常田 ダブル ベッド。 ダブルベッド井口綾子バッドナイス常田2日目のネタバレあらすじと感想

井口綾子、バッドナイス常田との別れに号泣…… 『ダブルベッド』最終日

常田 ダブル ベッド

初対面の男女が、ダブルベッドが1つしかないマンションで7日間の同棲生活を送り、その関係性の変化を覗き見るドラマチック・バラエティ。 シーズン2のチャレンジャーである井口と常田の暮らしも、いよいよ6日目を迎えた。 その日の夜、東京タワーの下で待ち合わせた2人。 彼女がもともと好きだと言っていたネタを披露したあと、常田はこれまでの1週間を振り返りながら「好きです」と思いのたけを告げた。 だが、突然のことに井口は「ちょっと待って」と慌てながらも「めちゃめちゃ嬉しい」と本音。 「別にイエスかノーだけでもいい」と返事を待つ常田に、井口は「いいとこも悪いとこも知れて、すごい魅力的だなって思ってた。 もっと知っていったら好きになっちゃうのかもなって思ったけど」というと、常田は間を空けずに「そうだよな…」と引き下がるも、彼女に思いをぶつけられたことで表情は晴れ晴れとしていた。 翌7日目、別れの朝。 ひきたてのコーヒーを飲んだ常田は「あんまり長居してもアレだから」と、身支度をして、先に部屋を出ようとする。 だが井口は前夜のことを引きずっているようで「もう行っちゃうんですか」と引きとめた。 さらに井口はひそかに書きしたためていた手紙を渡すと、顔を両手で覆い、大粒の涙を流し始めた。 この後も、常田への思いが込みあげてきたのか、「なんで泣いちゃうんだろう」と彼女は人目もはばからず号泣してしまう。 そして井口が「玄関まで(送る)」というも、常田はそれを断り、「じゃあね、ありがとう」と部屋をあとにした。 こうしてシーズン2は終幕。 SNS上では常田の姿に「最後はカッコよかったな~」「あれだけ苦手だったバッドナイス常田のことを少し好きになってしまったな」「常田の回で泣けるとは思ってなかった」と、好感度が上がっているようだった。 《杉山実》.

次の

ダブルベッドのエピソード2を見た人の感想や見逃し配信(感想)は?バッドナイス常田の出演に対するネットの反応についても│Urban Small Talk

常田 ダブル ベッド

「常田は、同棲相手に選ばれたに、『綾ちゃん胸大きいよね』と言ったかと思えば、『カラダの相性は大事だから、女性と付き合う前には必ずはしておきたい』と話したり、『田舎にいた時、の後ろに女性を乗せてを走れば、女性は気持ちよくたいな噂があった』と発言したこともありました」 芸能 そのたびに井口はし、さらに心が離れていき、さらにはオンエアされるたびからも「」の。 常田も、さすがに井口が「自分を嫌っている」ことに気づいたのか、態度を改めて普通にしていると、今度は皮肉なことにそのギャップで、井口も常田に心を開き始め、急接近するようになっていったのだ。 そして6日目の夜。 彼はついに井口に愛の告白をする。 「これからは僕の家のセミので寝てください」と、またしてもまがいの言葉も吐きつつ、ながら思いを伝えた。 すると、井口は「魅力的だなって思ってたし、もっと知ってったら好きになっちゃうのかも……」と、常田への好意が芽生え始めていたことを明かしながらも、彼の思いに応えることはなく、常田はフラれた形となった。 だが、ここから常田は、「フラれた男のかっこよさ」を見せる。 マンションに2人で帰宅後、いつも井口と寝ていたには入らず、リビングで就寝することに。 翌7日目の最終日、「ちょうど淹れたからさ」と、常田は淹れたてのを勧め、2人で飲む。 そして、淡々と「長居してもアレだから。 じゃ、そろそろ俺は行くよ」と身支度をし始めたのだ。 その切ない別れと常田の引き際の良さに、では「好感度上がった! 」「最後はかっこよかった」「だったけど、男らしい」と絶賛の声が。 また、前夜フッてしまった井口は心残りが少しあるのか、大号泣していた。 最悪な幕開けから一転、 番組の公式などにも反響が集まり、番組としては最高の結末を迎えた。 このがすべて常田の計算だったとしたら、もうまく踊らされていたのかもしれない。

次の

ダブルベッド井口綾子バッドナイス常田2日目のネタバレあらすじと感想

常田 ダブル ベッド

TBSの恋愛ドキュメンタリー番組「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」のエピソード2も2020年1月16日の放送回で最終回を迎えました。 前回までの放送で、少しずつ常田さんに心を開いてきた井口さん。 東京ドイツ村でのデートや、深夜コンビニに向かう時にはついに手をつないだ2人でした。 常田さんに「一週間、長いと思ったけどあっという間だった」と話、同棲生活を名残惜しむ場面も。 常田さんは井口さんに「(井口さんが)正式な彼女になったら」と冗談ぽく話していましたが、その真意に注目が集まります。 この記事では、常田さんと井口さんとの同棲生活ラスト結末をはじめ、告白の結果がどうなったのかについてまとめて紹介しています。 『ダブルベッド SEVEN DAY LOVER』見逃し動画配信先• ここではParaviの登録方法やサービス内容についてご案内します。 最新の配信状況はにてご確認ください。 『ダブルベッド』エピソード2の第5話(最終回)ラスト結末ネタバレ 上半身と下半身、切り離して考えてる? 夜、田町のバーで人を待つ常田さん。 やってきたのは、女性芸人のバービーさんです。 常田さんが 「もう胸がいっぱいで。 話聞いてください」 と切り出すと、バービーさんは「 例の?初日からずっと一緒に寝てるの?」と聞きます。 続けて、 「ふつうの女の子だったら気持ち悪いって思っちゃうよね」 とバービーさんが指摘すると、 「最初の方は嫌われてて。 (井口さんは)あんまり下ネタが好きじゃなくて、それに気付いて3日目に言うのやめました」 と常田さん。 さらに、 「最終日に向けて、告白ネタを考えてて」 と言うと、バービーさんは 「本当に?高ぶってるの?ちゃんと上半身と下半身切り離して考えてる?」 と疑います。 「高ぶってます。 ちょっと聞いてください」 と、井口さんに披露する予定の告白ネタをバービーさんに聞いてもらいます。 常田さんの告白ネタに「何も刺さらなかった」 「 好きです!付き合ってください!」の一言で締まる常田さんのネタを聞き終わり、バービーさんは「 何も刺さんなかった」と辛辣なコメント。 「俺は君のここに惚れたんだと思えることと、ちゃんと見てるよってことが伝わることを話さなきゃ」 とアドバイスされた常田さんは、バービーさんの言葉を受け止めていました。 最終日の夜、東京タワーの消灯を待つ2人 東京タワーのふもとの公園で、常田さんが1人ネタの練習をしていると、井口さんが笑いながらやってきました。 ベンチに座り、東京タワーは0時ちょうどに消えるらしいといううわさを検証する2人。 スマートフォンの時計でカウントダウンしながら0時を待ちますが、0時を過ぎても消えない東京タワー。 それを確認すると、常田さんが 「綾ちゃんが好きって言ってくれたネタ、綾ちゃんのためにリニューアルしたから見てほしい」 と言い、ネタを披露。 さらに 「もうひとつあるんだけど。 聞いてもらっていい?」 と、井口さんとの生活をもとに作ったネタを始めます。 常田さんの告白 「初めて綾ちゃんを見た時、美しさに胸が躍りました。 最初は自分の失言が多くて、うまくかみ合わなくて心配させてたと思います。 綾ちゃんが親友を呼んできた時に、それだけ真剣に向き合ってくれているんだと思い、気持ちが固まっていきました。 綾ちゃんの声は透き通ってて素敵だと思いますし、綾ちゃんの笑顔は神々しい。 好きです。 もしよかったら、引き続き自分(常田さん)の家のセミダブルベッドで生活を続けてください。 お願いします」 ネタが終わると、「 え?本当ですか?」と戸惑う井口さん。 常田さんが「 ごめんね、急に」と謝ると 「いや、とっても嬉しかったです。 でも、ちょっと混乱してて、うまく言葉が」 と井口さんは動揺しています。 「今すぐ答えなくていいよ、YESかNOかだけでもいいし」 と常田さんが言います。 少し間があった後で、井口さんが気持ちをしゃべり始めます。 「正直、この7日間の同棲生活を実際に過ごしてみて、常田さんのことを魅力的だなと思ったけど、私じゃなくてもいいのかな?とも思った。 」 「今はそういう気持ちにはなってない」 常田さんは切なそうながらも 「わかった。 ありがとうね」 と笑顔で答え、2人は一緒に家に帰りました。 最後の夜、別々に眠る2人 お互いお風呂に入ると、常田さんが 「変な意味じゃないけど、俺今日はソファで寝るよ」 と提案。 井口さんは申し訳なさそうに頷き、1人でダブルベッドに入ります。 寂しそうな表情で眠りにつくと、井口さんの目からは一筋の涙。 同棲生活最後の夜、2人は別々に眠りにつきました。 別れの朝、涙を流す井口さん 翌朝、リビングで先に目を覚ました常田さんは、キッチンでコーヒーを淹れます。 一方、寝室で目を覚ました井口さんは、サイドテーブルで何やら手紙のようなものをしたためてからリビングへ。 「 おはよう」とあいさつを交わし、常田さんが淹れたコーヒーを2人で飲みます。 少し談笑した後、常田さんが 「じゃあ、長居してもあれだから、俺は行くよ」 と身支度を始めました。 そんな常田さんに、涙ながらに手紙を渡す井口さん。 「手紙は好きなタイミングで読んでください」 と涙を拭きながら、リビングで常田さんを見送りました。 井口さんからの手紙の内容は? 井口さんも荷物をまとめ、玄関で1人「 ありがとうございました」と一礼し家を後にします。 一方、常田さんはビッグスクーターでの帰り道。 途中で井口さんからもらった手紙を読み、何かが吹っ切れた方な清々しい顔で走り去って行きました。 『ダブルベッド』エピソード2の第5話(最終回)を観た感想 常田さんと井口さんが、7日間の同棲生活を終えました。 初日~3日目までは、常田さんのふざけたノリや下ネタに辟易とする井口さんでしたが、井口さんの友人からの助言をきっかけに、距離が縮まった2人。 7日間、生活をともにすることで、男女の関係が変化することを実感しました。 常田さんの告白シーンは、常田さんらしさが詰まっていてぐっときましたね。 結果は惜しくも振られてしまいましたが、常田さんがお風呂に入っている時、悔しそうな表情で湯船に頭まで浸かっている姿は、常田さんの井口さんに対する思いの本気さが伝わってくるシーンでした。 次週からはまた新しい2人が同棲生活を始めます。 次回、第11話は2020年1月23日(木)、TBSにて放送です。 TBS『ダブルベッド SEVEN DAY LOVER』エピソード一覧 エピソード3 武田航平と山本ソニアの7日間の同棲生活.

次の