ジープ ラングラー サハラ。 新型 ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ(3代目・JK)【試乗評価】圧倒的な唯一無二の個性 [ABA

【限定車】ジープラングラーサハラ「スカイワンタッチパワートップ」登場!

ジープ ラングラー サハラ

今回の【試乗評価】は、「新型 ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ(3代目・JK)」。 2007年にモデルチェンジした、本格的クロスカントリーSUV(5ドア)です。 「ジープ」と聞くと、誰でも一瞬で「形」を思い出せるほど有名な車です。 その形は必要性から生まれた合理的スタイリングで、しかも個性的でカッコいいですから言うことありませんね。 1941年に登場した軍用車「ウィリスMB」がルーツで、米軍の決めた仕様書を元に、いくつかの会社が製造して納品するというスタイルを取ってました。 その後、第二次大戦が終わると「ウィリスオーバーランド社」が民生用モデルとして「ジープ」を製造するようになります。 そこからさらに製造メーカーを転々として、1987年以降はクライスラー傘下のSUV部門として数々のSUVを製造しています。 「ラングラー」は、そんなクライスラー傘下の「ジープ」が製造するSUVの中でも、オリジナルジープ「ウィリスMB」の設計思想を色濃く残す直系の後継車種です。 ということで2007年に登場した今回の「ジープ・ラングラー」は、クライスラー傘下では「3代目」ですが、オリジナル「ジープ」から数えると「6代目」ということになります。 ついこの前、生誕75周年モデルが登場してたんで、歴史としてもかなり長いもんがあります。 スポンサーリンク 「新型 ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ(3代目・JK)」の概要 今回の「3代目ジープ・ラングラー」は、初代「ウィリスMB」の設計思想をそのまま受け継ぐキープコンセプトモデルです。 頑丈なラダーフレーム構造に、パワフルな3. 6リッターV型6気筒エンジン、新開発された5速ATを組み合わせました。 本格派クロスカントリーモデルとして、とにかく抜群の悪路走破性と、その走りに耐えるだけの頑丈さを備えてます。 ボディデザインは、初代の特徴的なアイコンを活かしつつも、上手いこと現代的なアレンジを加えた感じです。 ボディもひと回り大きくなって、使いやすさが向上しました。 さらに今回のモデルから、ロングボディ・4ドア(5人乗り)仕様も追加。 ショートボディと比べると、荷物や人が沢山積めるんで使い勝手が良いです。 「アンリミテッド サハラ」グレード 「アンリミテッド」は、そんなロングボディに付けられたサブネームです。 ショートボディ・2ドア仕様も、そのまま基本モデルとして残ります。 その中でも「サハラ」は装備を充実させた豪華仕様で、その他にスタンダードな「スポーツ」もあります。 プラットフォームなど プラットフォームは、頑丈なラダーフレーム構造に、前後、リジッドサスを組み合わせてます。 本格的な悪路を走るための設計なんで、ちょっとやそっとのことじゃヘコタレません。 ライバルは ジープは、個性あふれる唯一無二の存在ですから、ガチンコのライバルは存在しません。 値段とか、5ドア、SUVなんてキーワードで絞り込めば、「」とか「シトロエン・AIRCROSS SUV」、「」なんかも入ってきますが、キャラクターが全く違います。 マイナーチェンジ情報 2012年にマイナーチェンジ。 新開発された「3. 6リッターV6エンジン」に、同じく新開発の「5速AT」を組み合わせました。 スポンサーリンク 外観 ボディサイズ、全長4705mmX全幅1880mmX全高1845mm。 ホイールベース、2945mm。 フロント ウィリスMBの雰囲気を受け継ぐ無骨なフロントグリルに、シンプルな丸目ヘッドライト。 力強く拡がるワイドフェンダー。 誰が見てもひと目で「ジープ」だと分かる個性的なデザインです。 サイド 直線を基調にデザインされた箱型ボディ。 ダイナミックなワイドフェンダーに、18インチ大径タイヤ。 4ドア化するためホイールベースと全長が拡大され、無骨さの中にも伸びやかな印象があります。 まさに軍用車両といった雰囲気ですが、現在のジープ・ラングラーは一般車両としてのみ販売され、軍用としての納入実績はありません。 リア 巨大な四角いリアエンドに、フルサイズのスペアタイヤをそのまま装備。 シンプルな角型リアコンビランプと相まって、質実剛健、力強い後ろ姿を構成しています。 スポンサーリンク 内装 重厚感のある樹脂素材に、メタリック調フィニッシャー。 シンプルにデザインされた、アウトドアテイストあふれる室内です。 メーターナセルには、シルバーリングで縁取られた4眼メーター。 クッキリとしたフォントで視認性は良好。 センターコンソール最上段には、ナビゲーションなどを表示するワイドディスプレイを装備。 中段には、丸型のエアコン吹出口。 フルオートエアコンは、手探りの操作もやりやすいダイヤル式です。 四角いボディとアップライト(目線が高い)な「コマンドポジション」によって、視認性は良好。 ボディが大きく最小回転半径(7. 1m)も巨大なため、運転がしやすいとは言えませんが、ボディの見切り自体はまずまずです。 シート フロントシートは、ストロークのたっぷりとしたクッションにしなやかな表皮が組み合わされ、重厚感のある座り心地。 ラフロードからの衝撃もしっかりと吸収します。 リアシートは、やや平板な作りでクッションも薄め。 座面の前後長が短く、体を支えにくいです。 ただし、足元、頭上空間は十分で、大人二人で座っても窮屈感はありません。 荷室 ロングボディの採用によって荷室スペースも拡大。 室内がスクウェア(四角い)な事もあって、かなりの荷物が積めます。 家族4人なら、荷物のかさばるキャンプ遊びからバーベキューまで自由に楽しめます。 静粛性 角ばったボディによって、風切り音は大きめ。 ただし、高められたボディ剛性と静粛性を増した新開発エンジンが組み合わされ、総合的な静粛性は高いです。 エンジンとトランスミッション 3604cc・ V型6気筒DOHCエンジンに、5速ATが組み合わされます。 JC08モード燃費は、7. 車両重量、2040kg。 エンジン 3. 6リッターのV6エンジンで4輪を駆動(フルタイム4WD)。 低速からフラットなトルクを発生する力強いエンジン。 2t強のボディをスムーズに加速させます。 車重が重いため、鋭い加速感はありません。 SUV用のエンジンとしては意外に高回転型で、4000回転以上まで気持ちよく吹け上がります。 といってもシルキー6やVTECのような「すべらかさ」は無く、クロスカントリーSUVにふさわしい荒々しさを伴います。 巡航時にはエンジン回転を高めにくく、結果的に室内は静かです。 トランスミッション 新開発されたトルコン式の5速AT(マニュアルモード付き)によって、動力性能が大幅に向上。 エンジンの美味しいところを引き出して、必要十分以上のパワーを絞り出します。 スムーズで賢いトランスミッションです。 乗り心地とハンドリング 前後輪ともに、コイルリジッド式サスペンションを装備。 クロスカントリーSUVとしては、意外と乗り心地も快適。 といっても独立懸架サスペンションを持つ「チェロキー」のような乗用車的乗り味ではありません。 大型SUV独特のユサユサとした揺すられ感を伴う、大らかでゆったりとした乗り味です。 オンロードよりもオフロードでこそ、本当の真価を発揮します。 ロングホイールベースに、ストロークのたっぷりとしたサスが組み合わされ、高速域での安定性も上々。 4つのタイヤが巧みに上下してボディをフラットに維持します。 轍やうねりのある路面でもステアリングを取られにくいです。 ハンドリング 重厚感あふれるゆったりとしたハンドリング。 ラフロードでの取り回しを重視して、ステアリングの反応は鈍いです。 最小回転半径は、7. 狭い路地では何度も切り返す事になります。 日本の狭い林道やラフロードに持ち込むなら、ジムニーのようなコンパクトSUVが最適です。 その他 頑丈なラダーフレーム構造や、スタビリティコントロールなどが採用され、基本的な安全性能は高い。 ただし、今流行りの「先進安全技術」の類は装備されません。 【試乗評価】のまとめ 「新型 ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ(3代目)」は、伝説の名車「ウィリスMB」の系譜を受け継ぐ、本格的なクロスカントリーSUV。 3代目へのモデルチェンジに伴って、ボディサイズを一回り拡大。 加えてロングボディ・4ドアモデル「アンリミテッド」もラインナップに加わります。 パワフルな3. 6リッターエンジンによって、2t以上にもなる重量級ボディをスムーズに加速させます。 オフロードを中心に設計されているため、ハンドリングは鈍くゆったりとしたフィール。 乗り味も大型SUVに多い、ユサユサとした揺れをともなう大らかなモノです。 快適性が向上したといっても、そのオフロードに特化した乗り味には独特のクセがあります。 ボディも大きく取り回しもしにくい。 日本の狭い路地では常に気を使って運転する事になります。 「四角いボディが気に入った」とか、「おしゃれに乗りこなしたら格好いいかも」といった気楽な気持ちで購入すると後で後悔するでしょう。 それでも「このクルマが以外に次の愛車は無い」というほど気に入ってしまった場合は、一度ディーラーで試乗してください。 それでも買う気持ちがブレないなら、ラングラーはあなたのためのクルマです。 「趣味や仕事でオフロードにガンガン入っていく機会が多い」、しかも「荷物や人をたくさん積む」なんて人にはこれ以上無い最適のクルマとなります。 中古車市場では 2017年式「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ(3代目)」で300万円台後半。 2014年式で300万円台前半(2018年6月現在)。 新車価格 4,276,800円(税込み).

次の

3年乗ってみてわかった【ジープ ラングラー】の「良い点、悪い点」を挙げてみる!

ジープ ラングラー サハラ

こうしたステージで、なんといっても花形となるのは「ラングラー」。 サーキットで言えばポルシェやフェラーリ、マクラーレンといった超高性能スポーツカーでアタックするようなものであるから、心が躍った。 用意されたラングラーは3台。 ただ正直に告白してしまうと、今回の試乗はちょっとばかり拍子抜けな部分もあった。 なぜならFCAジャパンサイドから、「ゆっくり走って欲しい」とのお達しがあったからだ。 ただそれは、ジャーナリストから編集者まで含め不特定多数の、しかもダート未経験者もこれを運転するからという理由だけじゃない。 当日は本国からエンジニアが来日しており、特にラングラー・ルビコンに関しては、その走破性の源である「クロールレシオ」を感じながらドライブして欲しい、というリクエストがあったのである。 キモはクロール・レシオだ つまりクロカン・キングであるラングラー・ルビコンは、1速ギア(4. 0)、そしてファイナルギアレシオ(4. 1)を組み合わせるウルトラローギアードなギアリングで、極低速時に高トルクを獲得する。 確かにその言い分は、正しかった。 途中小雨も降り始めた急な登坂路で、わざと停まってアシストなしで再発進してみる。 ここでラングラー・ルビコンは、最大で30度近くなるという傾斜をホイールスピンすることもなくリスタートしてしまうのだった。 あまりにも、あっけない……。 きっとアクセルをベカッ!と踏み込めば、盛大にタイヤを空転させながらも豪快なトラクション性能をもって道なき道を突き進むのだろうなぁ! などと思いつつも、ただこの力強さには感心した。 ラングラーは一般道から悪路までこなすスーパーカーだった そのアクセル開度の小ささに対するトルクの出方はリニアで力強い。 一般道ではシュンシュンと気持ち良く回ったV6エンジンのキャラが、うそのようだった。 確かにこの操作性なら微妙なアクセルワークを駆使して、巨大な岩場を登り切ってしまうかもしれない。 そしてこれなら我々一般のユーザーが使う上でも、凍った路面や雪上路で安心してマイペースを保つことができるだろうと感じた。 もっとも「4L」に入れるようなシチュエーションは、なかなかないだろうけれど。 また登り同様に急な下り路面では、ヒルディセントコントロールが8速ATと見事に連携した。 ブレーキロックの心配なくハンドリングに集中できるのは非常にありがたく、ゆっくり坂道を下ってくれるから安心感も非常に高い。 そしてモーグル路面では、スウェイバー(スタビライザー)をオフにすることで、サスペンションが伸びて接地性が高まる状態を体感できた。 ラングラーの走破性が高すぎて全ての実力は把握できず…… だがしかし、はっきり言ってしまえばラングラー・ルビコンはその走破性が高過ぎて、今回のメニューだとその真価を味わい尽くすことができなかった。 同じV6ユニットでもよりデイリーユースを意識したギアリングのベースモデル「アンリミテッド・スポーツ」や、2リッターターボを搭載するラグジュアリーモデル「アンリミテッド・サハラ」でさえ、大差なく同じように走れてしまうのだ。 ちなみにサハラの2L直列4気筒ターボは、かなり好感触だった。 だからギアリングの違いはあっても、パワーよりトルクが求められるこのシチュエーションでは、その差を十二分にカバーして走ることができた。 むしろルビコンのV6ユニットは、オンロードにおける高回転領域の吹け上がりが気持ち良かった。 参考までに燃費性能的には、2L直4のサハラが11. 6V6のルビコン(9. しかしこの両者、いや今回乗った全てのモデルがなのだが、実はレギュラー仕様である。 ここはなかなかに楽しい悩み所だ。 ちなみに本国には、2リッターターボの「ルビコン」も設定されている。 ジープ ラングラーに乗った後では、これらのSUVがまるでふわふわとした高級サルーンのように感じられた。 裏を返せばオフロードにおけるダイレクトな乗り味や操作性の高さは、快適性につながることが理解できた。 そうは言ってもチェロキーなどのトレイルホークは、SUV目線で見ればやはり悪路走破性が高い。 「4WD LOW」モードを選べば駆動はしっかりと確保され、デコボコ道ではサスペンションを上手に伸ばして姿勢を保つ。 こうした性能より、もっと広さやラグジュアリー性能が欲しいと考えればグランドチェロキーがベストだ。 そこには単純なヒエラルキーというよりも、段階的なニーズ対応への幅広さがあるように感じられた。 小さいからって侮るな! レネゲードだって余裕で悪路を走れるんだ また今回一番小さなレネゲードも、兄貴分と同じく「セレクテレイン」システムを備え、4WD LOWのギアリングを持って悪路を元気に走ってくれる。 オンデマンド式4WDの制御が兄貴分たちに比べやや荒く感じられたのは、1. 前輪を少しかきむしってからトラクションを安定させる様子はややチープだったが、ナローなボディと高いアイポイントによって操作性は良好。 むしろこの荒さと小ささのカップリングには、ちょっとした冒険感が味わえた。 また日常ユースで考えれば、冬場の降雪にも過不足なく対応できる手応えも感じ取れた。 つまりジープとは、ラングラーの走破性をDNAに持つことで、SUVながらもバリューを高めるブランドなのだ。 今回はそれがよくわかる試乗であった。 Jeep WRANGLER UNLIMITED 主要スペック Jeep WRANGLER 主要スペック グレード UNLIMITED RUBICON[3. 6L] UNLIMITED SAHARA[2.

次の

【ラングラーJL】スポーツとサハラの違いを徹底比較!ジープラングラーアンリミテッド4ドア

ジープ ラングラー サハラ

FCAのオールラインアップ試乗会 どうやら日本人は「ジープ」が好きらしい。 9月30日にGKNドライブラインのプル—ビンググランドで開催されたFCAジャパンのフルライン試乗会の冒頭、FCJのポンタス・ヘグスロトム社長は、FCAジャパンの業績が好調であること。 特にジープ・ブランドがそれを牽引してしること。 そしてジープ・ラングラーは2019年9月単体で800台を超えるセールスを記録し、今年は年間で5000台を超える見込みだという。 なんと、日本は北米以外でもっともジープ・ラングラーが売れるマーケットだというのだ。 どうりで都内でもジープ・ラングラーをよく見かけるはずだ。 個人的に、どうもジープに縁がなくて歴代、どのジープもちゃんと運転したことがなかった。 かねてより興味があったので、今回は数ある試乗車のなかから特にジープ・ラングラーを選んでドライブさせてもらった。 試乗コースが一般公道でないことは最初にお断りしておく。 かねてより興味があった理由は、「おそらくほとんど荒れ地へ行かないのに、どうして都内にはこんなにジープラ・ラングラー(とメルセデス・ベンツGクラス)が多いのか?という疑問があったからだ。 ご縁がなかったこともあって、ジープ・ラングラーについてはほとんど知識がなかった。 なので、少し調べてみた。 北米でのジープ・ラングラーの販売台数の推移 現行ジープ・ラングラーは2917年のLAショーで発表されたJL型だ。 ここ四半世紀というところで見てみると 2代目TJ型が1996-2006年 3代目JK型が2007ー2017年 現行4代目JL型が2018年ー ということになる。 北米でのセールスデータを調べてみた。 現行JL型は北米でも大ヒットを記録している。 2018年には24万台!も売れた。 2019年も9月までで17. 6万台が売れている。 その北米の次のマーケットが日本(で5000台)というのは、いろんな意味で驚きだ。 オフロードを走るクルマのことを「ジープ型」と言うように、ジープは日本人の心の奥底にしっかりポジションを築いている。 だから売れ続ける。 しかも現行のJL型は評判がいいときている。 全高以外はとくにばかでかいというわけではない。 筆者のガレージ(都内の狭小住宅)には高さの問題で入らないが、想像していたよりは大きくない。 きっと燃費が恐ろしく悪いのだろうと思ってエンジンスペックを見ると 2. 訊くと、2. まぁ許容範囲(!)だ。 トランミッションは、現在最高(と個人的に思っている)ZF製8速ATの8HPだ。 記憶が確かなら、ZFからライセンスを受けてクライスラーの工場で製造しているもののはずだ。

次の