コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌。 コロナウイルスにノンアルコール除菌シートは効果なしですか?Amazon...

新型コロナウイルスに効くアルコールの種類

コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌

こんにちは。 Jewelです。 先日、普通に販売されている「ハンドクリーンジェル 300ml 」が、容器に貼付してあるラベルに「ハンドクリーンジェル Hand Cleaning Gel 手指用洗浄ジェル アルコール71%配合」と表示されているにも関わらず、 実際は、アルコールの配合割合は、71パーセントを大幅に下回っていた事実が発覚、大きなニュースとなり、多くの方が、「それはひどい!」と思われたかと思います。 私自身、今までは、除菌殺菌洗浄ジェルなどは1本家にあるかないくらいでしたが、最近は家に常備し、ネットでも洗浄ジェルを探す際に「アルコール〇〇%配合」かを気にして、弱アルコールとか書いてあるとこれでは、効果がないのかな、、、 などと不安になることがありました。 アルコール入りの手指の洗浄ジェルはコロナの影響で購入される方が増えたかと思いますが、 今回は、アルコール濃度がどのくらいあれば今回のコロナ対策に有効なのか、大学の研究結果を元に解説していきたいと思います。 コロナに有効なアルコール濃度は? 一般的な殺菌(除菌、消毒)に最適なアルコール濃度 現在、細菌などの菌類の殺菌や様々なウィルスの抗ウィルスに有効なアルコールの濃度(度数)は、 日本薬局方(局方): 76. 9~81. 5~71. WHOのガイドランと日本薬局方で随分差がありますね。。 そこでこの差を検証した研究があります。 2019年の実験では、殺菌・抗ウイルス効果をもたらすエタノール濃度が、 WHOの指標の数値では一部効果がない細菌やウィルスもあるという結果が出ています。 死滅させたい菌やウィルスによって有効なアルコール濃度が異なるので、全て同じアルコール濃度のもので対処していても意味がないわけです。 例えば300mlのジェルに対するアルコール濃度のことを言います。 エタノールとアルコールの違い エタノールはアルコールの一種となります。 アルコールには色々な種類がありますのでアルコール=エタノールという訳ではありませんが、消毒を目的としたエタノールは消毒用アルコールで間違いありません。 エタノールの濃度は、商品に記載されているアルコール〇〇%と同じ意味となります。 コロナを退治することを殺菌、除菌とは言わない 新型コロナウィルスは名前の通り、「ウィルス」です。 ウイルスには「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」の2種類が存在し、ウイルスが膜状のものに包まれているか包まれていないかの違いで分けられています。 コロナはエンベローペウィルスで、膜状の物に包まれている状態です。 そして、このエンベロープウイルスは、アルコールなどの消毒剤で膜を破壊し、ウイルスにダメージを与えることができるのです。 このダメージを与えた状態のことを、「抗ウィルス効果があった」、「不活化効果」があったといいます。 「殺菌」はその名の通り、 「菌」を殺すことを指します。 ウィルスと菌(細菌や真菌など)はそもそも構造も感染の仕方、増殖の仕方なども違うため、全く別物なのです。 なので、ウィルスを殺菌した、除菌したとは言わないのです。 つまり、コロナの不活化(死滅)にはエタノール(アルコール)の濃度が50%以上のジェルやスプレーなどであれば効果が見込める可能性があるという事です! 1分間手指にゴシゴシジェルを揉みこむイメージでしょうか。 コロナ対策に有効な手指消毒のアルコール度数 いつも70%以上のアルコール濃度の除菌ジェルやスプレーを探してしまっていましたが、 コロナに対しては50%以上で効果があるかもしれないとなると、選択肢が広がって安心ですね。 あまり、アルコールが強いと肌によくないと考える方もいらっしゃると思いますので、自分の肌に合った効果があるものを使って行けるといいですね。

次の

コロナウイルスにアルコールは効かない?消毒エタノールの効果に除菌スプレーの効果は?

コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌

新型コロナウイルスやインフルエンザなどが話題になっているなか、ウイルス対策としてWHOや厚労省では手洗いに加えてアルコールを使った消毒を推奨しています。 ところで、アルコールでウイルスが消毒される理由をご存じでしょうか。 インフルエンザをはじめとするウイルスにはアルコールが有効ですが、実はウイルスの中にはアルコールを使っても消毒にならない場合もあります。 そこで、ウイルスにアルコールが有効な理由と、手のアルコール消毒の方法に加え、アルコールが効かないウイルス対策についても、久野銀座クリニックの岡村信良先生に伺いました。 アルコールがウイルスに有効な理由は? ウイルスは大きく分けて「エンベロープ」という膜を持つものと、膜を持たないものの2種類があります。 アルコールが効くかどうかは、ウイルスがこの膜を持つかどうかによって決まります。 アルコールが効くウイルスについて まず、エンベロープを持つウイルスについて岡村先生に話を伺いました。 「ウイルスは細胞内のみで増殖が可能です。 ウイルスの一部には『エンベロープ』という膜があり、この膜によって他の細胞に侵入します。 そのため、『エンベロープ』という膜が壊されれば、増殖できなくなり、感染力を発揮することができなくなります」 エンベロープを持つウイルスの主な例として下記が挙げられます。 エンベロープは大部分が脂質で構成されているため、アルコール以外でも、石鹸を使うといったことでも膜を壊せるので、有効なウイルス対策になります。 新型のコロナウイルスには効く? 新型のコロナウイルスに対しては、効果が見込めるのでしょうか? 岡村先生は「新型のコロナウイルスもエンベロープを持つタイプのウイルスです。 そのため、アルコール消毒が有効です」と話します。 人に感染を起こす同様のコロナウイルスは6種類が確認されていますが、この中には「中東呼吸器症候群(MERS)」や 「重症急性呼吸器症候群(SARS)」などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも存在します。 残りの4種類のコロナウイルスに関しては、一般的な風邪の原因の10〜15%(流行期は35%)を占めています。 いずれも「コロナウイルス」のため、アルコール消毒が有効です。 消毒の使い方・量はどのくらい使うべき? アルコール消毒を使用するタイミングもやはり大事になってきます。 岡村先生は「外から室内に戻ったあと、調理の前後、食事の前、トイレの後などに消毒をしましょう」と話し、感染する可能性のある場所を想定して、アルコール消毒を用いることをすすめてくれました。 続けて、アルコール消毒の正しい使い方についても教えてくれました。 「一般的なスプレー式のアルコール剤は、1プッシュ約3ml ジェルタイプは1回量2ml目安 なので、1プッシュを手に取ります。 手の水分をしっかり取ってから、アルコールを手指から手首まで隅々と、揉み込んですり込ませるよう、まんべんなくつけ、乾燥させます」 あわせて、アルコール消毒を使う際の注意点も伝えてくれました。 「濡れた手でのアルコール消毒は、アルコール濃度が薄まってしまうため、効果が薄まります。 また、アルコールの量の目安として、アルコール消毒液を吹きかけ、15秒以内で乾く量は、消毒効果は薄いとされています。 ドアノブやテーブルは、ペーパータオルなどにアルコール消毒液を含ませて拭き、自然乾燥させましょう」 アルコール消毒が効かないウイルスの予防策 ウイルスのなかにはアルコールが有効でないウイルスも存在しています。 アルコールが効かないウイルスに共通しているのは、「エンベロープ」を持たないウイルスであるという点です。 このウイルスについて、岡村先生に話を聞きました。 「膜のないノンエンベロープウイルスは、アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いため、塩素系漂白剤で消毒する必要があります。 経口感染のポリオウイルスや、経口感染、糞口感染、血液感染のA型肝炎ウイルスは、一般的なアルコール消毒では効果が期待できません」 しかし、その一方でこんな話もしてくれました。 「ただ、近年はノンエンベロープウイルス(ノロウイルスやロタウイルスなど)にも有効な酸性アルコール消毒剤もあります」 購入する際には事前に確認するようにしましょう。 アルコール消毒が効かないウイルスに感染した場合には アルコール消毒をしていてもウイルスに感染してしまった場合、どのように対処したら良いのか解説してもらいました。 「感染ウイルスによって異なります。 ノロウイルス、ロタウイルス の場合、特効薬はないので、対症療法です。 主には水分と栄養の補給を行います。 また、次亜塩素酸ナトリウムなどを用いて、嘔吐した場所や触れた場所など身の回りを消毒します。 ポリオウイルスの場合は、鎮痛薬と解熱薬を使い、安静に過ごします。 看病する方はビニール手袋や使い捨てエプロン、マスクなどの感染対策をし、看護の前後は手洗いをしっかりしましょう」 アルコール消毒が効かないノロウイルスをはじめとするウイルス性食中毒の場合は感染経路の特定が重要です。 食品だけでなく、感染者の便や嘔吐物の中に大量のウイルスが存在するため、汚物の処理のときなどに手にウイルスが付着します。 この手を経由して、蛇口や洗い場にもウイルスが広がるため二次感染につながります。 看病をする人もしっかりと対策をするように心がけましょう。 そのほか消毒として使える身近なモノは? 岡村先生には、アルコール消毒以外で同様の役割を持つ方法がないかも尋ねました。 「石けんを用いて流水でしっかりと手洗いすることが大切です。 ドアノブやテーブルなど、手指以外であれば『次亜塩素酸ナトリウム』でも代用できます」 次亜塩素酸ナトリウムは自分で作れる!ただし使用には注意点も 塩素系の消毒剤となる「次亜塩素酸ナトリウム」を消毒液として使うには、塩素系漂白剤を水で薄めることで作れます。 下記のように消毒する場所に応じて希釈する濃度が異なるため、消毒液をつくる際には注意しましょう。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液を使う際は注意を アルコール消毒とは異なり、次亜塩素酸ナトリウムの消毒液には使う際に注意が必要です。 使用上の注意点を下記にまとめました。 ウイルス対策の観点ではタオルの「おしぼり」は要注意 食事をする際に、手洗いができないような場合もありますよね。 飲食店などで「おしぼり」を利用することもあると思います。 この「おしぼり」には、タオルを使っている場合がありますが、手を拭いたあと、テーブルの上においたり、袋の中に戻したりなど、人によってさまざまな使い方をしています。 ウイルス対策の観点からタオルの「おしぼり」について岡村先生に話を聞きました。 「一般的なおしぼりは手の汚れを落とすことがメインのものですが、近年、おしぼりの中には、除菌、抗菌、抗ウイルス作用があるものもあります。 ただし、手を拭いた後は、手の雑菌がおしぼりにうつるので、その後、袋に入れたり、放置したりすれば、雑菌が繁殖することはあります。 特に、湿りがあって菌が増殖しやすいので要注意です。 タオルの共用は感染を拡げることもあります」 おしぼりを使う際には、感染のリスクを広げないように注意しましょう。 まとめ 「エンベロープ」という膜を持つウイルスには、その膜を壊すことからアルコール消毒が有効になります。 また、アルコール以外でも中性洗剤を使うといった方法でも消毒として有効です。 手のアルコール消毒では15秒以内で乾かないような量で吹きかけるのがポイントです。 感染症にならないように、しっかり対策をするよう心がけましょう。 取材協力:久野銀座クリニック 岡村信良 先生.

次の

消毒用エタノール(手指消毒薬)の効果持続時間について

コロナ ウイルス ノン アルコール 除 菌

新型コロナウイルス肺炎にアルコール エタノール 消毒は効果がない? テレビではアルコールが効果的と見たのですが、こんなツイートがありました。 医療現場において、ウイルスはアルコールでは消毒出来ないというのが通説です。 よくアルコールゲルなど一般商品で「ウイルスを除去」と記載されていますが、医療従事者はみな苦笑いしています。 新型コロナウイルスの正しい検証が成されていない今、「アルコールは無効」という判断が確実と言えます。 — はすみ としこ hasumi29430098 えっ?????? 効果ないの???? と見て、初めは思ったのですが、こちらの方に返信された方は真逆をいっています。 アルコールはコロナウイルスである限り有効です。 医療従事者はこれを見て苦笑いどころか激怒してます。 — t㍍㍍o㍍㍍y wyvern4034 調べている側からすると、「どっちなんだ??」と迷いますが、こちらの方のツイート返信や他の方を見ても、 「コロナウイルスにアルコール消毒は効果がある!!」 という方が多かったです。 なにやら、アルコールが効くウイルスと効かないウイルスがあるようですね。 この違いも調べてみました。 エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルスの違い 私のような医療に携わったことのない人間には、全く初めて聞く用語でしたが、ウイルスの種類のことのようです。 エンベロープは脂質に作用するもので壊れやすく、エンベロープのあるウイルスはそれにより失活します。 エンベロープのあるウイルスは、アルコール消毒剤からダメージを受けやすいのに対し、エンベロープのないウイルス(ノンエンベロープウイルス)は、ダメージを受けにくく、アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にあります。 手を介して口から侵入し腸管に感染するウイルスは、胃酸や腸管の胆汁酸に抵抗できるエンベロープのないウイルスです。 次にどのウイルスが当てはまるのかも調べてみました。 コロナウイルス• インフルエンザ• ヘルペス• 風疹 など 【ノンエンベロープウイルス】• ノロウイルス• アデノウイルス• ロタ など となっていて、コロナウイルスはアルコールが効く「エンベロープウイルス」となっています。 ですので、コロナウイルスはアルコールに効果があるということになりますね! 新型コロナウイルスに効果があるアルコール度数は? 効果はあるということはわかりましたが、具体的にどんなアルコールを使えばいいのか調べてみました。 新型肺炎を起こすコロナウイルスですが、エンベロープと呼ばれる構造を持ったウイルスとなります。 この構造を持ったウイルスには70度以上の消毒用アルコール、或いは濃度0. 日々の手洗いうがいと併せて予防する手段となります! 参考までに。 エタノールは数あるアルコールの中でも安全性が高く、除菌効果も高いというのが理由です。 市販されているエタノールには• 無水エタノール• エタノール• 消毒用エタノール がありますが、除菌に向いているのは 「消毒用エタノール」です。 これ以上に濃度が高くなると、殺菌する前に蒸発しちゃうそうなんです。

次の