犬 メロン 食べ れる。 犬が食べていい果物、ダメな果物がわかる!アレルギーやメリットなど

犬に与えてはいけない食べ物、食べさせていいものまとめ。種類と理由は?

犬 メロン 食べ れる

犬にメロンを食べさせても大丈夫!皮と種は取り除いてからあげましょう。 メロンは犬に食べさせることができる果物です。 種や皮は消化に良いものではないので、取り除いてから与えてください。 切ってパックにしただけの商品であれば、カットフルーツのメロンも犬に与えて大丈夫です。 山形県のメロン生産農家、にメロンについてお話をお伺いしました。 「表面の模様は網目状・つるつる・ざらざらなど、皮の色は白・黄・薄緑・濃緑など、果肉は緑・橙・黄・白などがあり、ほとんどの品種はこれらの組み合わせでその特徴を表す事ができます。 メロンは収穫した直後に食べることはせず、必ず追熟の期間を設けます。 この時に 熟れすぎてしまうと、炭酸やアルコールが発生して味が落ちてしまいます。 さらには皮やヘタの近く、品種によっては果肉全体に苦味成分であるククルビタシンが発生することがあります。 」 炭酸は犬には刺激が強く、アルコールも犬には適しません。 苦味成分であるククルビタシンが多く含まれている果実を無理して食べると、嘔吐や下痢といった食中毒の症状が出るおそれもあります。 メロンをひと玉で購入した際は追熟期間に注意して、味に違和感がないか確かめてから犬に与える方が安心でしょう。 メロンはどんなふうに犬の体にいいの? 健康のために期待できること。 メロンにを食べると健康にいいことは? 1:消化をたすける メロンに含まれるククミシンという酵素が、タンパク質(肉、魚、卵、豆など)を分解することで消化吸収されやすくなることが期待できます。 ククミシンは比較的、熱に強い性質をしています。 また、ククミシンの影響で口の中や舌が刺激されることもあります。 犬が食べたがらない時は、無理に与えないようにしましょう。 抗酸化作用、皮膚や粘膜を健やかに保ちたい犬のおやつにおすすめです。 3:体の熱を取り除く メロンには体の熱を取り除くはたらきが期待できます。 ただし、内臓を必要以上に冷やしてしまうと下痢を引き起こすこともあるので、与えすぎないようにしましょう。 4:リラックス作用 全てのメロンの品種に含まれているという明確な情報はありませんが、温室育ちのマスクメロンには、ストレスを和らげ、神経の興奮を抑えるはたらきのあるGABA(ギャバ)が含まれています。 皮の付近よりも中心に近い部位に多く含まれているようです。 また、クエン酸のはたらきによる疲労回復も期待できます。 メロンを食べない方がいい犬は? 薬や病気との食べあわせは? メロンを避けたほうがいい病気、薬は? どのような食材でも、良い面と良くない面を持ち合わせています。 メロンを避けた方がいい犬はいるのか、メロンと相性の悪い薬はあるのか、飼い主としては気になるところ。 犬の食生活・健康管理の講座も開催している(Animal Life Partner代表)にお伺いしました。 「メロンはカリウムの含有量が多く、その含有量は果物の中でバナナに次ぐ第2位です。 カリウムは通常であれば腎臓からナトリウムと共に排泄されますが、腎臓の機能が落ちている犬はカリウムが体に溜まりやすくなり、低血圧や不整脈などの心臓疾患の兆候が出てきます。 そのため、 腎臓病や心臓病の犬は要注意です。 一部の利尿剤ではカリウムを体内に残す作用があるため、これらの薬とメロンを併用すると高カリウム血症になる可能性があります。 一部のメロンに含まれる苦味成分ククルビタシンは、抗がん作用や認知症予防、リュウマチの進行を抑制するなどの効果があるという研究結果が出ています。 苦すぎるメロンはもちろん与えない方がいいですが、多少の苦みであればこのような働きを期待して与えるのもいいかもしれません。 炭酸の刺激もあるので犬には適さない飲み物です。 ・メロンゼリー メロン、ゼラチン、水だけで作られた犬のための手作りメロンゼリーであれば、与えても大丈夫です。 人間用に作られたメロンゼリーは、人工甘味料、香料、着色料が含まれている商品がほとんどですので、犬に与えることは避けましょう。 犬にメロンを食べさせても大丈夫?まとめ• メロンは犬に与えても大丈夫• 消化を助けたり、リラックス作用が期待できる• 熟れすぎたメロンは炭酸、アルコール、苦味成分が発生するので、確認してから与える• 腎臓病、心臓病の犬は与えない方が安心• オナモミ、セイヨウオオバコ、ニワトコ、ブタクサ、ヨモギにアレルギーがある場合は注意して与える 【執筆協力】.

次の

犬はメロンを食べてもいいの?量はどれくらいなら大丈夫?

犬 メロン 食べ れる

犬にメロンをあげる時に大丈夫な食べさせ方や注意点などを伝えていきます。 「犬にメロンを食べさせたいけど、どうしたら良いの?」 「メロンを愛犬に始めてあげるから、安全に食べさせる方法を知りたい」 と思っている人に対して書いていきます。 犬は基本的に甘いものが好きなので、 メロンは大好物です。 もちろん、簡単な注意が必要ですが あげても大丈夫です。 それ以外に目立ったメロン独自の 有効な成分などは特に無いです。 犬にとって メロンは嗜好性が高い食べ物といったイメージを持ってもらえると分かりやすいと思います。 しかし メロンは結構特殊な部類の果物になるので 気をつける所があります。 ミスやデメリットを防ぐために、 与え方や 注意点・ アレルギーなどの細かい点を書いています。 是非最後まで見ていただければと思います。 目次からクリックしてもらえば、その見出しに直接飛ぶことが出来ます。 へーそうなんだあ。 メロンはウリ科の植物に分類されており様々な種類があります。 高級な「 マスクメロン」や「 アンデスメロン」。 夕張市で作られる「 夕張メロン」や、「 クインシーメロン」「 プリンスメロン」など種類も豊富で価格帯もピンからキリまであります。 メロンはフルーツだけのこともあり、水分量も85%~90%近くあるので水分補給させたい時などにもおすすめです。 また、 種も他の果物に比べて消化しやすいので細かいところに気をつければ食べても安全です。 しかしアレルギーがある場合もあるので、気になる方はアレルギーを調べておいても良いでしょう。 アレルギー検査の価格帯として大体2万円~3万円ぐらいです。 メロンの栄養素 メロン独自の成分なのね。 そのほかにも ビタミンAや ビタミンC・ ミネラル類(カリウム・ナトリウム)や 食物繊維などの栄養素があります。 水分も多いので体を冷やす 冷却作用があります。 果物の甘み成分の果糖は砂糖より吸収しやすく、 疲労回復にもつながり熱中症や夏バテなどにも有効です。 ビタミンC コラーゲンとタンパク質をつくるのに必須だと言われています。 皮膚や粘膜などの健康維持のための役割を果たします。 さらに日々のストレスへの抵抗力を養い、ストレスに対して強くなる体をつくることが出来ます。 また抗酸化作用もあり、有害となる活性酸素から守る役割から、 ガンや動脈硬化・糖尿病などを防ぐことが出来ます。 そのほかにも鉄の吸収を高めたり、体のあらゆるところで活躍しています。 カリウム カリウムが多いフルーツの代表としてスイカがありますが、 メロンにはスイカの約3倍のカリウムを含んでします。 カリウムはミネラルの一種で血管を健康に保つ役割をします。 このカリウムは、他の食材や野菜などでは調理中に外に逃げやすいといった性質があります。 しかし、生で食べることができるメロンは結果的に多くのカリウムを体に吸収出来ることになります。 ククミシン メロンの種類によって、 タンパク質を分解してうまく消化吸収を助けるといた働きを期待できます。 この ククミシンは高熱に弱く、90度以上になると失われるといわれています。 メロンを90度以上にして食べる事はないと思いますので、普段どうり生で与えるといった感じで良いでしょう。 ククルビタシンについて 熟成させたメロンの中の苦味の元である ククリビタシンという成分があり、 抗ガン作用や認知症などの進行を遅らせる効果があるといわれています。 少しの苦味であればこのような 効果を期待して食べさせてみても良いかもしれません。 注意点(メロンを食べることについて) やっぱり、メロンは別格なのかな? 冒頭で話したとうりメロンを与えるの際にいくつか注意点があります。 気になる点や判断は個人により変わってきますので、一応細かいところまで記載しています。 気になる箇所だけを読んでもらえればと思います。 きちんと小さくきって食べさせる。 犬は果物を消化させることが得意ではありませんし、物を食べる時に歯で小さくすり潰すといった食べ方もしません。 消化不良や 喉に詰まらせるといったことを避けるために。 柔らかい果肉の部分でもできるだけ 小さく切って食べさせるようにしましょう。 皮の部分を食べさせない。 当たり前ですが、 皮の部分は食べさせないでください。 食べさせる時は、皮も一緒に出さずに、 果肉のところだけを切って食べさせてください。 ウリ科のアレルギーについて スギやブタクサ・ヨモギ・シラカバ・ニワトコ・スイカといった。 ウリ科にアレルギーを持った犬は メロンにもアレルギーが出る場合があります。 理由として上記の植物とメロンは、 近かったり似ている作りの構成をしているといわれているからだといわれています。 「ウリ科」アレルギーの場合は与えないほうが無難な選択だと思います。 美味しいものを与えたいのでしたら、メロン以外にも他に沢山あります。 また、 初めはごく少量から食べさせることをお勧めします。 ククミシンのアレルギーについて ウリ科のアレルギーとは別で、メロンの ククミシンによるアレルギーが発症する確立は極めて珍しいといわれています。 確立は低くても ククミシンに犬のアレルギーが反応して、 喉や口の中がしびれたりする症状が引き起こされる可能性があります。 特に犬が食べたがらない時は、この ククミシンの影響の可能性があるので 無理に食べさせないようにしてください。 ククミシンが原因の場合、比較的早めにアレルギー症状が出るといわれています。 アレルギーの症状として下記のような症状が見られます。 ついじゅくきかん?何それ? メロンは他の果物と違って、獲ったら 直ぐに出荷させずに熟す為に期間を設けます。 このときに間違って 塾れすぎてしまうと、果肉に炭酸や アルコールが発生して、 若干味が落ちるといわれています。 犬は 炭酸が苦手でアルコールも刺激が強く中毒症状があるので万が一の時のために気をつける必要があるかもしれません。 期限が遅れたメロンを買ったりする事はないとは思います。 しかし、犬に与える前に念には念を入れて、 まずはあなたが味見をしても良いでしょう。 食べ過ぎの肥満や糖尿病のリスク メロンは、品種によりますが 高カロリーで糖分が高いものが多いので 肥満や 糖尿病のリスクがあります。 100gあたり42㌔カロリーです。 食べさせる量に気をつけてください。 まとめ(犬にメロンを食べさせる) 犬にメロンを食べさせることについてまとめました。 まあ、何かの機会があったらメロンを食べさせても良いかもね。 愛犬に美味しいものを食べて喜んでもらえることをのぞいては、 特にあげる必要はないと言い切っても良いでしょう。 私の個人的な意見ですが、メリットよりもどっちかって言うと 手間やミス・間違った与え方によるデメリットのほうが若干勝っているような気がします。 冒頭で伝えた通りきちんとしたドッグフードを与えていればメロンは特にあげる必要はありません。 私の意見として、人間でも中々食べれないことがある高級品(特にマスクメロン)なのに犬にメロンなんて贅沢だと思います。 (笑) しかし、美味しいものを愛犬と一緒に食べる喜びはとても幸せを感じることが出来るでしょう。 ですが、あなたも食べすぎは注意してくださいね。 知り合いの女性の方でメロンにハマってほぼ毎日食べていた人がいたんですが、あっという間に太ってしまったという話を本人から聞いたことがあります。 (笑) 果物は カロリーが低くても果糖が高いので太りやすいのです。 犬は食べ物に関しては凄く学習能力が高いのは有名です。 そして与えすぎると 犬の舌が肥えてしまいます。 あげる頻度としては、 愛犬の誕生日など 外泊で愛犬が長い留守番を我慢した時。 といった様な頑張った時の特別なご褒美としてメロンやフルーツをあげるなど、たまに贅沢をさせるぐらいで丁度良いでしょう。

次の

犬に与えていい果物・ダメな果物|いぬのきもちWEB MAGAZINE

犬 メロン 食べ れる

犬にメロンを与えてもいいの? 量を上げすぎなければ基本的には問題ありません。 メロンには、水分がおよそ87%含まれており、 栄養はカロテンやビタミン類、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの ミネラル、タンパク質や鉄分なども含まれていますので、 良い 水分補給になりますし、カリウムの 利尿作用による塩分の排出なども期待できます。 また、食物繊維の効果により 便通がよくなりますし、カロテンには抗酸化作用があります。 栄養面を見ると犬にとっても健康に良いことがわかります。 食べさせすぎるとどうなるの? 食べさせすぎた場合、メロンはウリ科ですのでお腹を冷やす性質があることと、 水分が豊富なので水分の摂りすぎになり、 便が緩くなったり下痢をする可能性があります。 カリウムが豊富に含まれていますので、時々なら問題ないでしょうが、 毎日多量に食べさせていたら 高カリウム血症のリスクを高めるかもしれません。 一度に食べさせすぎるとカリウムの利尿作用によって おもらしをする犬もいるかと思います。 アレルギーには注意 稀にですがメロンにアレルギー反応を示す犬がいます。 その場合、目が充血したり、皮膚の腫れ、湿疹、じんましん、吐き気、嘔吐、下痢、 毛が抜ける、元気がなくなるなどの症状が出る場合があります。 初めて食べさせる場合は、 極少量から与えてみて様子を見るようにしてください。 食べさせるときの注意点は? メロンは消化に良い食べ物ですが、大き目のものは与えず犬が 食べやすい大きさに切ってあげたり、 細かく刻んであげると消化しやすくなります。 種やわた、皮は与えないでください。 種や皮は食べても消化されませんし、 皮は硬くて万が一食べてしまった場合、大きさにもよりますが胃腸を傷つける恐れがありますし、 消化されませんので、引っかかって出てこないなんて可能性もあります。 量はどれくらいがいいの? 個体によって変わってくるので、どれくらいの量与えたらいいのかは一概には言えませんが、 一般的に言われている量は、目安として 小型犬の場合20g程度といわれています。 20gのメロンというとおおよそですが、人間でいう一口程度となります。 体重によって量は変わってきますので、超小型犬の場合は、10g程度でとどめておくと良いかと思います。 まとめ メロンは基本的に食べても問題はありませんが、 食べさせすぎには注意が必要なことと、アレルギーがあるかないか様子を見るようにしましょう。 また、メロンの皮の誤飲にも注意してください。 病院でとってもらわないといけなくなることもありますので。 カテゴリー• 人気記事• - 252,362 views• - 219,667 views• - 192,230 views• - 182,550 views• - 177,674 views• - 171,758 views• - 170,027 views• - 158,351 views• - 156,458 views• - 152,949 views 最近の投稿• 最近のコメント• に おの より• に より• に 管理人 より• に 吉江慎一 より アーカイブ•

次の