赤江 珠緒 ツイッター。 赤江珠緒アナと博多大吉の恥ずかしフライデー画像がヤバイ! | ホットワードブログ

赤江珠緒、2ヶ月ぶり仕事復帰で「浦島太郎状態」 『たまむすび』代打アナに感謝|【西日本スポーツ】

赤江 珠緒 ツイッター

3月で全てのレギュラー番組を降板する赤江アナ 「実はですね、わたくし赤江珠緒が、このたび妊娠いたしました。 刻々とお腹も出てきているし、巨乳にもなっています(笑い)」 2月16日、レギュラーのラジオ番組『たまむすび』(TBS放送)の冒頭で、妊娠5か月であることを発表した フリーアナウンサー・赤江珠緒(42才)。 「嬉しいです。 正直、もう私は諦めていましたから…。 いろいろありましたけど、今は無事に元気な子が生まれてくるよう祈るだけです」 赤江の母親は感無量といった様子でこう話す。 兵庫県明石市の白亜の邸宅。 昨年41才で出産した膳場貴子アナなどアラフォーでの第一子妊娠は増えている。 だが、それは分母の増加ゆえの数字であり、高齢妊娠の難しさは変わらない。 統計によれば、35才の女性の自然妊娠率は30%。 45才で5%にまで下がる。 不妊治療に詳しい「いけした女性クリニック銀座」の池下育子院長が語る。 「時間のとらえ方というか、スピード感が違うんです。 例えば39才で結婚した女性の場合、自分の状況をシビアに判断し、全てにおいて妊娠を最優先するタイプがほとんど。 体外受精の選択も迷いません。 一方、30代半ばの女性だと、仕事と妊活の優先順位を決めかねているかたが多い。 あと一年、この仕事が終わってから、と猶予期間を長引かせているうちに、気づいたら手遅れ…というケースも散見されます」(池下院長) 年齢に加え、「子供はまだ?」「結婚何年目だっけ?」という周囲からの言葉も赤江を苦しめた。 女性のための健康情報サイト『ルナルナ』が妊活、妊娠、育児中の女性を対象に行った「妊活のストレスとパートナーとの関係について」の調査結果によると(2014年12月)、「妊活開始から妊娠までかかった月数」は6か月以内と回答した人は約55%。 6か月以上~1年以内は約25%。 2年以上かかったとの回答は約6%だった。 結婚5年以上と答えた人は皆無である。

次の

赤江珠緒、ピエール瀧から新型コロナウイルスでの療養中に「お尻で割り箸を割る動画」が送られてきたと明かす「これ見て元気出せ」

赤江 珠緒 ツイッター

4月15日に発症して以来、およそ2ヶ月ぶりの仕事復帰となった。 復帰後初となる『たまむすび』冒頭で、赤江アナは「みんな元気?」と呼びかけながら幕開け。 「ありがとうございました。 ご心配おかけして。 (第一声は)『おかあさんといっしょ』の始まりなんです。 私が療養中、どうしても隔離生活で、どれほど助けていただいたか。 その感謝とリスペクトをこめて」と伝えた。 続けて「普段の放送。 『たまむすび』も含めて、通常の放送をしてくれているっていう。 緊急事態宣言の時は特に大変な時期だったので、普段通りのことをしてくださっているありがたさ」としみじみ。 「産休で1年間休んでいたことがあるんです。 その時はしれっと戻ってきていたので、何も思っていなかったんですけど、すごく気恥ずかしさがあって。 ちょっと浦島太郎状態になっているんですよ」と率直な思いを打ち明けた。 この間、ピンチヒッターを務めた外山惠理アナをはじめ、各アナウンサーへの感謝も伝え「外山惠理さん。 エリツィンは足を向けて眠れないわと思って。 出水麻衣さん。 感じいい放送でしょう。 すっごい感じいい方なんですけど、それが漏れている。 堀井美香さんは、私の中では観音様ですね。 ものすごい美声。 甘くもあり、つややかでもある中に、とんでもない破壊力のある行動を取られる。 サービス精神が普段からある。 昔、来てすぐの頃にもシールをくださったりね…。 長峰由紀さんまでご登板いただいて…」と呼びかけた。 さらに「2ヶ月まともに大人と会話するのもパタッと止まってしまった。 すべてがきょうからなんですよ。 こんな状況で出ていくのは恥ずかしい。 朝、発声練習をしていかないと。 娘が保育園行きたくないってなったり…」と奮闘ぶりを告白。 「ご心配いただいて、きょうもたくさんお花くださったり、お便りもたくさん。 目を通させてもらっていますので、どれだけ勇気づけられているか」と話した。 番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。 実際に家族に感染者が出た立場として、自身と家族の状況などを踏まえて感じたことや考え方を、長文のレポートにまとめたものを番組宛てに寄せる。 4月18日:TBSラジオのホームページで「赤江珠緒さんより、PCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性が判明したとの連絡を受けました」と発表。 4月29日:番組内にコメントを寄せ、自身が肺炎のために入院していると報告。 16日同様、長文のレポートを寄せる。 5月6日:番組にコメントを寄せ、退院したことを報告。 代打でパーソナリティーを務めた、堀井美香アナが代読する形で「いろいろとご心配をおかけしましたが、この度退院となりましたので、取り急ぎご報告いたします。 この後、しばらく自宅療養をしながら体力の回復を目指します。 みなさま本当にありがとうございました。 この度助けていただきました、医療現場のみなさまに心から感謝申し上げます」と伝える。 5月12日:『荻上チキ・Session-22』(月~金 後10:00)にメッセージを寄せ、医療従事者からの声も紹介。 詳細なレポートで、新型コロナと医療体制などの現状を伝えた。 6月1日:番組エンディングで、代打を務めてきた外山惠理アナが、赤江アナが8日から復帰すると報告。 関連リンク•

次の

赤江珠緒、復帰後初インタビュー 『荻上チキ・Session

赤江 珠緒 ツイッター

3月で全てのレギュラー番組を降板する赤江アナ 「実はですね、わたくし赤江珠緒が、このたび妊娠いたしました。 刻々とお腹も出てきているし、巨乳にもなっています(笑い)」 2月16日、レギュラーのラジオ番組『たまむすび』(TBS放送)の冒頭で、妊娠5か月であることを発表した フリーアナウンサー・赤江珠緒(42才)。 「嬉しいです。 正直、もう私は諦めていましたから…。 いろいろありましたけど、今は無事に元気な子が生まれてくるよう祈るだけです」 赤江の母親は感無量といった様子でこう話す。 兵庫県明石市の白亜の邸宅。 昨年41才で出産した膳場貴子アナなどアラフォーでの第一子妊娠は増えている。 だが、それは分母の増加ゆえの数字であり、高齢妊娠の難しさは変わらない。 統計によれば、35才の女性の自然妊娠率は30%。 45才で5%にまで下がる。 不妊治療に詳しい「いけした女性クリニック銀座」の池下育子院長が語る。 「時間のとらえ方というか、スピード感が違うんです。 例えば39才で結婚した女性の場合、自分の状況をシビアに判断し、全てにおいて妊娠を最優先するタイプがほとんど。 体外受精の選択も迷いません。 一方、30代半ばの女性だと、仕事と妊活の優先順位を決めかねているかたが多い。 あと一年、この仕事が終わってから、と猶予期間を長引かせているうちに、気づいたら手遅れ…というケースも散見されます」(池下院長) 年齢に加え、「子供はまだ?」「結婚何年目だっけ?」という周囲からの言葉も赤江を苦しめた。 女性のための健康情報サイト『ルナルナ』が妊活、妊娠、育児中の女性を対象に行った「妊活のストレスとパートナーとの関係について」の調査結果によると(2014年12月)、「妊活開始から妊娠までかかった月数」は6か月以内と回答した人は約55%。 6か月以上~1年以内は約25%。 2年以上かかったとの回答は約6%だった。 結婚5年以上と答えた人は皆無である。

次の