大相撲 無 観客。 大相撲 7月場所は無観客で開催 方針変わらず

無観客相撲の大相撲中継・静か・神事が話題

大相撲 無 観客

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、史上初の無観客開催となった大相撲春場所初日の8日、会場のエディオンアリーナ大阪の正面掲示板には「無観客で開催」と表示されていた。 例年なら、力士の入り待ちでにぎわう会場の門は閉じ、会場入りは裏門に限定。 人出も少なかった。 会場の様子を見に来たという相撲ファンの女性は「チケットをやっと、キャンセル待ちで取れたのに…」と残念がりつつも「(無観客は)しかたない」。 毎年、春場所の開催時期は「(近くの)駅でお相撲さんを見かけるのに、1人も見てない。 (大相撲は)やってんの? と思って会場を見に来ました。 人が全然いない。 大阪の3月といえば相撲なんで」と話した。 今回はテレビ中継を見て、大好きな横綱鶴竜を応援するという。 無念の思いを抱えるのは、観客だけではなく、周辺の飲食店も同じ。 会場近くに昨年オープンしたそばと日本酒が売りの「hanako first」では、大相撲観戦の客を期待していた。 混雑を見込み、アルバイトを3人体制で準備していたが、1人に減らしたという。 同店で働く北堂吉信さんは「(無観客でも)人通りがあると思っていましたが全然でした。 見込みが外れた。 相当なダメージですね」。 2月までは順調に売り上げを伸ばしていたといい、3月も相撲協会の関係者の来店などを期待していたが、感染防止のため出歩く人を見かけない。 「3月もいけると思っていたんですけど。 (コロナウイルスの影響で)先が見えないです。 (オープンしたばかりで)不安ですね」と悩みを口にした。 会場最寄りのカフェ「Cafe space Buzz」でも、苦悩を抱える。 会場は南海電鉄・難波駅の近くで、駅をはさんで反対側には吉本興業の本拠地・なんばグランド花月がある。 おりしも、花月での興行も休止が続いており、さらには、外国人をはじめ観光客の数も激減。 人通りの数そのものが減っている。 同カフェのオーナーは昨年の同時期に比べ売り上げが6割減になったと嘆く。 「大打撃です。 うちが一番(会場から)近いので影響も大きいです」。 昨年までは、春場所の時期になると親方衆や取組前の関取衆らが訪れていた。 店を出るときはあいさつもしてくれていたという。 「教育を受けられているのか、礼儀正しい方が多い」と感謝しつつも、今年はそんな姿も見かけられなくなった。 場所中は朝から、幕内の取組が行われる午後4時前後までほぼ満席状態だった。 「イベントの自粛で4月も(同会場の)キャンセルが相次いでいると聞いています。 うちとしてはまだまだ厳しい。 うちだけの悩みではないと思いますけど、長引くほどダメージを受ける。 いつまで続くのか」と先行きの不透明さに心配がつきないようだった。 【南谷竜則】.

次の

やくみつる氏、無観客で「相撲=神事」見つめ直した

大相撲 無 観客

一連の 新型コロナウイルス騒動は未だ収束の気配を見せず、様々なイベントや興業が中止を余儀なくされている。 大相撲における「懸賞」とは、企業や団体がその取組みの勝者に賞金を提供するもの。 その対価として企業側は宣伝の場を得る……つまりは「土俵を懸賞旗が回る」おなじみの光景へと繋がるわけだ。 CMに力士が起用されることでおなじみの 『永谷園』が本場所に懸賞をかけていることは、相撲ファンならずとも広く知られるところである。 今回永谷園は無観客での開催が決まった大阪場所においても、 平常通り懸賞をかけることを発表。 賞賛の声が多く上がっているのだ。 ・この件の何がスゴイかって 無観客と懸賞との関係性についてピンとこない方のために、この永谷園の決断がいかに「英断」であるかを簡単に説明しておこう。 テレビで大相撲中継を見ている視聴者が懸賞旗を目にする場合、それはあくまでも「たまたまカメラに映った」だけである。 中継のカメラはあえて懸賞旗を映すことをしないし、現に会場へ行けばテレビ中継に映らないタイミングで登場している旗もたくさんあることが分かる。 中継において重要なのは取組み解説であって、会場アナウンスはただのBGMなのだから。 つまり無観客は、企業側にとって 「宣伝効果があまり期待できない」ということに他ならない。 にも関わらず莫大な懸賞(1本につき7万円。 永谷園の場合1取組に複数本かかることが多い)をかけるという心意気がいかばかりか、少しでも理解いただければ幸いだ。 ・永谷園の人にきいてみた 感動のあまり無意識のうち永谷園の「お客様相談室」へ電話していた私だが、快く今回の経緯を教えてくれたのは 広報の方。 好取組を中心にその都度検討かけさせていただいています」 ・全力で宣伝したい 電話を切るやいなや、私は会社最寄りのコンビニへ直行した。 もちろん永谷園製品を買うためだ。 ところが……広報の方に聞いたオススメの「松茸の味 お吸いもの」はおろか、永谷園の代名詞たる「お茶づけ海苔」、なさそうでありそうな「麻婆春雨」や「チャーハンの素」も置かれていなかった。 お茶づけは絶対にあると思ってた……! 「カップみそ汁」だけは5種類が販売されていたため、とりあえず全種類を購入しておくことに。 大阪場所15日間のチケット払い戻し金は10億円超とも報じられている。 これは国技の危機であり、 国技はみんなで守るものだ。 その先陣を切った永谷園の決断を意気に感じる国民は今こそ「永谷園のお茶づけ」を食べ、応戦するべきなのではなかろうか。 今回の件を受け、人生で最高に 「永谷園の商品を買おう」という意欲の湧いた私。 この記事を書き終えたら大きめのスーパーへ行き、しこたま買い込むつもりだ。 ある意味「宣伝しないことが宣伝になった」といえるのかもしれない。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

大相撲「無観客」決定までの茶番裏(上)NHKも「物言い」がつけられない

大相撲 無 観客

大相撲力士 所作間違いがヤバイ件! 【News】 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大相撲春場所を無観客開催することが正式決定した。 完売している10億円を超える 全15日間 のチケット代は全て払い戻しとなる。 — びぃぜっとぉ bz1988921lmlove 無観客開催の史上初の大相撲春場所が現在行われています。 そんな中で相撲力士の所作間違いが起きたようですね。 いったいどのような状況だったのでしょうか。 それでは、 大相撲力士の所作間違い について報じられた内容を見ていきましょう。 こちらが記事の詳細です。 「 大相撲春場所 ・初日」(8日、エディオンアリーナ大阪) 新型コロナウイルス 感染拡大で史上初の無観客開催となった春場所が厳戒態勢の中、8日、午前8時40分、始まった。 力士、関係者は感染予防のため原則、公共交通機関は使用しないのがルール。 午前7時30分過ぎから、自家用車やタクシーで若い衆らが続々、会場裏口に横付け。 入り口で消毒して館内に入った。 入り口には「協会員は必ず導線を守り、館内でこまめに消毒をすること 大阪場所担当部長」と書かれた大きな看板が立てられた。 1度、会場に入ったら、入退場できないため、親方衆らは食べ物やドリンクの入った袋を持ち、出勤した。 館内、客席では報道陣の座る3階席を関係者が消毒液を吹き付け除菌して回った。 午前8時35分、館内放送を担う行司が指定位置に座る。 審判の親方もスタンバイ。 九重親方(元大関千代大海)、 二子山親方 (元大関雅山)らは無人の館内を珍しそうに見渡していた。 そして、序ノ口の煌(朝日山)-艶郷(湊)戦から、いよいよ歴史的場所が幕開け。 結果は煌がはたき込みで制した。 ボリビア生まれで将来は母国で大統領になる夢がある煌は「緊張して(所作を)間違えた」と苦笑い。 奈良県橿原市の部屋からは兄弟子ら4人と行司1人で乗り合い、タクシーで会場入り。 運賃は「2万円くらい」かかったという。 艶郷は「(いつもなら)ちょっと聞こえてくる声援もなかった。 集中するにはいいけど少しやりづらかった。 1回取れば慣れる。 次は集中できると思う」と話した。 会場には行司と2人でタクシーを利用し、30分かけてきた。 いつもは電車移動なため「不思議な感じ」と苦笑いした。 煌関が、緊張して所作を間違えてしまったようですね。 逆に無観客試合でいつもと違った雰囲気だったためのことのようです。 <初日の様子> 8時40分より取組開始しました。 三月場所最初の取組。 序ノ口の煌 きらめき と艶郷 つやさと。

次の