テルモ 電子 体温計 電池 交換。 テルモ電子体温計C231|一般用体温計|テルモ 一般のお客様向け情報

体温計 電池交換 【通販モノタロウ】

テルモ 電子 体温計 電池 交換

電池の型番の確認方法 電池は買うときに迷わないように、事前に品番を確認してから買いに行くようにしましょう。 【 品番の確認方法】はまず体温計の後ろのねじを、精密ドライバーを使って外します。 ネジを回すときは、力を入れすぎると壊れてしまいます。 なのでゆっくり回すのがコツです。 外したネジはとても小さいです。 落とさないように、注意してください。 すると電池のふたが開きます。 電池の裏に型番が書いてありますのでそこを確認しましょう。 少し見ずらいですが【 LR41】と書いています。 これが型番です。 TERUMO テルモ C230の場合は【LR41】ですが、体温計によって使われている電池のサイズは違いますので注意してください。 電池は2個使われていますので交換するときは必ず2個同時に交換するようにしましょう。 故障の原因になります。 電池を買う 体温計の電池は、ほとんどの場合「ボタン型電池」とよばれるとても小さい電池が使われています。 この「ボタン型電池」は種類が多く見た目もとても似ているものが多いので、必ず電池の型番を確認するか外した電池を家電量販店などに持って行って、商品と照らし合わせて買うようにしましょう。 ちなみに私が行った家電量販店では このくらいの種類があります。 型番を調べないで見た目だけで買いに行ったら絶対迷います!! なので品番をしっかり確認していきましょう。 先ほど調べた型番【LR41】を探します。 もし種類が多くて迷ってしまったら、店員さんに聞いてみるとすぐに教えてくれます。

次の

電子体温計についておしえてください。

テルモ 電子 体温計 電池 交換

本日電池交換に成功したので、参考になれば・・・、 まず、白のキャップは外しても外さなくても構いません。 問題は緑のキャップです。 これは内部で360度全面フック&接着になっておりますので、引っ張り抜こうとしても抜けません。 素直にカッターなどで外皮の白プラスチックをカットしましょう。 カットするラインは表示部とは逆の裏面に製品情報を記した少しくぼんだ部分があります。 その一番白キャップに近い方の直線ラインと緑キャップのラインに沿って本体の半分まで白プラスチックをカッターで切り込みを入れつつ丁寧に切り取ります。 半分切り取ると緑キャップはこじることで何とかとれるはずです。 そうすると電池が見えてくるはずです。 次に電池を取り出すために電池を囲っている半透明のプラスチックを電池幅までカットします。 電池は極小ドライバーなどでできる限り後方にずらせばあとは爪で(爪が無理ならラジオペンチで)つまみ出せるはずです。 最後は電池入れです。 電池を挟む金属端子が下面の方が手前に向いているので、そのまま強引に電池を入れると破損します。 薄いプラスチック(電池が入っていたケース)を長方形に切り電池を挟む端子の間に滑り込ませた後、その間に丁寧に電池を差し込んでいきます。 途中プラス側の金属の引っかかりは極小ドライバーのマイナスで浮かせると上手く入ります。 次の電池切れは5年後以降なのでもう電池交換することはないだろうとセメダインで緑キャップと本体をくっつけ、電池正面の穴はワンデーコンタクトのプラスチックケースを長方形にカットし塞ぎました。 画像があれば分かりやすいのですが、言葉で説明するとどうも長くなります。 私もC21の電池交換方法を探していて結局なかったので、パイオニアとしてチャレンジしました。 結果的に上手くいきましたが、もしご自分で挑戦するときには、くれぐれもカッターで指を切らないように十分お気を付けください。 それではご武運を祈ります。 何でもかんでも分解しては修理したり失敗?したりするのが大好きな私と気が合いそうな予感がしています。 電池を用意して近日中にチャレンジしてみます。 貴重な時間を割いていただいて心より感謝申し上げます。 追伸です。 私から質問しておいて、偉そうにに言っているみたいで気が引けるのですが老婆心で・・、おそらく気を付けて作業はされておられると思いますが、ボタン電池の脱着道具は金属製でない絶縁物が良いらしいです、電池や回路のショートによる思わぬトラブル防止の為に・・・生意気にスミマセン。 感動する内容の回答で、ベストアンサーに選ばせて頂きました。 今後私も回答者になるときには、このような回答ができればと思っています、本当にありがとうございました。 またのご縁を期待しています。

次の

【数百円の節約?】体温計(テルモ電子体温計C231)の電池って交換できるの???

テルモ 電子 体温計 電池 交換

Contents• 体温計(テルモ電子体温計C231)の電池って交換できるの??? お盆休みも終わって「 さぁ仕事!」と通常業務に追われている方も多いのではないでしょうか? 本日も諸事情により味見の記事は少しだけお休みして、 生活の知恵的な記事を書いていきたいと思いますので お付き合いよろしくお願いします。 今日はタイトルの通り、「 体温計の電池を交換してみよう」というお話です。 数日前から子供達が風邪を引いており体温を定期的に測っているのですが 自宅に3〜4本ある体温計のうちの1本( テルモ電子体温計C231)に 「 電池が少ないマーク」が表示されてしまいました。 早速2本の電池が見えますね〜 電池を交換する マイナスドライバーで電池を引っ掛けるように取り出し 新しい電池のプラスとマイナスを間違えないように入れ替えて・・・ 逆の手順で元の状態に戻す 元あったように差し込んで、ネジを止めれば完了です。 時間も 5分程度あれば交換できます。 うちは長女が誕生した時にこの体温計を購入し、 3年半近く使ってきましたが、初の電池切れです。 Amazonでの評価を見てみると「 購入して1ヶ月で電池が切れた!星1つ!」というレビューも・・・ さすがに1ヶ月で電池が切れた人は運が悪いとしか言いようがないですね。 新品に買い替えたら、安くても1500円以上かかりますが 自分で電池を交換すれば110円で電池を交換し更に予備の電池も手に入ります。 この体温計に限らず、自分で電池を交換できれば安上がりなものはたくさんあります。 本体の裏側を見てネジが付いていたら交換できるかな?と思って調べてみては如何でしょうか? こうしてやくちちは今日も数百円の節約に成功したのでした。 今回電池を交換した体温計 薬剤師ときどき父(やくちち)• やくちちブログの過去記事紹介 よかったら見てね~ 【エディロールカプセルの味って何味?】• うつ病、不眠症、統合失調症、認知症、パーキンソン病、てんかん、頭痛 精神・神経7疾患の服薬指導、疑義照会に生かせる実践的な事例が満載!な1冊• やくちち会を開催したら1人くらい学生さんに参加してほしいなぁっていつも思ってます。

次の