よく 当たる 地方 競馬 予想。 よく当たる!地方競馬軸馬無料予想ブログ~鉄板レース~

大穴がよく当たる地方競馬予想

よく 当たる 地方 競馬 予想

ダートグレード競争は地方競馬の中では最高峰の重賞です。 おおきな理由としては、JRAの馬が多く出走するためです。 しかし、その分大きなチャンスとなります。 なぜなら、 地方競馬所属の馬を大幅に消去できるからです。 ダートグレード競争はよく当たる地方競馬予想であり、一番狙い目のレースであるといえます。 本記事では、そんなダートグレード競争にスポットを当てて分析しています。 さらに、 ダートグレード競争2017のExcelデータをダウンロードできますので、ぜひ最後までお読みください。 しかし、 ダートグレード競争のような重賞では、これらの予想方法がそれほど意味をなさなくなります。 その理由とはなんでしょうか? 地方競馬組みを大幅に消去!JRA組み圧倒的強し! ダートグレード競争ともなると、JRAの一流の馬とジョッキーが参戦します。 C・ルメール騎手や武豊騎手、岩手騎手、戸崎騎手などそうそうたるメンバーが集結するすごいレースです。 すごいのは騎手だけでありません。 馬の能力も非常に高いです。 そのため地方競馬の馬は全く歯が立たないことがかなり多いです。 地方競馬のジョッキーにもJRAジョッキーに対抗できるくらいレベルは高い騎手もいるのですが、JRAに対抗できる馬というのはなかなか現れません。 このことから、ダートグレード競争では 最初に 地方競馬の馬を消去していくことがオーソドックスな予想方法となります。 地方競馬所属の馬でも、ときどき連対することはある ダートグレード競争は、おおよそ16頭立てのことが多いのですが、半分は地方競馬所属の馬になります。 つまり、地方競馬所属の馬は半分くらい消去することが可能となります。 地方競馬組みの中でも強い馬は連対すると仮定して馬券に絡めてもいいかもしれません。 過去データがさほど役にたたないダートグレード競争… JRA所属の馬は芝コースを走ってきた馬がほとんどのため、 地方競馬所属の馬とはデータの照合ができず、過去データはあまり役にたちません。 強いていうなら、上がり3ハロンや過去の時計をチェックしておく程度です。 しかし言うまでもなく、 地方の馬がJRA組みに勝利することはほとんど奇跡に近いということは念頭にいれておきましょう。 地方競馬組みとJRA組みは分けて考えよう! 前述のとおり、地方競馬組みは2、3着の馬券圏内なら可能性としてはあります。 地方競馬組みとJRA組みを分けて考え、地方競馬組みの最有力候補は1、2頭だけ抑えておく べきです。 JRA組みから3~4頭、地方競馬組みから1~2頭抑えて予想するのがオススメです。 (もちろん軸はJRA組み) ダートグレード競争2017を徹底分析! ダートグレード競争2017を分析してみたのでご覧いただきましょう。 最高クラスの重賞は荒れやすい?のかもしれません。 その勝率はなんと50%!しかもJRA勢が総なめ! やはり、地方競馬の馬は長距離に慣れていないということと、JRAの中でも長距離に強い馬が少ないということが大きな要因なのかもしれません。 武豊、ルメール、戸崎騎手が強い! JRAでもお馴染みの人気騎手が高い勝率を誇っています。 2017年のダートグレード競争では、武豊騎手が5回、ルメール騎手が4回、戸崎騎手が3回勝っています。 さらに、戸崎騎手にいたっては2着が4回、3着が3回と3連対率も高いです。 地方競馬の重賞で勝つためのまとめ、基本ルール では、 地方競馬の重賞で勝つための基本ルールをおさらいしてみましょう!.

次の

予想コロシアム|競馬予想のウマニティ!今週は函館スプリントSG3

よく 当たる 地方 競馬 予想

地方競馬と中央競馬の違いとは? まずはじめに、地方競馬と中央競馬の違いについて頭にいれておきましょう。 参考記事: 地方競馬と中央競馬の最大の違い、それは… 地方競馬は勝ちやすい、そして当たりやすいことです! ただし、地方競馬では中央競馬よりも 万馬券の頻度が少ないです。 地方競馬で万馬券が少なくなる理由は、• 出走頭数が少ない• 騎手や馬の力差が激しいレースが多い(順当が多い)• ダートレースばかりで荒れにくい ということが挙げられます。 逆に 3連単以外は万馬券はほとんど出ず、 低配当が多くトリガミになりやすいという特徴があります。 そのため、できるだけ当てやすく高配当を望める中波乱・大波乱レースを選択し、買い目はなるべく少ない方がいいに越したことはありません。 ただし、 万馬券の頻度が比較的多いレース場として大井競馬場と園田競馬場がありますが、難易度がグンと上がります。 なぜならば、出頭数も多く、騎手・馬のレベルも全体的に高いからです。 JRAに移籍した騎手でも、トップで活躍している騎手がいます。 元JRAトップ騎手のレジェンド アンカツこと安藤さん、内田騎手、戸崎騎手などです。 地方競馬は365日開催されており、JRAよりもレースの機会が多いです。 そのため、騎乗技術がJRAトップクラスにまで上達してもおかしくありません。 盛岡競馬でのデータ分析例 では下記の盛岡競馬場の2016年総合騎手リーディング順位を御覧ください。 盛岡競馬場では、山本 聡哉騎手が 勝率20%以上あります。 このような 上位騎手が騎乗する馬は、若干人気がなくても1着予想を狙えます。 3~5番人気程度でも十分狙える位置にあります。 順位 騎手名 所属 勝率 連対率 3着内率 1 村上 忍 水 沢 20. オッズによって期待できる勝率は異なります。 たとえば、中央競馬では以下のデータがあります。 参考: 単勝オッズが1. 0倍ー1. 4倍の勝率は 約62%です。 0倍以上だと 24%以下になります。 中央競馬では12頭以上のレースは当たり前なので、出頭数が少ない地方競馬に例えると、少なくとも+5%程度にはなるはずです。 オッズが1. 4倍以下の馬は勝率70%超えると判断し、1着固定にするのは有効な手段です。 このような馬を1着固定にして、鉄板騎手を軸にすると買い目点数を減らせるので有効です。 ただし、配当が安くなりやすいので、2着以降が荒れることを祈ります。 もちろんはずれることもあります。 過度な期待はせずに、買い目点数はなるべく抑え、配当のバランスを考えましょう。 fa-check-square-o 単勝オッズ1. 0-1. 4倍の馬は、軸馬にする 各競馬場の特徴を抑えておく 先ほどお伝えした楽天競馬のデータ分析により、各競馬場の馬番別のデータも得ることができます。 これにより各競馬場の特徴を得ることができます。 地方競馬のレースの絞り方例~3連単編~ 自分の中で、狙いたいレースはそれぞれあり、それぞれのルールがあると思います。 重要なのは、 当てる自信があるかどうかと、 配当金をどれだけ多くもらえるかです。 この2点のバランスが重要なんですね。 当たっても配当金が低すぎると現実味がありません。 そこで、私が3連単狙いで実践しているレースの絞り方を説明します。 まず、前日中にできることがあります。 前日中に中波乱以上のレースを見分ける 楽天競馬では、 全国の地方競馬ファンが予想したデータを見れるサービスがあります。 楽天競馬ログイン画面の出馬表の「予想一覧」というところをクリックするとご覧いただけます。 逆に、ある特定の馬だけに人気が集中していると、配当が低くなりやすいです。 出頭数でレースを絞る 出頭数が少なすぎるレースは、配当金が少なくなる可能性が高いです。 最低でも10頭くらいは出走していたほうがいいです。 あとはオッズを見てさらに買い目点数を減らせるか検討します。 オッズでレースを絞る 地方競馬攻略で重要なのは、 最低配当金です。 当てやすいレースかどうか、最低配当がどの程度もらえるかが重要です。 fa-check-square-o 3連単オッズの1番人気が30倍以上のレースに絞る リーディング上位騎手の人数で絞る 勝率15%以上のライバル騎手が多すぎる場合は見送る。 例:1着に絡む可能性のある勝率15%程度以上の騎手が3人以上いるとき 単勝1番人気が1. 0~1. 4倍の場合の対応 1番人気の単勝オッズが1. 0-1. 4倍と明らかに低く、さらに鉄板騎手が騎乗の場合は見送る。 fa-warning 過剰人気の可能性を疑うこと 鉄板騎手が騎乗していない場合は1着固定にするのはアリ 単勝1番人気が1. 5倍以上の場合の対応 単勝1番人気が1. 5倍以上だった場合(例)• 鉄板騎手を1着固定に• 1番人気を軸馬にする 各競馬場のデータを活用して、競馬場に合った攻略法を模索しましょう。 データを使った実践的な狙い方 1番人気の1着率: 45%、1番人気の2着率:17%、1番人気の3着率:13% 2番人気の1着率:18%、2番人気の2着率: 26%、2番人気の3着率:17% 3番人気の1着率:14%、3番人気の2着率:19%、3番人気の3着率:17% 高知競馬では、1番人気の1着率は45%で、2番人気の2着率はそれなりに高い数値を示しています。 さらに、 1番人気が3着以内に入らない可能性は25%です。 くわえて、高知競馬は外枠有利な競馬場です。 そうすると、 1番人気が内枠だった場合に馬券からはずす、というのも選択肢としてはアリです。 高知競馬の場合、気をつけなければならないのは、永森騎手、赤岡騎手の存在です。 永森騎手や赤岡騎手は、多少不人気でも1着になる可能性が高いです。 1番人気がこの2騎手だった場合は迷わず1着固定しましょう。 その他は、宮川騎手、佐原騎手、西川騎手、中西騎手、倉兼騎手が軸候補です。 その他の騎手はそれほど技術に差がありませんので、外枠馬を3頭くらい入れます。 順当でなければそこそこの配当は期待できます。 過去データが笠松のときは気をつけろ! 笠松競馬は、上り3ハロンが下り坂になっています。 そのせいか、 笠松競馬では通常よりもタイムが1~2秒くらい早くなります。 その為、笠松競馬での過去タイムは参考になりません。 笠松競馬の馬は名古屋競馬にもよく出走します。 名古屋競馬開催のときは前走で笠松に出走していないか注意しましょう。 JRA転入馬が狙い目 地方競馬では、 JRAから転入してくる馬がかなり多いです。 そして、不人気のJRA転入馬が好走することもあります。 JRA転入馬は、チェックしておきましょう。 クラス落ち(降級馬)が狙い目 地方競馬では、クラスといってレースによって賞金が異なっています。 クラスが上のレースでは当然賞金も高くなり、馬のレベルも上がります。 ある一定の条件をクリアするとクラスが上がるシステムですが、 逆にクラスが落ちてくる馬もいます。 降級馬はそこそこ好走する場合もあるので狙い目です。 1600m以上が狙い目 中央競馬とは違い、地方競馬では1400m以下の短距離レースが多いです。 地方競馬では普段1400m以下で慣れている馬が多いです。 過去実績で1600m以上を勝ったことがない馬は勝ちにくい傾向があります。 1600m以上のレースは、地方競馬の馬たちにとっては長距離のようなものです。 そのため、過去データが豊富にあるレースだと、 1600m以上は買い目を絞りやすく中波乱が発生しやすいのでそこそこの配当も狙えます。 荒れやすいレースを狙え! 地方競馬では、とりわけ 荒れやすいレースがあります。 たとえば、 高知競馬のファイナルレースです。 ほぼ毎週のように荒れるので、このレースは狙ってみてもいいかも。

次の

登録なしで使えるオススメ競馬予想サイト5選とよく当たる地方競馬予想サイトを紹介 | 競馬サイト調査局

よく 当たる 地方 競馬 予想

ダートグレード競争は地方競馬の中では最高峰の重賞です。 おおきな理由としては、JRAの馬が多く出走するためです。 しかし、その分大きなチャンスとなります。 なぜなら、 地方競馬所属の馬を大幅に消去できるからです。 ダートグレード競争はよく当たる地方競馬予想であり、一番狙い目のレースであるといえます。 本記事では、そんなダートグレード競争にスポットを当てて分析しています。 さらに、 ダートグレード競争2017のExcelデータをダウンロードできますので、ぜひ最後までお読みください。 しかし、 ダートグレード競争のような重賞では、これらの予想方法がそれほど意味をなさなくなります。 その理由とはなんでしょうか? 地方競馬組みを大幅に消去!JRA組み圧倒的強し! ダートグレード競争ともなると、JRAの一流の馬とジョッキーが参戦します。 C・ルメール騎手や武豊騎手、岩手騎手、戸崎騎手などそうそうたるメンバーが集結するすごいレースです。 すごいのは騎手だけでありません。 馬の能力も非常に高いです。 そのため地方競馬の馬は全く歯が立たないことがかなり多いです。 地方競馬のジョッキーにもJRAジョッキーに対抗できるくらいレベルは高い騎手もいるのですが、JRAに対抗できる馬というのはなかなか現れません。 このことから、ダートグレード競争では 最初に 地方競馬の馬を消去していくことがオーソドックスな予想方法となります。 地方競馬所属の馬でも、ときどき連対することはある ダートグレード競争は、おおよそ16頭立てのことが多いのですが、半分は地方競馬所属の馬になります。 つまり、地方競馬所属の馬は半分くらい消去することが可能となります。 地方競馬組みの中でも強い馬は連対すると仮定して馬券に絡めてもいいかもしれません。 過去データがさほど役にたたないダートグレード競争… JRA所属の馬は芝コースを走ってきた馬がほとんどのため、 地方競馬所属の馬とはデータの照合ができず、過去データはあまり役にたちません。 強いていうなら、上がり3ハロンや過去の時計をチェックしておく程度です。 しかし言うまでもなく、 地方の馬がJRA組みに勝利することはほとんど奇跡に近いということは念頭にいれておきましょう。 地方競馬組みとJRA組みは分けて考えよう! 前述のとおり、地方競馬組みは2、3着の馬券圏内なら可能性としてはあります。 地方競馬組みとJRA組みを分けて考え、地方競馬組みの最有力候補は1、2頭だけ抑えておく べきです。 JRA組みから3~4頭、地方競馬組みから1~2頭抑えて予想するのがオススメです。 (もちろん軸はJRA組み) ダートグレード競争2017を徹底分析! ダートグレード競争2017を分析してみたのでご覧いただきましょう。 最高クラスの重賞は荒れやすい?のかもしれません。 その勝率はなんと50%!しかもJRA勢が総なめ! やはり、地方競馬の馬は長距離に慣れていないということと、JRAの中でも長距離に強い馬が少ないということが大きな要因なのかもしれません。 武豊、ルメール、戸崎騎手が強い! JRAでもお馴染みの人気騎手が高い勝率を誇っています。 2017年のダートグレード競争では、武豊騎手が5回、ルメール騎手が4回、戸崎騎手が3回勝っています。 さらに、戸崎騎手にいたっては2着が4回、3着が3回と3連対率も高いです。 地方競馬の重賞で勝つためのまとめ、基本ルール では、 地方競馬の重賞で勝つための基本ルールをおさらいしてみましょう!.

次の