愛 の カタチ ドラマ。 ドラマ「愛の不時着」の北朝鮮は本当?日常生活と人物関係のザワつきを検証してみた

なぜ韓国ドラマ『愛の不時着』はNetflixでロングヒットしているのか?

愛 の カタチ ドラマ

「家族ノカタチ」の見どころは、ホームコメディの名にふさわしく終始笑いが絶えない構成なところです。 主人公の永里大介は 39 歳であるにも関わらず、これまで女性と付き合ったことがなく今後も結婚することはないだろうと恋愛に対して奥手な男です。 そんな永里は会社をリストラされた事がきっかけで、家賃が安いシェアハウスへと移り住み熊谷葉菜子や佐々木彰一といった個性的な人々に出会います。 恋愛とは何か、家族を持つことの意味など難しい問題をコントという形で表現しているので内容を理解しやすいといえます。 このドラマの特徴はセット内のみで撮影されていて、ロケが一切ありません。 その為、アメリカのホームドラマ風で観客の笑い声もまた良いアクセントになっています。 家族ノカタチは初回からテンポが良い笑いがあり、BGMにはまって終始優しい時間が流れる印象でした。 回が進むごとに惹きこまれ、気付けばじんわりと心が温かくなるドラマになっていました。 ホ-ムドラマなのですが、きちんと恋愛の成り立ちも描かれています。 それぞれの人柄や価値観、生き方がリアルに心に響き、繊細な心理描写が素晴らしかったです。 最終回は、陽三さんの静かな旅立ちと大介の新しい門出が主題でした。 弔辞途中に告白したことへ祝福の声、そして涙と笑顔に包まれた前代未聞の告別式に驚きました。 おそらく他に一つとして同じものはありません。 世界に一つだけのプロポーズ、そして家族ノカタチで良いのではないかと思います。 独りが好きだった大介にとって居心地の良い相手である葉菜子ちゃんや可愛い弟、新しい家族に巡り会えたことは父と陽三さんが起こした奇跡と思います。 まさに、父が遺してくれたかけがえのない財産です。 大介は温かい人たちに囲まれて幸せなので、これからも永遠に続いて欲しいと思いました。 香取慎吾さんのアンニュイな雰囲気が良い味を出していたと思います。 主人公はいわゆる独身貴族といった感じで結婚はしないで1人の生活を楽しんでいて、あんまり他人とは深く関わりたくない様子で、いつも自分のパーソナルスペースで生活していたのですが、ひょんなことから主人公の家に色々な人が集まるようになり、内容としてはほのぼのする暖かいストーリーでした。 香取慎吾さんと上野樹里さんの掛け合いはテンポが良くて、お似合いな感じでした。 そして、なんといってもほのぼのする理由は西田敏行さんの役柄だったと思います。 いきなり主人公のところに現れてちょっと迷惑な存在だと思われながらも、西田敏行さんが演じているとハートフルな感じになりました。 このドラマは部屋での会話シーンが多くてドラマというよりも劇を見ているような気持ちになりました。 香取慎吾さんはまたこういう面倒くさがりな役柄が見たいなと思いました。 キャスト陣目当てで見始めたのですが、内容が深く余韻も素晴らしく、大好きで毎週欠かさず見ていました。 今でも録画したものを時々鑑賞して楽しんでいます。 父の愛、母の愛、それに素直に応じられない息子、娘の愛。 現代にはありとあらゆる形の恋愛や家族事情があり、それは尊重されるべきものであるという素晴らしいテーマ性を感じました。 一見すると冷たい風に見える主人公(香取慎吾演じる永里大介)も、本当は他人とどう触れ合えばいいのかが分からない普通の人。 自立した強い女性に見えるヒロイン(上野樹里演じる熊谷葉菜子)も、同じく他人に心を開けない普通の女性。 人は孤独を愛するけれど、人は孤独では生きられない。 そんな登場人物の一人一人を、とても愛おしく感じます。 面白いです。 香取さん演じる主人公の会社が文房具を取り扱う会社で、商品企画をしているのを見て、そういう仕事をしてみたかったなと学生時代の就活を思い出しました。 上野さん演じる気の強い女性と、香取君演じる自分の意思を曲げない男性が犬猿の仲だけど寄り添う恋愛ドラマはよくあるパターンかなと思いました。 ですが、最終的に二人が取った結婚の形が新鮮で、自分もべたべたする感じが嫌なので、見ていてすっきりする展開だったので良かったです。 主人公の父親がマイペースで、時々転がり込んできて面倒な場面も、面白かったです。 印象的だった場面は、上野さん演じる女性が頑張りすぎて病気になってしまい、女性特有の病気であるがゆえに誰にも言えずに悩む場面です。 そこで主人公は、どう慰めたらいいかわからないと悩みつつも、何かあれば聞くから、と自分に出来ることを考えてくれたところが良かったです。 結婚しない、結婚したくない、様々な理由でシングルが多い社会を映しているドラマ。 演じている俳優たちも素晴らしい。 特に主演の香取慎吾がいい。 本当の彼の姿に一番近い役なのではないかと思うくらい自然な演技で、彼の作品の中で一番好きである。 また、上野樹里もビジネスウーマンをかっこよく演じていて、役に合っていると思う。 それぞれの親も二人の生活に関わり、家族が暮らす形の多様性や、家族に対する概念の変化について、世の中に新しい提言をしたのではないだろうか。 そして、最後に二人がそれぞれのライフスタイルで新しい家族のカタチを作って、自分らしく生きていく結末に大満足。 日曜ドラマの中で好きなドラマの一つ。 家族ノカタチ 詳細 ドラマ「家族ノカタチ」のあらすじや各話のタイトル、キャストをご紹介します。 あらすじ 永里大介(香取慎吾)は、結婚に超後ろ向きな39歳独身だが、決してモテない男ではない。 しかし、本気で「一人がいい」と考え、この年でわざわざ自分の生活圏内に他人を迎え入れるリスクを犯したくないと、自分の城を守るように、こだわりに満ちたシングルライフを満喫している。 自らの仕事に対する責任感は強くハードワークをこなす一方、他人にも厳しいクレーマー気質の持ち主だ。 そんな大介と葉菜子の2人は、出会った直後から何故か常に喧嘩が絶えないが、実は似た者同士の部分も多々あり……?! 結婚することが難しくなった時代に、親子とは何か? 家族とは何か? 結婚とは何か? を全身全霊で描くホームドラマです!! 各話タイトル• 第1話 結婚しない息子と娘vs超破天荒な父と母• 第3話 亡き母からオヤジと息子へ最後の贈り物• 第4話 再婚をしたい元夫と奇妙な三角関係勃発• 第5話 結婚式前夜に離婚!? 父母が結ぶ夫婦の絆• 第6話 オヤジおまえもか…後妻は結婚詐欺師!? 第7話 オヤジがダメな女と再婚した本当の理由• 第8話 オヤジが死ぬ理由• 第9話 あいつと一緒にいたい理由• 第10話 オヤジに聞かすプロポーズ キャスト• 香取慎吾• 上野樹里• 水原希子• 中村アン• 風吹ジュン• 西田敏行• 千葉雄大• 荒川良々• 柳原可奈子• 観月ありさ ほか.

次の

韓国ドラマ「愛の不時着」のあらすじ、キャスト、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

愛 の カタチ ドラマ

韓国ドラマ「 愛の不時着」は2020年に放送されると韓国国内はもとより、日本・中国でも大ヒットしたラブコメドラマです。 (日本ではNetflixで放映中) 主演のヒョンビン演じる北朝鮮兵士とソン・イェジン演じる韓国財閥の国境を越えたロマンスが、これまでの恋愛ドラマにはない38度線という障害が斬新な設定で予測不可能な恋の行方に、気になり度MAXのドラマです。 またドラマ中で描写される北朝鮮の生活が興味をかき立てられます。 現にこのドラマに対し、北朝鮮は「虚偽と捏造に満ちた虚しく不順極まりない反共和国(北朝鮮)映画とテレビドラマ」として不快感を示し、韓国国内の保守政党からは「北朝鮮を美化して扇動的」だとして国家安保法違反にあたるとして告発されています。 では、実際の北朝鮮とドラマに描写されているものの考証はどうなっているのか紹介します。 あくまでドラマ内の演出である、ことを前提にドラマを見て問い合わせや反応の多かったものを挙げてみます。 北朝鮮脱北者もびっくり!ドラマ中の日常描写はそっくり 北朝鮮日常生活はかなりリアルに近いものがあり、それを実現させたのがこのドラマの脚本家パク・ジウンの脱北者に対する入念な取材があってのことだと言われています。 夜の宿泊検問 保衛部が夜間にリ・ジョンヒョクの社宅を宿泊検問し、ユン・セリが見つかるシーンは、実際に日常的に行われているといいます。 夜10時以降は外出が禁止されていて、外部からゲストが来ると人民班長に報告する決まりになっているが、隠していると処罰されます。 特に「韓国ドラマを見ている」と通報があると、検問が行われるようです。 宿泊検問は登録されている住民がいるか、逆に登録されていない人がいるかを確認することになっています。 この検問は村の事情をよく知る人民班長と行われることが多く、人々の顔を見て確認したり、許可されていない家電製品を摘発することもあるといいます。 ドラマの中では「話す韓国炊飯器」がばれて、見逃してもらうシーンがあるので、思い出してね。 実際、北朝鮮でも村総出でキムチが作られ、その貯蔵用としてキムチウムが使用されている。 その中にはキムチだけでなく、冬野菜や醤油類も保存することができるといいます。 検問が行われた時は、このキムチウムがいちばん安全だということも! 韓国ドラマは厳罰になる禁止行動 北朝鮮兵士のキム・ジュモクがチェ・ジウ主演の韓国ドラマ「天国の階段」を見ているシーンは、実際にはありえないということ。 特に韓国ドラマを見ることに対しては厳罰が与えられるといい、表だって見ることはもとより、見ていることを通報されると検問が行われることになります。 発覚すれば無期懲役、運悪ければ死刑になることも。 ひと昔はCDでの輸入が多かったが、最近はより小型化してUSBやマイクロSD、中国製のデジタルメディアプレーヤーMP5で密輸されることが多いということです。 停電は日常で慣れっこ まだ北朝鮮では電力供給が不安定で、停電は一般的なんだそうです。 村でも停電が起こるたびにローソクや空き缶で作ったランタンを利用したり、お金のある家では家庭用バッテリーを備えることができるらしいです。 ジョンヒョクとセリが平壌に列車で向かう途中、停電で足止めをくらったのも、よくあることで到着するのに1週間以上かかるのは常識。 脱北者が韓国の電車が時間通りに動くのを見て、かなり驚いたとか。 「愛の不時着」のドラマで描かれる北朝鮮軍の人物・力関係 この「愛の不時着」ではヒョンビン扮する北朝鮮兵士と韓国の財閥令嬢のドラマなだけに、多くの北朝鮮軍人とその力関係でドラマが展開していきます。 軍の階級や組織は聞き慣れないため、力関係がちょっとわかりにくいので、わかりやすく上下関係をまとめてみました。 ドラマに出てくる北朝鮮側の役職や階級は、現実のものとほぼ同じです。 登場人物の上下関係 登場人物の力関係は、 リ・ジョンヒョクの父>軍事部長>マ大佐>チョ・チョルガン>リ・ジョンヒョク>チョ・ピス の順位です。 これを念頭に、それぞれの役職と実際の組織をみてみます。 実質首脳部の順列2位の超上級官僚。 政治的に深く関わることができる。 こうして見てみると、近くて遠い未知の北朝鮮の実情を垣間見れるドラマとなっていて、ロマンスの行方だけでなくドラマ背景も一味違った、興味深いドラマですね。 このことを知って、もう一度見てみるとおもしろいかもしれませんよ。 また、韓国の軍人と女医のロマンスを描いた大ヒットドラマ「 太陽の末裔」では、韓国軍の組織について説明しているので、そちらとも比較してみてくださいね。

次の

義母と娘のブルース主題歌 MISIA「アイノカタチ」MV解禁!ドラマの感想なども。

愛 の カタチ ドラマ

綾瀬はるか演じるカタブツなキャリアウーマンが、慣れない母業に苦戦しながら義理の娘との絆を育んでいくドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系、毎週火曜22時)で、主題歌を担当しているMISIA。 デビュー20周年第1弾のシングルとなる『アイノカタチ feat. HIDE GReeeeN 』(8月22日発売)は作詞作曲をGReeeeN、コーラスをメンバーのHIDEが担当し、アレンジに亀田誠治を起用した、まさにJ-POPを代表する豪華制作陣による楽曲だ。 これまで、DREAMS COME TRUEや布袋寅泰らとのコラボ経験があるMISIA だが、デビュー20周年を迎えてなお、新たな可能性を追求する姿勢も垣間見える、エポックメイキングな楽曲になっている。 MISIAといえば、さまざまなドラマや映画の主題歌に抜擢されてきたことで知られるが、印象的なものを挙げるとすれば、2000年にリリースした『やまとなでしこ』(フジテレビ系)主題歌「Everything」は外せない。 美しく壮大なバラードはドラマの大ヒットも相まって200万枚のセールスを記録。 今なお歌い継がれる名曲となっている。 その後、2009年には『JIN-仁-』(TBS系)に「逢いたくていま」を提供。 奇しくも本作で重要な役を担ったのが綾瀬はるか。 『義母と娘のブルース』はそんな綾瀬とMISIAがとの9年ぶりの顔合わせとなることにも触れておきたい。 このほか『大奥~誕生[有功・家光篇]』(TBS系)では「DEEPNESS」を、『S -最後の警官-』(TBS系)では「僕はペガサス 君はポラリス」が主題歌として起用されていることから、TBS系のドラマとは比較的相性がいいとも言える。 そこに発生するさまざまな葛藤や悲喜こもごもが10年の月日の中で描かれていく。 主題歌「アイノカタチ feat. HIDE GReeeeN 」の歌詞は〈あのね〉と、語り口調で綴られているのが印象的だが、そこに続くのは愛の言葉であり感謝だ。 「脚本を読んで、とても心が揺さぶられました。 こんな素晴らしいドラマが今の時代に必要だと思います大切な人に『あのね 大好きだよ』と伝えるお手伝いが出来るよう、心を込め歌いました」(引用:)とMISIA本人もコメントしているが、エンディングで流れるとあたかも義理の娘のみゆきから義母の岩木亜希子へのメッセージ(または逆も然り)にも聞こえ、物語の余韻と相まってあたたかな気持ちになる。 しかし歌詞の内容は、劇中の母と娘の関係性を超え、友情や家族、恋人など聴く者それぞれが心に思い浮かべる大切な誰かへの思いに寄り添うとても普遍的なものだ。 〈あのね あのね ずっと 大好きだよ〉とかけがえのない「あなた」に伝えようと必死に呼びかける姿からは意地らしさとともに、愛するゆえのもどかしさも伝わってくる。

次の