関口くん。 関口しんじ (せきぐちしんじ)とは【ピクシブ百科事典】

はまじ&ブー太郎&関口くん|ちびまる登場人物

関口くん

(C)まいじつ 5月10日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に、プロサッカークラブ『ガンバ大阪』の元日本代表・遠藤保仁がリモートで生出演。 司会の関口宏が遠藤へ繰り出した質問の内容に、視聴者から批判の声が相次いでいる。 この日、遠藤はスポーツコーナーにゲストとして登場。 新型コロナウイルスの影響で中断している『Jリーグ』の話題などに触れたのち、関口から現在40歳になる遠藤へ「年齢が気になりません?」といった質問が。 遠藤は「サッカー界だったら大ベテラン」と切り出し、「コンディションはしっかりしていきたいと思います」と返答した。 すると関口は「っていうことは、来年以降もやる気でいらっしゃいますね?」と疑問を投げかける。 遠藤は少し間をおいてから、「まぁ一応気持ち的には、やりたいなと思っています」と回答するのだった。 また「引退される方々はやっぱり足の衰えから、そろそろかなと思うのかな?」と聞かれると、遠藤は「たぶんそこも大きな要因だと思います」と同意。 しかし関口から「じゃあ遠藤さんはまだその心配はないと?」と追撃されると、「まだまだ頑張りたいと思います」と意欲的な回答をしてみせた。 誘導尋問のような質問の数々 まるで〝引退〟を煽りて立てるような関口の質問に、サッカーファンからは怒りの声が続出。 ネット上には、 《遠藤選手の歳を聞いて何を言わせたいのか? 引退勧告? 余計なお世話だろ》 《恥ずかしいレベルのインタビュー内容。 返答に困る遠藤選手を見てこっちが気分悪くなった》 《関口宏、遠藤選手へ露骨な誘導だったな。 見ていて不愉快だったよ》 《出演させておいて失礼な対応、遠藤選手怒っていいよ》 《遠藤には1日でも長く現役でいてほしい。 関口には1日でも早く引退してほしい》 などと批判の声が続出している。 また関口の質問に終始落ち着いた様子で答える遠藤には、 《遠藤選手、大人の対応ですね。 流石です》 《遠藤ナイススルー!》 と絶賛の声が上がっていた。 失礼な質問を華麗にスルーしたように、遠藤にはこれからも華麗なボールさばきで活躍してほしいものだ。

次の

となりの関くん

関口くん

仕事が出来て男にも女にもモテるイケメンエリートだが、 「鈍感・受け身・器用貧乏」の三重苦がたたって、どこかピントのずれた人生を送ってきた。 一念発起した関根君が向かったのは、小さな手芸用品店。 編み目を数えるうちに思い出すのは、過去の忌まわしい記憶と、数音先輩の細い細い身体の感触……!? そして出会った手芸屋の孫娘・サラ。 ついに関根くんの恋が始まる……かも。 2009年、「河内遙デビュー・4社合同フェア! 」で颯爽とマンガ界に登場した河内遙。 続く2010年は「河内遙5社リレーフェア! 」開催と快進撃を続け、更なる人気と注目を一身に集めている。 読めば読むほど虜になる独創派・河内遙、待望の最新刊! 独特な画風だとは思いますが、上手い(画力が高い)と思います。 定規を使わない線、着ている服のしわとか輪郭とか、体の線とか、絵の上手い人がさらっと描いた感じ。 話の運びはまるでフランス映画を観ているよう。 人と人が間接的につながるというか、一筋縄では繋がらないというか、イケメンでモテ男なのに自分から好きになった相手には人一倍不器用になってしまう関根くんの、その苦悩する姿をずっと見ていたくなるような、つまり、単純なBoy Meets Girl のストーリーだと、ハッピーエンドまで突っ走って見て、ゴール!ってかんじですけど、この話はなるべくならゴールを引き延ばして、途中水分や栄養補給をしながらも、苦しげな表情で走り続けるマラソンランナーを見ていたい、そんな気分にさせる作品です。 眉間のしわがセクシーで。 この作者さん、オトナです。 性格的に不器用なヒーローの恋愛話が読みたくて購入。 実際読んでみるとまあ不器用と言えば不器用なのかもしれませんが、ジャイアンに逆らえずいじめられるのび太のように、女性に迫られると断れず寝てしまう三十路に片足突っ込んだ性格的にダサい大人だと思います。 主人公の関根君が女子ホイホイのようなビジュアルらしいですがそれが全く分からず(せめて髪型だけでもイケメン風にして欲しかった)エロ描写も不快感があり、読み進めれば分かるかなと最終巻まで読みましたがやっぱり分かりませんでした(顔が良くても愛想が無くウジウジした性格だと大人社会ではむしろイタい人なのでは…)。 内容的にも回りくどさを感じたので、チャラ男が初めて恋をするような単行本の方がすっきり読めたかも。

次の

関口くん(竜輝さんの創作っ子) / うちのこまとめ

関口くん

のクラスメイト。 趣味は外で遊ぶ事、くじ引き。 やんちゃな性格の悪ガキ。 まる子にケガを負わせたり、をいじめたり、神谷先生に反発したりしたが、根っからの悪ではない。 いじめられっ子の1年生を助けたり、火事で落ち込むを励ますなど、優しい一面もある。 自転車に乗るのが得意で、本人いわく目をつぶっても運転できると語っていた。 最初は自転車に乗れないまる子をからかっていたが、最終的にはまる子の自転車の練習に付き合ってあげた。 クラスでは、とB級男子トリオというグループを結成している。 個性的なクラスメイトが多いため、自分が無個性である事を気にしている。 持ちギャグは「せきぐチーズ」。 余談 もとは読み切り作品「5月のオリエンタル小僧」のキャラクター。 第1期ではレギュラーとして定着しており、クラスの男子の中では花輪クン、に次ぐ存在だった。 しかし、第2期からは出番が徐々に減っていき、主要キャラの集合シーンに登場しない事もある。 担当声優・津久井教生さんは、最近の出番は「隙間を埋めるような感じで出演することが多い」と語っている。 ドラマ版ではエキストラとして扱われており、たかしくんをいじめる役割はに変更された。 また、第1期ではと意見が合う事が多く、に「よっ御両人」とからかわれた事もあった。 第2期初代EDでは2ショットで見つめ合うカットもあったが、最近は絡みがない。

次の