確認することが出来るので便利です。 会員サイトの利用には事前に設定したパスワードが必要になりますので、もしわからない場合は電話で問い合わせてしまうことが無難でしょう。 限度額を上げる方法と支払いを遅延しないための方法 限度額を上げる方法 結婚式や旅行など予期せぬ出費や大きな買い物をしたい場合、限度額をどうしても超えてしまうことがあります。 その場合、通常であれば限度額以上の利用をすることは出来ませんが、次の方法で対応することが出来ます。 利用限度額の増枠申請をする• 一時増額金額を利用する• 会員サイトからであれば24時間受け付けていることが多いですが、電話や店頭の場合は営業時間が限られていますので注意が必要です。 増枠申請の際には再度審査が必要となります。 通常であれば1日~1週間程度かかることもあるので、ある程度予定を見越して申請をする必要があります。 一時増額金額は、設定されている基本利用限度額の枠が増枠するというわけではないので注意が必要です。 支払いも基本的に一回払いで、ショッピングのみの利用となりますのでキャッシング枠での利用は出来ないなどの制限もあります。 ただし、利用がすぐに出来るメリットがありますので、お急ぎの方はこちらを利用すると良いでしょう。 引っ越しの際や結婚式、海外旅行の支払いなどで非常に便利です。 申し込みをする際は会員サイトまたは電話から行えます。 会員サイト経由の場合は、即時対応から利用できますので、急ぎの場合はこちらを利用すると良いでしょう。 電話の場合でも即時対応が可能な場合もありますが、一方で数日間の時間が必要となることもありますので、注意が必要です。 ACマスターカードなどは即日で発行が出来るので通常の増枠申請よりも早く使えることも十分あり得ます。 他にも即日発行可能なクレジットカードは実はたくさんあるのでチェックしてみてください。 支払いが遅延しそうになった時の対処法 大きな金額を利用すると今度はそれだけ支払いを行わなければなりません。 とは言え、限度額いっぱいまでの利用を仮にした時にはかなりの金額になってしまいます。 しかし、そこで遅延してしまうと信用情報に傷がつき今後のあらゆる金融商品の利用で不利になります。 (住宅ローンなど) そこで、支払いが遅延しそうになった時の対象法をまとめておきます。 分割払いに切り替える• リボ払いに切り替える• 後から分割にしとけば良かったと思うかもしれませんが、カードによっては後から分割払いに変更することも出来ます。 変更する場合は、会員サイトまたは電話で申請出来ます。 ただし、分割払いの場合は、2回払いまでは手数料がかからないことが多いですが、それ以上の回数になると手数料がかかってしまうので注意してください。 コレなら無理をすること無く支払っていけるのでお金に余裕がない時に利用する人が増えています。 しかし、リボ払いの場合は、リボ払い残高を支払い終えるまでその枠が固定で抑えられてしまうのと利息がかかるので注意です。 リボ払を利用している場合の利用可能額例 30万円(利用限度額)-5万円(通常引落金額)-6,000円(リボ払い分&利息)=15万円(利用可能額) リボ払いや分割払いは支払い額が小分けになるので瞬間的な負担が少ないとは言え、支払いを終えるまで枠が縮小してしまうのが難点です。 仮に10万円の金額をリボ払いにして5,000円ずつの支払いを行う場合は、全部で20回、1年と8ヶ月もかかってしまいます。 しかもその金額に対しては18%程度の利息がかかるデメリットもあります。 そんなときは、リボ払いの残高を臨時返済しましょう。 通常の定額返済分に加えて好きな金額をまとめて返済出来ますので、ボーナスなど余裕が出来た時にまとめて燔祭してしまうことで損益を減らすことが可能です。 もちろんその分後で返済しなければならないので一時しのぎにしかなりませんが、信用情報に傷がつくよりはマシです。 年収を書くときは手取り?それとも額面の数字? カード審査の際に年収記入欄がありますが、記入するときに悩むのが手取りの金額か、額面の数字なのか、はたまた交通費など手当て込みでもいいのか。 結論としては、もろもろ含めた年収の記入で問題ありません。 そのため人によっては手取りよりも数十万~百万円程度高い数字を書くことができます。 年収で嘘をついたらバレるの? 数十万円多く年収を記入するくらいなら、審査会社にバレないというよりも「問題にならない」ので構いません。 しかし百万円以上の水増しはほぼ確実に審査会社に怪しまれます。 たとえば年収100万円の人が審査の際に250万円と記入した場合、おそらく本当に250万円稼いでいる人よりも信用情報(お金の支払い)がかなり少なくなりますよね。 すると審査会社は、この人の信用情報に問題があるのではないかと怪しみます。 結果、勤務先の確認や住まいの確認などをされて審査に落ちてしまう可能性が上がります。 なるべく嘘はつかず、自分の収入に見合ったクレジットカードを選ぶのがおすすめです。 安定した職業についていれば、現在の収入が少なめでも限度額を上げてもらえることは十分にありえます。 新入社員はいつの収入を記入すればいいの? まだ入社したばかり、転職したばかりだとどうやって年収を計算すればいいのかわかりませんよね。 その場合は現状もらっている月給に12をかけた数字をざっくり記入してください。 限度額が勝手に上がってた!使いすぎが怖いから戻したい クレジットカード会社はお金がある人にはカードをどんどん使ってほしいため、利用状況が良いと利用者の許可をとらずに勝手に限度額を上げることがあります。 この場合もし限度額を戻したい場合はカード会社に連絡して、限度額を下げてもらう必要があります。 面倒ですが仕方ないです。 その際、今後は勝手に上げないようにと伝えておくと安心ですよ。 カードの限度額は年収に合わせて考えましょう クレジットカードを選ぶ際の基準として限度額は重要な要素ですが、限度額は 発行後もある程度までなら増減が可能になっていますので、今回紹介したカード以外は適していないというわけではありません。 基本の性能や機能、得意とする分野が生活様式に合っているかどうか、というのも非常に大切ですので、 性能やランクアップの道筋を考えて、発行するカードを選びましょう。 また、年収が少なくて審査に通るかどうかが怪しいという方は下記ページでクレジットカードを審査難易度別に紹介しています。 こちらもぜひチェックしてみてください。

次の