フランク プラマー。 世界的な微生物学者フランク・プラマーの突然死 : 身体軸ラボ シーズン2

武漢肺炎ウイルス専門家突然死

フランク プラマー

Fouchierは、Zakiから送信されたサンプルからウイルスをシーケンスしました。 Fouchierは、広範囲の「パンコロナウイルス」リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)メソッドを使用して、ヒトに感染することが知られている多くの既知のコロナウイルスの特徴を区別するためのテストを行いました。 この 、カナダの国立微生物学研究所(NML)の科学ディレクターであるフランク・プラマー博士がウィキペグで直接Fouchierから取得し、ザキから受け取ったものです。 このウイルスはと伝えられています。 カナダの研究室 、オランダの研究所から2013年5月4日にに。 カナダの研究所はウイルスの株を育て、カナダで使用されている診断テストを評価するためにそれを使用しました。 ウィニペグの科学者は、どの動物種がこの新しいウイルスに感染する可能性があるかを調査しました。 研究は、カナダ食品検査局の国立研究所、国立微生物学研究所と同じ複合施設内にある国立外国動物疾病センターと共同で行われました。 NMLには、コロナウイルスの包括的なテストサービスを提供してきたあります。 2004年にSARSコロナウイルスの最初のゲノム配列を分離して提供し、別のコロナウイルスNL63を特定しました。 このウィニペグに拠点を置く 、 と呼ばれる可能性のある。 中国の生物スパイ 2019年3月、不思議な出来事で、 の非常に毒性の高い出荷が。 この事件は、 理由を疑問視するバイオ戦争の専門家による大きなスキャンダルを引き起こしました。 NMLの科学者は、非常に致死的なウイルスは潜在的な生物兵器であると述べました。 調査後、この事件はているます。 4か月後の2019年7月、 グループが (NML)。 NMLは、カナダで唯一のレベル4の施設であり、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、世界で最も致命的な疾患に対処できる北米で数少ない施設の1つです。 —中国のバイオ戦争エージェント 彼女の夫、別の生物学者、および彼女の研究チームのメンバーと一緒にカナダの研究室から付き添われたNMLの科学者は、中国の生物兵器エージェントXiangguo Qiuであると考えられています。 Qiuは、カナダのNMLの特別病原体プログラムのワクチン開発および抗ウイルス療法セクションの責任者でした。 Xiangguo Qiuは天津で生まれた優秀な中国人科学者です。 彼女は主に1985年に中国の河北医科大学で医師の学位を取得し、1996年にカナダに大学院留学のために来ました。 その後、彼女は細胞生物学研究所とマニトバ大学小児小児科に所属しました。 、ウィニペグ、病原体の研究に従事していない。 、カナダの国立微生物学研究所で働く中国生物兵器エージェント しかし、何らかの形でシフトが行われました。 2006年以来、彼女はカナダのNMLでをています。 たとえば 、2014年にた(ウイルスMachupo、Junin、Rift Valley Fever、Crimean-Congo Hemorrhagic FeverおよびHendraとともに)。 カナダのラボに潜入する は、別の中国の科学者と結婚しています。 KedingCheng博士は、NML、特に「科学技術コア」と提携しています。 チェン博士は、主にウイルス学に移行した細菌学者です。 このカップルは、 に直接関係する科学施設の学生であるカナダのNMLに多くの中国のエージェントを浸透させる責任があります。 長春軍医科学院、軍獣医院• 成都軍事地域疾病管理予防センター• 湖北省中国科学アカデミー武漢ウイルス学研究所• 北京中国科学院微生物学研究所 と彼女の夫のKeding Chengは、2019年7月5日にウィニペグのNational Microbiology Labから護衛されたという。 それ以来、マニトバ大学は任命を終了し、大学院生を再配置し、スタッフ、学生、教員に中国への旅行について警告しました。 上記の4つの施設はすべて、エボラウイルスとの関連でと協力し、軍事獣医学研究所もリフトバレー熱ウイルスの研究に参加し、微生物学研究所はマールブルグウイルスの研究に参加しました。 注目すべきことに、後者の研究で使用された薬物-ファビピラビル-は、エボラ出血熱および追加のウイルスに対して、JK-05(元は2006年に中国で登録された日本の特許)の名称で中国軍医科学院により早期に成功裏にテストされました。 しかし、Qiu博士の研究は、コロナウイルス、エボラ、ニパ、マールブルグ、またはリフトバレー熱ウイルスが含まれる場合、 開発にとってかなり進歩的であり、明らかに重要です。 は進行中であり、 2006年から2018年にかけて、他のウイルスまたはその他の重要な準備品の中国への以前の出荷が何らかの形で行われたかどうかは疑問のまま です。 は2018年にメリーランド州感染症研究所の3人の科学者と協力して、サルの2つのエボラウイルスとマールブルグウイルスの暴露後免疫療法を研究しました。 米国国防脅威削減局の支援を受けた調査。 武漢コロナウイルス は、2017年から18年にかけて、上記の中国科学院の武漢国家生物安全研究所に少なくとも5回旅行し、2017年1月にBSL4の認定を受けました。 さらに、2017年8月に、国民健康委員会中国の武漢施設で、エボラ、ニパ、クリミアコンゴ出血熱ウイルスに関する研究活動を承認しました。 偶然にも、武漢国立生物安全研究所は、武漢コロナウイルスと呼ばれるコロナウイルスの発生の震源地である華南シーフード市場からわずか20マイルの距離に位置しています。 武漢国家安全研究所は、 リンクされて武漢ウイルス学研究所に収容されてい。 これは、バイオセーフティレベル4(BSL-4)の基準を満たす最高のバイオハザードレベルを満たすように設計された国内初のラボでした。 つまり、最も危険な病原体を処理する資格があります。 2018年1月、ラボは「BSL-4病原体のグローバルな実験のために」稼働していました、とGuizhen WuはジャーナルBiosafety and Healthに書きました。 「2004年のSARSの実験室漏洩事故の後、旧中国保健省はSARS、コロナウイルス、パンデミックインフルエンザウイルスなどの高レベル病原体の保存研究所の建設を開始しました」とGuizhen Wuは書きました。 コロナウイルス生物兵器 武漢研究所は過去に、重症急性呼吸器症候群、またはSARS、H5N1インフルエンザウイルス、日本脳炎、デング熱を引き起こす株を含むコロナウイルスを研究しました。 研究所の研究者は、かつてロシアで開発された生物因子である炭thr菌を引き起こす細菌についても研究しました。 「コロナウイルス(特にSARS)は研究所で研究されており、おそらくそこに保持されている」 、 を研究した元イスラエル軍情報部のダニー・ショーハムは。 彼は言った。 「SARSは、 に広く含まれており、いくつかの関連施設で対処されています。 」 ジョージタウン大学の神経学教授であり、米国特殊作戦司令部の生物戦争の上級研究員であるジェームス・ジョルダーノは、中国の生物科学への投資の増加、遺伝子編集やその他の最先端技術に関する緩やかな倫理、政府と学界の統合を促進すると述べたそのような病原体が兵器化されているという幽霊。 それは攻撃的なエージェント、またはプロキシによって解放された修正された細菌を意味する可能性があり、そのために中国だけが治療またはワクチンを持っています。 「これは戦争そのものではない」と彼は言った。 「しかし、それがしていることは、グローバルな救世主として行動する能力を活用することであり、それはさまざまなレベルのマクロおよびミクロの経済的およびバイオパワー依存性を生み出します。 」 中国の生物戦争プログラム 2015年の学術論文の中で、Bar-IlanのBegin-Sadat戦略研究センターのShohamは、40を超える中国の施設が生物兵器の生産に関与していると主張しています。 中国の軍事医学科学アカデミーは実際にJK-05と呼ばれるエボラ薬を開発しましたが、それやウイルスの防衛施設の所有についてはほとんど明かされておらず、エボラ細胞が兵器兵器一部でと推測されていますナショナルポスト。 エボラは、米国疾病対策予防センターによって「カテゴリA」バイオテロリズムエージェントとして分類されています。 つまり、人から人へ簡単に感染し、死亡率が高くなり、「パニックを引き起こす可能性がある」ということです。 カテゴリーC物質、大量普及のために設計できる致命的に出現する病原体。 は、研究開発、生産、兵器化の能力を含む高度な段階にあると考えられています。 現在の在庫には、大砲ロケット、空中爆弾、噴霧器、短距離弾道ミサイルなど、多種多様な送達システムを備えた従来の化学薬品および生物薬品がすべて含まれていると考えられています。 武器バイオテクノロジー 中国の軍事と市民の融合という国家戦略は、生物学を優先事項として強調しており、人民解放軍はこの知識の拡大と活用の最前線に立つことができます。 人民解放軍はへの追求し、脳科学、スーパーコンピューティング、人工知能を含む他の分野との有望な交差点を検討しています。 2016年以来、中央軍事委員会は、軍事脳科学、高度な生体模倣システム、生体および生体模倣材料、人間の能力強化、および「新しい概念」バイオテクノロジーに関するプロジェクトに資金を提供してきました。 2016年、AMMSの博士研究員が論文「人間のパフォーマンス向上技術の評価に関する研究」を発表し、軍隊の戦闘の有効性を高める3つの主要な技術の1つとしてCRISPR-Casを特徴づけました。 裏付けとなる研究では、認知機能の強化に応用できる薬物モダフィニルの有効性に注目しました。 また、脳刺激の一種である経頭蓋磁気刺激において、CRISPR-Casの「大きな可能性」は、中国が開発の「イニシアチブをつかむ」べき「軍事抑止技術」であると主張しています。 2016年、遺伝情報の潜在的戦略的価値により、中国政府はNational Genebankを立ち上げました。 NationalGenebankは、そのようなデータの世界最大のリポジトリになることを目指しています。 で、「中国の貴重な遺伝資源の開発と利用、バイオインフォマティクスにおける国家安全保障の保護、戦略的指揮の高さを掌握する中国の能力の強化」を目指しています。 戦争の新たな領域としての生物学に対する中国軍の関心は、潜在的な「遺伝兵器」と「無血の勝利」の可能性について話す戦略家によって導かれています。 なにやら、映画の「二十世紀少年」を彷彿させるストーリーである。 今までその通りに事が動いてきたよげんの書には、人類が滅亡する日にちまで記されていました。 その日とは2000年の12月1日です。 今まで「ともだち」を止めるべく密かに動いてきたケンヂ達は、確実に「ともだち」がその日に何かを仕掛けてくると踏み密かに準備をしていました。 そしてその運命の日、何と突如として東京に巨大なロボットが現れたのです。 原始の力で動くそのロボットは、東京の街を次々と破壊していきます。 そして更に、 細菌を辺りにばらまいていきました。 破壊の影響に加え細菌兵器まで投入された東京は、未曾有のパニックに陥ります。 事態を予期していたケンヂ達でしたが、そのあまりに強大な力を前に為す術もありません。 テロリストとして追われる立場であるケンヂ達は派手な動きも出来ず、破壊の限りを尽くされる東京の街をただ見ているしかありませんでした。 よげんの書のとおり、本当に人間はこの日に最期を迎えてしまうのでしょうか。 物語は第2作目へと続きます。

次の

武漢肺炎ウイルス専門家突然死

フランク プラマー

武漢ウイルス「闇の眼」はオリジナルでない!カナダのフランク氏突然死亡に思うこと 「闇の眼」作中には、中国人科学者がウイルス作ったとある・・・ 「闇の眼」は、ある母親が、息子ダニーが生きている手がかりを探すという内容です。 そして、 この作品の181-182ページには、このような文言があるということです。 「今、私が知りたいのは、どうしてダニーがこんなところにいるの?」 「それを理解するには」ドームベー氏は答えた。 「20が月ほど前に遡る必要がある。 その頃、 李晨(Li Chen)という中国人科学者が米国に亡命した。 彼は中国数十年以来最も重要で 危険な新型生物兵器の情報を保存しているディスクを持ち出した。 それは 「武漢-400」(Wuhan-400)と呼ばれている。 なぜかというと、それは 武漢の郊外にあるRDNA実験室で開発されたものだから。 それは当該研究センターが創造した 400個目の完璧な人工ウイルスだ。 」 なんと、この小説では ウイルスが武漢近郊で作られ、 その 「武漢-400」人造ウイルスは、中国共産党政府が反対者を絶滅させる用途に開発されたものとして書かれています。 ワクチンも治療薬もない、無数の政治犯の体で試験された 「完璧な武器」と設定されていて、人がそのウイルスを接触すると、 僅か4時間で伝染性宿主になってしまうと表現されています。 この 小説に登場するウイルスは 「武漢400」と呼ばれている。 武漢ウイルス研究所で作られた後、米国に持ち込まれた。 このウイルスを培養する過程でミスが起こり、米国で疑わしい死亡例が相次いで発生した。 人間にのみ影響を与え、人の体外では1分以上生存出来ない。 感染さえさせられれば、殺傷という目的を達成した後には自然消滅するという点で、「最高の武器」とも呼ばれている。 小説のキモは、中国湖北省武漢市で最初にウイルスが作られたという部分。 新型コロナウイルスが最初に確認された武漢までは一致している。 しかしウイルスが確認された場所の詳細は未だに分かっていない。 現在、武漢ウイルス研究所と華南海鮮卸売市場、それ以外の場所について、いくつかの憶測が飛び交っている。 英国の日刊紙デイリー・メールが25日に初めて疑惑を報じた後、噂が途切れる事がない。 武漢ウイルス研究所の職員のウイルス感染死亡説、 華南海鮮卸売市場より前に他の場所から流入したとの説、 中国軍事当局の4級実験室管理説、 武漢ウイルス研究所よりも華南海鮮卸売市場に近い武漢疾病予防管理センターからの流出説などが相次いで浮上した。 中国は即座に反論している。 「馬鹿げた話」だと露骨な非難も辞さなかった。 逆に 香港やロシアの一部では米国が元凶だと指摘している。 米国が中国やアジア人を攻撃するために作った生物兵器が新型コロナウイルスだとの主張だ。 死亡率とウイルスの外部での生存力にも違いがみられる。 小説では一度感染すれば間違いなく死に至るウイルスで、人の体外では1分も生存出来ないと描かれている。 しかし新型コロナウイルスの場合、日々数値が変化する事を考慮しても、死亡率は 平均で2. 外部での生存率も小説とは違う。 米CNNは新型コロナウイルスの様なウイルスが金属やガラス、またはプラスチックなどを含んだ 無生物の表面で9日間生存した事を確認したという研究結果を報じた。 ワクチンが無いという点は同じだ。 しかし新型コロナウイルス感染症は相対的に死亡率が低いという事もあり、完治して退院する患者も多い。 各国の医療陣はHIV治療剤や漢方薬などで新型コロナウイルスを抑えようと努力している。 最初の発生地域も小説では米国としているが、実際は武漢地域に集中している。 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストは 小説家の卓越した知識が偶然の一致を生み出したと指摘している。 クーンツは米国のベストセラー作家であり、スリラー作家の大家として評価されている人物。 よって僅かな事実や情報を得て、その様な話を創り上げる能力があると同紙は報じている。 (fnnews. jpより) 「小説家の卓越した知識が偶然の一致を生み出した」というのはどうかと思いますが、「 武漢」で「 ウイルス」という部分、 ワクチンがないという部分では現状と似通っていますね。 最初に聞いたときは、予言書とかそういう類なのかと思いましたが、普通に小説です。 作家さんは予知能力があるように思える人もいますので、このクーンツ氏がそういう人なのでしょうか。 現実のコロナウイルスでは「一度感染すれば死に至る」ことはありませんので、小説ほど強烈なウイルスでなくてよかったと思いました。 この話は、40年前のそういう小説があるのね、偶然にしてはすごいな・・・と、それだけ(この事実を軽視しているわけではありませんが) で終わる予定でしたが、いろいろ見ていたらこちらのツイートを発見しました。 失礼致します ややこしいのですが、話題の『闇の眼』には続きがあり、実は日本語版はオリジナルで、初版「ロシア人」が作った「ゴーリキー400」設定を、後に 👉「中国人リー 李 チェン」が作った「武漢400」に、電子・紙共に変更したという逆Ver. 〜 — selah HANA82451798 え・・? そうです、これ、とてもびっくりしたのですが、調べましたら、実はクーンツの オリジナルの「闇の眼」は 「ロシア人」が「ゴーリキー400」という設定で40年前に書かれていたそうです。 ですので、日本語版もその内容で出版されています。 2009年に出版されたポーランド版が既に「 中国人科学者リー・チェンが武漢ウイルスを作った」という内容になっているそうですので、最近ではないようですね。 遅くても2009年の時点で、小説オリジナルの記述「ゴーリキー400」が「武漢400」に変わっていたのです。 イルミナティカードのように、未来を暗示している?という想像もできてしまいますね。 こうなってくると、今は、中国が悪者扱いされていますが、罠にかけられた感も残ります。。 エイズ成分が人口挿入された?! 武漢肺炎が中国で全面的に広まってからは、武漢ウイルス研究所の研究用サンプルが漏洩したため大流行になったと世論に疑われている。 このため、武漢市に位置する 中国科学院武漢国家生物安全実験室(即ち武漢BSL-4実験室、略称「P4実験室」)が社会から注目を浴びている。 この実験室は 北京当局の秘密生物兵器計画と関係しているという。 該当ウイルスは AIDSのたんぱく質成分が 人工による挿入されたことを、あるインドの科学者により発見された。 この発見により、武漢肺炎が生物兵器であることを証明できるかのように思われたが、論文が発表して 僅か数日間で撤回された。 同氏は、 武漢で暴れている伝染病は実にP4実験室から漏洩したものと考えられると話した。 そして、このウイルスは 致命的で攻撃的な生物兵器であるか、または 機能的特性を備えた遺伝子組み換え生物兵器であるとコメントした。 当該報告書では、カナダ=ウィニペグの実験室で務める中国のウイルス専門家 邱香果氏のチームが コロナウイルスを武漢の実験室へ密輸する始末の詳細が記載される。 ボイラー氏は、 ウイルスの出所がカナダの実験室だと主張している。 ちなみに、このような事例は、海外に勤務する中国人科学者が自分と関わる研究成果を盗み、中国へ戻るのを誘致するという中国共産党のいわゆる「千人計画」と大きな関係がある。 最新のニュースによると、2月4日、カナダのHIVとコロナウイルスの専門家 フランク・プラマー(Frank Plummer)氏はケニアで国際会議に参加した時、 突然死亡した。 フランク・プラマー氏がカナダのP4実験室で務めた時、中国のウイルス専門家 邱香果氏は彼の研究チームのメンバーだった。 そこで、武漢の新型ウイルスに関する調査において、彼は 重要な関係者である。 (看中国より) もう、人口ウイルスなのはほぼ間違いないと思われますが、 どこかから運ばれたものか、それとも 武漢の研究所で作られたものなのか、ということですね。 武漢の研究所で作られたのではないとしても、似たような研究をしていた可能性が高いので、中国も はっきりと証拠を出せないというところかなという印象です。 それが、最近の中国とアメリカの政治家たちの、お互いの陰口を言い合う状態になっているのではないかと思えます。 重要な関係者が突然死亡というのも、かなり怪しいです。 これは、「闇の眼」のストーリーの出来事ではなくて、 現実に起きていることなのです。 昨日、海外の友人が、「今が映画みたいだ」と言っていました。 この映画のような現実を、誰かがどこかで筋書き通りだと思っていたら、それこそホラーですね。 現実逃避せずに生活しながら、アンテナは立てていきたいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「新型コロナやはりバイオハザードかP4研究所から漏れた?」toランナーのブログ | toランナーのページ

フランク プラマー

炭素菌攻撃は隠された内部仕事 インサイド・ジヨッブ であり、武漢のコナウイルス拡散事件の背後にビル・ゲイツがいたらしい。 それを告げるこんな記事を貼りつける。.. ボイル教授の専門知識:アメリカの生物兵器プログラムと1989年の生物兵器反テロリズム法。 テロ対策、マリオン「スパイク」ボウマン.... 後にFBIは炭素菌データベースの破壊を承認した」とボイル教授は述べた。 炭素菌の恐怖の間、下院は共和国の歴史上初めて公式に閉鎖され、米国愛国者法はロン・ポール下院議員(R-Texas)の証言によって攻撃されました。 チャック・グラスリー上院議員(アイオワ州)は、そのような名誉を授与するための組織を非難しています。 内からアメリカを破壊する秘密の陰謀? コロナウイルスは、1960年代に米国で初めて特定されました。 そして、通常の「疑わしい」起源を持っています。 フォート・デトリックは、1969年までは確かに忙しい場所でした。 しかし、それは決して終わらない、変化しない、または移動しませんでした。 「2010年代初頭、フォート・デトリック(490ヘクタール)のキャンパスは、生物医学の研究開発、医療資材管理、グローバルな医療コミュニケーション、外国の植物病原体の研究を行う多政府コミュニティをサポートしています。 以下の場所です。 米国陸軍医学研究・資材部隊(USAMRMC)は、生物防御機関とともに、 米国陸軍感染症研究所(USAMRIID)。 また、国立がん研究所(NCI-Frederick)もホストしています 国立省庁間連合生物学研究(NICBR)の本拠地• 生物防御国家省庁キャンパス(NIBC)。 」 コロナは、重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群、エボラ、エイズ、ライムなど、他の米国製のバイオ兵器とリンクされています。 そして、それはLSDの開発、クラック・コカインとは別です。 これらすべての武器の初期開発は、フォート・デトリックの米国の研究所で行われました。 フォート・デトリックからは、次の政府機関の実験室に行きました。 ロックフェラーはもともとカナダ、米国、および英国からの隠された政府資金とともにカナダに資金を提供しました。 フランスとオランダもつながりました。 ウィニペグ微生物学研究所のフランク・プラマー部長は、ゲイツ財団からの830万カナダドルの譲渡の記録によってさらに資金提供されました。 コロナは、米国の施設から、ワクチンとして包装されたエイズの予防接種と一緒に送られました。 ブランク・プラマーに連絡し、2013年5月4日に隔離されたサウジアラビア[の患者]からコロナのサンプルを送付しました。 武漢コロナのサンプルは、当初2019年にロッテルダムの施設に運ばれました。 それらが特定された場所。 サウジアラビアは、中東およびアフリカ諸国で、宗教的浄化の形でジェノサイドを行うためにこの武器を使用したことを意図しています。 ウィニペグ施設の実験には、エボラとウラシンに関する実験が含まれていました。 フランク・プラマーは、2020年2月4日にナイロビで「連れ去られた」。 1999年の創業以来、2014年に解任されるまで、ウィニペグ微生物学研究所の所長だった。 ジェフ・ソウルは、ウィニペグのNML(国立生物学研究所)からも姿を消しました。 プラマーの研究の1つは、翔国 Xiangguo Qiu の中国諜報潜入捜査工作員でした。 彼女は2019年7月に連れ去られ、その後姿を消しました。 2019年3月、彼女は、エボラ、ヘニパ、コロナのサンプルを運送業者に送り、武漢の政府研究所に送り、そこでさらに兵器化され、「偶然」リリースされました。 フランク・プラマー博士は、カナダのウィニペグにある国立微生物学研究所の元科学ディレクターであり、PHACの国立微生物学研究所の設立と世界クラスの研究機関の設立を支援した科学者です。 2019年10月18日、ニューヨークで「イベント201」が開催されました。 ゲイツ財団が資金提供した国際会議です。 [健康保障]のジョンズ・ホプキンス・センターおよび世界経済フォーラムが関与しています。 世界のパンデミックが最初に約6500万人を殺すと決めました。 ジョンズ・ホプキンスは豚を実験し、そのデータを外挿していた。 フランク・プラマー、67歳は2020年2月4日火曜日にケニアのナイロビで死亡した。 ブランク・プラマーの研究の1つは、武装の政府研究所へのエボラ、ヘニパ、およびコロナのサンプルに関する中国の隠蔽工作です。 誰が新しいワクチンで経済的に利益を得られるのでしょうか? より深い外観 承認と生産に向かって急いでいる、いくつかの新しいワクチンは完全に実験的です。 それで舞台は整いました。 これらすべてのワクチンRNA品種のワクチンは、自己免疫反応を引き起こす可能性があります。 つまり、体はそれ自体に対して戦争をします。 コロナは、ワクチンとして包装されたエイズの予防接種と共に、米国の施設から送られました。 米国国立衛生研究所(NIH)は、中国コロナウイルスに対するワクチンを開発するためのラッシュプログラムを開始しています。 目標?前例のない90日間で、人間の検査に備えてワクチンを用意してください。 NIHは、米国のワクチン会社であるModerna、Inc. と提携しています ワクチンはRNAと呼ばれる新しいタイプです。 「通常のワクチンとは異なり、RNAワクチンは、疾患をコードするmRNAシーケンス(細胞に何を構築するかを伝える分子)を導入することで体内で生成され、機能します。 製薬会社モデナ Moderna は、メッセンジャーRNAの開発を加速するために、CEPIからの資金提供賞を発表します それはセピですか? 「CEPIは、ノルウェーとインドの政府、ビル&メリンダゲイツ財団、ウェルカムトラスト、および世界経済フォーラムによってダボスに設立されました。 」 そして、あなたはそれを持っています。 米国政府によって…最大限に活用されているワクチン…その国立衛生研究所の下で…製薬会社モデナを通して…公の前で決して使われなかった。 公的な使用は許可されていません。 エリート派の部族が人口を「制御」するために、バイオ戦争が数の選択になる可能性はありますか? 政府は法律を制定し、無制限の制限を作成し、人類に対する中央管理を行うことができますか? 多くの点で、それは究極の偽旗ですか?! フランシス・ボイル博士(ネットに隠されている)は研究者でした。 彼は逃げ去りました。 彼は米国政府の微生物学者であり、進行中の議題の一環として、「致命的で遺伝子操作された生物兵器の開発」を暴露しました。 FVEY [Five Eyes五つの目]。 オーストラリアが関与しています すべてのサンプルは、ATCCにより盗まれた国連の世界保健機関の天然痘株です。 ATCCは、世界で最も優れた生物文化リポジトリです。 そこから、サンプルはBSL(Biosafety Levelバイオセーフテーイ・レベル)4の指定研究所に送られます。 ゲイツとグローバリスト・エンティティは、通常の疑わしい政府とともに、バイオセーフテーイ・レベル4の BSL-4 研究所に資金を提供しています。 武漢は1つです。 ボリビア出血、マールブルク、エボラ、ラッサ、クリミアコンゴ、壊死性筋膜炎(NF)などとして、致死、攻撃生物兵器を開発し、識別、管理、およびワクチン開発のために設立されました(Don RicklesはNFによって削除されました)。 米国には13のBSL-4施設(つまり、生物兵器研究所)があり、これは化学兵器研究所、原子放射線研究所および兵器庫とは別です。 私が以前書いたように、サウジアラビアとフロリダとしての武漢は、主に事故です。 ジョージWブッシュとチェイニ時代の炭素菌は偽旗でした。 これはすべて虐殺戦争犯罪です。

次の