レンガ diy。 おしゃれな庭をDIY!手作りガーデニングのコツ|レンガ・タイルの敷き方は?

初心者向け 駐車場をレンガ敷きDIY 続き

レンガ diy

ロケットストーブの要は、断熱され、真っすぐに立つ煙突(ヒートライザー)です。 これができれば、ロケットストーブはほぼ完成したといっても過言ではありません。 あとは、煙突の下端に焚き口を設け、そこに薪を入れて燃やすだけ。 このように、原理的な構造はとても単純です。 そもそも真っすぐに立つ煙突は上昇気流を生んで燃焼効率を高めるものですが、断熱することで内部がより高温になり、上昇気流が増すとともに二次燃焼が起きるといわれます。 つまり、燃焼効率をさらに高めることで、薪のエネルギーを有効活用でき、煙の排出が少なくなるのです。 二次燃焼により、排気がとてもクリーンになる設計になっています。 これが、ロケットストーブの機能が賞賛される理由です。 なお、ロケットストーブには、ヒートライザーから煙道を横に延長させるなどして室内の暖房に利用するタイプもありますが、本記事では屋外でのキャンプや調理・焚き火用にターゲットを絞っています。 ちなみにロケットストーブの名称の由来には諸説ありますが、完全燃焼状態となったときにゴーゴーと轟く吸気音がロケットのようだから、というのが有力なんだとか。 この激しい音を楽しむのもロケットストーブの醍醐味でしょう。 薪を燃やして暖をとる薪ストーブも、今人気を集めているアイテムの一つです。 この薪ストーブとロケットストーブは混同されやすいのですが、実はまったく異なるものです。 ロケットストーブ作りを始める前に、この二つにどのような違いがあるのかしっかり理解しておきましょう。 まず、両者は本体の構造が異なります。 薪ストーブには燃焼室というものがあり、別途装着した細い煙突から排気します。 空気の量を調整できるので、温度のコントロールもできます。 一方のロケットストーブには燃焼室がなく、煙突の中で火を燃やします。 先ほども説明した通り、燃焼効率がものすごく高い点が特徴。 常に団扇で扇いでいるような状態を作れるため、ダイナミックに激しく火が燃えます。 このように燃焼方法が大きく異なる機構を持っているので、自作する際の難易度も変わります。 どちらの方が図面を起こしたり、設計したりするのが簡単かといえば、比較的簡単な構造のロケットストーブでしょう。 また、ロケットストーブの燃料は身近なものが使えるところも嬉しいポイント。 薪ストーブの燃料が薪であるのに対し、ロケットストーブなら枝、竹、割り箸、ダンボールなども使えます。 これは高温で燃焼させるシステムがあるロケットストーブならではの特徴です。 どれも簡単に手に入るので、燃料は現地調達もOK。 ロケットストーブがキャンプで大人気な理由も納得できますね。 アウトドアだけでなく、災害などでライフラインが断たれた際にも役立てることができます。

次の

DIYで花壇作り レンガの積み方

レンガ diy

by あまりモルタルに水を入れて柔らかくすると、レンガを敷いている途中で沈んでくるのでお勧めできません。 砂だと、レンガが思うように沈まないことがあります。 わたしもいろいろ試したのですが、DIYでは、ほんの少しだけ水が入ったバサモルでの施工をおすすめします。 駐車場にレンガを敷く場合 駐車場にレンガを敷く場合、 下に基礎コンクリートを敷く派 と コンクリートはいらない派 の2つの意見があります。 それぞれにデメリットデメリットがあります。 基礎コンクリートを作って駐車場にレンガを敷く場合 メリット• 安心感がある。 凍結で浮き上がりにくい。 不等沈下しない、つまりガタガタにならない。 デメリット• レンガがタイヤとコンクリートの間に挟まれる形になるので、割れる可能性がある。 コンクリートを敷く手間が必要。 基礎を作らずに、レンガ敷きの駐車場を作る場合 メリット• 施工が簡単。 しかも早い! デメリット• 不同沈下の可能性がある。 タイヤが通るところのみ沈む可能性がある。 コンクリートの基礎がないからといって、砕石層がガタガタと沈んでいくことはありません。 じゅうぶんな基礎砕石さえあれば、コンクリート基礎はいらないと、わたしは思っています。 ただし、事情がどうであれ、基礎砕石は省くことはおすすめできません。 上の写真は、砕石基礎なしにガーデニング好きの近所の奥さんがDIYで敷いたものです。 毎日暑い中DIYを頑張っていらっしゃった時は、 「砕石なくて大丈夫かなー」 となんとなく思っていた程度でしたが、数年経つと凸凹になってしまいましたね。 わたしがDIY好きなことはご近所さんも知っていることだから声をかければよかったのかもしれませんが、せっかく頑張っているところに腰を折るようで声かけできませんでした。 ご近所付き合いって難しい…。

次の

DIYで庭作り レンガの敷き方(準備編)

レンガ diy

by あまりモルタルに水を入れて柔らかくすると、レンガを敷いている途中で沈んでくるのでお勧めできません。 砂だと、レンガが思うように沈まないことがあります。 わたしもいろいろ試したのですが、DIYでは、ほんの少しだけ水が入ったバサモルでの施工をおすすめします。 駐車場にレンガを敷く場合 駐車場にレンガを敷く場合、 下に基礎コンクリートを敷く派 と コンクリートはいらない派 の2つの意見があります。 それぞれにデメリットデメリットがあります。 基礎コンクリートを作って駐車場にレンガを敷く場合 メリット• 安心感がある。 凍結で浮き上がりにくい。 不等沈下しない、つまりガタガタにならない。 デメリット• レンガがタイヤとコンクリートの間に挟まれる形になるので、割れる可能性がある。 コンクリートを敷く手間が必要。 基礎を作らずに、レンガ敷きの駐車場を作る場合 メリット• 施工が簡単。 しかも早い! デメリット• 不同沈下の可能性がある。 タイヤが通るところのみ沈む可能性がある。 コンクリートの基礎がないからといって、砕石層がガタガタと沈んでいくことはありません。 じゅうぶんな基礎砕石さえあれば、コンクリート基礎はいらないと、わたしは思っています。 ただし、事情がどうであれ、基礎砕石は省くことはおすすめできません。 上の写真は、砕石基礎なしにガーデニング好きの近所の奥さんがDIYで敷いたものです。 毎日暑い中DIYを頑張っていらっしゃった時は、 「砕石なくて大丈夫かなー」 となんとなく思っていた程度でしたが、数年経つと凸凹になってしまいましたね。 わたしがDIY好きなことはご近所さんも知っていることだから声をかければよかったのかもしれませんが、せっかく頑張っているところに腰を折るようで声かけできませんでした。 ご近所付き合いって難しい…。

次の