クライオ ポッド。 CryoPod(クライオポッド) Carrier ポータブルLN2サンプルキャリアー

【ARK】空の低温ポッド(Cryopod)ポケボール │ static.worldphoto.org

クライオ ポッド

sponsored link クライオフリッジとクライオポッドの作り方は? 普通にクラフトするアイテムとは少し違い、特殊なんだよね。 クラフトには、TEKレプリケーターか、供給クレート内か、オベリスク内でのみ作成出来ます! 作業台や旋盤では作成出来ないアイテムなんで、勘違いしないように注意! TEKレプリケーターの特徴は? メリットは、建造物として拠点内に置けるため、アクセスが容易で一番の理想です。 ただしデメリットとして、エングラム解放にはボスを倒す必要があったりと、準備が大変になってしまう為、オススメは供給クレート or オベリスクの使用です。 供給クレートの特徴は? 降りてくる場所がマップ内各所に点在している為、アクセスしやすいのがメリットです。 ただし時間制限があるのがデメリットで、周囲の安全にも気を配る必要があります。 オベリスクの特徴は? 場所が各マップに固定で存在しているんで、拠点から近い等であれば有効な選択肢に。 時間制限もなく、外敵が基本的に居ないのも良い所です。 場所さえ分かれば、作り方は至ってシンプル! エングラム解放後、インベントリ内に素材となるアイテムを全て入れて、いつも通りにクラフトします。 インゴットの要求数が多い為、重量に注意しましょう。 種類が多くなるんで、準備する際の忘れ物に注意! クライオフリッジとクライオポッドの使い方は? まず、クライオフリッジを拠点内のコンセントがある付近に設置します。 電気を使用する為、電線の拡張工事等も済ませておきましょう。 置くとこの通り、穴が無数に空いてる「タワー状の機械」が設置されます。 これがクライオフリッジで、モンスターボールとなる「クライオポッド」を収納、充電しておく為の物です。 クライオポッドの収納数はコレ1台につき72個なんで、必要があれば増設も考えましょう! 中のインベントリに、クライオポッドを3個入れてみました。 クライオポッドのところに「CHRG 0.5」と記載があるけど、これは「チャージ中」の略で、クライオポッドを充電している状態です。 「チャージ:29d 23h」という記載もあるんだけど、これの意味は「残り29日と23時間バッテリーが持ちます」の意味。 試しに「クライオポッド」を使ってみよう! テラーバードのチョコボ君を実験台に使います。 近付いてクライオフリッジをかざすと、青い光と共に、チョコボ君が吸収されていきます…。 sponsored link チョコボがアイテム化されました。 ステータスの状態も全て記録され、モンスターボール(クライオポッド)の中に…。 今度はアイテム化したチョコボを使ってみます。 …チョコボ!君に決めた!っつって、モンスターボールを投げると…あら不思議、チョコボが出てきました! これは、クライオポッドを作れば作るほど、どんなペットでも収納、展開する事が出来る為、引っ越しや移動時、メッチャ便利です。 特に便利な使い方は、洞窟攻略時です。 入口が狭い洞窟の場合でも、中が広ければ、極端な話…ティラノサウルスを洞窟内で使って攻略して、また収納して帰ってくる!なんて荒業だってOK。 実際俺も、それでかなり使い込んでます。 あとは、地形にハマってしまったペットの救出時にも大活躍します! 救出を諦めて放置してたあの子も、このクライオポッドで助けられます。 まぁそれまで出来たら、便利すぎてバランス崩壊レベルなんでね…。 これは、サバイバーのファストトラベルと一緒の感覚です。 貴重品を入れている恐竜の場合は、荷物を一旦倉庫に移してから、クライオポッドでアイテム化しましょう! ちなみに特例として、サドルやスキンは付けたままで大丈夫です! ただし!プラットフォーム上の建築物は全て倒壊してしまいます…。 建築物が無い状態で、クライオポッドを使うように注意しましょう。 右下に出るマークがそれで、秒数が0になる前に次のペットを召喚すると、召喚酔いといって「昏睡状態」で出てきてしまいます。 もちろん無防備になっちゃうんで、目が覚めるまでは危険な状態に。 しかも召喚酔いは、展開した時から5~7分程度続きます。 気絶値の回復が早いペットだった場合、目が覚める方が早いんだけど、なんと騎乗出来ません! 召喚酔いが治るまでは、ペットとしての機能がガクッと下がります。 なので、焦らずに5分待ってから、次のペットを召喚するようにしましょう。 また、もう1個の注意点として「昏睡中は食料値の減りが早い」です。 特に気絶値の回復が遅いペットなんかは、食料値が減りすぎないように注意しましょう。 以上、クライオフリッジとクライオポッドの、作り方と使い方講座でした! クライオフリッジとクライオポッドは、1回使うとその便利さに中毒性があって、すぐコレ頼りになっちゃうくらいなんだよね。 みんなもぜひ一度使ってみて、その魅力の虜になっちゃって下さい!.

次の

Cryo TEM

クライオ ポッド

Contents• 使用法 [ ] 低温ポッドで生物を捕獲するには、空の低温ポッドを装備し、近くに向けてを数秒間押し続けます。 生物が低温ポッドになるとそれはアイテムのように振舞い、食物消費を止めます。 そして低温ポッドはサバイバーや生物のインベントリに入れて持ち運ぶことができます。 低温ポッドは作られるとすぐに崩壊し始めます、生産を通じて、またはOrbitital Supply Dropから入手した後、30日または1か月の減衰期間を持ちます。 は、電源が入っている限り、減衰タイマーを永久に停止して復元します。 低温ポッドが(デフォルトで)30日経っても再充電されない場合、それは無効になり、 deadとラベル付けされます。 低温ポッドがdeadになったとき、低温ポッドを再充電しても、低温ポッドの中のどんな生物も死にそして永久に消えます。 生物の死亡はトライブ記録に記録され、死亡した低温ポッドは で再充電されるまで使えません。 低温ポッドの減衰タイマーは の 影響を受けません。 Cryofridgeの電源が入っている限り 生物を低温ポッドから出した場合、サバイバーはとして知られているを受け取るでしょう。 Cryo Cooldownは5分間継続し、画面の右下のカウントダウンタイマーで見ることができます。 中にを低温ポッドから出した場合、Cryo Sicknessを得ます。 Cryo Sicknessは5分間持続し、攻撃されるとその生物はより多くのダメージを受けるようになり(通常の10倍ダメージ)、そして、生物の気絶値が満タンになり気絶します。 "Cryo Sickness"という言葉は、5分間にわたって、苦しんでいる生物の上に赤いテキストで表示されます。 Cryo Sicknessがアクティブな間は生物を低温ポッド入れることはできません。 たとえ( のように)短い気絶タイマーがあり、Cryo Sicknessがなくなる前に気絶から目覚めたとしても、Cryo Sicknessがすり減るまで、乗ることができず、笛の命令に反応しません。 生物を低温ポッドから出す行為は、凍結解除したサバイバーのタイマーもリセットします(最大値5分まで、タイマーは5分以上スタックしません)。 それで、Cryo Sicknessに耐えると期待される大量の生物を解放するならば、 十分に保護された環境でのみ実行することをお勧めします。 生物を低温ポッドから出す場合に注意することがいくつかあります:• 低温ポッドの生物を配置するための領域がそれを含むのに十分な大きさでない場合、赤いテキストのメッセージが表示され、低温ポッドは生物がまだその中にある状態で影響を受けません。 生物を低温ポッドに入れると、生物のインベントリの中にあるものは何でもドロップされます(これは の武器スロットのような他のどのスロットも含むます)。 唯一の主な例外は、 (装着している場合)と 用のモジュール(低温ポッドに入れると耐久性が低下します)です。 それらはアイテムであるため、サバイバーまたは生物がインベントリ内の低温ポッドとともに死亡した場合、低温ポッドの生物は盗難の危険にさらされます。 低温ポッドから出す行為は、それを低温ポッドから出すトライブまたは個人に所有権を移転するため(個人所有または刻印された生物でも)。 クライオポッド内の赤ちゃん赤ちゃん、少年、または青年)の生物を凍結すると、タイマーと食物消費が一時停止し、そして、ケアを求めた場合、クライオポッドを外したときはいつでも望みを変えます。 関連するパッチの前にCryopoddedされた赤ちゃんは、次回のリリース時にインプリントタイマーが8時間にリセットされます。 雌のクライオポッドは、それを含むクライオポッドが最近別のサーバーに転送された場合を除き、繁殖タイマーをリセット しません。 交尾間隔のタイマーは、雌がクライオポッドになっている場合でも、刻み続けます。 パッチに関連する前にクライオポッドで飼育された雌は、次回の放飼時に繁殖タイマーがリセットされます。 哺乳類が妊娠している場合、低温ポッドに入れると妊娠をリセットし、低温ポッドから出すと雌は通常の交配クールダウン間隔になります(サーバー設定に基づく)。 パッシブXPゲインは、Cryopoddingの時間以降のゲーム時間にアイドルXPレートを掛け、最終的な1. 05リターンを掛けた値によってのみ決定されます。 最大レベルまたは のクリーチャーは、パッシブXPを獲得しません。 低温ポッドに入っている生物は、インフォボックスをアクティブにした状態で停止すると、現在のすべてのステータスと性別が表示されます。 では、Foreign Dino Downloadsのが有効になっていない限り、ExtinctionまたはAberrationの一部ではない(または異常な対応物がない)、または禁止されたクリーチャーのリストにあるクリーチャーをマップに非クライオポッド化することはできません 制限事項 [ ] 次の生物(forcetamedを含む)はcryofrozenして低温ポッドにすることはできません:• 'Giant Bee'とは、女王ではなく によって生み出された蜂のことです。 Tek ATVが凍結しているときに低温ポッドがユタラプトルの写真を表示するので、Tek ATVを凍結することは意図されていない可能性が最も高いですが、Tek ATVを除いて乗り物は凍結することはできません。 備考 [ ]• 低温ポッドはもともと同様にに手に入れることができる野生をCryofreezeすることを意図していましたが、あまりにも圧倒されているために廃棄されました。 のテスト段階では、 をCryofreezeすることは可能でしたが、そのバグはテスト中に修正されたはずです。 以前は、まだ可能でした。 低温ポッド内でcryofrozenされているアイコンのない生物は、代替物として に似たアイコンを持ちます。 パッチより前のすべてのcryofrozen生物は、(異なる)性別を持つかどうかにかかわらず、性別は"オス"とラベルされています。 これは、 、 、 のようなgenderless entityに適用されます。 より前のバージョンでは、Cryo Sicknessの状態で生き物をcryoすることは可能でした。 より前のリリースでは、女性のクリーチャーは解放されると強制的に交尾カウントダウンされ、赤ちゃんのインプリントタイマーはサーバーの設定に関係なく8時間にリセットされます。 この更新前にクライオポッドに残っていたクリーチャーは、リリースされてもこの効果がありますが、その後は持続しません。 部族に管理者特権がある場合、部族内の他の誰かに個人的に所有されているクリーチャーをクライオにすることは現在可能です。 また、同じサーバー上の別のサーバーまたは部族にそのクリーチャーを転送することも可能です。 クリーチャーは元の所有者によって個人的に所有されたままになりますが、これは明らかに、クリーチャーは部族所有または部族に乗るための政府設定の部族に属していなければ、相互作用することができなくなるため、開発上の見落としです。 クライオポッドに入れられるクリーチャーのプラットフォームのサドルに構造物がある場合、それらは自動的に破壊され、サドルの付いたクリーチャーが凍結していない場合は戻りません。 クリーチャークラスは、特定のシナリオでは持続しません。 モッドされたクリーチャーをクライオし、元のクリーチャーのmodを削除すると、クラスは無効になり、後で元のmodがインストールされた場合でもリリースできなくなります。 クラスが無効化されたクリーチャーをリリースしようとすると、クリーチャーが作成されずにアイテムが削除されます。 クライオポッドからクリーチャーを解放した後、クリーチャーをアップロードしようとすると、クリーチャーがアップロードできるようになるまでに6〜7分のタイマーが表示されます。 それにもかかわらず、クリーチャーは実際には、クリーチャーをダウンロードした後に発生するタイマーと同様に、解放された後、隠された12時間のタイマーを持っています。 クライオポッドは、ボスアリーナの内部、またはの内部または近くで使用 できません。 それらは、のオープンアリーナで引き続き使用できます。 生物が低温ポッドから解放されたとき、特定の生物はいくつかのaftereffectsを持つでしょう:• は を全部失います• 低温ポッドを介して転送されたすべてのメスは、生物転送を介して直接転送されたものと同じ交配間隔のクールダウンに入る。 赤ちゃんとして転送された場合、 は赤ちゃんとして表示されるのではなく、赤ちゃんの接頭辞がまだ残っている少年として表示されます。 残念ながら、この方法で育てられた赤ちゃんは、行動セットに関係なく永続的に攻撃的になります(たとえリストレスに攻撃しなくても)。 ライトペットはチャージを失います。 糞やフクロウのペレットを得るのに便利です。 その生物が持っていたどんなバフも再適用されないでしょう。 に配置された低温ポッドは、プレイヤーのインベントリで減衰するのと同じ速度で充電します。 クライオポッドはかつて-排他的なエングラムでした。 これはマップのリリースで変更され、すべてのマップでアクセス可能になりました。 ただし、 で作成する要件は変わりませんでした。 バグ [ ]• - 低温ポッドは、低温ポッドから最近リリースされた生物を、それをリリースしたサバイバーを追跡するように自動的に設定します。 これは、気絶の状態でもサバイバーを"追跡"するので、停止するように命令することはできません。 これは、生物がいる場所から遠く離れた別のベッドに素早く移動することで解決できます。 クリーチャーを凍結すると、その中に作成されたすべてのフォルダーは、クリーチャーをアップロードするときと同様に消えます。 シングルプレイヤーまたは非公式サーバーで満たされたクライオポッドを転送すると、クリーチャーのレベルが1にリセットされ、サドルが削除され、インプリントの品質が突然変異とともに失われる可能性があります。 クライオポッドを介してオベリスク内のクリーチャーを転送すると、取り出されたクライオポッドが猛禽類の写真を表示し、あなたのクリーチャーの正しい名前とステータスを保持しているにもかかわらず展開できない可能性があります。 This page was last edited on 10 June 2020, at 20:14. Content is available under unless otherwise noted. Game content and materials are trademarks and copyrights of their respective publisher and its licensors. All rights reserved. This site is a part of Fandom, Inc. and is not affiliated with the game publisher.

次の

CryoPod(クライオポッド) Carrier ポータブルLN2サンプルキャリアー

クライオ ポッド

Contents• 使用法 [ ] 低温ポッドで生物を捕獲するには、空の低温ポッドを装備し、近くに向けてを数秒間押し続けます。 生物が低温ポッドになるとそれはアイテムのように振舞い、食物消費を止めます。 そして低温ポッドはサバイバーや生物のインベントリに入れて持ち運ぶことができます。 低温ポッドは作られるとすぐに崩壊し始めます、生産を通じて、またはOrbitital Supply Dropから入手した後、30日または1か月の減衰期間を持ちます。 は、電源が入っている限り、減衰タイマーを永久に停止して復元します。 低温ポッドが(デフォルトで)30日経っても再充電されない場合、それは無効になり、 deadとラベル付けされます。 低温ポッドがdeadになったとき、低温ポッドを再充電しても、低温ポッドの中のどんな生物も死にそして永久に消えます。 生物の死亡はトライブ記録に記録され、死亡した低温ポッドは で再充電されるまで使えません。 低温ポッドの減衰タイマーは の 影響を受けません。 Cryofridgeの電源が入っている限り 生物を低温ポッドから出した場合、サバイバーはとして知られているを受け取るでしょう。 Cryo Cooldownは5分間継続し、画面の右下のカウントダウンタイマーで見ることができます。 中にを低温ポッドから出した場合、Cryo Sicknessを得ます。 Cryo Sicknessは5分間持続し、攻撃されるとその生物はより多くのダメージを受けるようになり(通常の10倍ダメージ)、そして、生物の気絶値が満タンになり気絶します。 "Cryo Sickness"という言葉は、5分間にわたって、苦しんでいる生物の上に赤いテキストで表示されます。 Cryo Sicknessがアクティブな間は生物を低温ポッド入れることはできません。 たとえ( のように)短い気絶タイマーがあり、Cryo Sicknessがなくなる前に気絶から目覚めたとしても、Cryo Sicknessがすり減るまで、乗ることができず、笛の命令に反応しません。 生物を低温ポッドから出す行為は、凍結解除したサバイバーのタイマーもリセットします(最大値5分まで、タイマーは5分以上スタックしません)。 それで、Cryo Sicknessに耐えると期待される大量の生物を解放するならば、 十分に保護された環境でのみ実行することをお勧めします。 生物を低温ポッドから出す場合に注意することがいくつかあります:• 低温ポッドの生物を配置するための領域がそれを含むのに十分な大きさでない場合、赤いテキストのメッセージが表示され、低温ポッドは生物がまだその中にある状態で影響を受けません。 生物を低温ポッドに入れると、生物のインベントリの中にあるものは何でもドロップされます(これは の武器スロットのような他のどのスロットも含むます)。 唯一の主な例外は、 (装着している場合)と 用のモジュール(低温ポッドに入れると耐久性が低下します)です。 それらはアイテムであるため、サバイバーまたは生物がインベントリ内の低温ポッドとともに死亡した場合、低温ポッドの生物は盗難の危険にさらされます。 低温ポッドから出す行為は、それを低温ポッドから出すトライブまたは個人に所有権を移転するため(個人所有または刻印された生物でも)。 クライオポッド内の赤ちゃん赤ちゃん、少年、または青年)の生物を凍結すると、タイマーと食物消費が一時停止し、そして、ケアを求めた場合、クライオポッドを外したときはいつでも望みを変えます。 関連するパッチの前にCryopoddedされた赤ちゃんは、次回のリリース時にインプリントタイマーが8時間にリセットされます。 雌のクライオポッドは、それを含むクライオポッドが最近別のサーバーに転送された場合を除き、繁殖タイマーをリセット しません。 交尾間隔のタイマーは、雌がクライオポッドになっている場合でも、刻み続けます。 パッチに関連する前にクライオポッドで飼育された雌は、次回の放飼時に繁殖タイマーがリセットされます。 哺乳類が妊娠している場合、低温ポッドに入れると妊娠をリセットし、低温ポッドから出すと雌は通常の交配クールダウン間隔になります(サーバー設定に基づく)。 パッシブXPゲインは、Cryopoddingの時間以降のゲーム時間にアイドルXPレートを掛け、最終的な1. 05リターンを掛けた値によってのみ決定されます。 最大レベルまたは のクリーチャーは、パッシブXPを獲得しません。 低温ポッドに入っている生物は、インフォボックスをアクティブにした状態で停止すると、現在のすべてのステータスと性別が表示されます。 では、Foreign Dino Downloadsのが有効になっていない限り、ExtinctionまたはAberrationの一部ではない(または異常な対応物がない)、または禁止されたクリーチャーのリストにあるクリーチャーをマップに非クライオポッド化することはできません 制限事項 [ ] 次の生物(forcetamedを含む)はcryofrozenして低温ポッドにすることはできません:• 'Giant Bee'とは、女王ではなく によって生み出された蜂のことです。 Tek ATVが凍結しているときに低温ポッドがユタラプトルの写真を表示するので、Tek ATVを凍結することは意図されていない可能性が最も高いですが、Tek ATVを除いて乗り物は凍結することはできません。 備考 [ ]• 低温ポッドはもともと同様にに手に入れることができる野生をCryofreezeすることを意図していましたが、あまりにも圧倒されているために廃棄されました。 のテスト段階では、 をCryofreezeすることは可能でしたが、そのバグはテスト中に修正されたはずです。 以前は、まだ可能でした。 低温ポッド内でcryofrozenされているアイコンのない生物は、代替物として に似たアイコンを持ちます。 パッチより前のすべてのcryofrozen生物は、(異なる)性別を持つかどうかにかかわらず、性別は"オス"とラベルされています。 これは、 、 、 のようなgenderless entityに適用されます。 より前のバージョンでは、Cryo Sicknessの状態で生き物をcryoすることは可能でした。 より前のリリースでは、女性のクリーチャーは解放されると強制的に交尾カウントダウンされ、赤ちゃんのインプリントタイマーはサーバーの設定に関係なく8時間にリセットされます。 この更新前にクライオポッドに残っていたクリーチャーは、リリースされてもこの効果がありますが、その後は持続しません。 部族に管理者特権がある場合、部族内の他の誰かに個人的に所有されているクリーチャーをクライオにすることは現在可能です。 また、同じサーバー上の別のサーバーまたは部族にそのクリーチャーを転送することも可能です。 クリーチャーは元の所有者によって個人的に所有されたままになりますが、これは明らかに、クリーチャーは部族所有または部族に乗るための政府設定の部族に属していなければ、相互作用することができなくなるため、開発上の見落としです。 クライオポッドに入れられるクリーチャーのプラットフォームのサドルに構造物がある場合、それらは自動的に破壊され、サドルの付いたクリーチャーが凍結していない場合は戻りません。 クリーチャークラスは、特定のシナリオでは持続しません。 モッドされたクリーチャーをクライオし、元のクリーチャーのmodを削除すると、クラスは無効になり、後で元のmodがインストールされた場合でもリリースできなくなります。 クラスが無効化されたクリーチャーをリリースしようとすると、クリーチャーが作成されずにアイテムが削除されます。 クライオポッドからクリーチャーを解放した後、クリーチャーをアップロードしようとすると、クリーチャーがアップロードできるようになるまでに6〜7分のタイマーが表示されます。 それにもかかわらず、クリーチャーは実際には、クリーチャーをダウンロードした後に発生するタイマーと同様に、解放された後、隠された12時間のタイマーを持っています。 クライオポッドは、ボスアリーナの内部、またはの内部または近くで使用 できません。 それらは、のオープンアリーナで引き続き使用できます。 生物が低温ポッドから解放されたとき、特定の生物はいくつかのaftereffectsを持つでしょう:• は を全部失います• 低温ポッドを介して転送されたすべてのメスは、生物転送を介して直接転送されたものと同じ交配間隔のクールダウンに入る。 赤ちゃんとして転送された場合、 は赤ちゃんとして表示されるのではなく、赤ちゃんの接頭辞がまだ残っている少年として表示されます。 残念ながら、この方法で育てられた赤ちゃんは、行動セットに関係なく永続的に攻撃的になります(たとえリストレスに攻撃しなくても)。 ライトペットはチャージを失います。 糞やフクロウのペレットを得るのに便利です。 その生物が持っていたどんなバフも再適用されないでしょう。 に配置された低温ポッドは、プレイヤーのインベントリで減衰するのと同じ速度で充電します。 クライオポッドはかつて-排他的なエングラムでした。 これはマップのリリースで変更され、すべてのマップでアクセス可能になりました。 ただし、 で作成する要件は変わりませんでした。 バグ [ ]• - 低温ポッドは、低温ポッドから最近リリースされた生物を、それをリリースしたサバイバーを追跡するように自動的に設定します。 これは、気絶の状態でもサバイバーを"追跡"するので、停止するように命令することはできません。 これは、生物がいる場所から遠く離れた別のベッドに素早く移動することで解決できます。 クリーチャーを凍結すると、その中に作成されたすべてのフォルダーは、クリーチャーをアップロードするときと同様に消えます。 シングルプレイヤーまたは非公式サーバーで満たされたクライオポッドを転送すると、クリーチャーのレベルが1にリセットされ、サドルが削除され、インプリントの品質が突然変異とともに失われる可能性があります。 クライオポッドを介してオベリスク内のクリーチャーを転送すると、取り出されたクライオポッドが猛禽類の写真を表示し、あなたのクリーチャーの正しい名前とステータスを保持しているにもかかわらず展開できない可能性があります。 This page was last edited on 10 June 2020, at 20:14. Content is available under unless otherwise noted. Game content and materials are trademarks and copyrights of their respective publisher and its licensors. All rights reserved. This site is a part of Fandom, Inc. and is not affiliated with the game publisher.

次の