マイ ヒーリング ラブ 41 話。 マイヒーリングラブあらすじやネタバレのまとめ1話〜最終話まで全話!

マイヒーリングラブ

マイ ヒーリング ラブ 41 話

「私の愛の治療記」41,42話あらすじ ヒョシルの部屋で、幼い自身が赤ちゃんのチュチョルと写っている写真を見つけるチウ。 泣くチウ。 チユを迷子にしてしまったことを謝り、泣くヒョシル。 その光景を見て青ざめるソンジュ。 帰ってきたジェハクやジンユにも、探していたチユが隣の家のチウだったことを話すヒョシル。 チユのために、33年も引っ越ししなかったとチウに話すヒョシル。 初めて会った時に気付くべきだったのにと、後悔するヒョシルとジェハク。 ソンジュが寝室にチユの写真を置いてくれたから見つけられたと、ソンジュに感謝するヒョシル。 苦労して暮らしてきた様子のチウに、今までできなかったことを全部してやろうと考えるヒョシル。 本当にヒョシルの孫娘チユなのかと信じられず、戸惑うチウ。 家にある幼い時の自身の写真を確認するチウ。 チウには幼い時の記憶が無く、まだ証拠は写真だけだとDNA鑑定を阻止しようと考えるソンジュ。 付き合い始めたチュチョルとイユは、ラブラブデートをする。 ハヌルがジョンスンの戸籍に入ることになり、納得できないイボクはウンジュに怒る。 新しく部屋を契約出来次第、家を出て行くつもりのウンジュ。 ジョンスンの未来を壊したウンジュに怒るイボク。 ワンスンの帰りを待つチウだが、ワンスンとは連絡つかない。 ミヒャン母が居る療養院に一緒に行き、胸を痛めるミヒャンの姿を見るワンスン。 高校時代は裕福に暮らしていたが、父親が倒れてから借金を抱えたりして母親と苦労して来たミヒャン。 ミヒャンから突然キスをされ、驚くワンスン。 第42話あらすじ チウが手掛けたクリスマスエディションが好評で、新年の限定エディションもチウのデザインを使うことになったとヒョシルに話すジェハク。 チウと検査を行う予定のジェハクに、いつチウに会うのかと尋ねるソンジュ。 今回は私に任せろとソンジュに話すジェハク。 落ち着かないソンジュ。 遺伝子検査センターに電話をかけ、検査のために家に来てもらう事は出来るかと問い合わせるソンジュ。 チウは、親が見つかったかもしれないとワンスンと話をしたいが、外出して連絡も付かないワンスン。 ミヒャンと外泊してしまい、朝目覚めて後悔するワンスン。 ワンスンが既婚だと友人たちから聞いて知っているミヒャンは、それでもかまわないと話す。 ワンスンと一緒に居ると悪いことを忘れられて落ち着くミヒャン。 ジョンスンが借り入れをしてまで中国へ投資をしようとしていることが分かり、驚くチウ。 その投資を心配するチウに、他人の話に口を出すなと怒るジョンスン。 美容室で寝泊まりするサムスクに、余っている部屋を使わないかと申し出る元コーチ。 遺伝子検査センターの職員に来てもらい、目の前で検査するとヒョシルに話すソンジュ。 喜ぶヒョシル。 チウを呼んで、幼い頃に隙だった料理を作って振舞うつもりのソンジュに、感謝するヒョシル。 新年バージョンのデザインに、クリスマスバージョンに続いてキャンピングデザインの第2弾はどうかと提案するチウ。 そのチウの案に反対するデザイン室室長。 納得せず、いつかチウと話をするつもりのユンギョン。 キップムを父親に見せたいと、ジェハクに会って力になってもらおうと考えるユンギョン。 以前はユンギョンの味方だったが、ユンギョンにはもうキップムの母親の資格は無いと考えるジェハク。 遺伝子検査センターの職員に家まで採取に来てもらい、またこっそりと操作しようと企んでいるソンジェ。 昨晩、チウと一緒に検査して来たジェハクだった。 呆然とするソンジュ。 ブハンに、親が見つかったようだと話すチウ。 私の孫娘を連れに来た。 驚くチウに、頷くジェハク。 第43話に続く。

次の

韓国ドラマ

マイ ヒーリング ラブ 41 話

第2話• 第3話• 第4話• 第5話• 第6話• 第7話• 第8話• 第9話• 第10話• 第11話• 第12話• 第13話• 第14話• 第15話• 第16話• 第17話• 第18話• 第19話• 第20話• 第21話• 第22話• 第23話• 第24話• 第25話• 第26話• 第27話• 第28話• 第29話• 第30話• 第31話• 第32話• 第33話• 第34話• 第35話• 第36話• 第37話• 第38話• 第39話• 第40話• 第41話• 第42話• 第43話• 第44話• 第45話• 第46話• 第47話• 第48話• 第49話• 第50話• 第51話• 第52話.

次の

【『マイヒーリングラブ』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

マイ ヒーリング ラブ 41 話

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 マイヒーリングラブ あらすじ概要 まずは概要って事で『マイヒーリングラブ』の大まかなあらすじです。 夫パク・ワンスンは年下イケメンでかわいい存在だが、結婚して8年もなるとただの頼りない存在。 法曹人を目指して頑張ってはいたが、今はもうそんな目標はどこに行ったか。 料理人になりたいという夢も中途半端。 昼は弟の事務所でお手伝い、空いた時間はフードトラックで楽しく仕事している。 かわいいポジションで結婚しちゃったので、夫は甘え上手。 しかし、これから年を取っていくと、そうも言ってられないわ。 パク家の期待の星は、なんといっても司法試験一発合格の弟パク・ジョンスン。 彼の弁護士事務所にチウ夫婦が雇ってもらっているので、かなり肩身は狭いが、何でも屋のチウは夫のワンスンよりも仕事ができ、他人を雇うよりも頼りになる。 ワンスン、ジョンスン兄弟の母キム・イボクは、何かと長男の嫁イム・チウをいじめる。 顔が気に入らない、苦労性なのが気に入らない、なんといっても一番気に入らないのはチウの出生だった。 チウは5歳の頃に養母であるイ・サムスクに引き取られた娘。 大切に育てられ、どこの家族にも引けを取らないはずだが、セレブを気取りたいイボクにとっては、捨て子のようなチウがどうしても気に入らず、パク家に不幸を持ち込んだ厄介者だと、事あるごとに嫁いびり。 持参金でも多かったら、もっと違ったのかしら。 現在パク家は4人暮らしだが、イボクには別居中の夫がいる。 正確に言うと、卒婚した仲。 いがみ合って生きていくよりは、別々に好きなことをして暮らしたほうがいいと、別居してからは、触らぬ神に祟りなしで、なんとか離婚せずにもちこたえていた。 次男の結婚までは別居してでも婚姻関係は続けていたほうがいいという感じですかね。 ヤクルト配達、喫茶店のパート、弟の事務所(正社員)、ガソリンスタンド、と1日中働くイム・チウ。 もちろん、これに嫁としての仕事、家事も加わってくる。 学生の頃から、バイト狂だった彼女は、睡眠を削って働くことに抵抗はない。 次は重機の免許を取り、バイトに有利なようにと頑張っていたが、簡単そうに見えてなかなか合格できなかった。 ある日、試験場で見たほれぼれとする運転。 タイヤの動き、ハンドルさばきの見事さ、チウはくぎ付けになる。 ショベルカーを操っていたのはチェ・ジンユ。 ハンスグループという屈指の財閥常務の彼は、ある夢があり、重機の免許を取ろうとしていた。 大型免許で操縦できるかと思っていました。 奥が深いんですね。 彼の家は3代続く財閥。 創業者のチョン・ヒョンシル会長は今も健在。 ジンユの継父チェ・ジェハクがグループ社長として実質会社を動かしていた。 このハンスグループには、悲しいできごとがあり、チョン会長の一人娘は33年前に亡くなっており、彼女が産んだ娘は現在行方不明となっている。 誘拐か捨てられたのか、犯人は近くにいるかもよ。 会長の娘と結婚し婿養子に入ったのがチェ・ジェハク社長。 その彼と再婚したホ・ソンジュの息子がジンユということで、彼にグループの血は流れていない。 財閥の常務でありながら、ジャンパー姿でショベルカーを操作する姿は土建屋さん? 彼の運転技術にくぎ付けとなったチウは、勝手に動画を撮り、失礼なことをしないでくれとジンユに声を掛けられる。 たぼ美から一言。 イム・チウは既婚者。 子どもに恵まれないだけで、夫婦としては、普通にうまくいってるほう。 なのに、イケメンチェ・ジンユとの関係は、なんだ、なんだ、なんだ? むむむ。 ロマンスが生まれていいのだろうか・・・。

次の