豆腐ハンバーグ あんかけ。 豆腐ハンバーグを冷凍保存する方法と保存期間は?解凍後のアレンジレシピも!

豆腐ハンバーグ和風あんかけ 水切り不要の簡単レシピ

豆腐ハンバーグ あんかけ

豆腐ハンバーグ和風あんかけ 水切り不要の簡単レシピ 豆腐ハンバーグと言っても、 豆腐ではなくあるものを使った簡単レシピにしています。 水切りも、みじん切りも不要の簡単レシピ。 身体も温まる和風あんかけで、秋らしいレシピに。 材料(2人分)調理時間:10分• *鶏ひき肉(もも肉)180g• *がんもどき 80g• 塩 少々• 酒 50㎖• サラダ油(太白胡麻油) 適宜• 三つ葉 適宜• 水溶き片栗粉 適宜 作り方• *の材料をフードプロセッサーに入れて、粘りが出るまで混ぜる。 三つ葉を飾る。 ポイント• フードプロセッサーがなかったら、すり鉢などでがんもどきを擦って混ぜ合わせてもOKです。 少し硬めの仕上がりなので、もう少し柔らかくしたい方は、たねに溶き卵を少々加えると軟かい仕上がりになります。 おわりに・・・ 人参を紅葉型に抜いたり、ぎんなんを加えることにより、秋らしいハンバーグになります。 あんかけは、身体もぽかぽかになるので、是非お試しください。 レシピマグをご覧いただきまして、ありがとうございました。 これからも作りやすいレシピをアップしますので、引き続きお楽しみいただけたら、嬉しいです。 料理家・フードコーディネーター 竹内浩恵.

次の

離乳食に豆腐ハンバーグはいつから? 冷凍保存はできるの? 目的別レシピ集

豆腐ハンバーグ あんかけ

食材(お肉類) 月齢の目安 与え方&注意点 鶏ささみ 生後7〜8ヶ月 筋は取り除く。 すりおろしたりつぶしたりして、細かくほぐす。 鶏ひき肉 生後7~8ヶ月 色の変化がわかりづらいので、しっかり火が通っているかきちんと確認する。 豚肉・牛ひき肉 生後9~10ヶ月 脂肪部分はなるべく使わない。 「牛豚合いびき肉」は脂肪分が多いので、完了期以降から使用する。 ハム・ソーセージ 生後12〜18ヶ月 無添加で低塩タイプのものを選ぶようにする。 赤ちゃんは皮を噛み切れないので、取り除くか皮なしのものを選ぶ。 離乳食の豆腐ハンバーグは栄養豊富! さまざまなアレンジが可能な豆腐ハンバーグは、離乳食にぴったりのメニュー! 基本の豆腐ハンバーグをベースに不足しがちな食材をプラスすることで、手軽に栄養を取れますよ。 豆腐はタンパク質や脂質が豊富 豆腐は体の基礎的な栄養素である良質なタンパク質や脂質をはじめ、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれています。 さらに、消化の吸収があまりよくないとされている大豆は、豆腐になることで消化力が上がり、92~98%が消化吸収されるようになるので、離乳食メニューにぴったりです。 ピーマンやにんじん、きのこなどのクセがある食材も、細かく刻んでハンバーグのタネにすれば赤ちゃんでも食べやすくなります。 ですが食物繊維の取りすぎは赤ちゃんの体に負担がかかるのであげ過ぎに注意してください。 ほうれん草や小松菜の茎やにんじんの皮は生後8ヶ月頃までは与えないようにしましょう。 また、にんじん・ピーマン・玉ねぎはペースト状にすれば離乳初期から使えますが、ハンバーグのタネにする場合は離乳食中期〜後期からにしましょう。 豆腐ハンバーグにおすすめの食材:ひじき ひじきには、歯や骨の形成を助けるカルシウムが牛乳の約12倍、お腹の調子を整える食物繊維がごぼうの約7倍、血液の循環を正常に保つマグネシウムがアーモンドの約2倍も含まれています。 さらに、皮膚を健康に保つビタミンA(レチノール当量)も取れるので、ママにとっても嬉しい食材です。 また、トマトは風邪予防や美肌効果に効果があるビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などをバランス良く含んでいるのです。 トマトは水分が多いので、ハンバーグのタネとして使うのではなく粗く刻んでソースとして使うのがおすすめですよ。 離乳食の豆腐ハンバーグは冷凍できる? 豆腐ハンバーグは冷凍保存も可能です。 豆腐を生のまま冷凍すると高野豆腐(凍り豆腐)のような食感になってしまうため、必ず焼いてから冷凍保存をするようにしてください。 焼いたハンバーグの熱が取れたら一つずつラップに包み、ジップロックなどに入れて冷凍保存をします。 冷凍した豆腐ハンバーグは一週間以内に使い切るようにしてください。 解答方法は、自然解凍や電子レンジで温めればOKです。 離乳食の豆腐ハンバーグを食べさせる前の注意点 離乳食に便利な豆腐ハンバーグですが、赤ちゃんに与える上でいくつかの注意点があります。 順に見ていきましょう。 初めての豆腐ハンバーグはひと口から 大豆は食物アレルギーの「推奨20品目」のひとつです。 また、卵や小麦は「特定原材料7品目」に、鶏肉・豚肉・牛肉は「推奨20品目」であり、それぞれアレルギーのリスクがあります。 そのためアレルギー反応が出た場合にどの食材がアレルゲンかわかるように、まずはそれぞれの食材を一口ずつあげて問題がないかを確認してから、豆腐ハンバーグに使うようにしてください。 初めて豆腐ハンバーグを食べさせる時はひと口だけにして、問題が無ければ翌日から食べさせる回数を増やしていきましょう。 豆腐ハンバーグはしっかり加熱すること 豆腐ハンバーグはお肉を使うレシピが多いので、しっかり加熱して食べ残しは捨てるようにしてください。 特に夏場などの熱い季節は食中毒に気を付けましょう。 遺伝子組み換え作物とは? 「遺伝子組み換え作物」とは、遺伝子を組み換えて新たな性質を持たせた作物のことです。 厚生労働省は厳しい審査を行っているため、遺伝子組み換え作物はアレルギーを引き起こす可能性があるような作物は市場に出まわらないと発表していますが、その安全性は研究者の間でも意見が分かれています。 日本ベビーフード協議会は、「法律で表示義務のある遺伝子組換え食品は使用しない」としています。 そのため赤ちゃんに与える豆腐には、遺伝子組み換え大豆を使用していないものを選ぶ方がいいでしょう。

次の

離乳食に豆腐ハンバーグはいつから? 冷凍保存はできるの? 目的別レシピ集

豆腐ハンバーグ あんかけ

豆腐ハンバーグのタネが完成したら生のまま冷凍するのか、焼いた状態で冷凍した方がいいのか悩む方もいるのではないでしょうか?結論から言うと 豆腐ハンバーグを冷凍する時は焼いてから冷凍するのがおすすめです。 豆腐ハンバーグを生のまま冷凍すると解凍時にドリップが出て食感が悪くなったり、水分が抜けてパサパサになる可能性があります。 また豆腐ハンバーグには しっかりと焼き目をつけ、タネに残った水分を飛ばすことも忘れないようにしてください。 水分が残ったままだと解凍時に水分と一緒に旨みや風味も溶け出してしまいます。 先に豆腐ハンバーグの水分を抜くようにしっかりと焼いてから冷凍することで豆腐ハンバーグの美味しさを保つことができるので、必ず焼いた状態で冷凍するようにしてください。 豆腐ハンバーグのみならず普通のハンバーグでもパサパサの状態のものは美味しくありません。 このパサパサになるのを防ぐにはいくつかのコツがあります。 まずひとつめのコツは タネをしっかりとこねることが大切です。 できれば 100回以上はしっかりとこね、肉が白っぽく粘るようになるくらいコネ合わせると焼いた時に肉汁が流れ出ずパサパサになりません。 ハンバーグの命は練り工程にあると言っても過言ではありません。 美味しい豆腐ハンバーグのためにしっかりと練り合わせるようにしてください。 パサパサになるのを防ぐ二つ目のコツは 水分をある程度入れるということです。 牛乳や水などの水分が少なすぎると柔らかくジューシーな豆腐ハンバーグになりにくいので注意してください。 ハンバーグをパサパサにしない3つ目のコツは 焼きすぎないということです。 ハンバーグはどうしても生焼けが気になってしまい、必要以上に焼いてしまうケースがありますがこれだと肉汁が抜け出てしまいパサパサの原因になってしまいます。 ハンバーグを焼いて軽く箸で押した時に透明の油が出てきたらOKなので、焼きすぎないようにしましょう。 豆腐ハンバーグを解凍する方法はいくつかありますが、解凍したあとパサパサになりにくく一番美味しくいただけるのは 自然解凍です。 自然解凍だと解凍の際に不必要な水分が出てくることもありませんし、冷凍前に限りなく近い状態に戻すことができます。 自然解凍は 冷凍庫から冷蔵庫に豆腐ハンバーグを移し、半日ほど置くだけでOKです。 豆腐ハンバーグを解凍する時間がない方やすぐに食べたい方は、電子レンジの解凍モードを使って解凍することもできます。 ただその場合豆腐ハンバーグがどうしても水っぽくなってしまうので、フライパンで焼きなおすと余計な水分が抜けて美味しくなります。 フライパンで豆腐ハンバーグを焼き直す時は多めの油をしいて豆腐ハンバーグの表面をかりっと焼き上げるとできたての美味しさが復活します。 豆腐ハンバーグ 4個• 生椎茸 6枚• しめじ 1パック• えのき茸 1袋• A酒 大さじ2• Aみりん 大さじ2• Aしょうゆ 大さじ2• おろししょうが 1かけ分• 油 少々• 冷凍したハンバーグは解凍しておきます。 椎茸は石づきを切り落とし薄切りに、しめじは小房に分け、えのき茸は根元を切り落として3等分に切ります。 フライパンにきのこを入れて強めの中火でさっと炒め、分量の水を加えます。 煮立ったら中火にし 材料Aで調味し、再び煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 ハンバーグにきのこあんをかけ、おろししょうがを添えたら完成です。 豆腐ハンバーグ 2個• 絹ごし豆腐 300g• Aすりおろし生姜 小さじ1• Aすりおろしニンニク 小さじ1• B豆板醤 小さじ2• B甜麺醤 大さじ1• Bオイスターソース 小さじ1• B料理酒 小さじ2• B鶏ガラスープの素 小さじ2• B水 200ml• 水溶き片栗粉 大さじ1• ごま油 大さじ1• ハンバーグは解凍後軽く焼きなおしておきます。 フライパンにごま油をひき、長ねぎ、 材料Aを炒めます。 香りが立ったら、絹ごし豆腐と 材料Bを加え中火で煮込みます。 豆腐に火が通ったら、水溶き片栗粉を回し入れます。 とろみが付き全体に味が馴染んだら、火から下ろします。 器にハンバーグを乗せ、5をかけ長ねぎを乗せたら完成です。 ハンバーグ2個• 人参 3cmほど• 米粉 大さじ1• 豆乳 200cc• 塩、胡椒少々• 溶けるチーズ 適量• 玉葱は薄切り、人参は千切りにしたら耐熱容器に入れてラップをし、600wのレンジで3分加熱します。 加熱後フライパンに移し、フライパンが冷たい状態のまま米粉を加えてよく混ぜます。 豆乳を少しずつ加えて溶きのばします。 豆乳を全て入れたら火にかけとろみが付くまで混ぜながら温めます。 とろみが付いたら塩、胡椒で味を整えます。 耐熱皿に入れ、軽く温めたハンバーグを乗せて押し込みます。 溶けるチーズを好みの量振りかけ、トースターでチーズがこんがりするまで焼いたら出来上がりです。

次の