カデックス軟膏 市販。 カデックス軟膏0.9%

カデックス◊

カデックス軟膏 市販

薬の効果と作用機序• 褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける• 褥瘡(床ずれ)は布団などと触れる部分の皮膚が長い間の圧迫での血流悪化により皮膚や筋肉などの組織が壊死する状態• 褥瘡は創面の色調により病期が4期(黒色期、黄色期、赤色期、白色期)に分かれる• 褥瘡の治療目標は大きく分けると「黒色期〜黄色期では壊死細胞の除去や感染制御」「赤色期〜白色期では創面の水分環境の保持・改善や保護」となる• 褥瘡以外にも外傷、熱傷、手術の傷などの皮膚潰瘍の治療にも使用する場合もある 詳しい薬理作用 褥瘡は布団やベッドなどと触れる部分の皮膚が、長い間圧迫され続けることで血流が悪くなり皮膚や筋肉などの組織が壊死する状態。 慢性化した状態では創面(傷口)の色調により病期が4期(黒色期、黄色期、赤色期、白色期)に分類され、一般的にはその状態に合わせた薬剤の選択が行われる。 黒色期〜黄色期では壊死組織の除去と感染制御、赤色期〜白色期では創面の水分環境の保持・改善や保護といったものが治療の目標となり、使用する薬剤(外用薬)も治療目標に合わせて選択する。 本剤は褥瘡などの皮膚潰瘍などに用い、感染制御作用や壊死組織の除去や軟化・融解作用、創面(傷口)の修復作用、血流改善による皮膚組織の新生を促す作用、血管の新生を促す作用などにより、創面(傷口)の状態や色調による病期に合わせて使用する外用皮膚治療薬である。 本剤は褥瘡以外にも、外傷、熱傷、手術の傷などによる皮膚潰瘍などに使用する場合もある。

次の

外用薬が効くメカニズムを知って、効果的な使用法を :Part6 褥瘡(じょくそう)治療・ケアのカギを握るドレッシング材・外用薬の使い方

カデックス軟膏 市販

使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) ヨウ素過敏症の患者。 (慎重投与) 1.甲状腺機能異常のある患者[創面から吸収されたヨウ素により症状が悪化する恐れがある]。 2.重症熱傷の患者[広範囲の使用により、アシドーシスを起こす恐れがある]。 3.腎不全の患者[血清中ヨウ素濃度が著しく上昇する恐れがある]。 4.新生児。 (重要な基本的注意) 1.本剤による治療は保存的治療であることに留意し、約2カ月間投与しても症状の改善が認められない場合には、外科的療法等を考慮する。 2.本剤は熱傷潰瘍を適用としているので、臨床的に潰瘍がみられない熱傷に対しては、他の適切な療法を考慮する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には長期にわたる広範囲の使用を避ける。 (適用上の注意) 1.投与経路: 1).外用のみに使用し、経口投与しない。 2).眼科用に使用しない。 2.使用時: 1).汚染を防ぐために、塗布の際、容器の先端が患部に触れないように注意する。 2).患部を生理食塩液等で洗浄する。 3).交換時には本剤を生理食塩液等で十分に洗浄除去する。 (その他の注意) 1.新生児に他のヨウ素系製剤を使用し、甲状腺機能低下症を起こしたとの報告がある。 2.膣内に他のヨウ素系製剤を使用し、血中無機ヨウ素値が上昇及び血中総ヨウ素値が上昇したとの報告がある。 3.本剤はヨウ素含有製剤であるので、多量投与及び長期連用時には甲状腺機能の変動に注意する。 (保管上の注意) 直射日光、高温を避け、保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

褥瘡治療薬の使い分け

カデックス軟膏 市販

ユーパスタ軟膏 白糖とヨードの成分です 成分:白糖が70%、ポピドンヨード(うがい液に含まれる主成分)が3%含まれています。 右は100gのチューブの製品ですが、8gの製品もあります。 価格:1gあたり43. 5円ですが、保険適応がありますので、3割負担などの保険の区分に応じた分だけを支払います。 効果・特徴: ポピドンヨードが殺菌作用を持ち、白糖が床ずれの浸出液を吸収する作用を持つので両方を組み合わせた効果が期待できます。 感染があり浸出が多い床ずれ、普通は初期の床ずれに一番効果があります。 副作用: ヨードアレルギー、皮膚炎(かぶれ)、皮膚の痛み・痒み・発赤、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症などが報告されています。 頻度の高い副作用は皮膚炎です。 この場合他の薬剤への変更が必要となります。 カデックス外用散 粉の薬です 成分:軟膏、外用散の形態があります。 成分はユーパスタと同じでヨードを0. 9%含有します。 費用:1gあたり79. 4円と高価です。 特徴・効果: 他の薬剤で治療して効果のない場合カデックスに変更して治癒する効果が期待できますので、非常に有効性の高い製剤です。 浸出液の吸収と殺菌作用の両方の作用があります。 副作用: 使用部位の疼痛、刺激感、発赤などとなります。 褥瘡・床ずれの薬・軟膏の使い方・床ずれの治療法 外用薬は正しい手順で使用しないと、本来の作用を発揮できないことがあります。 そればかりか、床ずれを悪化させるころさえあるので注意が必要です。 使用上の注意として、まずは外用薬を使用する前に、必ず洗浄を行って下さい。 石鹸を使用します。

次の