玉ねぎ酢の作り方。 お酢レシピの新定番「酢玉ねぎ」を作ってみよう! [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

酢玉ねぎの作り方!赤玉ねぎとリンゴ酢で抗酸化力アップ♪美容に健康にも!

玉ねぎ酢の作り方

酢玉ねぎの効能は? 酢と玉ねぎという、 ごくシンプルな材料でできる 「 酢玉ねぎ」。 お酢も玉ねぎも、どちらも 様々な効用がありることは よく知られています。 お酢パワーと玉ねぎパワーのヒミツ 【お酢】には、 「 疲労を回復させる」効果が。 そして、 【玉ねぎ】も血液をサラサラにしてくれる ことがよく知られていますが、 それだけでなく、 次のような効能があると言われています。 ・高血圧の予防 ・動脈硬化の予防 ・食欲増進 ・不眠の解消 ・便秘の解消 ・コレステロールを減らす ・中性脂肪を減らす 黒酢人気は健在? デパートを歩いていると 「飲む酢」や「黒酢」をよく見かけます。 健康に気遣う人に、 お酢が支持されていて、 手間ひまかけて作られるお酢が ブランド化されているのも、 お酢による健康への効果が 注目されている証。 とはいえ、 お酢は独特の酸味があります。 そのすっぱさゆえ、 飲むのはちょっと苦手という方も。 また、 お酢は、飲みすぎると歯を腐食させる… という噂も聞きますよね。 好みの酢で作れる効果万能な酢玉ねぎ さて、 酢玉ねぎは、市販の酢のみではなく、 お好みのお酢で作ることも可能。 「酢玉ねぎ」にして食べることで、 お酢と玉ねぎの効果を より高める形で摂取できるんだそう。 ちなみに、 お酢は、 お肌にもよいそうで、 「肌質の改善をサポート」してくれる 成分も含んでいて、 こんな効果も期待できるのだとか。 1. (アミノ酸で) お肌のハリ! 2. (シスチンで) シミ予防! 3.ビタミンCの吸収アップ! さらには、 酢玉ねぎを食べることで 「 ダイエットができる!」といった記事まで 飛び出し、痩せたい女子の ダイエットへの関心も高めているそう。 美しく、健やかに 自分らしい日々を過ごしたい方は、 ぜひ健康維持のためにお試し下さい! 酢玉ねぎの作り方 酢玉ねぎの作り方は とってもカンタン! お家にある材料で手軽にできます。 安くて、簡単にできて、 しかも健康に対するメリットが多い、 と3拍子揃った酢玉ねぎ。 これを活用しない手はありません。 酢玉ねぎは、NHKの お馴染みの情報番組 「 ためしてガッテン」でも 取り上げられました。 そこで、 ガッテン流の酢玉ねぎの 作り方をご紹介します。 2.皮をむいた玉ねぎを薄くスライスして、 15分以上そのまま放置。 4.冷蔵庫に1晩入れて寝かせる。 スポンサーリンク 酢玉ねぎを美味しく食べるコツ ちなみに、 酢玉ねぎは、作ってすぐは、 玉ねぎの辛みが強く、 味が鋭く立っています。 そのため、 正直あまり美味しくありません。 酢玉ねぎを寝かせる これが、 一晩寝かせるだけで、 ずいぶんとなじんで 食べやすくなります。 急ぎの時も、数時間~半日ほど、 好みで2~3日経ってから食べると、 おいしくいただけます。 まとめて作って常備菜に 酢玉ねぎは、 お酢の殺菌効果のせいもあり、 日持ちします。 そのため、 わが家では、週末にまとめて作る 常備菜のひとつにしています。 まとめて作っておくことで、 忙しい平日でも、 日々の食卓に少しずつ 出していくことができます。 組み合わせやアレンジを変えて愉しむ サラダ菜の上にトッピングしたり、 豆腐の上に盛ってごまをかけていただいたり、 お刺身用のたんざくを買ってきて、 カルパッチョを作る時の和えに使ったりもします。 特に、 酢玉ねぎは、肉料理にもピッタリですよ! 焼肉でも、ハンバーグでも、 唐揚げでも、とにかく 肉料理を食べるときには、 酢玉ねぎをサイドメニューとして サラダ的に添えておくのがおすすめ。 お肉だけを食べ続けるよりも、 お肉を食べながら、 酢玉ねぎを添えていただく方が、 途中で油っぽさを感じたり、 お肉の味に飽きることなく、 最期までお肉を美味しくいただけます。 たとえていうなら、 温泉の水風呂的存在。 ずっとお湯に浸かってると のぼせてくらくらしそうになるところを、 水風呂(酢玉ねぎ)でリセットする という感じで、主役ではないにもかかわらず、 お料理を盛り上げる立役者として 活躍してくれます。 スポンサーリンク 酢玉ねぎの食べ方は? 酢玉ねぎの効用を得るためには、 「 1日50g程度」食べるのがよいそうです。 摂取後、効果の持続する時間があるため、 一度にどさっと食べるよりも、 定量を毎日食べる方が、 食習慣としてはよいようです。 酢玉ねぎ、ご家庭の食卓の いつものひと品として活用してみて下さい。 酢玉ねぎの効果を引き出すお酢パワー 先ほども少し触れましたが、 酢玉ねぎを摂るときには、 お酢もいっしょに飲むと より効果がアップするんだそう。 ご興味のある方は、 ぜひお好みのお酢を探してみては? というのも、 お酢といっても、いろんなお酢があります。 りんご酢など、フルーティーな香りの ものもありますが、健康を気にする方に 支持されているのは、やはり「黒酢」系。 ちなみに、 黒酢の売れ筋ランキングを 楽天で見てみたところ、こんな感じでした。 レビュー数が多いのは、 液体タイプの黒酢ですが・・・ ランキング上位にくいこんでいるのは、 粒タイプだったりするんですね。 飲みやすさや、外出時や旅行時などの 携帯のしやすさも 影響しているのだと思います。 さらに興味深いことに、 最近は疲れやすい体質や、 更年期をはじめとした体の不調に対して、 さらに強力な組み合わせが注目されている模様。 レビューを見てみると、 肌や髪の毛の質が改善することに加え、 ダイエット効果があったという エピソードがちらほら。 健康維持と、体重管理のために 飲まれている方も多いのかもしれません。 今までビクともしなかった 体重が3キロ減りました。 毎日の生活に無理のない範囲で、 極力ご自身のからだにあったものを 摂り、元気に過ごせると素敵ですね。 最期までお読みいただき、 ありがとうございました。 どうぞ他の投稿もごゆるりとお楽しみ下さい。

次の

酢玉ねぎの作り方!効果と効能は?食べ方もチェック!

玉ねぎ酢の作り方

酢たまねぎを食べると、どんな効果がある? まずは、酢たまねぎを食べることで得られる、さまざまな効果についてお話します。 「こんな効果があるなら、さっそく食べなくちゃ」と思っていただけると思いますよ。 〇 血圧を下げ、ドロドロ血液がサラサラに タマネギの辛み成分の硫化アリルには、血液の凝固を遅らせてサラサラにする効果があります。 また、酢に含まれるクエン酸にも、血小板の凝集をおさえて血液の流れをよくする働きがあります。 アミノ酸は赤血球、白血球、血小板の酸化を防いでくれます。 これらが合わさって、血行がよくなり、血圧も下がってくるのです。 〇 食後の血糖値を抑える たまねぎに含まれる硫化アリルやケルセチンには、血中の余分な糖質や脂質をへらす働きがあります。 〇新陳代謝がアップして、やせ体質になる 酢に含まれるクエン酸の作用で、新陳代謝が盛んになります。 また、硫化アリルには、体内の水分の流れを良くして、体の外へ出す働きがあります。 むくみが解消され、スッキリとします。 これらが酢たまねぎを摂り入れるときに、特に注目すべきポイントです。 このほかにも、次のような良い効果があります。 〇 便秘の解消 〇 アレルギーを治す 〇 ガン予防 〇 骨粗鬆症をふせぐ 〇 美肌効果 〇 疲労回復 【作り方】• 玉ねぎを縦半分に切ってから、繊維に沿って薄切りにします。 ボウルに玉ねぎを入れ、塩をまぶして手で軽く揉みます。 しばらく置き、しんなりしたら容器に入れます。 混ぜあわせた酢とはちみつを注ぎ、ふたを閉めます。 冷蔵庫でひと晩寝かせて、できあがりです。 保存期間 冷蔵庫で10日ほど 写真をもとに、詳しくご説明します。 今回使用する材料です。 おすすめははちみつですが、切らしていたのでオリゴ糖で代用します。 はちみつは、おもに酢たまねぎを食べやすくするために入れています。 酸味や辛みが苦手でなければ、入れなくても構いません。 春に出てくる新たまねぎを使うと、甘みが強く辛みが少ないので、糖分なしでも美味しく仕上がります。 Step1:玉ねぎを縦半分に切ってから、繊維に沿って薄切りにします。 切り方も、横にスライスしたりみじん切りにしたり、お好きな方法でいいですよ。 サラダに使うのなら横スライス、ドレッシングやたれに使うならみじん切りがおすすめです。 Step2:ボウルに玉ねぎを入れ、塩をまぶして手で軽く揉みます。 塩もお好きなもので。 塩で玉ねぎをもむことで、玉ねぎから水分を引き出し、酢やはちみつが染み込みやすくなります。 塩分を気にされている方は、塩の量を減らしたり、塩でもまなくても問題ありません。 お酢で漬ける時間を長めにとれば、しっかり漬かった酢たまねぎになります。 Step3:しばらく置き、しんなりしたら容器に入れます。 たまねぎは、それほど時間がかからずに、しんなりします。 今回の容器、保存用袋Mサイズです。 消毒の必要もないですし、冷蔵庫で場所も取りません。 少ない漬け汁でも漬かるので、酢たまねぎにぴったりです。 もちろん、ガラスの保存びんやホーロー、タッパーウェアでも構いません。 これらを使う場合は、熱湯で消毒しておきましょう。 ただし、金属製のものは、酢の酸で変質しやすいので、避けましょう。 保存袋に入れる時に、袋が安定しないとイライラしますよね。 そんな時は、小さめのボウルや小鉢などに、袋を立てておくと、両手が使えて楽に入れられます。 Step4:混ぜあわせた酢とはちみつを注ぎ、ふたを閉めます。 今回は、クミンシードも一緒に入れます。 玉ねぎとクミンシードの組み合わせが大好きなんですよね。 クミンシードは、キャベツにも合いますよ。 あと、にんじんにも。 何にでも入れちゃってます。 お好きなハーブやスパイスで、お試し下さいね。 Step5:冷蔵庫でひと晩寝かせて、できあがりです。 保存袋で作る場合は、液漏れしないように気を付けてください。 深めのタッパーなどに立てて入れると安心です。 出来上がったら、清潔な保存容器に移してから、食べるようにしましょう。 袋のままだと、液漏れしやすいです。 たまねぎは、今回使った黄たまねぎのほかに、春にみかける新玉ねぎや、赤色がきれいな赤玉ねぎでも同じようにできます。 赤玉ねぎで作ると、お酢の酸と反応して、ピンク色のかわいい酢たまねぎになります。 これは、赤たまねぎと黄たまねぎを1つずつ使って作ったものです。 ピンクがきれいで、サラダにトッピングすると、食事が楽しくなります。 酢たまねぎの食べ方 健康食品ではないので、基本はいくら食べても構いません。 ただし、いくら体に良いものであっても、とり過ぎは禁物です。 とくにお酢は、胃腸の弱い人が取りすぎると胃を刺激して荒れ、胃痛の原因にもなりかねません。 玉ねぎは50g、漬け汁は15mlほどを 毎日食べ続けると、胃腸にやさしく、効果も得やすくなります。 しばらくこの分量で様子を見て、問題なさそうなら量を増やすのも、おススメです。 豚肉は、塩・こしょうをふり、ポリ袋に入れます。 小麦粉を加えて、袋に空気を入れて豚肉に粉をまぶすように振ります。 フライパンにごま油を熱し、豚を焼き、焼き目が付いたら返して、酢たまねぎとしょうゆを加え、てりが出るまで焼きからめます。 酢たまねぎの硫化アリルは、ビタミンB1を多く含む豚肉と一緒に食べると、疲労回復に効果があります。 疲れがたまってるな、と思った時は、このソテーを食べると、疲れが取れて元気になります。 おわりに 今回は、酢たまねぎの作り方や食べ方について、ご紹介しました。 お酢もたまねぎも、健康に良いと昔から言われています。 たまねぎはどんな料理にも合わせやすく、和洋中とよく使われる食材ですよね。 お酢の方は、 酢のものによく使うイメージで、それ以外の使いみちって、あまり思いつきませんよね。 私もはじめは酢たまねぎを、サラダにのっけて食べるくらいでした。 でも、酢たまねぎを作り置きの野菜と考えて、中華スープに具としていれたり、刻んでハンバーグの種やカレーに入れたりと、色々使いみちはありそうです。 健康に良いといわれるものは、継続が一番。 無理せず、ちょっとずつでも毎日食べ続けることが、健康な体つくりにつながってゆくのかなと思います。

次の

ソレダメ!酢玉ねぎのレシピ。新玉ねぎと調味酢を使った作り方。

玉ねぎ酢の作り方

所要時間: 15分 カテゴリー:、 酢玉ねぎの効果、ココがすごい! 昔からお酢は体にいいと言われてきましたが、酸味が強いので、それだけで摂るのはなかなか大変です。 そこでお酢に野菜などの食材を漬けて、お好みの酢を作ってみましょう! お酢に野菜の甘みや旨味が加わって食べやすく、料理に活用しやすくなり、手軽にお酢と野菜両方の健康効果を得ることができます。 ここでは定番である酢玉ねぎの健康への効果と作り方、活用法を解説していきたいと思います。 内臓脂肪を減少させ、高めの血圧や中性脂肪値を下げたり、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしたりする• カルシウムの体内吸収をサポート• 酸味が唾液の分泌を促し、食欲増進につながる• 血液をサラサラにして動脈硬化予防に!• 代謝ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復をサポート• たまねぎの甘み成分のフルクタンとオリゴ糖が腸内環境を良好に 酢玉ねぎの材料( 玉ねぎ1個分) 漬け物: 酢新玉ねぎにかつおぶしをふりかければ箸休めに! スープ: いつもの野菜スープに酢玉ねぎを投入。 さっぱりとした酸味とコクがプラスされます。 サラダ: ポテトサラダに入れれば、甘みとシャキッとした食感と爽やかさがアップ。 豚肉ソテー: 肉を焼いた後に、酢玉ねぎと醤油で味付け。 さっぱりとした中に甘みがじんわりと広がる味に仕上がります。 ガイドのワンポイントアドバイス スライスしたたまねぎを、塩でもんでから瓶に入れてもいいです。 酢の調味液に塩を入れないで作ってください。 塩でもんだ場合、しんなりして水気が出たら軽く絞ります。 量が減るので瓶に入れやすくなります。 ガイドはたまねぎの水分に含まれる栄養も一緒に摂りたいので、塩でもまずに作っています。

次の