韓国 経済 現状 2020。 【韓国経済の現状】【韓国経済 最新ニュース】2020年2月27日【10:00 AM】

【日韓経済戦争】日韓関係、2020年はもっと激突する! 韓国国立外交院が予測 その理由は?: J

韓国 経済 現状 2020

最大のヤマ場は東京五輪後に安倍首相が仕掛ける憲法改正 韓国国立外交院は、韓国政府の外交シンクタンクの一つで、2015年8月に組織内に日本研究センターを開設している。 対日外交案件の研究や国内外の日本研究機関とのネットワーク強化に取り組んでおり、韓国政府の対日外交の支援と助言を行っている。 その国立外交院が発表した「2020年の韓日関係の展望」について、聯合ニュース(2019年12月26日付)の「来年(2020年)の韓日関係『民族主義高まり対立繰り返す』=韓国研究所」が、こう伝えている。 「韓国国立外交院の外交安保研究所は12月26日、『国際情勢2020展望』報告書を公表し、2020年は韓日両国で国内の政治日程に合わせて過去の歴史問題と結び付いた攻撃的な民族主義が高まるとの見通しを示した」 報告書であげた「互いに攻撃的な民族主義が高まる」問題とは、主に次の4つだった。 (1)強制徴用被害者の賠償問題 (2)旧日本軍の慰安婦問題 (3)独島(日本名・竹島)問題 (4)日本産水産物の輸入規制問題 これらの事案をめぐり、日韓の対立が繰り返される可能性があると指摘したのだ。 しかも、2020年は両国の政治日程で、互いの民族主義が高まる時期がいくつかあるという。 聯合ニュースが続ける。 「同研究所(韓国国立外交院)は両国内の政治日程について、日本は安倍晋三政権が2020年夏の東京五輪を機に民族主義をあおり、憲法改正のために自民党の党則を変更して総裁の4選を可能にするよう推進する可能性があると分析した。 韓国については2020年4月の国会議員総選挙を挙げた」 「特に、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟判決に関連し、早ければ2020年春にも行われる日本企業の韓国内資産の現金化措置により、韓日関係が大きく揺れ動くと予想した」 「日本は輸出規制を撤回する」と都合のよい分析も まず、2020年春に最初の激突のヤマ場がやってくるというのだ。 聯合ニュースがさらに続ける。 「日本政府は、現金化が行われた場合に備え、『韓国産輸出品に対する報復課税』『日本製品の供給停止』『ビザの発給制限』などの報復措置リストを既に準備しているとされる」 一方で、韓国国立外交院は日本の対韓輸出規制措置に関して、「韓日間の強制徴用問題の協議に時間がかかっても、輸出規制は事実上撤回される可能性が高い」と分析したという。 ずいぶん都合のよい分析に思えるが、その理由について国立外交院は、こう説明している。 「日本の輸出規制は自国企業に被害が及ぶうえ、グローバル供給網の混乱を招くため控えざるを得ない」 というのだ。 また、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)については、韓国政府は終了を延期しているという立場だが、韓国国立外交院はこう分析している。 「(民族主義が高まるなど)韓日関係がどのように展開しても、現実的にGSOMIAの終了の延期を覆し、韓米関係を再び最悪の状況に追い込む可能性は低いとみられる」 北朝鮮情勢が緊迫しているなかで、韓国政府はあえて再び米国を激怒させるような真似はしないだろうというのだ。 一方、聯合ニュース(12月26日付)は韓国国立外交院の発表とは別に、「来年(2020年)の韓国外交 北朝鮮核・韓日関係・韓米同盟など難題山積」という論評記事の中で、日韓関係について、こう展望している。 「GSOMIAの終了猶予や日本の対韓輸出規制強化の一部見直しで関係改善を模索している対日関係も見通しは明るくない。 12月24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が1年3か月ぶりに会談。 対話を通じた解決との原則で一致したこと自体に意味があるが、歴史問題をめぐる対立など課題が山積みだ」 「最大の懸案は強制徴用被害者問題だ。 両国企業と国民の自発的な寄付金で被害者に慰謝料を支給する文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の案が有力な解決策として浮上しているが、両国とも無条件で受け入れることは難しい状況だ」 実際、文国会議長の案は日韓首脳会談の場で、韓国側から提案さえされず話題にもならなかった。 聯合ニュースが続ける。 「両国の間で対話が進む中でも、GOMIAや輸出規制、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる合意、東京五輪・パラリンピック競技場への旭日旗の持ち込み、福島原発の汚染水放出問題などが持ち上がる可能性がある」 まるで、地雷原の中を歩むような話し合いを続けなくてはならず、聯合ニュースの論評も韓国国立外交院の報告同様、「お先真っ暗」といった印象だ。 (福田和郎).

次の

韓国経済の現状ニュース2020

韓国 経済 現状 2020

これまでは、「経済を多少犠牲にしても、感染者の広がりを抑えるのを優先させるべき」との考えが支配的であったが、最近では、「新型コロナを完全に撲滅させることは困難なので、いかに広がりを抑えつつ経済活動を再開していくか」に関心が移りつつある。 特に韓国では、大邱における集団感染は一段落し始めているのだが、経済の混乱が極めて深刻な状況になりつつある。 もともと文政権になってからの経済政策失敗により経済界が疲弊していたが、そこに新型コロナによるダメージが畳みかけて来た。 新型コロナによって受けるダメージは日本よりも甚大なものになるだろう。 その現状を、主として中央日報・韓国経済新聞の記事をベースに、過去の経済危機とも比較しつつ分析してみたい。 「経済的死亡が恐ろしい」 中央日報に「経済的死亡がもっと恐ろしいかもしれない」というコラムが掲載された。 1997年のIMF危機当時、金融監督委員長に任命され、企業構造調整を指揮した李憲宰元経済副首相は、危機解決者と韓国では呼ばれている。 その李副首相は2012年に回顧録で「持たない人に危機はさらに苛酷なものだ。 家を売り車を売り危機をどうにか耐え忍んでみたら、待っているのはさらに貧しくなった暮らしだ」と当時の様子を記しているが、今回の危機を受け、改めて中央日報に対し「医学的死亡(medical death)だけが深刻なのではない。 経済的死亡(economic death)が始まるだろう」と述べ、「数十万人が崖っぷちに追いやられるだろう」との警告を発したというのだ。

次の

韓国経済は明るい展開が見えず、縮小均衡に向かう恐れが濃厚な理由

韓国 経済 現状 2020

さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,661件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ソーデンネン より• に 迎恩門 より• に さとう より• に 野次馬 より• に 零戦搭乗員 より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 700件のビュー• 500件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の