エミュー 飼育。 飛べない鳥、九州にはばたく エミュー飼育で地域おこし コロナワクチン製造を実験

エミューを育てる

エミュー 飼育

鳥類第2位! オーストラ リアに住んでいる長い脚が魅力の エミューさんは、なんと 世界中の鳥の中であのに次ぎ 2番目に背 の高い鳥さんです。 彼らは広いオーストラリア大陸のほ ぼ全部に分布していて、まさに名実ともにオーストラリアのシンボルとも言うべき存在です。 そのためオーストラリアではCMに商品名にと引っ張りだこで、その人気者ぶりを余すところなく発揮しています。 そしてなんとオーストラリアの国の紋章であ る 国章にもカンガルーとともに描かれていて(下図)、他に 切手のイラストにも何度も選ばれています。 正に 国家レベルの人気キャラクターと いうわけですね! 実際彼らはオーストラリアでは非常にありふれていて、 沿岸部から森の中、雪の積もった山の上、 草原や荒れ地など様々な場所に住んでいます。 ただあまり乾燥 した地域では水が飲め ないためさすがに住めないらしく、木々が茂りすぎた深い森の中にも入って行くことはまれなようです。 (おっきい身体が木に引っかかっちゃうんでしょう か?) エミューの自慢の 背の高さは 1.6〜1.9mぐらいで大きいものではなんと 2mにも達します。 ですがその体は少しスリムのようで、 より背の低いヒクイドリ (シャレじゃないですよ)より体重は軽く 30〜45kgぐらいだそうで す。 その体は灰色がかった茶色い羽毛で覆われていますが、頭にはあまり羽根は生えていません。 ダチョウよりも翼は退化していて、その体に比べると大分小さく なっていますが先端に一本だけ爪が付いています。 エミューの一枚一枚の羽根は軸の部分と先っちょが黒くなっていますが、これは羽根で日光を吸収し、直接皮 膚が熱せら れるのを防ぐためです。 これによりエミューは暑いに中でも安心して行動することができるという訳なんですね。 そしてさらに暑くなると彼らは口を開けて呼吸 するようになりま す。 また逆に寒くなると大きな鼻の中で吸った空気を温め、直接肺に冷たい空気が入ることを防いでいます。 彼らは空を飛ぶことはできませんが、その代わりその 発達した足を使って 最高時速50kmものスピードで走りまわることができます。 そして短距離だけ ではなく長距離も得意なようで、かなり長い距離を結構なペース(時速7キロメートルぐらい)で歩き回ることができます。 彼らの足は歩きやすいように 指が退化していて、左右それぞれに前向きの指が3本ずつついています。 またエミューは必要となれば 泳ぐこともできるそうで す。 また彼らは様々な鳴き声を出すことができ、オスのエミューは 「エムー」という鳴き声を出すそうです。 メスの声はより 低いものになっていますが、彼らの鳴き声は 2km離れた所からでも聞くことができるぐらい大きなものだ そうです。 ちなみに 「エミュー」と いう名前はこのオスの鳴き声をもとにしたものではなく、 アラビア語の 「大きなトリ」を意味する言葉だそうです。 実は もともとこの 「エミュー」という名前はポルトガル人の探検家によってインドネシアに住む ヒ クイドリに対して付けられたものだったのですが、何故かその後現在のエミュー を表す名前に変更されたそうです。 子煩悩父さん オーストラリアの国章 エ ミューは主 に植物の 芽や葉、果実などを食べていますが、その他にも バッタやコオロギ、イモムシなどの 昆虫類や小型の動物もよく食べます。 またニワトリと同じ ように砂嚢と呼ばれる袋の中に小石を溜めて、それを使って食べた植物をすりつぶしてから消化します。 ただ体が大きいこともあって、 45gもある小石を飲みこむこ とがあるそうです。 彼らは基本的に単独行動 を行い、群れをつくることは子育てをする時以外にはありません。 しかし食べ物を求めて旅をするときなどは例外的に群れを成すことが知られています。 彼らの 移動パターンは主に周辺の食べ物の量の変化に従っており、西オーストラリア地域では暑い時には北、寒い時には南へと移住します。 しかしオーストラリア東側 ではこのような決まった移動パターンは見られないそうです。 またエミューが食べる植物や昆虫は雨が降った後に多く発生することから、 エミューは雨を追いかけるようにして移動 するとも言われています。 この時彼らがどうやって雨が降ることを知るのかはよく分かっていませんが、一説には雨雲を見る、稲妻の音を聞き分 ける、濡れた土地の臭いを嗅ぐことができると言われています。 エミューの旅をする範囲は何百kmにも及ぶことが知られていますが、この間彼らは 体にため込んだ 脂肪からエネルギーを得ます。 そして 普段45kgある体重 が 半分の20kg程度になってもエミューは行動することがで きます。 またエミューが住処を移動させると、糞の中に含まれる植物の種も一緒に遠くまで運ばれ ます。 そしてこれによってその植物は遠く離れた地域にも芽を出すことができ、エミュー達は植物の生息域を広げるのにも一役を買っています。 エミューの住むオーストラリアは南半球にあるため、私たちの住む日本とは季節が逆になりますが、 夏真っ盛りの12月と1月頃にオスとメス のエミューはつが いをつくり始めます。 オスとメスのエミューはその外見に大きな違いはありませんが、メスのほうが若干小さい体をしています。 この夫婦生活は その後約5か月 ぐらい続き、その間に彼らは 木 の葉っぱや枝でできた巣を地面の浅いくぼみに造ります。 繁殖期になると交尾の前に彼らは互いに頭を低く、首を曲げながら隣り合わせになり、頭を左右に振り動かします。 その後交尾が1〜2日ごとに行われ、交尾後 2〜3日置き にメスは合計 8〜20個ぐらいの濃い青緑色をしたからの分厚い卵を巣に産み落とします。 卵の 大きさは縦13cm、横9cmぐ らいで、 重さも 700〜900gぐらいあります( ニワトリの卵の約10倍以上!)。 メスが卵を産んでいる間オスは30平方キロメートルに 及ぶなわばりを守り続けますが、メスが卵を産み始めるのを見ると、すぐに オスはそれを抱きたがり、完全に産卵が終 わる前に巣の上に座り込み始めます。 この時一部のメスは巣と卵を抱いているオスを守るためにその場にとどまりますが、それ以外のメスは別の場所に行って他のオスと新たな繁殖行動を行います。 このためメスは複数のオスと交配することになり、 卵の半分は本当の父親とちがうオスによっ て温められます。 またエミューは 托卵行動(自分の卵を他人の巣に紛れ込ます行動)を取るた め、この場合 本 当の両親でないオスとメスが作った巣の中で育てられることになります。 そして 卵を抱いている間オスは 飲まず食わずで、排便することもせずにずっと卵を抱き続けます。 この間彼は体に蓄えた脂肪と、手の届く範囲にある夜露だけで生きな がらえ、一日に何度か卵をひっくり返すためだけに立ち上がります。 この抱卵期間中に、何と オスの体重は 3分の2にまで減ってしまうそうです。 そして約8週間でクリーム色と茶色のしましまの入った、 、頭には斑点を持つ ひなが産まれます。 ひなの体重は440〜550gぐらいで、背の高さは25cmぐらい です。 産まれた 子供たちは非常に元気で数日もすると巣から出て行って辺りを歩き回るようになります。 そしてひながかえるとオスのエミューはとても攻撃的になり、近づくも のに攻撃を仕掛け、母親であるメスも追 い払ってしまいます。 ひな達 はオスと共に餌を探し始め、この時オスは食べ物の取り方を教えますが、一緒に歩く姿はどちらかというと お父さんではなく子供たちの方に主導 権があるみたい です。 またひなの体にある縞模様は藪の中や草陰に隠れるときに役に立ちます。 産まれて三か月ぐらいたつとこの縞模様は消え、一年〜一年二ヶ月ぐらいで大人と同じ大きさになり、お父さんのオスはひなと一緒に6〜8か月ぐらい一緒に過 ごします。 そしてその後彼らは別々に暮らすようになり、エミューの子供は2〜3歳ぐらいになると交尾が出来るようになります。 ちなみに 野生のエミューは 10〜20年程度生きると言 われていますが、 飼育下のもの はより長く生きるようです。 家畜としてもスゴいんです! エミューの卵 エミューは好奇心が強いものの性格はおとなしく、卵を温めているオス以外は人間を見ても攻 撃をしてくるようなことはありません。 もともとオーストラリアに住んでいた ア ボリジニーにとってエミューは貴重なタンパク源であり、 伝統的にその肉を求めて狩りが行われてき ました。 これには単 に槍で突く以外にも、網を使ったり、エミューの声まねをすることで彼らを呼び寄せたり、エミューの飲む水に毒を入れたりするなど様々な方法が取られてきま した。 他にもエミューの羽根やぼろきれでできたボールを木の枝から吊り下げておびき出すこともあったそうです。 エミューの肉は赤身が多く、牛肉に近いとても美味しい味がするよ うで、アボリジニーたちは好んで食べていたようですが、それと共に エミューの脂も重宝され ていたようです。 傷を負った時の塗り薬として用いられたほか、色のついた顔料と共に混ぜて装飾用に体に塗るための絵具として使われたり、木製の道具の潤滑 油としても用いられていたようです。 また 一部のアボリジニーはエミューの毛皮 でできたサンダルをはき、歩くときに足跡が残らないようにしていたという説が あります。 その後18世紀の終わりごろキャプテン・クックを初めとするヨーロッパ人がオーストラリア大陸に本格的に移住してくるようになると、彼らも食料 をもとめてエミューを狩るようになります。 さらに各地で農園が作られるようになると、農作物や畑を荒らすエミューは農民たちの目の敵にされるようになり、 駆除運動が 勃発します。 その中でも最も大きなものが1932年にオーストラリア西部で行われた 「エミュー戦争」と呼ばれるオーストラリア政府によるエミュー掃討作戦で、 この時は マシンガンや 手榴弾などの銃器を使った大規模なエミューの駆除が 試みられました。 しかしエミューは逃げ足が速く、また羽毛の模様がカモフラージュになって見つけにくいことから、 わずか 12羽が仕留められただけで、作戦は ほぼ失敗に近いものでした。 (エミューすごい…。 )その後は1000kmにおよぶ長いフェンスが作られ、エミューが畑に入ってこれないようにすることでな んとか解決したということです。 また人間が持ち 込んだイヌやブタ、キツネなどによるひなや卵の捕食や、自動車との衝突事故もエミュー達の生息数の減少の原因となっています。 かつてエミューはオーストラリア本土だけではなく タスマニア島など周辺の島々にも住んでい たことが分かっています。 しかし白人がやってくると それらの エミューは姿を消してしまい、例えばタスマニア島にいたものは1865年頃に絶滅してしまったといわれています。 こうして広大な本土にいる エミューのみが 生き残る結果となりました。 しかし人間たちはエミューにとって悪影響だけを与えてきたかというとそうではなく、逆に彼らの生息地を大幅に広げることにも貢献してきました。 それが人間 がブタなどの家畜や農業のために作った 採水場で、 ここで得られる水を使ってエミュー達はそ れまで住むことが出来なかった 乾燥地域にも適応するようにな りまし た。 また現在野生のエミューはオーストラリア政府によって保護されており、輸出なども禁止されています。 これらの結果オーストラリア本土におけるエミューの数は、絶滅してしまった島に住むエミューと対照的に ヨーロッパ人の来る前よりも増加してお り、現 在全体で 63万から75万羽のエミューが住んでいると 考えられています。 特に彼らはオーストラリアの西側とニューサウスウェールズやクウィーンズランド州 などの東側の地域に分布しています。 しかしいくつかの地域では少数のエミューが他とは隔離された場所で生き残っており、これらの場所では地域的な絶滅が心 配されています。 また 1987年頃からエミュー の 商業的な養殖が行われるようになりました。 先に述べたとおりエミューの肉は大変美味で健康的でもあり、また毛皮は装飾 品に使われ高い価値があり、美しい色をした卵も工芸品として加工されることから、彼らは 非常に利用価値の高い家畜として注目され ています。 オーストラリア では国の管理のもとエミューの飼育なされていますが、この他にも北アメリカの地域、とりわけ アメリカでは 100万羽以上のエミューが育てられ、更にペルー や中国、そして我が日本でもエミューが飼われるようになっています。 エミューを育てるには一日に二回、2.3kgぐらいの葉っぱを与えるそうですが、それと一緒にバッタやイモムシも食べて害虫処理もしてくれます。 さらに オーストラリアなど羊を飼っているところでは、羊の毛が木のとげに絡んでしまうのが農家の人の悩みの種なのですが、これもエミューを一緒に飼っていると食 べてくれるそうで重宝がられているみたいです。 あとエミューはその 脂も非常に 利用価値が高く、化粧品やダイエット用のサプリメント、様々な健康商品などに幅広く用いられています。 またパッケージなどにエ ミューを扱った商品もオーストラリアでは多く見られ、ビールなどに使われています。 とエミューはアボリジニー達の神話のなかにも登場し、その中で 『太陽はエミューの卵を空に投げるこ とで生まれた』と語られています。 とても印象的な姿 をした彼らですが、その人気は太古の昔から現在まで変わることはないみたいです。

次の

エミューの飼育方法|販売価格・寿命・餌は?

エミュー 飼育

エミューとは? 出典: オーストラリアに生息する200cm近い体高を持つ大型の鳥類です。 体重は50kg前後と一般的な女性の体重程度ですが、ガタイが良く、小動物を見たり雷が鳴るなどの外的な刺激を受けるとパニックになり勢い良く走り出す傾向があるため注意が必要です。 しかし、人に対しては温厚で馴れやすく大声を出したり叩いたりしない限り攻撃的になることはありません。 そのため牧場や動物園、公園などあらゆる観光地で飼育されており時々脱走したと報道されることもあります。 ちなみにエミューの卵は100mm前後とダチョウの卵と比較すると小さめのサイズとなっています。 産卵時期は秋頃から翌年の春先であることが多く、1日1個ずつ数日掛けて産卵することになります。 産まれた卵はオスが2ヶ月近く世話を行い、孵化後は両親で外敵から守る姿が観察できます。 スポンサーリンク 寿命 出典:秋田市大森山動物園ミルヴェ 飼育下では30年以上生きる個体もいるほど長寿な生き物です。 日本では犬や猫などのメジャーなペットに対する医療は発達していますが、エミューをはじめとするエキゾチックアニマルへの医療は進んでおらず診てくれる医師も少ないため、予めエミューを診てくれる動物病院を探しておくことをお勧めします。 アダルト個体となるともう少し値は張りますが、それでも安い方でしょう。 里親募集については特殊なペットのためか中々見当たらないため、募集されていたら相当運が良いのではないでしょうか。 エミューの飼育方法 出典: エミューは文鳥やオウムのように室内で飼育するにはややハードルが高く、日本の住宅事情から現実的ではありません。 そのため多くは屋外飼育となり、夜に休む大型の鳥小屋を作る必要があります。 スポンサーリンク 鳥小屋はなるべく風通しがよくなるように設計して雨季に蒸れてカビが生えないようにしてください。 また雨宿りできるように広めの屋根を作るようにします。 床材は柔らかい土や牧草を敷いておき、排泄物は毎日確認次第取り除くようにしましょう。 体が大きいため排泄量も相応に多くなるため、掃除を怠ると異臭を放つようになりエミューにストレスが罹り病気になる可能性があります。 エミューは飛翔能力がないためケージで囲う必要はありませんが、体高よりも高い壁を設置しましょう。 また力が強く勢い良く体当たりしても壊れないように頑丈な作りのものを使用するようにしてください。 エミューを飼育している家庭は少ないようですが、特に自治体や団体に許可を得る必要はなく、お迎えしてそのまま飼育することができます。 ただ飲水はいつでも飲めるようにしてあげないと特に夏季は脱水症状に陥りますので注意が必要です。 そのまま水道水を与えてもいいのですが、食事の際に与えるものはカルキを抜いたものを与えたほうが、肌荒れなどのトラブルになりにくいでしょう。 餌の与え方 出典: エミューの食性は雑食で野菜や果物・雑草などをメインに昆虫などの小動物を捕食することもあります。 生命力が強く飢餓に強い傾向にありますが、飼育下の特に幼少期には多くの餌を給餌して成長を促してあげることが大切となります。 手から給餌することも可能ですが、肌寒くなる秋頃は繁殖期に入るため気性が荒く攻撃する可能性もあるため、念のために軍手などで怪我への対策をして給餌しましょう。 手から給餌した後は人間に有害な細菌類が付着している可能性があるため、必ず石鹸で手を洗うように心掛けてください。 家禽に与える餌を使用すると維持費が安くなりますが、やはり新鮮な野菜や肉を食べるほうがエミューにとって幸せでしょう。 飼育上の注意点 エミューの成鳥は生命力が強く、日本の環境にも適応することができると言われていますが幼体は病気になりやすく一年を通して保温してあげる必要があります。 エミューは地面をついばむ姿が観察されますが、消化するために必要な小石を飲み込んでいるため大きな問題になることはないでしょう。 変なものを食べないように小石を取り除いて柔らかい砂だけで飼育すると消化不良に陥る可能性があるため、そのままの環境で飼育することをお勧めします。 ただ割れたガラスや鉄球など明らかに身体に悪そうなものが落ちている場合は必ず取り除くようにしてください。

次の

エミューの飼い方!世界で2番目に大きい鳥!

エミュー 飼育

エミューとは? 出典: オーストラリアに生息する200cm近い体高を持つ大型の鳥類です。 体重は50kg前後と一般的な女性の体重程度ですが、ガタイが良く、小動物を見たり雷が鳴るなどの外的な刺激を受けるとパニックになり勢い良く走り出す傾向があるため注意が必要です。 しかし、人に対しては温厚で馴れやすく大声を出したり叩いたりしない限り攻撃的になることはありません。 そのため牧場や動物園、公園などあらゆる観光地で飼育されており時々脱走したと報道されることもあります。 ちなみにエミューの卵は100mm前後とダチョウの卵と比較すると小さめのサイズとなっています。 産卵時期は秋頃から翌年の春先であることが多く、1日1個ずつ数日掛けて産卵することになります。 産まれた卵はオスが2ヶ月近く世話を行い、孵化後は両親で外敵から守る姿が観察できます。 スポンサーリンク 寿命 出典:秋田市大森山動物園ミルヴェ 飼育下では30年以上生きる個体もいるほど長寿な生き物です。 日本では犬や猫などのメジャーなペットに対する医療は発達していますが、エミューをはじめとするエキゾチックアニマルへの医療は進んでおらず診てくれる医師も少ないため、予めエミューを診てくれる動物病院を探しておくことをお勧めします。 アダルト個体となるともう少し値は張りますが、それでも安い方でしょう。 里親募集については特殊なペットのためか中々見当たらないため、募集されていたら相当運が良いのではないでしょうか。 エミューの飼育方法 出典: エミューは文鳥やオウムのように室内で飼育するにはややハードルが高く、日本の住宅事情から現実的ではありません。 そのため多くは屋外飼育となり、夜に休む大型の鳥小屋を作る必要があります。 スポンサーリンク 鳥小屋はなるべく風通しがよくなるように設計して雨季に蒸れてカビが生えないようにしてください。 また雨宿りできるように広めの屋根を作るようにします。 床材は柔らかい土や牧草を敷いておき、排泄物は毎日確認次第取り除くようにしましょう。 体が大きいため排泄量も相応に多くなるため、掃除を怠ると異臭を放つようになりエミューにストレスが罹り病気になる可能性があります。 エミューは飛翔能力がないためケージで囲う必要はありませんが、体高よりも高い壁を設置しましょう。 また力が強く勢い良く体当たりしても壊れないように頑丈な作りのものを使用するようにしてください。 エミューを飼育している家庭は少ないようですが、特に自治体や団体に許可を得る必要はなく、お迎えしてそのまま飼育することができます。 ただ飲水はいつでも飲めるようにしてあげないと特に夏季は脱水症状に陥りますので注意が必要です。 そのまま水道水を与えてもいいのですが、食事の際に与えるものはカルキを抜いたものを与えたほうが、肌荒れなどのトラブルになりにくいでしょう。 餌の与え方 出典: エミューの食性は雑食で野菜や果物・雑草などをメインに昆虫などの小動物を捕食することもあります。 生命力が強く飢餓に強い傾向にありますが、飼育下の特に幼少期には多くの餌を給餌して成長を促してあげることが大切となります。 手から給餌することも可能ですが、肌寒くなる秋頃は繁殖期に入るため気性が荒く攻撃する可能性もあるため、念のために軍手などで怪我への対策をして給餌しましょう。 手から給餌した後は人間に有害な細菌類が付着している可能性があるため、必ず石鹸で手を洗うように心掛けてください。 家禽に与える餌を使用すると維持費が安くなりますが、やはり新鮮な野菜や肉を食べるほうがエミューにとって幸せでしょう。 飼育上の注意点 エミューの成鳥は生命力が強く、日本の環境にも適応することができると言われていますが幼体は病気になりやすく一年を通して保温してあげる必要があります。 エミューは地面をついばむ姿が観察されますが、消化するために必要な小石を飲み込んでいるため大きな問題になることはないでしょう。 変なものを食べないように小石を取り除いて柔らかい砂だけで飼育すると消化不良に陥る可能性があるため、そのままの環境で飼育することをお勧めします。 ただ割れたガラスや鉄球など明らかに身体に悪そうなものが落ちている場合は必ず取り除くようにしてください。

次の