ホルツ カラー タッチ。 【楽天市場】武蔵ホルト Holts ホルツ タッチペンタイプ塗料 カラータッチ

ペイント商品検索

ホルツ カラー タッチ

クルマのボディの塗装修復に限らず、塗装全般に下塗り、中塗り、上塗り、と3回塗るのがベストな方法でしょうね。 しかし、プロの仕事ではありませんから、中塗り(ボディカラー)、上塗り(クリア)でも十分でしょう。 コンパウンドを掛ける作業(ヤスリがけ)は意味合いとしては、塗面を均すことと、上塗りの食い付きを良くする、という2つの面があります。 クリア塗装は基本、仕上げ塗装になりますので、コンパウンドの作業はクリアのツヤを消してしまうものになります。 と、いうことですから、クリア塗装の後に「ツヤ消し」作業をしない様にして下さい。 ところで、クリアのタッチペンって、ありましたっけ?クリア塗装は、エアーブラシ、スプレーでしかキレイに仕上がらないと思いますが・・・ 補足について メタリック、パール、マイカといった塗料の特徴は、塗料の中に「粉末」が混合されている処にあります。 この粉末が、それぞれの光沢感を出していますので、他の塗料より塗装面の食い付きが悪いか、もしくは、そのままではマットな表面に仕上がり、ツヤが出難いということがあるのでしょう。 クリアを塗装することで、簡単にツヤも出ますし、今のクルマ用塗料は、コンパウンドで軽く磨く事でツヤが出し易い塗料になっている様ですね。 私も勘違いしていたのですが、クリアの後のコンパウンド仕上げは、この場合全く問題が無いと思われます。 ただし、塗料の完全乾燥状態を確認する必要はあるでしょうね。 おそらく、塗装面をタッチペンでキレイに均す事は出来ないはずですから、ボディ色を塗った後、クリアを塗った後、両方でコンパウンドがけするのがベストではないでしょうか?.

次の

車の傷をタッチペンで修復する場合は、色塗装→クリア塗装という順番で使...

ホルツ カラー タッチ

クルマのボディの塗装修復に限らず、塗装全般に下塗り、中塗り、上塗り、と3回塗るのがベストな方法でしょうね。 しかし、プロの仕事ではありませんから、中塗り(ボディカラー)、上塗り(クリア)でも十分でしょう。 コンパウンドを掛ける作業(ヤスリがけ)は意味合いとしては、塗面を均すことと、上塗りの食い付きを良くする、という2つの面があります。 クリア塗装は基本、仕上げ塗装になりますので、コンパウンドの作業はクリアのツヤを消してしまうものになります。 と、いうことですから、クリア塗装の後に「ツヤ消し」作業をしない様にして下さい。 ところで、クリアのタッチペンって、ありましたっけ?クリア塗装は、エアーブラシ、スプレーでしかキレイに仕上がらないと思いますが・・・ 補足について メタリック、パール、マイカといった塗料の特徴は、塗料の中に「粉末」が混合されている処にあります。 この粉末が、それぞれの光沢感を出していますので、他の塗料より塗装面の食い付きが悪いか、もしくは、そのままではマットな表面に仕上がり、ツヤが出難いということがあるのでしょう。 クリアを塗装することで、簡単にツヤも出ますし、今のクルマ用塗料は、コンパウンドで軽く磨く事でツヤが出し易い塗料になっている様ですね。 私も勘違いしていたのですが、クリアの後のコンパウンド仕上げは、この場合全く問題が無いと思われます。 ただし、塗料の完全乾燥状態を確認する必要はあるでしょうね。 おそらく、塗装面をタッチペンでキレイに均す事は出来ないはずですから、ボディ色を塗った後、クリアを塗った後、両方でコンパウンドがけするのがベストではないでしょうか?.

次の

【楽天市場】武蔵ホルト Holts ホルツ タッチペンタイプ塗料 カラータッチ

ホルツ カラー タッチ

タッチペンと缶スプレーの中間的な存在が、ホルツの新型タッチガン• そうそう。 ……そういえば、年末にラボの営業車ぶつけたの、思い出した。 そんな報告、総務の私のところに上がってなかったけど?• あ! ……い、いや、まあ、黙っていれば分からない程度の小傷なのよ。 ……ふざけないで。 ホルツのせいで、完全にヤブヘビだわ。 さては、タッチペンで補修して、隠蔽する気だったのね。 そんなの、できるわけないじゃない!! なんでよ。 小傷なんでしょ?• そうだけど、私が補修すると二次被害で大変なことになるのよ?• 二次被害?• タッチペンを、使うと筆ムラで汚くなったり……• かといって 缶スプレーを使うとタレたり、関係ないところまで塗料が飛んだり……• 数多くの失敗から学んだ経験としては、初心者に補修は難しい、という現実ね。 初犯じゃないんだ。 ようするに。 だから、補修しないほうが、逆に隠蔽しやすいの。 そんなユキマちゃんには絶対紹介したくない新作アイテムが、 タッチガンね。 タッチガン? ガンで吹く気? だから、スプレーは難しいって!• ……といっても、使うのは筆塗り塗料のカラータッチなので、あくまでもお手軽補修のジャンルです。 なにそれ。 どういうこと?• ようするに筆塗り塗料であるホルツのカラータッチを、タッチガンにセットすると……• そのため、面倒な養生作業がいらなかったりする。 ヤル気が出る話ね。 それと霧(ミスト)が細かいからタレにくい、という意味でも扱いやすい。 塗料は従来のカラータッチを使えるから、豊富なカラーラインナップを全部使える。 ホルツのカラータッチって、何色くらいあるのかな?• 300色ぐらいあるらしいわよ。 ウーム。 まさにイイトコ取りだ。 缶スプレーは使い慣れた人でないと扱うのが難しいけど、初めて吹くような初心者でも扱える……というのがタッチガンのコンセプトね。 これなら、だいぶ補修のハードルが下がるね!• ただし、会社の車をぶつけたら、会社に報告するのが先ですから。 ……分かってるよぉ。 タッチガン・水性ペイント。• この中に、水性ペイントが入っている。 ねぇ、水性だとなんかイイコトあるの?• 水性の特長として、乾く前なら水で落とせる。 やり直しがきくってこと?• そうなんです。 ……でも雨が降ったら、溶けるってことでは?• そんなわけないでしょ。 完全に乾いてしまえば、雨が降っても洗車しても落ちないんだけど、塗った直後……5分、10分の間なら水で落とせるのよ。 スゴイな、それなら何度もやり直せば、私でもいつかは上手くいく!• ただし、白、黒、シルバーしかないので、近似色を選んで使う簡易補修ね、• ……厳密な色合わせは無理ってことか。 ようするに、もうちょっとしっかり補修したいなっていう人は、自分の車と同じ色を選べる通常のカラータッチを使いましょう、ということね。 300色の水性塗料出してほしいなァ。 ホルツもさじを投げそうなワガママぶりね。

次の